【マイアミOP】2回戦「大坂 vs ウィックマイヤー」の結果(2019年)


2019年3月19日から3月30日(2019年第12、13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるWTAプレミア・マンダトリー「マイアミ・オープン」。

大坂なおみの2回戦の対戦相手は、世界ランキング141位のヤニナ・ウィックマイヤー(29歳・ベルギー)。

大坂とウィックマイヤーのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去に対戦はなく、初対戦となります。

※2019年3月22日時点(試合前)のデータ

大坂 ウィックマイヤー
0 勝 対戦成績 0 勝
1位 (1位) 最新ランク (最高) 141位 (12位)
日本 国籍 ベルギー
21歳 年齢 29歳
1997年10月16日 生年月日 1989年10月20日
180cm 身長 182cm
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 両手
11勝3敗 2019年成績 8勝6敗
1回 2019年優勝回数 0回
188勝122敗 通算成績 426勝285敗
3回 通算優勝回数 5回

2回戦「大坂 vs ウィックマイヤー」の結果

3月22日(金):Stadium 第1試合

※日本時間の3月23日(土)午前1時に開始予定。

マイアミ・オープン 2回戦 (ハード)
[1] 大坂なおみ (1位) 2 6 63 6
ヤニナ・ウィックマイヤー (141位) 1 0 77 1
試合時間:2時間10分

第1シードの大坂なおみ(21歳・日本)がヤニナ・ウィックマイヤー(29歳・ベルギー)をセットカウント2-1(6-0、6-7、6-1)で破り、3回戦進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大坂 6
ウィックマイヤー 0
○:キープ、●:ブレーク

ウィックマイヤーのサービスで試合開始。

第1ゲーム、大坂のリターンミス、フォアハンドのクロスへのショットでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのウィナー(15-30)、ウィックマイヤーのサービスエース、大坂のバックハンドの深いショットでのポイントがあり、30-40と大坂にブレークポイントが来ます。

大坂がフォアハンドのクロスへのショットでポイントを取り、大坂がブレークに成功

第2ゲーム、大坂のフォアハンドの逆クロスへのウィナー、サービスエース、ファーストサーブでのポイント、バックハンドの深いショットでのポイントがあり、大坂がラブゲームでキープ

第3ゲーム、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ウィックマイヤーのバックハンドのミス(0-30)、ウィックマイヤーのサービスエース、フォアハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、セカンドサーブでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、大坂がフォアハンドの深いショットでポイントを取り、大坂にブレークポイントが来ますが、ウィックマイヤーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー。

デュース2回目、ウィックマイヤーのフォアハンドのクロスへのウィナー、ラリー戦での大坂のポイント。

デュース3回目、ウィックマイヤーにフォアハンドのミスが出て、大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーにフォアハンドのミスが出て、大坂がブレークに成功

第4ゲーム、ウィックマイヤーのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ラリー戦での大坂のポイント、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー、セカンドサーブでのポイント(40-15)、ウィックマイヤーのバックハンドのミスがあり、大坂がキープ

第5ゲーム、大坂のバックハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドの深いショットでのポイント、ウィックマイヤーのバックハンドのミスがあり、0-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーのファーストサーブでのポイント、大坂のパッシングショットのミスで30-40となった後、大坂の連続攻撃からのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、大坂がブレークに成功

ここでウィックマイヤーのオンコートコーチング。

第6ゲーム、大坂のサービングフォーザセット
大坂のファーストサーブでのポイント、ウィックマイヤーのパッシングショットでのポイント、大坂のサービスエース、セカンドサーブでのポイントがあり、40-15と大坂にセットポイントが来ます。

大坂がファーストサーブでポイントを取り、大坂がキープをして第1セットを先取

大坂 第1セット ウィックマイヤー
2 サービスエース 2
0 ダブルフォルト 0
71% (10/14) ファーストサーブ確率 58% (14/24)
90% (9/10) 1st Serve Points Won 50% (7/14)
75% (3/4) 2nd Serve Points Won 20% (2/10)
38% (3/8) ブレーク / チャンス 0% (0/0)
9 Winners 5
2 Unforced errors 6
86% (12/14) Service Points Won 38% (9/24)
63% (15/24) Return Points Won 14% (2/14)
71% (27/38) Total Points Won 29% (11/38)

