【2017年】成都、深センの結果(ATP250)


2017年9月第4週(2017年第39週)に開催されたATP250の2大会「成都オープン(成都)」、「深セン・オープン(深セン)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成都オープン(ATP250)

2017年9月25日から10月1日に成都(中国)で開催されたATP250「成都オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第1シードのドミニク・ティエム選手がギド・ページャ選手に敗れて初戦敗退となり、他のシード選手も早期敗退が続いて6人のシード選手が初戦敗退となりました。

シードダウンが相次ぐ中、第5シードの杉田祐一選手はしっかりと勝ち上がっていきましたが、準決勝でデニス・イストミン選手にフルセットに敗れ、ツアー2回目の決勝進出とはなりませんでした。

シード選手名Rank結果
1ドミニク・ティエム7位2回戦
2アルベルト・ラモス ビノラス25位2回戦
3カレン・ハチャノフ32位2回戦
4アンドレイ・ルブレフ37位2回戦
5杉田 祐一43位ベスト4
6カイル・エドマンド46位2回戦
7ビクトル・トロイツキ48位1回戦
8レオナルド・メイヤー54位1回戦

※「Rank」は2017年9月25日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年10月1日 決勝(成都/ハード)
デニス・イストミン (78位)3
マルコス・バグダティス (113位)棄権2
試合時間:23分

2017年の成都オープンの決勝。

マルコス・バグダティス選手(32歳・キプロス)が第1セット途中で棄権をし、デニス・イストミン選手(31歳・ウズベキスタン)が約2年3ヶ月ぶりとなるツアー優勝を飾りました。

イストミン選手はツアー2回目の優勝。

残念ながらバグダティス選手は試合途中に怪我のため棄権となり、2010年1月のシドニー国際以来のツアー優勝とはなりませんでした。

深セン・オープン(ATP250)

2017年9月25日から10月1日に深セン(中国)で開催されたATP250「深セン・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第1シードのアレクサンダー・ズベレフ選手は、準々決勝で第6シードのダミール・ズムル選手にストレートで敗れ、ベスト8止まりでした。

第2シードのダビド・ゴファン選手が準々決勝で第8シードのドナルド・ヤング選手を破るなど、順当に勝ち上がって決勝に進出。

第5シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ選手が準決勝で第6シードのダミール・ズムル選手を破り、決勝に進出。

シード選手名Rank結果
1アレクサンダー・ズベレフ4位ベスト8
2ダビド・ゴファン12位優勝
3ミーシャ・ズベレフ26位2回戦
4パオロ・ロレンツィ39位2回戦
5アレクサンドル・ドルゴポロフ53位準優勝
6ダミール・ズムル40位ベスト4
7ジョアン・ソウザ56位1回戦
8ドナルド・ヤング61位ベスト8

※「Rank」は2017年9月25日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年10月1日 決勝(深セン/ハード)
[2] ダビド・ゴファン (12位)26656
[5] アレクサンドル・ドルゴポロフ (53位)14773
試合時間:2時間3分

2017年の深セン・オープンの決勝。

第2シードのダビド・ゴファン選手(26歳・ベルギー)が第5シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ選手(28歳・ウクライナ)を6-4、6-7、6-3で破り、約3年ぶりとなるツアー優勝を飾りました。

ゴファン選手は2014年9月のモゼール・オープンで優勝をして以来、ツアー決勝で6連敗中でしたが、今シーズン3回目の決勝で見事優勝を飾り、通算3回目の優勝となりました。

一方、敗れたドルゴポロフ選手は、2017年2月のアルゼンチン・オープン以来となるツアー4回目の優勝とはなりませんでした。

コメント