【2017年】ATP500ロッテルダム、大会情報(2月第3週)


2017年2月第3週(2017年第7週)に開催されるATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の大会概要、エントリー選手(シード選手)、ドロー表を見ていきます。

また、同じ週にATP250の「アルゼンチン・オープン」と「メンフィス・オープン」も開催されます。

ATP250「アルゼンチン・オープン」、「メンフィス・オープン」の大会情報

スポンサーリンク

ABNアムロ世界テニス・トーナメント(ATP500)

大会概要

冠スポンサーは、オランダに本店を置く銀行グループのABNアムロ銀行。

大会名 ABNアムロ世界テニス・トーナメント
(ABN AMRO World Tennis Tournament)
カテゴリ ATP500
開催期間 2017年 2月13日 ~ 2月19日
開催地 オランダ(ロッテルダム)
サーフェス 室内ハード
ドロー 32(シングルス)
賞金総額 €1,724,930
優勝賞金 €371,620
日本との時差 -8時間

エントリー選手(第8シードまで)

<欠場選手情報>
ワウリンカ選手とナダル選手も出場予定となっていましたが、欠場となりました。
ワウリンカ選手は、膝の怪我で欠場。
ナダル選手は、全豪オープンの疲れが取れず、怪我のリスクを回避するため欠場。

上位2選手が欠場となり、代わりにトップ5の選手とフェデラー選手に声をかけたが、断られたようです。

去年の優勝者は、マルティン・クリザン選手。
※世界ランキングは、2017年2月6日付のランキングです。

シード 選手名 Rank
1 マリン・チリッチ 7位
2 ドミニク・ティエム 8位
3 ダビド・ゴフィン 11位
4 トマーシュ・ベルディヒ 12位
5 グリゴール・ディミトロフ 13位
6 ジョーウィルフリード・ツォンガ 14位
7 ロベルト・バウティスタ アグート 16位
8 リュカ・プイユ 17位

<追記>
第7シードのロベルト・バウティスタ アグート選手は怪我のため棄権。
第7シードの枠には予選通過のエフゲニー・ドンスコイ選手が入り、空いた1枠にデニス・イストミン選手がラッキールーザー(LL)で出場となりました。

ドロー表

ドロー表(PDF)は、『 2017年ABNアムロ世界テニス・トーナメントのドロー表 』をご覧ください。

トップ10争い

ワウリンカ選手とナダル選手の欠場により、トップ10争いをかけた激しい戦いになりそうです。トップ10争いの注目選手をピックアップして紹介します。

  • チリッチ選手(7位)
  • 全豪オープンでは2回戦敗退、南フランス・オープンでは第1シードで初戦敗退と、2017年シーズンに入ってまったくいいところがありません。
    2016年シーズン後半(ウィンブルドン~ファイナルズ)で稼いだポイントが2,700もあり、トップ10維持はしばらく大丈夫ですが、1回戦の相手は曲者ブノワ・ペール選手。ここも波乱の予感が・・・。

  • ティエム選手(8位)
  • 2月だけで失効ポイントが930もありますが、繰り上がりするポイントが390あるため、2月に失効するポイントは実質540ポイント。
    2月はすでにソフィア・オープンで初戦敗退しており、この大会で少しでも多くポイントを稼がないとトップ10維持が厳しくなってきます。

  • ゴフィン選手(11位)
  • 全豪オープンでベスト8に入る活躍を見せ、初のトップ10入りが目前でしたが、フェデラー選手の優勝でおあずけ。
    2月の失効ポイントはありませんが、3月のマスターズ2戦で720の失効ポイントが控えており、トップ10入りを果たすには、この大会で結果を残しておきたいところです。(前の週のソフィア・オープンは準優勝)

  • ベルディヒ選手(12位)
  • 全豪オープンではドロー運に泣かされ、まさかの3回戦敗退。
    失効ポイントは2月180ポイント、3月270ポイントと、大きくディフェンスするポイントがないため、確実に結果を残していけば、トップ10は十分に射程圏内です。
    31歳となりランキングも後退していっていますが、まだまだ老けこむ歳ではないので、頑張って欲しいです。

  • ディミトロフ選手(13位)
  • プレーの質とメンタルの向上により、2017年シーズン絶好調のディミトロフ選手。
    開幕戦のブリスベン国際を優勝、全豪オープンでベスト4と、ポイントを荒稼ぎしてランキングも上昇中。
    前の週の地元開催のソフィア・オープンを優勝。この大会も優勝候補の筆頭で、この勢いが続けば近いうちにトップ10復帰となりそうです。

  • ツォンガ選手(14位)
  • 全豪オープンベスト8、前週の南フランス・オープンでベスト4。
    失効ポイントは2月45、3月225と、ディフェンスするポイントが少なく、どこかの大会で爆発すれば、一気にトップ10復帰の可能性も。

トップ10争いのポイント情報(2月のランキング試算)

チリッチ選手とティエム選手にとっては、出来が悪ければ1回戦で姿を消してしまう可能性のあるドローとなりましたが、順当に勝ち上がっていくと、準々決勝からトップ10を争うライバル同士の直接対決が実現していきます。

トップ10に入るには絶対に負けられない戦いで、誰が勝ち抜いていくのか注目です。

また、ノーシードとなってしまいましたが、前の週の南フランス・オープンで決勝に進出したガスケ選手(準優勝)とアレクサンダー・ズベレフ選手(優勝)など注目選手がエントリーしており、見どころ十分な大会となりそうです。

2017年2月第3週の関連記事

ATP500「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」の結果
ATP250「アルゼンチン・オープン」「メンフィス・オープン」の大会情報
ATP250「アルゼンチン・オープン」「メンフィス・オープン」の結果(決勝)
ATP250「アルゼンチン・オープン」の結果

2017年のATPワールドツアー全日程

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする