【2019年】メルセデス・カップ、リベマ・オープンの結果(ATP250)


2019年6月10日から6月16日(2019年第24週)に開催されたATPツアー250の2大会「メルセデス・カップ(シュトゥットガルト)」、「リベマ・オープン(スヘルトーヘンボス)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルセデス・カップ(ATP250)

2019年6月10日から6月16日にシュトゥットガルト(ドイツ)で開催されたATPツアー250「メルセデス・カップ」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第7シードのフェリックス・オジェ アリアシムが1回戦でエルネスツ・グルビス、2回戦でジル・シモン、準々決勝でダスティン・ブラウンを破り、決勝に進出。(準決勝は第6シードのミロシュ・ラオニッチが棄権)

ボトムハーフでは、マッテオ・ベレッティーニが1回戦でニック・キリオス、2回戦で第4シードのニコロズ・バシラシビリ、準々決勝でデニス・クドラ、準決勝でヤン レナード・シュトルフを破り、決勝に進出。

第1シードのアレクサンダー・ズベレフ、第2シードのカレン・ハチャノフ、第3シードのダニール・メドベージェフ、第4シードのニコロズ・バシラシビリ、第8シードのデニス・シャポバロフは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1アレクサンダー・ズベレフ5位2回戦
2カレン・ハチャノフ9位2回戦
3ダニール・メドベージェフ13位2回戦
4ニコロズ・バシラシビリ17位2回戦
5ガエル・モンフィス16位2回戦
6ミロシュ・ラオニッチ18位ベスト4
7フェリックス・オジェ アリアシム21位準優勝
8デニス・シャポバロフ25位1回戦

Rank:2019年6月10日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年6月16日 決勝 (シュトゥットガルト/芝)
[7] フェリックス・オジェ アリアシム (21位)04611
マッテオ・ベレッティーニ (23位)26713
試合時間:1時47間分

2019年のメルセデス・カップの決勝。

マッテオ・ベレッティーニ(23歳・イタリア)が第7シードのフェリックス・オジェ アリアシム(18歳・カナダ)をセットカウント2-0(6-4、7-6)で破り、メルセデス・カップ初優勝を飾りました。

ベレッティーニは今シーズン2回目、ツアー通算3回目の優勝。(芝の大会では初優勝。過去2回の優勝はクレーコートでした)

一方、18歳のオジェ アリアシムは惜しくも敗れ、ツアー初優勝とはなりませんでした。(3回目の決勝)

リベマ・オープン(ATP250)

2019年6月10日から6月16日にスヘルトーヘンボス(オランダ)で開催されたATPツアー250「リベマ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、ジョーダン・トンプソンが1回戦でトミー・ポール、2回戦で第6シードのフランシス・ティアフォ、準々決勝で第3シードのアレックス・デミノー、準決勝で第8シードのリシャール・ガスケを破り、ツアー初の決勝に進出。

ボトムハーフでは、アドリアン・マナリノが1回戦でティエモ・デバッカー、2回戦で第4シードのフェルナンド・ベルダスコ、準々決勝で第5シードのダビド・ゴファン、準決勝で第2シードのボルナ・チョリッチを破り、決勝に進出。

第1シードのステファノス・チチパス、第4シードのフェルナンド・ベルダスコは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ステファノス・チチパス6位2回戦
2ボルナ・チョリッチ14位ベスト4
3アレックス・デミノー24位ベスト8
4フェルナンド・ベルダスコ34位2回戦
5ダビド・ゴファン33位ベスト8
6フランシス・ティアフォ35位2回戦
7クリスチャン・ガリン32位ベスト8
8リシャール・ガスケ42位ベスト4

Rank:2019年6月10日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年6月16日 決勝 (スヘルトーヘンボス/芝)
ジョーダン・トンプソン (62位)0673
アドリアン・マナリノ (44位)2796
試合時間:2時間1分

2019年のリベマ・オープンの決勝。

アドリアン・マナリノ(30歳・フランス)がジョーダン・トンプソン(25歳・オーストラリア)をセットカウント2-0(7-6、6-3)で破り、ツアー初優勝を飾りました。

マナリノはこれまで準優勝が2015年2回、2017年2回、2018年2回ありましたが、今回7回目の決勝でついにツアー初優勝を上げました。

一方、トンプソンはツアー初の決勝での初優勝とはなりませんでした。

コメント