【2018年】ジュネーヴ・オープン、リヨン・オープンの結果(ATP250)


2018年5月第4週(2018年第21週)に開催されたATP250の2大会「ジュネーヴ・オープン(ジュネーヴ)」、「リヨン・オープン(リヨン)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジュネーヴ・オープン(ATP250)

2018年5月20日から5月26日にジュネーヴ(スイス)で開催されたATP250「ジュネーヴ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、マートン・フチョビッチが1回戦で第5シードのラモス ビノラス、準々決勝で第3シードのワウリンカ、準決勝で第6シードのジョンソンを破る活躍を見せ、ツアー初の決勝に進出。

第1シードのクエリーはギド・ページャにフルセットの末に敗れ、初戦敗退となりました。

ボトムハーフでは、ペーター・ゴヨブチックが2回戦で第4シードのフェレール、準々決勝で第7シードのセッピ、準決勝で第2シードのフォニーニを破る活躍を見せ、決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1サム・クエリー13位2回戦
2ファビオ・フォニーニ19位ベスト4
3スタン・ワウリンカ25位ベスト8
4ダビド・フェレール42位2回戦
5アルベルト・ラモス ビノラス36位1回戦
6スティーブ・ジョンソン47位ベスト4
7アンドレアス・セッピ51位ベスト8
8ミーシャ・ズベレフ52位1回戦

※「Rank」は2018年5月21日付の世界ランキング。

決勝の結果

2018年5月26日 決勝(ジュネーヴ/クレー)
マートン・フチョビッチ (60位)266
ペーター・ゴヨブチック (49位)022
試合時間:1時間7分

2018年のジュネーヴ・オープンの決勝。

マートン・フチョビッチ(26歳・ハンガリー)がペーター・ゴヨブチック(28歳・ドイツ)を6-2、6-2のストレートで破り、見事ツアー初優勝を飾りました。

フチョビッチはツアー初の決勝で初優勝となりました。

2013年から2017年の長い間、世界ランキング100から200位台で停滞していたフチョビッチですが、2017年7月に初めてトップ100入りを果たすと、9月のデビスカップのプレーオフではロシアの期待の若手ハチャノフとルブレフを破り、ダブルスを含めて3勝の大車輪の活躍でハンガリーのワールドグループ昇格に貢献。

そして、今年の全豪オープンではグランドスラムで初めて1回戦を突破して4回戦まで進出を果たすなど、現在急激に力を付けてきていますが、今後ツアーの壁に跳ね返されることなく安定した成績を残し、さらに飛躍を遂げることができるか注目です。

一方、ゴヨブチックは2017年の9月にモゼール・オープンでツアー初の決勝進出で初優勝を果たしてから、今年の2月にデルレイビーチ・オープンで準優勝、そして今大会で準優勝と28歳になってから大きな飛躍を遂げており、今後の活躍にも期待です。

リヨン・オープン(ATP250)

2018年5月20日から5月26日にリヨン(フランス)で開催されたATP250「リヨン・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第1シードのティエムが苦しい戦いが続く中、決勝に進出。

ティエムは準々決勝の試合途中(ファイナルセット前)で雨により試合が翌日に順延となり、準々決勝(ファイナルセット)と準決勝を同日に行うハードスケジュールとなりました。

第3シードのソックは2回戦でテイラー・フリッツに敗れ、初戦敗退となりました。

ボトムハーフでは、シード勢がwithdrawや早期敗退となる中、ジル・シモンが決勝に進出。

第4シードのチョン、第8シードのミルマンは怪我のためwithdrawとなりました。

シード選手名Rank結果
1ドミニク・ティエム8位優勝
2ジョン・イズナー10位ベスト8
3ジャック・ソック15位2回戦
4チョン・ヒョン20位withdraw
5アドリアン・マナリノ27位1回戦
6ガエル・モンフィス38位1回戦
7ジョアン・ソウザ48位1回戦
8ジョン・ミルマン58位withdraw

※「Rank」は2018年5月21日付の世界ランキング。

決勝の結果

2018年5月26日 決勝(リヨン/クレー)
[1] ドミニク・ティエム (8位)23776
ジル・シモン (75位)16611
試合時間:2時間25分

2018年のリヨン・オープンの決勝。

第1シードのドミニク・ティエム(24歳・オーストリア)がジル・シモン(33歳・フランス)を3-6、7-6(1)、6-1のフルセットの末に破り、ツアー優勝を飾りました。

ティエムは今シーズン2回目の優勝で、ツアー通算10回目の優勝となりました。

もともと出場する大会が多く体力に自信があるティエムとはいえ、今大会は雨の影響もあってハードスケジュールとなり、本番の全仏オープン前に疲労面が心配されますが、この優勝の流れを全仏オープンにつなげることができるか注目です。

一方、シモンは第2セットで先にブレークをして優勝まであと一歩というところまで行きましたが、逆転負けとなってしまい、ツアー通算14回目(今シーズン2回目)の優勝とはなりませんでした。

コメント