【マイアミOP】2回戦「錦織 vs ミルマン」の結果(2018年)


2018年3月21日から4月1日(2018年第12、13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「マイアミ・オープン(マイアミ・マスターズ)」。

錦織圭の2回戦の対戦相手は、世界ランキング96位のジョン・ミルマン。

錦織とミルマンのプレイヤー情報、2回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報(2回戦)

過去に対戦成績は、錦織の1勝、ミルマンの0勝。

過去1回の対戦は2016年のリオデジャネイロ五輪(ハード)の2回戦で、錦織が7-6(4)、6-4のストレートで勝利しています。

※2018年3月23日時点(試合前)

錦織 圭ミルマン
1 勝対戦成績0 勝
33位 (4位)最新ランキング (最高)96位 (60位)
日本国籍オーストラリア
28歳年齢28歳
1989年12月29日生年月日1989年6月14日
178cm / 75kg身長 / 体重183cm / 79kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2007年プロ転向2006年
3勝2敗2018年成績4勝4敗
0回2018年優勝回数0回
334勝157敗通算成績33勝47敗
11回通算優勝回数0回

2回戦「錦織 vs ミルマン」の結果

試合日:現地時間 3月23日(金)

マイアミ・オープン 2回戦(ハード)
[26] 錦織 圭 (33位)27746
ジョン・ミルマン (96位)16463
試合時間:2時間49分

第26シードの錦織圭(28歳・日本)がジョン・ミルマン(28歳・オーストラリア)を7-6(4)、4-6、6-3のフルセットの末に破り、3回戦進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112T
錦織77
ミルマン46
○:サービスキープ、●:ブレーク、T:タイブレーク

ミルマンのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ミルマンがキープ。

第2ゲーム、錦織がキープ。

第3ゲーム、ミルマンのダブルフォルトがありましたが、ミルマンがキープ。

第4ゲーム、錦織のダブルフォルトやミスがあり、30-40とミルマンにブレークチャンスが来ますが、錦織が凌いでデュースへ。

デュース後、錦織にダブルフォルトが出たりミスが出たりとなかなか連続でポイントが取れず、ミルマンにブレークポイントを握られるピンチもありましたが、錦織が何とかキープ。

第5ゲーム、ミルマンがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、ミルマンのリターンエース、深いリターン(錦織がチャレンジしていればアウトでした)、錦織のバックハンドのミスがあり、15-40とミルマンにブレークチャンスが来ます。

錦織にバックハンドのミスが出て、ミルマンがブレークに成功

第7ゲーム、ミルマンがキープ。

第8ゲーム、錦織の2本のミスなどがあり、15-40とミルマンにセットポイント(ブレークポイント)が来ますが、錦織がサーブ2本で凌いでデュースへ。

デュース後、錦織がすばらしい攻撃を見せてキープ。

第9ゲーム、ミルマンのサービングフォーザセット。
お互いにミスをし合う中、40-30とミルマンにセットポイントが来ますが、ミルマンにバックハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース直後、錦織にブレークチャンスが来ますが、ミルマンがファーストサーブでポイントを取って凌ぎます。

デュース2回目、ミルマンにダブルフォルトが出て、再び錦織にブレークチャンスが来ると、錦織がパッシングショットを決めて土壇場でブレークバックに成功

第10ゲーム、錦織がキープ。

第11ゲーム、15-30と錦織がポイントを先行しますが、ミルマンがキープ。

第12ゲーム、30-0から錦織のダブルフォルトとフォアハンドのミス、ミルマンの厳しいコースへのショットが決まり、30-40とミルマンにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

錦織がフォアハンドでの連続攻撃からのウィナーを決め(錦織吠える)、デュースへ。

デュース後、錦織がゲームポイントを握ったところでダブルフォルトが出てしまうなど、再びミルマンにセットポイントが来ます。

ロングラリーでミルマンに主導権を握られ苦しい展開となりますが、ミルマンのウィナーを取りに行ったショットがわずかにサイドアウトとなり、錦織が何とかピンチを凌いでキープ。

タイブレーク(錦織 – ミルマン)

ミルマンのサービス
1:ミルマンにバックハンドのミスが出て、錦織がミニブレーク(1-0)

錦織のサービス
2:錦織のファーストサーブでのポイント(2-0)
3:ロングラリーとなり、錦織のラインギリギリの深いショットをミルマンが返せず大きくアウト(3-0)

