【2019年】ニューヨーク・オープン、アルゼンチン・オープンの結果(ATP250)


2019年2月11日から2月17日(2019年第7週)に開催されたATPツアー250の2大会「ニューヨーク・オープン(ニューヨーク)」、「アルゼンチン・オープン(ブエノスアイレス)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニューヨーク・オープン(ATP250)

2019年2月11日から2月17日にニューヨーク(アメリカ)で開催されたATPツアー250「ニューヨーク・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、ライリー・オペルカが1回戦で第5シードのアドリアン・マナリノ、2回戦でデニス・イストミン、準々決勝でギリェルモ・ガルシア ロペス、準決勝で第1シードのジョン・イズナーを破り、ツアー初の決勝に進出。

第4シードのジョン・ミルマンは初戦敗退となりました。

ボトムハーフでは、ブレイデン・シュナが1回戦でジャック ミンジエ・リン、2回戦で第3シードのスティーブ・ジョンソン、準々決勝でパオロ・ロレンツィ、準決勝で第6シードのサム・クエリーを破り、ツアー初の決勝に進出。

第2シードのフランシス・ティアフォと第3シードのスティーブ・ジョンソンは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ジョン・イズナー9位ベスト4
2フランシス・ティアフォ29位2回戦
3スティーブ・ジョンソン34位2回戦
4ジョン・ミルマン37位2回戦
5アドリアン・マナリノ48位1回戦
6サム・クエリー49位ベスト4
7ジョーダン・トンプソン60位ベスト8
8テニス・サングレン76位1回戦

Rank:2019年2月11日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年2月17日 決勝(ニューヨーク/室内ハード)
ライリー・オペルカ (89位)266779
ブレイデン・シュナ (154位)117967
試合時間:2時間1分

2019年のニューヨーク・オープンの決勝。

ライリー・オペルカ(21歳・アメリカ)がブレイデン・シュナ(23歳・カナダ)をセットカウント2-1(6-1、6-7、7-6)で破り、ツアー初優勝を飾りました。

お互いにツアー初の決勝でしたが、オペルカは43本のサービスエースを決め、ブレークポイントを1本も与えない盤石なサービスゲームを展開するなど、決勝の舞台でも自分のテニスを発揮して勝利。

アルゼンチン・オープン(ATP250)

2019年2月11日から2月17日にブエノスアイレス(アルゼンチン)で開催されたATPツアー250「アルゼンチン・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第4シードのディエゴ・シュワルツマンが2回戦でアルヤズ・ベデネ、準々決勝でアルベルト・ラモス ビノラス、準決勝で第1シードのドミニク・ティームを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、第3シードのマルコ・チェッキナートが2回戦でクリスチャン・ガリン、準々決勝でロベルト・カルバリェス バエナ、準決勝でギド・ペラを破り、決勝に進出。

第2シードのファビオ・フォニーニは初戦敗退となりました。

日本勢ではダニエル太郎が出場しましたが、1回戦でロベルト・カルバリェス バエナにストレートで敗れ、初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ドミニク・ティーム8位ベスト4
2ファビオ・フォニーニ15位2回戦
3マルコ・チェッキナート18位優勝
4ディエゴ・シュワルツマン19位準優勝
5ジョアン・ソウザ41位2回戦
6ニコラス・ジャリー47位1回戦
7ドゥシャン・ラヨビッチ43位1回戦
8マレク・ジャジリ44位1回戦

Rank:2019年2月11日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年2月17日 決勝(ブエノスアイレス/クレー)
[4] ディエゴ・シュワルツマン (19位)012
[3] マルコ・チェッキナート (18位)266
試合時間:1時間5分

2019年のアルゼンチン・オープンの決勝。

第3シードのマルコ・チェッキナート(26歳・イタリア)が第4シードのディエゴ・シュワルツマン(26歳・アルゼンチン)をセットカウント2-0(6-1、6-2)で破り、アルゼンチン・オープン初優勝を飾りました。

チェッキナートは2018年7月のクロアチア・オープン以来のツアー通算3回目の優勝(優勝はすべてクレーコート)。

コメント