ATPランキング試算(2017年4月・モンテカルロ後)


4月のマスターズ1000のモンテカルロ・マスターズ後のランキング試算です。

トップ20について、2016年のモンテカルロの結果の振り返り、4月17日のランキング試算、4月24日(モンテカルロ後)のランキング試算と、順を追って見ていきたいと思います。

最後に全仏オープン前までの4位争いも少し紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年モンテカルロの振り返り

まずは、トップ20の2016年のモンテカルロ・マスターズの結果を振り返ります。

ナダル選手が優勝、モンフィス選手が準優勝。

ランキング上位の選手が順当に勝ち上がっていく中、シーズン前半で無敵の強さを見せていたジョコビッチ選手がまさかの初戦敗退という波乱もありました。

錦織選手は不参加。

順位選手名4月10日
point
2016年
モンテカルロ
失効
point
1マレー11,960ベスト4360
2ジョコビッチ7,9152回戦10
3ワウリンカ5,785ベスト8180
4フェデラー5,305ベスト8180
5ナダル4,735優勝1,000
6ラオニッチ4,345ベスト8180
7錦織 圭4,310不参加0
8チリッチ3,385不参加0
9ティエム3,3853回戦90
10ツォンガ3,265ベスト4360
11モンフィス3,010準優勝600
12ディミトロフ2,8802回戦45
13ベルディヒ2,7902回戦10
14ゴフィン2,7053回戦90
15キリオス2,425不参加0
16ソック2,405不参加0
17プイユ2,3763回戦90
18B アグート2,1903回戦90
19C ブスタ2,0252回戦45
20A.ズベレフ2,0052回戦45

※「4月10日point」は、2017年4月10日付のATPランキングのポイント。

2017年4月17日のランキング試算

4月17日のランキング試算について、表の内容を補足します。

  • 失効ポイント
  • 2017年4月17日に失効日を迎える2016年モンテカルロ・マスターズのポイント。

    「*」が付いている失効ポイントについて、ランキング対象の18大会に含まれないため、失効後に全体のポイントに影響はありません。

  • 繰り上げポイント
  • 現時点ではポイントが低くてランキング対象の18大会に入っていませんが、失効ポイントと入れ替わる形でランキング対象のポイントとして繰り上がるポイント

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「4月10日ポイント」-「失効ポイント」+「繰り上げポイント」

  • 獲得ポイント
  • 4月第3週に開催されているATP250の大会でのポイント。

    基礎ポイントにこの獲得ポイントを加算したポイントが、4月17日のATPランキングのポイントとなります。

    ※ソック選手がヒューストンの大会で90ポイントを獲得しましたが、ランキング対象の18大会の中で一番低い45ポイントと入れ替えになるため、実際には45ポイントの加算となります。

順位選手名4月10日
point
失効
point
繰り上げ
point
基礎
point
獲得
point
1マレー11,960360011,6000
2ジョコビッチ7,9151007,9050
3ワウリンカ5,78518005,6050
4フェデラー5,30518005,1250
5ナダル4,7351,00003,7350
6ラオニッチ4,34518004,1650
7錦織 圭4,310004,3100
8チリッチ3,385003,3850
9ティエム3,38590*03,3850
10ツォンガ3,26536002,9050
11モンフィス3,01060002,4100
12ディミトロフ2,88045*02,8800
13ベルディヒ2,7901002,7800
14ゴフィン2,70590*02,7050
15キリオス2,425002,4250
16ソック2,405002,40590
17プイユ2,37690202,3060
18B アグート2,19090452,1450
19C ブスタ2,02545*02,0250
20A.ズベレフ2,00545*02,0050

4月第3週の大会後のポイント順に並び替えます。

順位選手名4月17日
point
4月10日
point
1マレー11,60011,960
2ジョコビッチ7,9057,915
3ワウリンカ5,6055,785
4フェデラー5,1255,305
5錦織 圭4,3104,310
6ラオニッチ4,1654,345
7ナダル3,7354,735
8チリッチ3,3853,385
9ティエム3,3853,385
10ツォンガ2,9053,265
11ディミトロフ2,8802,880
12ベルディヒ2,7802,790
13ゴフィン2,7052,705
14ソック2,4502,405
15キリオス2,4252,425
16モンフィス2,4103,010
17プイユ2,3062,376
18バウティスタ アグート2,1452,190
19カレーニョ ブスタ2,0252,025
20A.ズベレフ2,0052,005