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 T
大坂 3 6
ウィックマイヤー 7 7
○:キープ、●:ブレーク、T:タイブレーク

ウィックマイヤーのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、大坂のフォアハンドのミス、バックハンドのミス、ドロップショットのミス、ウィックマイヤーのファーストサーブでのポイントがあり、ウィックマイヤーがラブゲームでキープ

第2ゲーム、大坂の連続攻撃でのポイント、バックハンドのダウンザラインへのウィナー、ウィックマイヤーの深いリターンでのポイント、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(40-15)、大坂のバックハンドの連続ミスがあり、デュースへ。

デュース5回目まで大坂がゲームポイントでミスが出るなど、あと1本がなかなか取れません。

デュース6回目、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、大坂がキープ

第3ゲーム、大坂のバックハンドのミス、フォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ウィックマイヤーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、大坂のリターンミス(40-15)、ウィックマイヤーのサービスエースがあり、ウィックマイヤーがキープ

第4ゲーム、ウィックマイヤーのリターンでのポイント、大坂のバックハンドのミス(0-30)、大坂が先に攻撃を仕掛けてのポイント、大坂のフォアハンドのミスがあり、15-40とウィックマイヤーにブレークポイントが来ます。

大坂のバックハンドのクロスへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、ウィックマイヤーが厳しいコースへのリターンでポイントを取り、ウィックマイヤーにブレークポイントが来ますが、大坂のバックハンドのダウンザラインへのウィナー。

デュース2回目、大坂のゲームポイントでダブルフォルト。

デュース3回目、大坂のバックハンドのクロスへのウィナー、セカンドサーブでのポイントがあり、大坂がキープ

第5ゲーム、ウィックマイヤーのバックハンドのミス、バックハンドのダウンザラインへのウィナー、サービスエース、ファーストサーブでのポイント(40-15)、ウィックマイヤーのバックハンドのドライブボレーのミス、大坂のバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、ウィックマイヤーにフォアハンドのミスが出て、大坂にブレークポイントが来ますが、ウィックマイヤーのフォアハンドの逆クロスへの深いショットでのポイント。

デュース3回目、ウィックマイヤーにバックハンドのミスが出て、大坂にブレークポイントが来ますが、大坂のフォアハンドのミス。

デュース6回目、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーにバックハンドのミスが出て、大坂がブレークに成功

ここでウィックマイヤーのオンコートコーチング(2回目)。

第6ゲーム、大坂のフォアハンドのミスとボレーのウィナー、ウィックマイヤーのリターンでのポイントとバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、15-40とウィックマイヤーにブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、ウィックマイヤーがブレークバックに成功

第7ゲーム、大坂の連続攻撃でのポイント、リターンミス、フォアハンドのドライブボレーのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーのファーストサーブでのポイント、サービスエースがあり、デュースへ。

デュース2回目、ウィックマイヤーのフォアハンドのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、ウィックマイヤーがキープ

ここで大坂のオンコートコーチング。

第8ゲーム、ウィックマイヤーのリターンミス、大坂のフォアハンドの連続ミス(15-30)、ウィックマイヤーのリターンミスとフォアハンドのリターンエースがあり、30-40とウィックマイヤーにブレークポイントが来ます。

大坂のフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目、ウィックマイヤーのフォアハンドのミス、大坂のサービスエースがあり、大坂がキープ

第9ゲーム、大坂のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、ウィックマイヤーのファーストサーブでのポイント、大坂のフォアハンドのドライブボレーのウィナー(15-30)、ウィックマイヤーのフォアハンドのカウンターショットでのポイント、大坂のバックハンドのクロスへのウィナーがあり、30-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース2回目、ウィックマイヤーのフォアハンドのドライブボレーのウィナー、大坂のリターンミスがあり、ウィックマイヤーがキープ

第10ゲーム、大坂のファーストサーブでのポイント、バックハンドのミス、ファーストサーブでの連続ポイント(40-15)、ラリー戦での大坂のポイントがあり、大坂がキープ

