【バルセロナ】2回戦「錦織 vs ガルシアロペス」の結果(2018年)


2018年4月23日から4月29日(2018年第17週)にバルセロナ(スペイン)で開催されるATP500「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(バルセロナ・オープン)」。

錦織圭の2回戦の対戦相手は、世界ランキング69位のギリェルモ・ガルシア ロペス(31歳・スペイン)。

錦織とガルシアロペスのプレイヤー情報、2回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク

プレイヤー情報(2回戦)

過去の対戦成績は、錦織の3勝、ガルシアロペスの0勝。

クレーコートでは錦織の1戦1勝。

直近の対戦は2016年の全豪オープン(ハード)の3回戦で、錦織がセットカウント3-1(7-5、2-6、6-3、6-4)で勝利しています。

※2018年4月25日時点(試合前)

錦織 圭 ガルシアロペス
3 勝 対戦成績 0 勝
22位 (4位) 最新ランキング (最高) 69位 (23位)
日本 国籍 スペイン
28歳 年齢 34歳
1989年12月29日 生年月日 1983年6月4日
178cm / 75kg 身長 / 体重 185cm / 80kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 片手
2007年 プロ転向 2002年
9勝4敗 2018年成績 8勝9敗
0回 2018年優勝回数 0回
340勝159敗 通算成績 283勝330敗
11回 通算優勝回数 5回

2回戦「錦織 vs ガルシアロペス」の結果

試合日:現地時間 4月25日(水)

バルセロナ・オープン 2回戦(クレー)
[14] 錦織 圭 (22位) 棄権 3 0
ギリェルモ・ガルシア ロペス (69位) 6 0
試合時間:46分

錦織は第2セットの第1ゲームのファーストポイントが終わったところで棄権を申し出て、初戦敗退となりました。

錦織はモンテカルロ・マスターズの決勝から中2日での試合でしたが、疲労の色が濃く、まともにプレーできる状態ではありませんでした。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 3
G-ロペス 6
○:キープ、●:ブレーク

錦織のサービスで試合開始。

第1ゲーム、錦織のサービスエースやサーブアンドボレーが決まるなど、錦織がキープ。

第2ゲーム、ガルシアロペスがキープ。

第3ゲーム、40-0から錦織にダブルフォルトがありましたが、錦織がキープ。

第4ゲーム、ガルシアロペスがキープ。

第5ゲーム、錦織のサービスエース、バックハンドのダウンザラインへのウィナーで30-0と錦織がポイントを先行したところから、ガルシアロペスのウィナー、錦織のダブルフォルトとフォアハンドのミスがあり、30-40とガルシアロペスにブレークポイントが来ますが、錦織がストロークで何とか粘って、デュースへ。

直後、錦織にドロップショットのミスが出て、ガルシアロペスに2本目のブレークポイントが来ますが、錦織がストロークで攻め切って凌ぎます。

デュース3回目、ガルシアロペスのバックハンドのウィナーが決まり、ガルシアロペスに3本目のブレークポイントが来ますが、錦織がバックハンドのクロスへのウィナーを決めて凌ぎます。

デュース4回目の後、錦織がキープ。

錦織は何とかキープをしたものの疲労で動きが重く、最低限の動きで何とかやりくりしているという状態です。

第6ゲーム、ガルシアロペスがキープ。

第7ゲーム、30-15から錦織のフォアハンドのミス、ロブショットがわずかにアウトとなり、30-40とガルシアロペスにブレークポイントが来ますが、ガルシアロペスのリターンがアウトとなり、デュースへ。

直後、ガルシアロペスの上手いロブショットが決まり、ガルシアロペスに2本目のブレークポイントが来ますが、錦織がサーブアンドボレーから見事なバックボレーを決めて凌ぎます。

デュース3回目、錦織にスマッシュミスが出て、ガルシアロペスに3本目のブレークポイントが来ますが、ガルシアロペスの決めに行ったリターンがアウト。

デュース4回目、錦織のバックハンドがアウトとなり、ガルシアロペスに4本目のブレークポイントが来ると、錦織のスライスショットがネットにかかり、ガルシアロペスがブレークに成功

第8ゲーム、30-30まで行きますが、ガルシアロペスがキープ。

第9ゲーム、錦織のスマッシュミス、ガルシアロペスのバックハンドのウィナーなどがあり、15-40とガルシアロペスにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

錦織がサービスエースで1本凌ぎますが、錦織にバックハンドのミスが出て、ガルシアロペスが第1セットを先取

錦織 第1セット ガルシアロペス
2 サービスエース 1
2 ダブルフォルト 0
48%(22/46) ファーストサーブ確率 65%(13/20)
64%(14/22) 1st Serve Points Won 85%(11/13)
42%(10/24) 2nd Serve Points Won 71%(5/7)
0%(0/0) ブレイク / チャンス 22%(2/9)
42%(28/66) Total Points Won 58%(38/66)

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時にポイントを取得した確率。
・Total Points Won:取得した全ポイント。

※映像に表示されるスタッツでウィナー数、アンフォーストエラー数、ネットポイント数の表示がありませんでした。

第2セット

ガルシアロペスのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ファーストポイントでガルシアロペスのショットに対して、まったく動かない錦織。

ここで錦織が棄権を申し出て、ガルシアロペスが勝利

試合振り返り・スタッツ

錦織はモンテカルロ・マスターズの決勝から中2日での試合となりましたが、立ち上がりから動きが重そうな感じで、ゲームが進むにつれどんどん動きが悪くなってしまいました。

さすがにこの状態で勝機を見出すのは厳しかったです。

無理をして怪我をするリスクもあったので、大事に至る前に棄権の判断をしてくれて良かったと思います。

錦織 Match ガルシアロペス
2 サービスエース 1
2 ダブルフォルト 0
48%(22/46) ファーストサーブ確率 62%(13/21)
64%(14/22) 1st Serve Points Won 85%(11/13)
42%(10/24) 2nd Serve Points Won 75%(6/8)
0%(0/0) ブレイク / チャンス 22%(2/9)
42%(28/67) Total Points Won 58%(39/67)

錦織の次に出場する大会は!?

錦織圭が次に出場する大会は、5月6日からマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」。

【2018年】ムチュア・マドリード・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)
2018年5月6日から5月13日(2018年第19週)にマドリード(スペイン)で開催されるマスターズ1000「ムチュア・マドリード・オープン」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

とにかく今はゆっくり休んで、いい状態でムチュア・マドリード・オープンを迎えて欲しいなと思います。