【2017年】ニューポート、ウマグ、ボースタードの結果(ATP250)


2017年7月第3週(2017年第29週)に開催されたATP250の3大会「テニス殿堂選手権(ニューポート)」、「クロアチア・オープン(ウマグ)」、「スウェーデン・オープン(ボースタード)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク

テニス殿堂選手権(ATP250)

2017年7月17日から7月23日にニューポート(アメリカ)で開催されたATP250「テニス殿堂選手権」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

世界ランキング100位以上の選手が4人もシードになるなどメンバーが手薄の中、第1シードのジョン・イスナー選手とノーシードのマシュー・エブデン選手が決勝に進出。

シード 選手名 Rank 結果
1 ジョン・イスナー 21位 優勝
2 イボ・カロビッチ 25位 ベスト8
3 アドリアン・マナリノ 41位 2回戦
4 ピエール=ユーグ・エルベール 72位 ベスト8
5 ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス 108位 1回戦
6 ルカシュ・ラツコ 127位 2回戦
7 テニーズ・サンドグレン 101位 1回戦
8 イリヤ・マルチェンコ 112位 1回戦

※「Rank」は2017年7月17日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年7月23日 決勝(ニューポート/芝)
[1] ジョン・イスナー (21位) 2 6 77
マシュー・エブデン (249位) 0 3 64
試合時間:1時間14分

2017年のテニス殿堂選手権の決勝。

第1シードのジョン・イスナー選手(アメリカ)がマシュー・エブデン選手(オーストラリア)を6-3、7-6のストレートで破り、2015年8月以来となるツアー優勝を挙げました。

イスナー選手は2017年シーズン初優勝で、通算11回目の優勝。

一方、敗れたエブデン選手は予選から勝ち上がりツアー初の決勝進出でしたが、ツアー初優勝とはなりませんでした。

クロアチア・オープン(ATP250)

2017年7月17日から7月23日にウマグ(クロアチア)で開催されたATP250「クロアチア・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

全仏オープンで怪我をしてから今大会が復帰戦となった第1シードのダビド・ゴファン選手は、試合勘がまだ戻らずに準々決勝で敗退。

第2シードのガエル・モンフィス選手は初戦敗退。

第6シードで出場予定だったボルナ・チョリッチ選手がドロー発表後に棄権したため、ラッキールーザーとして19歳のアンドレイ・ルブレフ選手が出場し、準々決勝で第3シードのファビオ・フォニーニ選手を破るなどの活躍を見せてツアー初の決勝に進出。

また、シード選手が早期敗退する中で第4シードのパオロ・ロレンツィ選手が決勝に進出。

シード 選手名 Rank 結果
1 ダビド・ゴファン 14位 ベスト8
2 ガエル・モンフィス 13位 2回戦
3 ファビオ・フォニーニ 27位 ベスト8
4 パオロ・ロレンツィ 33位 準優勝
5 ジル・シモン 36位 1回戦
6 ボルナ・チョリッチ 45位 棄権
7 ブノワ・ペール 37位 1回戦
8 イジー・ベセリー 57位 ベスト8

※「Rank」は2017年7月17日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年7月23日 決勝(ウマグ/クレー)
アンドレイ・ルブレフ (74位) 2 6 6
[4] パオロ・ロレンツィ (33位) 0 4 2
試合時間:1時間16分

2017年のクロアチア・オープンの決勝。

19歳のアンドレイ・ルブレフ選手(ロシア)が第4シードのパオロ・ロレンツィ選手(イタリア)を6-4、6-2のストレートで破り、見事ツアー初優勝を飾りました。

ラッキールーザーの優勝は2009年のラジーブ・ラム選手(アメリカ)以来、史上7人目の快挙。

また、10代での優勝は同世代で大きな注目を浴びるアレクサンダー・ズベレフ選手に続く快挙で、ルブレフ選手の今後の活躍にも注目です。

一方、敗れた34歳のロレンツィ選手は2016年7月以来となるツアー2勝目とはなりませんでした。

スウェーデン・オープン(ATP250)

2017年7月17日から7月23日にボースタード(スウェーデン)で開催されたATP250「スウェーデン・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第1シードのパブロ・カレーニョブスタ選手は全仏オープンで怪我をしてから今大会が復帰戦となりましたが、初戦でまたも怪我により試合途中で棄権となってしまいました。

第8シードのダビド・フェレール選手は準決勝で第2シードのフェルナンド・ベルダスコ選手とのスペイン勢対決を制して、決勝に進出。

ノーシードのアレクサンドル・ドルゴポロフ選手は2回戦で第9シードのオラシオ・セバジョス選手、準々決勝で第5シードのカレン・ハチャノフ選手を破る活躍を見せて、決勝に進出。

シード 選手名 Rank 結果
1 パブロ・カレーニョ・ブスタ 16位 2回戦
2 アルベルト・ラモス=ビノラス 24位 ベスト8
3 パブロ・クエバス 29位 2回戦
4 リシャール・ガスケ 27位 棄権
5 カレン・ハチャノフ 33位 ベスト8
6 フェルナンド・ベルダスコ 39位 ベスト4
7 ディエゴ・シュワルツマン 38位 ベスト8
8 ダビド・フェレール 46位 優勝
9 オラシオ・セバジョス 56位 2回戦

※「Rank」は2017年7月17日付の世界ランキング。

決勝の結果

2017年7月23日 決勝(ボースタード/クレー)
[8] ダビド・フェレール (46位) 2 6 6
アレクサンドル・ドルゴポロフ (89位) 0 4 4
試合時間:1時間26分

第8シードのダビド・フェレール選手(スペイン)がアレクサンドル・ドルゴポロフ選手(ウクライナ)を6-4、6-4のストレートで破り、2015年10月以来となるツアー優勝を挙げました。

35歳のフェレール選手は怪我の影響で長く不調が続いていましたが、約1年9ヶ月ぶりとなる通算27回目の優勝。

一方、敗れたドルゴポロフ選手は2017年2月のアルゼンチン・オープン以来となるツアー4勝目とはなりませんでした。