※最後の錦織の深いショットは、ミルマンがチャレンジしていればアウトでした。

ミルマンのサービス
4:ミルマンがサーブから攻めの形を作ってキープ(3-1)
5:錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、錦織がミニブレーク(4-1)

錦織のサービス
6:ミルマンのカウンターショットが決まって、ミルマンがミニブレーク(4-2)
7:ロングラリーで錦織が打ち勝ってキープ(5-2)

ミルマンのサービス
8:ミルマンにバックハンドのミスが出て、錦織がミニブレーク。錦織にセットポイントが来ます(6-2)
9:錦織のリターンがアウト(6-3)

錦織のサービス
10:錦織にフォアハンドのミスが出て、ミルマンがミニブレーク(6-4)
11:ロングラリーでミルマンが先にミスをして、錦織が第1セットを先取(7-4)

錦織第1セットミルマン
2サービスエース4
4ダブルフォルト2
48%(27/56)ファーストサーブ確率67%(28/42)
67%(18/27)1st Serve Points Won71%(20/28)
52%(15/29)2nd Serve Points Won43%(6/14)
50%(1/2)ブレイク / チャンス14%(1/7)
4/4ネットポイント2/5
50%(49/98)Total Points Won50%(49/98)
10Winner 合計7
6フォアハンド2
2バックハンド1
2サーブ4
24Unforced error 合計24
10フォアハンド8
10バックハンド14
4サーブ2

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:取得した全ポイント。

第2セット

第2セット
123456789101112
錦織4
ミルマン6
○:サービスキープ、●:ブレーク

錦織のサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、錦織のダブルフォルト、バックハンドのミス、フォアハンドのミスがあり、0-40とミルマンにブレークチャンスが来ます。

錦織が2本凌ぎますが、錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットがアウトとなり、ミルマンがブレークに成功

第2ゲーム、ミルマンのミス、錦織の深いリターンやパッシングショットなどがあり、30-40と錦織にブレークチャンスが来ますが、ミルマンがフォアハンドのウィナーを決めてデュースへ。

デュース2回目でも錦織にブレークチャンスが来ますが、もったいないミスが出てしまい、ミルマンが何とかキープ。

第3ゲーム、錦織のミス2本とダブルフォルトがありデュースまで行きますが、錦織がキープ。

第4ゲーム、デュース後、錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織にブレークチャンスが来ます。

ミルマンにフォアハンドのミスが出て、錦織がブレークバックに成功

第5ゲーム、錦織がドロップショットを決めるなどいい攻撃を見せ40-15とゲームポイントを握ったところから、ミルマンの難しい体勢からの見事なパッシングショット、錦織にボレーミスが出て、デュースへ。

デュース2回目、錦織にダブルフォルトが出てミルマンにブレークチャンスが来ると、錦織にフォアハンドのミスが出て、ミルマンがブレークに成功

第6ゲーム、ミルマンがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、錦織のバックハンドのミス2本で0-30とミルマンにポイントを先行されますが、錦織が4連続でポイントを取ってキープ。

第8ゲーム、ミルマンが危なげなくキープ。

第9ゲーム、錦織がラブゲームでキープ。

第10ゲーム、ミルマンのサービングフォーザセット。
錦織の見事なバックハンドのウィナーもあり15-30と錦織がポイントを先行しますが、ミルマンがキープして第2セットを取ります

錦織第2セットミルマン
1サービスエース1
3ダブルフォルト0
71%(24/34)ファーストサーブ確率57%(20/35)
58%(14/24)1st Serve Points Won60%(12/20)
50%(5/10)2nd Serve Points Won67%(10/15)
33%(1/3)ブレイク / チャンス50%(2/4)
2/3ネットポイント1/3
46%(32/69)Total Points Won54%(37/69)
8Winner 合計6
3フォアハンド3
4バックハンド2
1サーブ1
22Unforced error 合計11
13フォアハンド5
6バックハンド6
3サーブ0

ファイナルセット

ファイナルセット
123456789101112
錦織6
ミルマン3
○:サービスキープ、●:ブレーク

錦織のサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、錦織がラブゲームでキープ。

第2ゲーム、30-30からミルマンにダブルフォルトが出て、錦織にブレークチャンスが来ますが、ロングラリーで錦織のバックハンドがアウトとなり、デュースへ。
ミルマンが連続でポイントを取ってキープ。

