【2020年】Nitto ATPファイナルズの結果(決勝)

2020年11月15日から11月22日(2020年第46週)にロンドン(イギリス)で開催されるATPツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、放送予定を見ていきます。

決勝「メドベージェフ vs ティーム」
メドベージェフ、ティームどちらが勝ってもNitto ATPファイナルズ初優勝となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年 Nitto ATPファイナルズ 決勝の結果

Nitto ATPファイナルズの決勝の結果です。

開始予定の日時は日本時間です。

シングルス
[4] ダニール・メドベージェフ 2 4 77 6
[3] ドミニク・ティーム 1 6 62 4
ダブルス
[7] J.メルツァー / E.ロジェ バセラン 1 2 6 5
[5] W.クールホフ / N.メクティッチ 2 6 3 10

以下、シングルス決勝のプレイヤー情報、簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

決勝のプレイヤー情報

ダニール・メドベージェフとドミニク・ティームの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、メドベージェフの1勝、ティームの3勝。

ハードコートでは、メドベージェフの1勝、ティームの2勝。

直近の対戦は2020年の全米オープン(ハードコート)の準決勝で、ティームがセットカウント3-0(6-2、7-6、7-6)で勝利しています。

※2020年11月22日時点(決勝前)のデータ
メドベージェフ ティーム
1 勝 対戦成績 3 勝
4位 (4位) 最新ランク (最高) 3位 (3位)
ロシア 国籍 オーストリア
24歳 年齢 27歳
1996年2月11日 生年月日 1993年9月3日
198cm / 83kg 身長 / 体重 185cm / 79kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 片手
2014年 プロ転向 2011年
27勝 10敗 2020年成績 25勝 7敗
1回 2020年優勝回数 1回
158勝 86敗 通算成績 300勝 155敗
8回 通算優勝回数 17回

ラウンドロビンから準決勝までの結果

ダニール・メドベージェフ
ラウンド W-L 対戦相手 Rank スコア
RR第1戦 W A.ズベレフ [5] 7 6-3, 6-4
RR第2戦 W N.ジョコビッチ [1] 1 6-3, 6-3
RR第3戦 W D.シュワルツマン [8] 9 6-3, 6-3
準決勝 W R.ナダル [2] 2 3-6, 7-6, 6-3
ドミニク・ティーム
ラウンド W-L 対戦相手 Rank スコア
RR第1戦 W S.チチパス [6] 6 7-6, 4-6, 6-3
RR第2戦 W R.ナダル [2] 2 7-6, 7-6
RR第3戦 L A.ルブレフ [7] 8 2-6, 5-7
準決勝 W N.ジョコビッチ [1] 1 7-5, 6-7, 7-6

※[]内の数字はシード、Rankは2020年11月16日付の世界ランキング

決勝「メドベージェフ vs ティーム」の結果

11/23(月) 3:00以降 開始予定 (第2試合)
[4] ダニール・メドベージェフ 2 4 77 6
[3] ドミニク・ティーム 1 6 62 4
試合時間:2時間42分

第4シードのダニール・メドベージェフ(24歳・ロシア)が第3シードのドミニク・ティーム(27歳・オーストリア)をセットカウント2-1(4-6、7-6、6-4)で破り、Nitto ATPファイナルズ初優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
メドベージェフ 4
ティーム 6
○:キープ、●:ブレーク

メドベージェフのサービスで試合開始。

第1ゲーム、30-30まで行きますが、メドベージェフがキープ。

第2ゲーム、メドベージェフにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、デュース5回目でティームがキープ。

第3ゲーム、0-30とティームがポイントを先行しますが、メドベージェフがキープ。

第4ゲーム、ティームがキープ。

第5ゲーム、40-0からメドベージェフのフォアハンドの連続ミス、スマッシュのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ティームの連続攻撃からのドロップショットのウィナーが決まり、ティームにブレークポイントが来ます。

メドベージェフにダブルフォルトが出て、ティームがブレークに成功

第6ゲーム、デュースまで行きますが、デュース2回目でティームがキープ。

第7ゲーム、メドベージェフがキープ。

第8ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、ティームのサービングフォーザセット
15-30とメドベージェフがポイントを先行しますが、ティームがキープをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 T
メドベージェフ 7 7
ティーム 2 6
○:キープ、●:ブレーク、T:タイブレーク

メドベージェフのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、メドベージェフがキープ。

第2ゲーム、30-30まで行きますが、ティームがキープ。

第3ゲーム、メドベージェフがキープ。

第4ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、30-0からラリー戦でのティームのポイント、メドベージェフのボレーのミス、バックハンドのミスがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、メドベージェフがサービスエースでピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース4回目でメドベージェフがキープ。

第6ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、ティームにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、デュース3回目でメドベージェフがキープ。