第11ゲーム、大坂の連続攻撃からのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、フォアハンドのミス、ウィックマイヤーのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、大坂の威力のあるリターンでのポイント(30-30)、ウィックマイヤーの見事なフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー(40-30)、大坂の見事なバックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦でのウィックマイヤーのポイント、ウィックマイヤーのバックハンドの深いショットでのポイントがあり、ウィックマイヤーがキープ

第12ゲーム、大坂のフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、ウィックマイヤーのフォアハンドのドライブボレーのウィナー、大坂のフォアハンドのミス(15-30)、大坂のフォアハンドの深いショットでのポイント、サービスエース(40-30)、ウィックマイヤーのリターンミスがあり、大坂がキープ

タイブレーク(大坂 – ウィックマイヤー)

ウィックマイヤーのサービス
1:大坂がフォアハンドのストレートへのショットでポイントを取り、大坂がミニブレーク(1-0)

大坂のサービス
2:大坂のサービスエース(2-0)
3:大坂にフォアハンドのドライブボレーのミスが出て、ウィックマイヤーがミニブレーク(2-1)

ウィックマイヤーのサービス
4:大坂のバックハンドのミス(2-2)
5:大坂のフォアハンドのミス(2-3)

大坂のサービス
6:大坂のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(3-3)
7:大坂の連続攻撃に対してウィックマイヤーがくらいついてポイントを取り、ウィックマイヤーがミニブレーク(3-4)

ウィックマイヤーのサービス
8:ウィックマイヤーのサービスエース(3-5)
9:ウィックマイヤーのサービスエース(3-6)

大坂のサービス
10:ラリー戦でウィックマイヤーが打ち勝ち、ウィックマイヤーがミニブレークをして第2セットを取ります(3-7)

大坂 第2セット ウィックマイヤー
4 サービスエース 6
1 ダブルフォルト 0
61% (36/59) ファーストサーブ確率 73% (44/60)
64% (23/36) 1st Serve Points Won 64% (28/44)
43% (10/23) 2nd Serve Points Won 56% (9/16)
17% (1/6) ブレーク / チャンス 20% (1/5)
24 Winners 20
24 Unforced errors 5
56% (33/59) Service Points Won 62% (37/60)
38% (23/60) Return Points Won 44% (26/59)
47% (56/119) Total Points Won 53% (63/119)

ファイナルセット

ファイナルセット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大坂 6
ウィックマイヤー 1
○:キープ、●:ブレーク

大坂のサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、大坂のファーストサーブでのポイント、バックハンドのミス、ウィックマイヤーの厳しいコースへのリターンでのポイント(15-30)、大坂の連続サービスエース(40-30)、ウィックマイヤーの深いリターンでのポイントがあり、デュースへ。

デュース2回目、大坂の連続サービスエースがあり、大坂がキープ

第2ゲーム、ウィックマイヤーのバックハンドのミス、大坂のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(0-30)、ウィックマイヤーが先に攻撃を仕掛けてのポイント、ウィックマイヤーのフォアハンドのミスがあり、15-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ラリー戦でウィックマイヤーにフォアハンドのミスが出て、大坂がブレークに成功

第3ゲーム、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー、ウィックマイヤーの深いリターンでのポイント、大坂のサービスエース、ファーストサーブでのポイント(40-15)、サービスエースがあり、大坂がキープ

ここでウィックマイヤーのオンコートコーチング(3回目)。

第4ゲーム、大坂のリターンでのポイント、リターンミス、見事なフォアハンドのダウンザラインへのリターンエース(15-30)、ウィックマイヤーのサービスエース、セカンドサーブでのポイント(40-30)、大坂の連続攻撃でのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、大坂のバックハンドのミスとフォアハンドのミスがあり、ウィックマイヤーがキープ

第5ゲーム、大坂のフォアハンドの連続ミス(0-30)、サービスエース、フォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのクロスへのウィナー(40-30)、ウィックマイヤーのバックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、ウィックマイヤーのフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーが決まり、ウィックマイヤーにブレークポイントが来ますが、大坂がサービスエースで凌ぎます。

