ATPランキング試算(2017年2月中間結果)


前回、2月6日付の世界ランキング(ポイント)を元に、2月の失効ポイントを除いたランキング試算を行いました。

前回のランキング試算:ATPランキング試算(2017年2月)

今回は2月の途中経過として、2月前半が終わった段階のランキング試算です。

2月前半でのトップ20+2の出場大会と結果、暫定ランキング、2月後半の出場予定の大会を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トップ20+2の2月前半の結果

2月6日付の世界ランキングでトップ20だった選手にアレクサンダー・ズベレフ選手とリシャール・ガスケ選手を加えた22名について、2月の失効後の暫定ランキング(ポイント)と各選手の2月第2週と第3週の出場大会と結果をまとめました。

暫定
順位
選手名2月
失効後
第2週第3週
大会結果大会結果
1マレー11,540
2ジョコビッチ9,735
3ワウリンカ5,195
4ラオニッチ4,930
5錦織 圭4,580ブエノスアイレス準優勝
6ナダル4,115
7チリッチ3,320モンペリエ2回戦*ロッテルダムベスト8
8フェデラー3,260
9モンフィス3,145
10ティエム2,965ソフィア2回戦*ロッテルダムベスト8
11ゴフィン2,930ソフィア準優勝ロッテルダム準優勝
12ディミトロフ2,720ソフィア優勝ロッテルダムベスト8
13ツォンガ2,640モンペリエベスト4ロッテルダム優勝
14ベルディヒ2,610ロッテルダムベスト4
15B アグート2,145ソフィアベスト4
16プイユ2,129ロッテルダム1回戦
17キリオス1,985
18カロビッチ1,875キト2回戦*メンフィス2回戦*
19ソック1,855
A.ズベレフ1,735モンペリエ優勝ロッテルダム1回戦
ガスケ1,680モンペリエ準優勝ロッテルダム2回戦
クエバス1,085ブエノスアイレス2回戦*

<表の補足>

  • 大会名
  • ・モンペリエ:ATP250「南フランス・オープン」
    ・ソフィア:ATP250「ソフィア・オープン」
    ・キト:ATP250「エクアドル・オープン」
    ・ブエノスアイレス:ATP250「アルゼンチン・オープン」
    ・メンフィス:ATP250「メンフィス・オープン」
    ・ロッテルダム:ATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」

  • 結果の「*」について
  • 1回戦が免除され2回戦から出場したシード選手が初戦で敗退。
    獲得ポイントは2回戦ではなく、1回戦のポイントになります。

トップ20+2のランキング試算

先ほどの各選手の結果から、2月前半終了時点でのポイントをまとめました。

暫定
順位
選手名2月
失効後
第2週
point
第3週
point
min2nd
min
2月前半
終了時
1マレー11,54011,540
2ジョコビッチ9,7359,735
3ワウリンカ5,1955,195
4ラオニッチ4,9304,930
5錦織 圭4,58015004,730
6ナダル4,1154,115
7チリッチ3,320090003,410
8フェデラー3,2603,260
9モンフィス3,1453,145
10ティエム2,965090902,965
11ゴフィン2,93015030045903,245
12ディミトロフ2,7202509045902,925
13ツォンガ2,64090500003,230
14ベルディヒ2,61018002,790
15B アグート2,14590452,190
16プイユ2,1290182,129
17キリオス1,9851,985
18カロビッチ1,87500451,875
19ソック1,8551,855
A.ズベレフ1,735250090901,895
ガスケ1,68015045001,875
クエバス1,0850451,085

<表の補足>

  • min
  • ポイント対象となっている大会のうち一番低いポイント

  • 2nd min
  • ポイント対象となっている大会のうち2番目に低いポイント

  • ティエム選手
  • ロッテルダムで90ポイントを獲得しましたが、「min」を超えることができず、ポイントの合計は変わらず。

  • ゴフィン選手
  • 2週連続準優勝で450ポイント獲得。
    各ポイントは、バーゼル45ポイント(min)とモンテカルロ90ポイント(2nd min)との入れ替えになるため、結果として315ポイントの加算。