ポイントの変動がない錦織選手は、7位から5位へ。

ナダル選手が5位から7位、モンフィス選手が11位から16位に順位を落とすことになります。

2017年4月24日ランキング試算

ここから本題であるモンテカルロ・マスターズ後の4月24日のランキング試算を行います。

4月24日のランキング試算について、表の内容を補足します。

  • 失効ポイント
  • 2017年4月24日に失効日を迎える下記2大会のポイント。
    ・ATP500「バルセロナ・オープン」
    ・ATP250「BCRルーマニア・オープン」(この大会は2016年で終了)

    「*」が付いている失効ポイントについて、ランキング対象の18大会に含まれないため、失効後に全体のポイントに影響はありません。

  • 繰り上げポイント
  • 現時点ではポイントが低くてランキング対象の18大会に入っていませんが、失効ポイントと入れ替わる形でランキング対象のポイントとして繰り上がってくるポイント

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「4月17日ポイント」-「失効ポイント」+「繰り上げポイント」

暫定
順位
選手名4月17日
point
失効
point
繰り上げ
point
基礎
point
1マレー11,6000011,600
2ジョコビッチ7,905007,905
3ワウリンカ5,605005,605
4フェデラー5,125005,125
5錦織 圭4,31030004,010
6ラオニッチ4,165004,165
7ナダル3,73550003,235
8チリッチ3,385003,385
9ティエム3,385003,385
10ツォンガ2,905002,905
11ディミトロフ2,880002,880
12ベルディヒ2,780002,780
13ゴフィン2,705002,705
14ソック2,450002,450
15キリオス2,425002,425
16モンフィス2,410002,410
17プイユ2,30615002,156
18B アグート2,145002,145
19C ブスタ2,025002,025
20A.ズベレフ2,00545*02,005

「基礎ポイント」順に並び替えます。

  • 表の「min」ポイント
  • ランキング対象の18大会のうちグランドスラムとマスターズ以外で、現在一番ポイントが低いポイント。

    出場義務大会ではないモンテカルロは強制加算ではなく、ATP500と同様の扱いになるため、モンテカルロでポイントを加算するには、この「min」以上のポイントを獲得する必要があります。

暫定
順位
選手名基礎
point
minモンテカルロ
情報
1マレー11,6000
2ジョコビッチ7,9050
3ワウリンカ5,6050
4フェデラー5,1250不参加
5ラオニッチ4,1650欠場
6錦織 圭4,0100不参加
7チリッチ3,3850
8ティエム3,385150
9ナダル3,2350
10ツォンガ2,9050
11ディミトロフ2,88090
12ベルディヒ2,7800
13ゴフィン2,70590
14ソック2,45045不参加
15キリオス2,4250欠場
16モンフィス2,4100欠場
17プイユ2,1560
18B アグート2,14545
19C ブスタ2,02590
20A.ズベレフ2,00590

基礎ポイントにモンテカルロでのポイント(「獲得ポイント」-「min」)を加算したポイントが、4月24日のATPランキングのポイントとなります。

モンテカルロでの獲得ポイントが「min」以下だった場合は、ポイントに変動はありません。

モンテカルロ情報

フェデラー選手、錦織選手、ソック選手は不参加。

また、ラオニッチ選手、キリオス選手、モンフィス選手は出場予定となっていましたが、欠場することになりました。

全仏オープンまでの4位争い

最後にモンテカルロから全仏オープン前まで、4位争いの状況を見ていきます。

フェデラー選手は、クレーシーズンの全仏オープン以外の大会を欠場。

ラオニッチ選手は、怪我の回復が遅れており、この先の出場が不透明。

5月マスターズ2連戦で錦織選手は失効ポイント720、ナダル選手は失効ポイント540と、両選手とも全仏オープン前までの失効ポイントが多く、4位になるには前年以上の成績を残していく必要があります。

錦織選手は、全仏オープン前に4位になるには下記条件が必要で、かなり厳しいです。

・マスターズ2戦(マドリードとローマ)でどちらも優勝
・バルセロナ優勝、マスターズ2戦で優勝+ベスト4以上
・バルセロナ準優勝、マスターズ2戦で優勝+準優勝以上

ナダル選手が完全復活とならなかったら、フェデラー選手がそのまま4位となりそうです。

※ランキング試算について、計算間違いのないようにしているつもりですが、勘違いやミスもあるかもしれないので、ご了承ください。

コメント