デュース3回目、大坂のフォアハンドのウィナー、フォアハンドのカウンターショットでのポイントがあり、大坂がキープ

第6ゲーム、ウィックマイヤーのファーストサーブでのポイント、大坂のフォアハンドのクロスへの深いショットでのポイント、ウィックマイヤーのファーストサーブでのポイント、大坂のフォアハンドのクロスへのウィナー(30-30)、ラリー戦でウィックマイヤーのフォアハンドのミスがあり、30-40と大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーが先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、大坂が深いリターンでポイントを取り、大坂にブレークポイントが来ますが、大坂のバックハンドのミス。

デュース2回目、大坂のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、大坂にブレークポイントが来ます。

ウィックマイヤーにダブルフォルトが出て、大坂がブレークに成功

第7ゲーム、大坂のサービングフォーザマッチ
ウィックマイヤーのフォアハンドのドライブボレーのミス、フォアハンドのミス、大坂のフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーがあり、40-0と大坂にマッチポイントが来ます。

ウィックマイヤーにリターンミスが出て、大坂がラブゲームでキープをして勝利

大坂 ファイナルセット ウィックマイヤー
8 サービスエース 1
0 ダブルフォルト 1
71% (22/31) ファーストサーブ確率 43% (10/23)
77% (17/22) 1st Serve Points Won 50% (5/10)
44% (4/9) 2nd Serve Points Won 38% (5/13)
50% (2/4) ブレーク / チャンス 0% (0/1)
18 Winners 3
6 Unforced errors 8
68% (21/31) Service Points Won 43% (10/23)
57% (13/23) Return Points Won 32% (10/31)
63% (34/54) Total Points Won 37% (20/54)

ハイライト動画

マイアミ・オープン2回戦「大坂 vs ウィックマイヤー」のハイライト動画です。

Naomi Osaka vs. Yanina Wickmayer | 2019 Miami Open Second Round | WTA Highlights

試合振り返り・スタッツ

立ち上がりから大坂がウィックマイヤーを圧倒して第1セットを簡単に取りましたが、第2セットに入るとウィックマイヤーに粘り強さとストロークの安定感が出てきて、接戦の展開へ。

大坂は攻撃を仕掛けても思うようにポイントが取れなくなり、攻め急いでミスが増えるなど、大坂のフラストレーションがたまって行く展開となる中、タイブレークでもウィックマイヤーがすばらしい集中力を見せて第2セットを取ります。

ファイナルセットまでもつれる展開となりましたが、大坂は集中力を切らさずにしっかりと自分のプレーを続け、粘るウィックマイヤーを振り切って勝利。

大坂 Match ウィックマイヤー
14 サービスエース 9
1 ダブルフォルト 1
65% (68/104) ファーストサーブ確率 64% (68/107)
72% (49/68) 1st Serve Points Won 59% (40/68)
47% (17/36) 2nd Serve Points Won 41% (16/39)
33% (6/18) ブレーク / チャンス 17% (1/6)
51 Winners 28
32 Unforced errors 19
63% (66/104) Service Points Won 52% (56/107)
48% (51/107) Return Points Won 37% (38/104)
55% (117/211) Total Points Won 45% (94/211)

大坂の3回戦の対戦相手は!?

大坂なおみのマイアミ・オープンの3回戦の対戦相手は、世界ランキング27位のシェイ・スーウェイ(33歳・台湾)。

過去の対戦成績は、大坂の2勝、スーウェイの0勝。

ハードコートでは、大坂の1勝、スーウェイの0勝。

直近の対戦は2019年の全豪オープン(ハードコート)の3回戦で、大坂がセットカウント2-1(5-7、6-4、6-1)で勝利しています。

マイアミ・オープン3回戦「大坂 vs スーウェイ」の結果

放送予定

WTAプレミア・マンダトリー「マイアミ・オープン」の試合は、DAZNで配信が予定されています。

DAZN

DAZNでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。

日付 ラウンド 配信時間
3月21日(木) 1回戦 1:15~
3月22日(金) 2回戦 1:00~
3月23日() 2回戦 1:00~
3月24日() 3回戦 1:00~
3月25日(月) 3回戦 1:00~
3月26日(火) 4回戦 1:00~
3月27日(水) 準々決勝 3:00~, 8:30~
3月28日(木) 準々決勝 2:00~, 8:00~
3月29日(金) 準決勝 2:00~, 10:00~
3月31日() 決勝 2:00~

コメント