  • ディミトロフ選手
  • 2週で340ポイント獲得。
    各ポイントは、モンテカルロ45ポイント(min)と成都90ポイント(2nd min)との入れ替えになるため、結果として205ポイントの加算。

  • A.ズベレフ選手
  • 優勝で250ポイント獲得となりましたが、ミュンヘン90ポイント(min)との入れ替えになるため、結果として160ポイントの加算。

暫定ランキングと2月後半のスケジュール

2月前半終了時点での暫定ランキングと、2月後半の各選手の出場予定の大会をまとめました。

暫定
順位
選手名2月前半
終了時
第4週第5週min
1マレー11,540ドバイ0
2ジョコビッチ9,735アカプルコ(WC)0
3ワウリンカ5,195ドバイ90
4ラオニッチ4,930デルレイビーチアカプルコ0
5錦織 圭4,730リオデジャネイロ45
6ナダル4,115アカプルコ0
7チリッチ3,410アカプルコ0
8フェデラー3,260ドバイ0
9ゴフィン3,245アカプルコ90
10ツォンガ3,230マルセイユ0
11モンフィス3,145マルセイユドバイ0
12ティエム2,965リオデジャネイロアカプルコ90
13ディミトロフ2,92590
14ベルディヒ2,790ドバイ0
15B アグート2,190ドバイ(WC)90
16プイユ2,129マルセイユドバイ18
17キリオス1,985マルセイユアカプルコ0
18A.ズベレフ1,895マルセイユアカプルコ90
19ガスケ1,875マルセイユ45
20カロビッチ1,875デルレイビーチアカプルコ45
21ソック1,855デルレイビーチアカプルコ45
クエバス1,085リオデジャネイロサンパウロ45

※取り消し線:欠場、WC:ワイルドカードで参戦

錦織選手と4位ラオニッチ選手との差は200ポイント。2大会に出場予定のラオニッチ選手を超えるには、錦織選手はリオ・オープン優勝以外では厳しい状況です。

次にトップ10争いを見ていきます。

2月前半で2週連続準優勝の活躍で、2月20日付の世界ランキングで初のトップ10入りを果たしたゴフィン選手。
3月のマスターズ2連戦で720の失効ポイントあるため、さらにポイントを加算しておきたいところです。

ツォンガ選手は、久しぶりに爆発力を発揮してロッテルダムで優勝するなど、2月前半だけで590ポイントも加算。
さらに上を狙える位置に付けており、これからの活躍に注目です。

モンフィス選手は、2月前半は出場がなかったため、暫定ランキングでトップ10から落ちてしまいましたが、2月後半に結果を残せばすぐにトップ10に戻ってくるでしょう。

トップ10争いで一番厳しい状況に置かれたのはティエム選手。
2月前半に2大会に出場もポイント加算できず。強行スケジュールで後半も2大会出場予定となっていますが、min90ポイント以上稼がないとポイントは上積みできません。
2大会のうちどちらかで優勝するくらいの結果を残さないと、2月終了時にはトップ10陥落となりそうです。

ディミトロフ選手は、ソフィア・オープンで優勝するなど好調を維持。
3月のマスターズ2連戦に備えて、2月後半の大会には出場せず休みを取りました。
3月のマスターズでどのような活躍を見せてくれるか注目です。

最後にクエバス選手。すでにリオ・オープンで1回戦敗退しており、残りのブラジル・オープンで結果を出さないと、さらにランキングは急降下してしまいます。

次回は2月最終週の大会後に、2月のランキング試算の結果をまとめる予定です。

最新のATPランキング
ATPランキングの仕組みについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ATPランキング
テニサーをフォローする
テニスK

コメント