ATPランキング試算(2017年2月)

すでに2月の大会は始まっていますが、2月6日付の世界ランキング(ポイント)を元に、2月の失効ポイントを除いたランキング試算をしていきます。

スポンサーリンク

2017年2月のランキング試算

2016年シーズンに出場大会数の多かったティエム選手だけポイント計算が複雑になっていますが、2月分の失効ポイントと失効後のポイントを見ていきます。

順位 選手名 point 2月失効 adv min 失効後
1 マレー 11,540 0 0 0 11,540
2 ジョコビッチ 9,825 90 0 0 9,735
3 ワウリンカ 5,695 500 0 0 5,195
4 ラオニッチ 4,930 0 0 0 4,930
5 錦織 圭 4,830 250 0 0 4,580
6 ナダル 4,385 270 0 0 4,115
7 チリッチ 3,560 240 0 0 3,320
8 ティエム 3,505 930 390 90 2,965
9 モンフィス 3,445 300 0 0 3,145
10 フェデラー 3,260 0 0 0 3,260
11 ゴフィン 2,930 0 0 45 2,930
12 ベルディヒ 2,790 180 0 0 2,610
13 ディミトロフ 2,765 90 45 45 2,720
14 ツォンガ 2,685 45 0 0 2,640
15 キリオス 2,415 430 0 0 1,985
16 バウティスタ アグート 2,190 90 45 45 2,145
17 プイユ 2,131 20 18 20 2,129
18 カロビッチ 1,875 0 0 0 1,875
19 ソック 1,855 0 0 0 1,855
20 クエバス 1,745 750 90 45 1,085
<表の説明>
  • point
  • 2017年2月6日付のポイント。

  • 2月失効
  • ポイントの対象となっている2月の失効ポイントの合計。

  • adv(advance point)
  • 2月開始時点で獲得ポイントが低くポイント対象となっていないが、2月分がすべて失効した場合に、自動的にポイント対象の大会として繰り上がってくるポイントの合計。

    ※今回は2月分(複数のポイント)を同時に失効させて計算しているため、勝手に作った「adv」という用語を使っています。
    実際にはポイントは週ごとに計算するため、現時点でポイント対象外となっている中で一番高いポイントのことを「next best」という用語で使われています。

  • min
  • ポイント対象となっている中で一番低いポイント。ポイントを加算するには、この「min」以上のポイントを獲得する必要があります。

  • 失効後
  • 2月の失効ポイント分を差し引いたポイント。
    「失効後」=「point」-「2月失効」+「adv」

<ティエム選手のポイント計算の補足>

ティエム選手のポイント計算について、2月に失効日を迎える3大会の合計ポイントは、930ポイント。これらのポイントが消失していくと、対象外となっている上位のポイントから順に繰り上がってきます。

2月に出場した大会で仮に獲得ポイントが0だったとしても、繰り上がりの3大会分の390ポイントが加算されるため、実際には2月のマイナス分は540ポイントになります。

  • 2月に失効する大会とポイント(930ポイント)
  • アビエルト・メキシコ・テルセル:500ポイント
    アルゼンチン・オープン:250ポイント
    リオ・オープン:180ポイント

  • ポイント対象外となっている上位3大会(390ポイント)
  • モゼール・オープン:150ポイント
    BMWオープン:150ポイント
    モンテカルロ・マスターズ:90ポイント

※参考:ATPランキングの仕組みについて解説

2月失効後の暫定ランキング

順位 変動 選手名 失効後 失効前
1 マレー 11,540 11,540
2 ジョコビッチ 9,735 9,825
3 ワウリンカ 5,195 5,695
4 ラオニッチ 4,930 4,930
5 錦織 圭 4,580 4,830
6 ナダル 4,115 4,385
7 チリッチ 3,320 3,560
8 2 フェデラー 3,260 3,260
9 モンフィス 3,145 3,445
10 2 ティエム 2,965 3,505
11 ゴフィン 2,930 2,930
12 1 ディミトロフ 2,720 2,765
13 1 ツォンガ 2,640 2,685
14 2 ベルディヒ 2,610 2,790
15 1 バウティスタ アグート 2,145 2,190
16 1 プイユ 2,129 2,131
17 2 キリオス 1,985 2,415
18 カロビッチ 1,875 1,875
19 ソック 1,855 1,855
20 ↓↓ クエバス 1,085 1,745

錦織選手と4位ラオニッチ選手との差は350ポイントあり、この差を縮めるためにはクレー2大会で好成績を残しておきたいところです。
もし錦織選手がクレー2大会で連勝すると、2月の段階で4位に上がる可能性も出てきます。

トップ10争いを見てみると、ティエム選手が10位に下がり、14位のベルディヒ選手までの差は355ポイント。ティエム選手は上積みできるポイントが少ないので、トップ10から落ちてしまう可能性もあります。
この団子状態を抜け出し、2月終了時に誰がトップ10に入っているのか注目です。

逆に10位だったフェデラー選手は8位に上がり、今後も失効ポイントがほとんどないため、さらにランキングを上げてくると予想されます。

最後に20位のクエバス選手。2月の失効ポイント(ATP500優勝とATP250優勝)をどれだけディフェンスできるか、結果次第でランキングは急降下してしまいます。

最新のATPランキング
ATPランキングの仕組みについて