第3ゲーム、錦織が危なげなくキープ。

第4ゲーム、デュース直後にミルマンにダブルフォルトが出て錦織にブレークチャンスが来ますが、ミルマンがファーストサーブでピンチを凌ぎます。

デュース4回目でもミルマンにダブルフォルトが出て、錦織に再びブレークチャンスが来ますが、錦織にミスが出てしまい、ミルマンがピンチを凌いで何とかキープ。

第5ゲーム、錦織のダブルフォルトスタートとなり、さらに錦織のミスが絡んで30-40とミルマンにブレークチャンスが来ますが、ここから錦織がしっかりと攻めきってバックハンドのウィナーを決めるなど3連続でポイントを取ってキープ。

第6ゲーム、お互いにミスをし合って30-30となり、錦織がネットポイントを取って、錦織にブレークチャンスが来ます。

フォアハンドのクロスラリーから錦織がフォアハンドのダウンザラインへのウィナーを決め、錦織がブレークに成功

第7ゲーム、錦織にミスが1本ありましたが、錦織が先に攻撃を仕掛けてポイントを取って行ってキープ。

第8ゲーム、デュースとなり錦織の深いリターンが決まって、錦織にマッチポイント(ブレークポイント)が来ますが、ミルマンがサービスエースで凌ぎます。

デュース2回目、ミルマンにミスが出て再び錦織にマッチポイントが来ますが、ここでもミルマンがファーストサーブでピンチを凌いで何とかキープ。

第9ゲーム、錦織のサービングフォーザマッチ。
お互いにミスが出て40-15と錦織にマッチポイントが来ると、ミルマンのバックハンドが大きくアウトとなり、錦織が勝利

錦織ファイナルセットミルマン
0サービスエース4
1ダブルフォルト3
44%(12/27)ファーストサーブ確率60%(25/42)
75%(9/12)1st Serve Points Won64%(16/25)
80%(12/15)2nd Serve Points Won41%(7/17)
17%(1/6)ブレイク / チャンス0%(0/1)
2/3ネットポイント1/2
58%(40/69)Total Points Won42%(29/69)
8Winner 合計6
5フォアハンド1
1バックハンド0
2サーブ5
17Unforced error 合計21
9フォアハンド5
7バックハンド13
1サーブ3

試合の振り返りとスタッツ

この試合の錦織はアンフォーストエラーが多く、いいショットが決まっても次のポイントでミスが出たり、ここで決まっていればという場面でミスが出たりと、なかなか波に乗れない難しい試合となりました。

一方、ミルマンは第1セットの途中から右の腰あたりを気にするしぐさがよく見られ、何かしらフィジカルに問題を抱えていた感じでしたが、錦織に負けないくらいアンフォーストエラーが多く、錦織としてはミルマンのミスに助けられた部分もあったかなと思います。

ファイナルセットではミルマンのプレーが落ちたこともありますが、錦織は試合の中で悪いなりにも修正し、ミスも多かったものの自分から攻撃を仕掛けてポイントを取っていく形が作れていた点は次につながるかなと思います。

錦織Matchミルマン
3サービスエース9
8ダブルフォルト5
54%(63/117)ファーストサーブ確率61%(73/119)
65%(41/63)1st Serve Points Won66%(48/73)
59%(32/54)2nd Serve Points Won50%(23/46)
27%(3/11)ブレイク / チャンス25%(3/12)
8/10ネットポイント4/10
51%(121/236)Total Points Won49%(115/236)
2,896mTotal Distance Run2,678m
26Winner 合計19
14フォアハンド6
7バックハンド3
5サーブ10
63Unforced error 合計56
32フォアハンド18
23バックハンド33
8サーブ5

錦織の3回戦の対戦相手は!?

錦織圭のマイアミ・オープン3回戦の対戦相手は、世界ランキング6位のフアン マルティン・デルポトロ(29歳・アルゼンチン)。

フアン マルティン・デルポトロ
※更新日:2019年3月22日 現在。 フアン マルティン・デルポトロ選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

過去の対戦成績は、錦織の2勝、デルポトロの5勝。

直近の対戦は2017年のシティ・オープン(ハード)の3回戦で、錦織が6-4、7-5のストレートで勝利しています。

現在、デルポトロはメキシコ・オープンとBNPパリバ・オープンで連続優勝を飾るなど調子もよく、錦織にとってはかなり厳しい試合となるかと予想されます。

ただ、デルポトロは連戦で疲労もかなり溜まってきていて付け入る隙はあると思うので、錦織は今日のようなもったいないミスで自滅する展開だけは避けたいところです。

錦織の3回戦の試合は、日本時間の3月26日(月) の予定。

コメント