第8ゲーム、メドベージェフのフォアハンドのウィナー、ティームのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス(15-30)、ティームのファーストサーブでのポイント、ロングラリーでメドベージェフのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ます。

ティームがピンチを凌ぎ、デュース1回目でティームがキープ。

第9ゲーム、メドベージェフがキープ。

第10ゲーム、ティームがキープ。

第11ゲーム、メドベージェフがキープ。

第12ゲーム、ティームがキープ。

タイブレーク(メドベージェフ – ティーム)

メドベージェフのサービス
1:メドベージェフにフォアハンドのミスが出て、ティームがミニブレーク(0-1)

ティームのサービス
2:ティームのファーストサーブでのポイント(0-2)
3:メドベージェフがネットプレーでポイントを取り、メドベージェフがミニブレーク(1-2)

メドベージェフのサービス
4:ティームのフォアハンドのミス(2-2)
5:メドベージェフのファーストサーブでのポイント(3-2)

ティームのサービス
6:メドベージェフがバックハンドの威力のあるリターンでポイントを取り、メドベージェフがミニブレーク(4-2)
7:ラリー戦でメドベージェフがポイントを取り、メドベージェフがミニブレーク(5-2)

メドベージェフのサービス
8:メドベージェフのネットプレーでのポイント(6-2:メドベージェフのセットポイント)
9:メドベージェフのサービスエースが決まり、メドベージェフが第2セットを取ります(7-2)

ファイナルセット

ファイナルセット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
メドベージェフ 6
ティーム 4
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、0-30とメドベージェフがポイントを先行しますが、デュース1回目でティームがキープ。

第2ゲーム、30-30まで行きますが、メドベージェフがキープ。

第3ゲーム、ティームのフォアハンドの連続ミス、バックハンドのミスがあり、0-40とメドベージェフにブレークポイントが来ますが、ティームがピンチを凌ぎ、デュース1回目でティームがキープ。

第4ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、30-0からティームのフォアハンドのミス、バックハンドのミス、フォアハンドのミスがあり、30-40とメドベージェフにブレークポイントが来ますが、ティームのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース3回目、メドベージェフにブレークポイントが来ますが、ティームがファーストサーブで凌ぎます。

デュース4回目、ティームにフォアハンドのミスが出て、メドベージェフにブレークポイントが来ます。

メドベージェフがネットプレーを仕掛けてボレーのウィナーを決め、メドベージェフがブレークに成功

第6ゲーム、デュースまで行きますが、デュース1回目でメドベージェフがキープ。

第7ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第8ゲーム、メドベージェフがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、15-30とメドベージェフがポイントを先行しますが、ティームがキープ。

第10ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザチャンピオンシップ
メドベージェフのセカンドサーブでのポイント、ファーストサーブでのポイント(30-0)、ティームのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、メドベージェフのバックハンドのミス(30-30)、メドベージェフのファーストサーブでのポイントがあり、40-30とメドベージェフにチャンピオンシップポイントが来ます。

メドベージェフがファーストサーブでポイントを取り、メドベージェフが勝利

スタッツ

メドベージェフ Match ティーム
12 サービスエース 6
3 ダブルフォルト 1
60% (66/110) ファーストサーブ確率 73% (85/117)
77% (51/66) 1st Serve Points Won 74% (63/85)
55% (24/44) 2nd Serve Points Won 44% (14/32)
11% (1/9) ブレーク / チャンス 25% (1/4)
28/37 ネットポイント 14/21
68% (75/110) Service Points Won 66% (77/117)
34% (40/117) Return Points Won 32% (35/110)
51% (115/227) Total Points Won 49% (112/227)
37 ウィナー合計 29
16 フォアハンド 16
9 バックハンド 7
12 サーブ 6
30 アンフォーストエラー合計 29
15 フォアハンド 22
12 バックハンド 6
3 サーブ 1

ハイライト動画

Nitto ATPファイナルズ決勝「メドベージェフ vs ティーム」のハイライト動画です。

Dominic Thiem v Daniil Medvedev | Nitto ATP Finals 2020 Final Highlights!

ドロー

決勝トーナメント

ラウンドロビン

決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、シングルスの全試合を生中継で放送。

月日 ラウンド 放送時間
11月23日(月) 決勝 2:45~7:00
11月23日(月) 決勝 [録] 21:30~24:30

NHK・BS1

NHK・BS1では、BS1またはサブチャンネルでシングルスの全試合を生中継で放送。

月日 ラウンド 放送時間
11月23日(月) 決勝 [BS1] 3:00~5:00
11月23日(月) 決勝 [BS1][録] 18:00~19:50
11月26日(木) 決勝 [総合][録] 1:40~3:30

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、全試合をライブ配信。

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

コメント