【2017年】リオ・オープンの大会結果(ATP500)

2017年2月第4週(2017年第8週)にブラジル(リオデジャネイロ)で開催のATP500「リオ・オープン」の放送予定(スポナビ、GAORA、BS朝日)、1回戦から決勝までの結果を見ていきます。

ATP500「リオ・オープン」の大会概要、エントリー選手(シード選手)

スポンサーリンク

放送予定

スポナビ、GAORA、BS朝日での放送(配信)が予定されています。

スポナビライブ(スポナビ)

スポナビでは、大会初日から4日目(1回戦と2回戦)までは無料、準々決勝以降は有料となっています。

・無料での視聴はこちら:スポナビライブ(テニス)
・有料視聴の際の会員登録(初回1ヶ月無料)はこちら:スポナビライブ

日程 ラウンド 放送時間
2月21日(火) 1回戦 午前4:30~(無料)
2月22日(水) 1回戦 午前4:30~(無料)
2月23日(木) 2回戦 午前4:30~(無料)
2月24日(金) 2回戦 午前4:30~(無料)
2月25日() 準々決勝 午前3:00~(有料)
2月26日() 準決勝 午前4:50~(有料)
2月27日(月) 決勝 午前4:50~(有料)

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日程 ラウンド 放送時間
2月21日(火) 1回戦 午前4:30~11:00
2月22日(水) 1回戦 午前4:30~11:00
2月23日(木) 2回戦 午前4:30~11:00
2月24日(金) 2回戦 午前4:30~11:00
2月25日() 準々決勝 午前3:00~11:00
2月26日() 準決勝 午前4:58~10:00
2月27日(月) 決勝 午前4:58~8:30

BS朝日

BS朝日では、1回戦から決勝までを放送予定となっていますが、放送時間は競技スケジュール確定後に決定とのことです。

日程 ラウンド 放送時間
2月22日(水) 1回戦 錦織vsベルッシ 19:00~20:54(録画)
2月27日(月) 決勝 午前5:00~7:00

※錦織選手が1回戦で敗退となったため、決勝以外の放送はないみたいです。

大会結果

ATP500「リオ・オープン」の結果について、試合結果が分かり次第、順次更新していきます。

※()内の世界ランキングは、2017年2月20日付のランキングです。

1回戦

錦織選手の試合は、日本時間「2月22日(水) 午前7時00分」開始予定です。

[1] 錦織 圭(5位) 0 4 3
トマス・ベルッシ(76位) 2 6 6
チアゴ・モンテイロ(85位) 2 2 77 6
ガスタオ・エリアス(86位) 1 6 44 4
キャスパー・ルード(208位) 2 6 6
ロジェリオ・ドゥトラ シルバ(88位) 0 3 4
ロベルト・カルバレス バエナ(132位) 2 6 6
[8] ジョアン・ソウザ(POR・39位) 0 3 1
[4] パブロ・カレーニョ ブスタ(24位) 2 6 6
ジョアン・ソウザ(BRA・131位) 0 3 1
ギド・ページャ(162位) 0 2 5
ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(94位) 2 6 7
カルロス・ベルロク(66位) 0 2 3
オラシオ・セバジョス(73位) 2 6 6
アレクサンドル・ドルゴポロフ(50位) 2 6 6
[6] ダビド・フェレール(29位) 0 4 4
[5] アルベルト・ラモス ビノラス(25位) 2 6 6
ステファン・ロベール(80位) 0 2 0
トミー・ロブレド(471位) 0 2 4
ファビオ・フォニーニ(45位) 2 6 6
ニコラス・キカー(123位) 2 7 6
マルコ・チェッキナート(194位) 0 5 0
アルトゥル・デ グレーフ(138位) 2 6 3 7
[3] パブロ・クエバス(30位) 1 3 6 5
[7] パオロ・ロレンツィ(40位) 1 6 1 4
フェデリコ・デルボニス(52位) 2 4 6 6
ディエゴ・シュワルツマン(51位) 2 6 3 6
レンゾ・オリボ(92位) 1 2 6 4
ファクンド・バグニス(82位) 0 4 4
ドゥシャン・ラヨビッチ(97位) 2 6 6
ヤンコ・ティプサレビッチ(96位) 0 4 5
[2] ドミニク・ティエム(8位) 2 6 7

