ATPランキング試算(2017年4月の出場予定と失効ポイント)


3月のマスターズ2連戦のBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)とマイアミ・オープン(マイアミ)は、どちらもフェデラー選手が優勝という結果に終わりました。

まずは、2017年のマイアミの結果とATPランキング(4月3日付)を振り返ります。

その後にトップ20の選手について、4月の出場予定、4月分の失効ポイント、失効後の暫定ランキングを紹介します。

スポンサーリンク

2017年マイアミの結果

まずは、トップ20の2017年のマイアミ・オープンの結果を振り返ります。

世界ランキング1位のマレー選手と2位のジョコビッチ選手が欠場となり、誰がこのチャンスをつかむのかという中で幕を明けたマイアミ・オープン。

結果は、フェデラー選手がインディアンウェルズに続いてマイアミでも優勝。
世界ランキングは6位から4位へ。
3回戦でデルポトロ選手と対戦するなど他のトップ選手と比べるとタフなドローだったにも関わらず、誰もフェデラー選手を止めることはできませんでした。

また、準優勝となったナダル選手が7位から5位へ。

準々決勝で敗退となった錦織選手は、4位から7位へ後退。

ソック選手はベスト8と結果を残し、ここでも自己最高を更新して15位。

順位 選手名 4月3日
point
マイアミ 獲得
point
1 マレー 11,960 欠場 0
2 ジョコビッチ 7,915 欠場 0
3 ワウリンカ 5,785 4回戦 90
4 フェデラー 5,305 優勝 1,000
5 ナダル 4,735 準優勝 600
6 ラオニッチ 4,345 3回戦 45
7 錦織 圭 4,310 ベスト8 180
8 チリッチ 3,385 2回戦 10
9 ティエム 3,385 2回戦 10
10 ツォンガ 3,265 欠場 0
11 モンフィス 3,010 欠場 0
12 ディミトロフ 2,880 2回戦 10
13 ベルディヒ 2,790 ベスト8 180
14 ゴフィン 2,705 4回戦 90
15 ソック 2,510 ベスト8 180
16 キリオス 2,425 ベスト4 360
17 プイユ 2,376 2回戦 10
18 バウティスタ アグート 2,190 4回戦 90
19 カレーニョ ブスタ 2,025 2回戦 10
20 A.ズベレフ 2,005 ベスト8 180

※「4月3日point」は、2017年4月3日付のATPランキングのポイント。

トップ20の4月の出場予定

はじめに、4月からクレーシーズンに入りますが、フェデラー選手はクレーシーズンでは全仏オープン以外の大会を欠場することを発表しています。

それでは、トップ20の4月の出場予定を見ていきます。

第2週は、デビスカップのワールドグループ準々決勝が開催。
トップ20の選手の中で出場予定となっている選手もいますが、ここは省略します。

第3週は、ATP250の大会が2つ開催。
地元アメリカのヒューストン大会にソック選手が出場予定となっています。

第4週は、マスターズ1000のモンテカルロ大会が開催されますが、出場義務大会ではないため、例年通り錦織選手は不出場となります。
トップ選手のほとんどがモンテカルロからクレーシーズン始動。

第5週は、ATP500のバルセロナ大会とATP250のブダペスト大会が開催。
錦織選手はバルセロナからクレーシーズン始動となります。

※出場予定について、怪我をしている選手が多く不確定な部分が多いため、変更になった場合は修正します。

順位 選手名 第3週 第4週 第5週
1 マレー モンテカルロ
2 ジョコビッチ モンテカルロ
3 ワウリンカ モンテカルロ
4 フェデラー
5 ナダル モンテカルロ バルセロナ
6 ラオニッチ モンテカルロ
7 錦織 圭 バルセロナ
8 チリッチ モンテカルロ
9 ティエム モンテカルロ バルセロナ
10 ツォンガ モンテカルロ
11 モンフィス モンテカルロ
12 ディミトロフ マラケシュ モンテカルロ
13 ベルディヒ モンテカルロ バルセロナ
14 ゴフィン モンテカルロ バルセロナ
15 ソック ヒューストン
16 キリオス モンテカルロ
17 プイユ モンテカルロ ブダペスト
18 B アグート モンテカルロ バルセロナ
19 C ブスタ モンテカルロ バルセロナ
20 A.ズベレフ モンテカルロ

<エントリー情報(追記)>
・ディミトロフ選手がマラケシュにワイルドカードで出場。
・モンフィス選手がモンテカルロを欠場。
・キリオス選手がモンテカルロを欠場。
・ラオニッチ選手がモンテカルロを欠場。

トップ20の4月の失効ポイント

トップ20の4月の失効ポイントの合計を見ていきますが、大体がモンテカルロとバルセロナの片方、もしくは両方の失効ポイントになります。

4月の失効ポイントの中でも、2016年にモンテカルロとバルセロナを連勝したナダル選手の1500ポイントが際立ちます。

2017年シーズンのここまでハードコートでしっかりと結果を残してきたナダル選手ですが、クレーで完全復活となる活躍を見せることができるか注目です。

順位 選手名 4月3日
point
4月失効
point
失効後
point
1 マレー 11,960 360 11,600
2 ジョコビッチ 7,915 10 7,905
3 ワウリンカ 5,785 180 5,605
4 フェデラー 5,305 180 5,125
5 ナダル 4,735 1,500 3,235
6 ラオニッチ 4,345 180 4,165
7 錦織 圭 4,310 300 4,010
8 チリッチ 3,385 0 3,385
9 ティエム 3,385 0 3,385
10 ツォンガ 3,265 360 2,905
11 モンフィス 3,010 600 2,410
12 ディミトロフ 2,880 0 2,880
13 ベルディヒ 2,790 10 2,780
14 ゴフィン 2,705 0 2,705
15 ソック 2,510 150 2,360
16 キリオス 2,425 0 2,425
17 プイユ 2,376 240 2,136
18 B アグート 2,190 90 2,100
19 C ブスタ 2,025 0 2,025
20 A.ズベレフ 2,005 0 2,005

4月失効後のポイント順に並び替えます。

暫定
順位
選手名 4月失効後
point
4月3日
point
1 マレー 11,600 11,960
2 ジョコビッチ 7,905 7,915
3 ワウリンカ 5,605 5,785
4 フェデラー 5,125 5,305
5 ラオニッチ 4,165 4,345
6 錦織 圭 4,010 4,310
7 チリッチ 3,385 3,385
8 ティエム 3,385 3,385
9 ナダル 3,235 4,735
10 ツォンガ 2,905 3,265
11 ディミトロフ 2,880 2,880
12 ベルディヒ 2,780 2,790
13 ゴフィン 2,705 2,705
14 キリオス 2,425 2,425
15 モンフィス 2,410 3,010
16 ソック 2,360 2,510
17 プイユ 2,136 2,376
18 バウティスタ アグート 2,100 2,190
19 カレーニョ ブスタ 2,025 2,025
20 A.ズベレフ 2,005 2,005

トップ10争いを見ると、2016年のモンテカルロで準優勝だったモンフィス選手と、ベスト4だったツォンガ選手に対して、ライバル勢は失効ポイントがほとんどないため10位争いが僅差となっています。

暫定順位(ポイント)については、ざっくりした計算なので、次回はモンテカルロ前にもう一度見ていきたいと思います。