【2020年】オープン13、デルレイビーチ・オープンの結果(ATP250)

2020年2月17日から2月23日(2020年第7週)に開催されたATPツアー250の2大会「オープン13(マルセイユ)」、「デルレイビーチ・オープン(デルレイビーチ)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オープン13(ATP250)

2020年2月17日から2月23日にマルセイユ(フランス)で開催されたATPツアー250「オープン13」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第7シードのフェリックス・オジェ アリアシムが1回戦でステファノ・トラバグリア、2回戦でピエール ユーグ・エルベール、準々決勝でイゴール・ゲラシモフ、準決勝でジル・シモンを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、 第2シードのステファノス・チチパスが2回戦でミカエル・イマー、準々決勝でバセク・ポシュピシル、準決勝でアレクサンダー・ブブリクを破り、決勝に進出。

第3シードのゴファン、第5シードのハチャノフは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ダニール・メドベージェフ5位ベスト8
2ステファノス・チチパス6位優勝
3ダビド・ゴファン10位2回戦
4デニス・シャポバロフ15位ベスト8
5カレン・ハチャノフ17位1回戦
6ブノワ・ペール20位2回戦
7フェリックス・オジェ アリアシム18位準優勝
8フベルト・フルカチ29位2回戦

Rank:2020年2月17日付の世界ランキング

決勝の結果

2020年2月23日 決勝 (マルセイユ/室内ハードコート)
[7] フェリックス・オジェ アリアシム034
[2] ステファノス・チチパス266
試合時間:1時間26分

2020年 オープン13の決勝。

第2シードのステファノス・チチパス(21歳・ギリシャ)が第7シードのフェリックス・オジェ アリアシム(19歳・カナダ)をセットカウント2-0(6-3、6-4)で破り、 2年連続2回目の優勝を飾りました。

チチパスは2019年11月のNitto ATPファイナルズ以来となるツアー通算5回目の優勝。

一方、オジェ アリアシムは先週のABNアムロ・ワールド・テニス・トーナメントに続いて2週連続で決勝に進出しましたが、今回もあと一歩及ばず、ツアー初優勝とはなりませんでした。(決勝で5連敗中)

デルレイビーチ・オープン(ATP250)

2020年2月17日から2月23日にデルレイビーチ(アメリカ)で開催されたATPツアー250「デルレイビーチ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、西岡良仁が1回戦で第5シードのジョン・ミルマン、2回戦でノア・ルビン、準々決勝でブランドン・ナカシマ、準決勝で第6シードのウゴ・アンベールを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、第4シードのライリー・オペルカが1回戦でエルネスツ・グルビス、2回戦でマッケンジー・マクドナルド、準々決勝でクォン・スンウ、準決勝で第2シードのミロシュ・ラオニッチを破り、決勝に進出。

第1シードのキリオスは手首の怪我で棄権、第3シードのフリッツ、第5シードのミルマン、第7シードのマナリノ、第8シードのアルボットは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ニック・キリオス21位棄権
2ミロシュ・ラオニッチ37位ベスト4
3テイラー・フリッツ38位1回戦
4ライリー・オペルカ54位優勝
5ジョン・ミルマン40位1回戦
6ウゴ・アンベール44位ベスト4
7アドリアン・マナリノ42位1回戦
8ラドゥ・アルボット51位1回戦

Rank:2020年2月17日付の世界ランキング

決勝の結果

2020年2月23日 決勝 (デルレイビーチ/ハードコート)
西岡 良仁 (63位)15772
[4] ライリー・オペルカ (54位)27646
試合時間:2時間9分

2020年デルレイビーチ・オープンの決勝。

第4シードのライリー・オペルカ(22歳・アメリカ)が西岡良仁(24歳・日本)をセットカウント2-1(7-5、6-7、6-2)で破り、デルレイビーチ・オープン初優勝を飾りました。

オペルカは2019年2月のニューヨーク・オープン以来となるツアー2回目の優勝。

一方、西岡は惜しくも敗れ、2018年9月の深セン・オープン以来のツアー2回目の優勝とはなりませんでした。

西岡は大会後の2月24日付の世界ランキングで48位に上がり、3年前の2017年3月20日に記録したキャリアハイの58位を更新。

コメント