錦織選手の1回戦の結果は『錦織 vs ベルッシ』で詳しく紹介しています。

【リオ・オープン】1回戦「錦織vsベルッシ」の結果(2017年)
【リオ・オープン】1回戦「錦織vsベルッシ」の結果(2017年)
2017年リオ・オープンの1回戦、錦織選手の対戦相手はトマス・ベルッシ選手。 錦織選手のリオ・オープン1回戦のプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

2回戦

トマス・ベルッシ(76位) 1 68 6 3
チアゴ・モンテイロ(85位) 2 710 3 6
キャスパー・ルード(208位) 2 64 6 77
ロベルト・カルバレス バエナ(132位) 1 77 4 63
[4] パブロ・カレーニョ ブスタ(24位) 2 6 4 6
ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(94位) 1 2 6 2
オラシオ・セバジョス(73位) 1 64 6 4
アレクサンドル・ドルゴポロフ(50位) 2 77 4 6
[5] アルベルト・ラモス ビノラス(25位) 2 6 6
ファビオ・フォニーニ(45位) 0 2 3
ニコラス・キカー(123位) 2 6 6
アルトゥル・デ グレーフ(138位) 0 3 3
フェデリコ・デルボニス(52位) 0 4 61
ディエゴ・シュワルツマン(51位) 2 6 77
ドゥシャン・ラヨビッチ(97位) 0 2 5
[2] ドミニク・ティエム(8位) 2 6 7

準々決勝

チアゴ・モンテイロ(85位) 0 2 62
キャスパー・ルード(208位) 2 6 77
[4] パブロ・カレーニョ ブスタ(24位) 77 62 1
アレクサンドル・ドルゴポロフ(50位) 棄権 64 77 0
[5] アルベルト・ラモス ビノラス(25位) 2 6 6
ニコラス・キカー(123位) 0 2 3
ディエゴ・シュワルツマン(51位) 0 2 3
[2] ドミニク・ティエム(8位) 2 6 6

準決勝

キャスパー・ルード(208位) 1 6 5 0
[4] パブロ・カレーニョ ブスタ(24位) 2 2 7 6
[5] アルベルト・ラモス ビノラス(25位) 0 1 4
[2] ドミニク・ティエム(8位) 2 6 6

決勝

[4] パブロ・カレーニョ ブスタ(24位) 0 5 4
[2] ドミニク・ティエム(8位) 2 7 6

ドロー表(結果)

決勝の振り返りと次の出場予定

リオ・オープン決勝「ティエム vs カレーニョ ブスタ」のハイライト動画です。

2017年のリオ・オープンを制したのはティエム選手。
ティエム選手はこれでツアー8勝目

2017年シーズンは、この大会が始まる前までに7勝5敗と結果が残せていませんでしたが、クレーコートのリオ・オープンでは強さを発揮して見事に優勝。

ハードコートでは安定感に欠ける面が出ていましたが、得意のクレーコートではしっかりと結果を出して、トップ10落ちの危機を逃れました。

ティエム選手はこの大会を含めてすでに7大会に出場と、2017年も強行スケジュールとなっています。そして、休む間もなく次のアカプルコの大会に出場。

一方、惜しくも準優勝となったカレーニョブスタ選手は、ATP500シリーズ初優勝とはならず。

2016年8月にツアー初優勝を上げてから着実に結果を残し続け、ランキングも上昇中。
今後のカレーニョブスタ選手の活躍に注目です。

最後に、両選手が次に出場する大会を紹介します。
ティエム選手はATP500「アビエルト・メキシコ・テルセル」、カレーニョブスタ選手はATP250「ブラジル・オープン」となっています。

ATP500「アビエルト・メキシコ・テルセル」の大会情報と放送予定
ATP250「ブラジル・オープン」の大会情報

2017年のATPワールドツアー全日程