【2019年】ウエスタン&サザン・オープンの結果(準決勝)


2019年8月11日から8月18日(2019年第33週)にシンシナティ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ・マスターズ)」の準決勝の結果(男子シングルス)、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準決勝「ジョコビッチ vs メドベージェフ」
ジョコビッチが勝てばウエスタン&サザン・オープン2年連続7回目(マスターズ50回目)の決勝、メドベージェフが勝てばウエスタン&サザン・オープン初(マスターズ2回目)の決勝進出となります。

準決勝「ガスケ vs ゴファン」
ガスケが勝てばウエスタン&サザン・オープン初(マスターズ4回目)の決勝、ゴファンが勝てばマスターズ初の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 ウエスタン&サザン・オープン 準決勝の結果

ウエスタン&サザン・オープンの準決勝の結果です。

<日程>
・8月17日(土):準決勝

日本とシンシナティの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年8月12日付の世界ランキング

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ (1)1633
[9] ダニール・メドベージェフ (8)2366
ボトムハーフ
リシャール・ガスケ (56)034
[16] ダビド・ゴファン (19)266

以下、各試合の簡単な試合の振り返り、スタッツです。(試合後に追記していきます)

準決勝「ジョコビッチ vs メドベージェフ」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの3勝、メドベージェフの1勝。

ハードコートでは、ジョコビッチの2勝、メドベージェフの0勝。

直近の対戦は2019年のモンテカルロ・マスターズ(クレーコート)の準々決勝で、メドベージェフがセットカウント2-1(6-3、4-6、6-2)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)1633
[9] ダニール・メドベージェフ (8)2366
試合時間:1時間42分

第9シードのダニール・メドベージェフ(23歳・ロシア)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)をセットカウント2-1(3-6、6-3、6-3)で破り、ウエスタン&サザン・オープン初(マスターズ2回目)の決勝進出を決めました。

メドベージェフはシティ・オープン、ロジャーズ・カップに続き、3週連続での決勝進出となります。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ジョコビッチのサービスで第1セット開始。

第5ゲームまでキープが続きます。

第6ゲーム、メドベージェフのファーストサーブでのポイント、バックハンドのミス、ジョコビッチの連続攻撃からのバックハンドのダウンザラインへのウィナー(15-30)、メドベージェフのボレーのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-30)、ジョコビッチの連続攻撃からのスマッシュのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、メドベージェフのドロップショットのウィナー、バックハンドのミス。

デュース2回目、ジョコビッチのバックハンドのパッシングショットのウィナーが決まり、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチがフォアハンドのクロスへのカウンターショットからのフォアハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ジョコビッチがブレークに成功

第7ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット
40-15とジョコビッチにセットポイントが来ると、メドベージェフにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがキープをして第1セットを先取

第2セット

メドベージェフのサービスで第2セット開始。

第5ゲーム、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、メドベージェフがサービスエースでピンチを凌ぎ、デュース1回目でメドベージェフがキープ。

第5ゲーム後にメドベージェフがトレーナーを呼んで右の二の腕のマッサージを受けます。

第7ゲーム、0-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、メドベージェフがキープ。

第8ゲーム、ジョコビッチのボレーミス、ロングラリーでジョコビッチのフォアハンドのミス(0-30)、ジョコビッチのファーストサーブでのポイント、ラリー戦でのジョコビッチのポイント(30-30)、ジョコビッチのドロップショットのミスがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフのバックハンドのダウンザラインへのリターンエースが決まり、メドベージェフがブレークに成功

第9ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザセット
メドベージェフのファーストサーブでのポイント、連続サービスエースがあり、40-0とメドベージェフにセットポイントが来ます。

メドベージェフのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、メドベージェフがラブゲームでキープをして第2セットを取ります

メドベージェフがトレーナーを呼んで右の二の腕のマッサージを受けます。

ファイナルセット

ジョコビッチのサービスでファイナルセット開始。

第3ゲーム、ラリー戦でのメドベージェフのポイント、ジョコビッチのボレーのウィナー(15-15)、ジョコビッチのバックハンドのミス、メドベージェフのバックハンドのパッシングショットのウィナーがあり、15-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、メドベージェフがブレークに成功

第6ゲーム、デュースまで行きますが、メドベージェフがキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント(15-15)、ジョコビッチのバックハンドのミス、メドベージェフのフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットでのポイントがあり、15-40とメドベージェフにマッチポイント(ブレークポイント)が来ます。

サービスダッシュに出たジョコビッチの横を抜くメドベージェフのフォアハンドのクロスへのリターンエースが決まり、メドベージェフがブレークをして勝利

スタッツ

第2セットの第7ゲーム辺りまではジョコビッチのペースでゲームが進んでいましたが、メドベージェフにサーブとストロークで積極性が出てくると流れが変わり、メドベージェフがブレークチャンスを確実にモノにして逆転勝利。

ジョコビッチMatchメドベージェフ
6サービスエース16
1ダブルフォルト4
72% (50/69)ファーストサーブ確率68% (55/81)
72% (36/50)1st Serve Points Won78% (43/55)
63% (12/19)2nd Serve Points Won42% (11/26)
50% (1/2)ブレーク / チャンス100% (3/3)
17/24ネットポイント10/16
70% (48/69)Service Points Won67% (54/81)
33% (27/81)Return Points Won30% (21/69)
50% (75/150)Total Points Won50% (75/150)
1915.0mTotal Distance Run1908.9m
12Winner 合計37
8フォアハンド15
6バックハンド6
サーブ16
16Unforced error 合計21
7フォアハンド9
8バックハンド8
1サーブ4

準決勝「ガスケ vs ゴファン」

過去の対戦成績は、ガスケの1勝、ゴファンの1勝。(2戦すべてハードコート)

直近の対戦は2018年の南フランス・オープン(室内ハードコート)の準決勝で、ガスケがセットカウント2-1(6-4、0-6、6-3)で勝利しています。

リシャール・ガスケ (56)034
[16] ダビド・ゴファン (19)266
試合時間:1時間15分

第16シードのダビド・ゴファン(28歳・ベルギー)がリシャール・ガスケ(33歳・フランス)をセットカウント2-0(6-3、6-4)で破り、マスターズ初の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ゴファンのサービスで第1セット開始。

第1ゲームと第3ゲームをゴファンがラブゲームでキープ。

第4ゲーム、ラリー戦でのゴファンの連続ポイント、ガスケのバックハンドのミスがあり、0-40とゴファンにブレークポイントが来ます。

ガスケが1本凌ぎますが、ゴファンのバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、ゴファンがブレークに成功

第5ゲーム、30-40とガスケにブレークポイントが来ますが、ゴファンがファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュース1回目でゴファンがキープ。

第9ゲーム、ゴファンのサービングフォーザセット。
ゴファンのサーブアンドボレーのウィナー、ロングラリーでゴファンのフォアハンドのミス、ガスケのバックハンドのミス、ゴファンの見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、40-15とゴファンにセットポイントが来ます。

ガスケにバックハンドのミスが出て、ゴファンがキープをして第1セットを先取

第1セットのゴファンはウィナー13本、アンフォーストエラーわずか4本と、完璧と言っていいほどのプレー内容でした。

第2セット

ガスケのサービスで第2セット開始。

第2ゲーム、40-15からゴファンのバックハンドの連続ミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ガスケがリターンでポイントを取ってガスケにブレークポイントが来ると、ゴファンにフォアハンドのミスが出て、ガスケがブレークに成功

第3ゲーム、ゴファンの連続攻撃でのポイント、ガスケのドロップショットのウィナー、ゴファンのボレーのウィナー、ラリー戦でガスケのフォアハンドのミスがあり、15-40とゴファンにブレークポイントが来ます。

ガスケが1本凌ぎますが、サーブアンドボレーに出たガスケにボレーミスが出て、ゴファンがブレークバックに成功

第5ゲーム、ガスケのダブルフォルトやゴファンのリターンエースなどがあり、30-40とゴファンにブレークポイントが来ますが、ガスケがファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュース1回目でガスケがキープ。

第7ゲーム、デュース1回目、ゴファンのフォアハンドのリターンエースが決まり、ゴファンにブレークポイントが来ますが、ラリー戦でのガスケのポイント。

デュース2回目、ゴファンのバックハンドのクロスへのウィナーが決まり、ゴファンにブレークポイントが来ます。

攻撃をしていたガスケにバックハンドのミスが出て、ゴファンがブレークに成功

第8ゲーム、ゴファンのサービスエース2本などがあり、ゴファンがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、ゴファンのサービングフォーザマッチ。
ゴファンのフォアハンドの深いショットでのポイント、サーブアンドボレーでのポイント、サービスエースがあり、40-0とゴファンにマッチポイントが来ます。

ガスケにバックハンドのミスが出て、ゴファンがキープをして勝利

スタッツ
ガスケMatchゴファン
6サービスエース5
4ダブルフォルト1
68% (40/59)ファーストサーブ確率58% (30/52)
73% (29/40)1st Serve Points Won77% (23/30)
16% (3/19)2nd Serve Points Won77% (17/22)
50% (1/2)ブレーク / チャンス43% (3/7)
5/12ネットポイント10/10
54% (32/59)Service Points Won77% (40/52)
23% (12/52)Return Points Won46% (27/59)
40% (44/111)Total Points Won60% (67/111)
1447.1mTotal Distance Run1364.8m
15Winner 合計27
4フォアハンド14
4バックハンド8
7サーブ5
23Unforced error 合計14
10フォアハンド5
9バックハンド8
4サーブ1

ハイライト動画

準決勝2試合のハイライト動画です。

Medvedev Surges Past Djokovic; Goffin Hits Milestone | Cincinnati 2019 Semi-Final Highlights

ドロー表(結果)

準決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ウエスタン&サザン・オープンの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ジョコビッチ11,325準決勝×36011,685
2ナダル7,945棄権7,945
3フェデラー6,8603回戦×906,950
4ティーム4,925棄権4,925
5ズベレフ3,9952回戦×104,005
6錦織 圭3,9952回戦×104,005
7メドベージェフ3,195準決勝6003,795
8チチパス3,4452回戦×103,455
9ハチャノフ2,8003回戦×902,890
10B アグート2,395準々決勝×1802,575
11フォニーニ2,510棄権2,510
12チョリッチ2,1501回戦×102,160
13モンフィス2,1301回戦×102,140
14イズナー2,0302回戦×452,075
15ゴファン1,455準決勝6002,055
16デルポトロ2,050欠場2,050
17アンダーソン2,050欠場2,050
18バシラシビリ1,9751回戦×101,985
19A アリアシム1,7401回戦×101,750
20ペラ1,6902回戦×451,735
21シュワルツマン1,6353回戦×901,725
22ラオニッチ1,630欠場1,630
23チリッチ1,5801回戦×101,590
24ワウリンカ1,4902回戦×451,535
25ベレッティーニ1,5251回戦×101,535
26プイユ1,295準々決勝×1801,475
27フリッツ1,4551回戦×101,465
28ラヨビッチ1,4311回戦×101,441
29キリオス1,3852回戦×451,430
30ペール1,3582回戦×451,403

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年8月・シンシナティ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

ウエスタン&サザン・オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

GAORA、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

女子の試合は、DAZNで配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月18日()準決勝 1[生] 1:57~5:00
8月18日()準決勝 2[生] 6:57~10:00
8月18日()準決勝[録] 19:30~23:30

[生]:生中継、[録]:録画

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に2回戦から決勝まで7試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
8月18日()準決勝 1[102] 2:00~2:30
[BS1] 2:30~(4:00)
8月18日()準決勝 2[BS1] 7:00~8:50

<放送する対戦カード>
・準決勝1「R.ガスケ vs D.ゴファン」
・準決勝2「N.ジョコビッチ vs D.メドベージェフ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviでは、ライブ&アーカイブ配信の予定。

2019年 ウエスタン&サザン・オープン 各ラウンドの結果

コメント