【2017年】ミュンヘン、エストリル、イスタンブールの結果(ATP250)

2017年5月第1週(2017年第18週)に開催されたATP250の3大会「BMWオープン(ミュンヘン)」、「エストリル・オープン(エストリル)」、「イスタンブール・オープン(イスタンブール)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク

BMWオープン(ATP250)

2017年5月1日~5月7日に、ミュンヘン(ドイツ)で開催されたATP250「BMWオープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

怪我からの復帰戦となった第1シードのモンフィス選手は初戦敗退。

第3シードのA.ズベレフ選手が準決勝で第2シードのバウティスタアグート選手を破り、決勝に進出。

そして、予選通過者のページャ選手が2回戦で第4シードのフォニーニ選手を破るなどの活躍を見せ、決勝に進出。

※「Rank」は、2017年5月1日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 ガエル・モンフィス 16位 2回戦
2 ロベルト・バウティスタ アグート 18位 ベスト4
3 アレクサンダー・ズベレフ 20位 優勝
4 ファビオ・フォニーニ 29位 2回戦
5 フィリップ・コールシュライバー 39位 2回戦
6 ミーシャ・ズベレフ 32位 2回戦
7 ヤン レナード・ストルフ 48位 ベスト8
8 トマス・ベルッシ 57位 2回戦

決勝の結果

アレクサンダー・ズベレフ選手

2017年5月7日 決勝(ミュンヘン/クレー)
[3] アレクサンダー・ズベレフ(20位) 2 6 6
ギド・ページャ(158位) 0 4 3
試合時間:1時間12分

2017年のBMWオープンの決勝。

第3シードのアレクサンダー・ズベレフ選手(ドイツ)がギド・ページャ選手(アルゼンチン)を6-4、6-3のストレートで破り、地元ドイツの大会で見事優勝を果たしました。

4月20日に20歳になったばかりのA.ズベレフ選手は、これでツアー3勝目となり、クレーコートでは初優勝。

一方、ページャ選手は2016年2月のリオ・オープン以来となるツアー2回目の決勝進出でしたが、ツアー初優勝とはなりませんでした。

<両選手の今後の出場予定>
A.ズベレフ選手は、マスターズ1000の「マドリード・オープン」と「BNLイタリア国際」に出場予定。

ページャ選手は、ATPチャレンジャーの大会に出場予定。

エストリル・オープン(ATP250)

2017年5月1日~5月7日に、エストリル(ポルトガル)で開催されたATP250「エストリル・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

第1シードのカレーニョブスタ選手が準決勝で第4シードのフェレール選手を破り、決勝に進出。

そして、第3シードのミュラー選手が準決勝でノーシードのアンダーソン選手を破り、決勝に進出。

※「Rank」は、2017年5月1日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 パブロ・カレーニョ ブスタ 21位 優勝
2 リシャール・ガスケ 23位 ベスト8
3 ジレ・ミュラー 28位 準優勝
4 ダビド・フェレール 31位 ベスト4
5 フアン・マルティン・デルポトロ 33位 2回戦
6 ジョアン・ソウザ 36位 1回戦
7 カイル・エドマンド 41位 1回戦
8 ブノワ・ペール 55位 1回戦

決勝の結果

カレーニョブスタ選手(左)とミュラー選手(右)

2017年5月7日 決勝(エストリル/クレー)
[1] パブロ・カレーニョ ブスタ(21位) 2 6 77
[3] ジレ・ミュラー(28位) 0 2 65
試合時間:1時間22分

2017年のエストリル・オープンの決勝。

第1シードのパブロ・カレーニョブスタ選手(スペイン)が第3シードのジレ・ミュラー選手(ルクセンブルク)を6-2、7-6のストレートで破り、クレーコートで初優勝を果たしました。

カレーニョブスタ選手はこれでツアー3勝目。
2016年以降は着実に力をつけ、2017年も安定した強さを見せており、今後の活躍に注目です。

一方、5月9日に34歳を迎えるミュラー選手は、2017年1月のシドニー国際以来となるツアー2勝目とはなりませんでしたが、2017年シーズンは好調が続いています。

<両選手の今後の出場予定>
カレーニョブスタ選手とミュラー選手は、マスターズ1000の「マドリード・オープン」と「BNLイタリア国際」に出場予定。

イスタンブール・オープン(ATP250)

2017年5月1日~5月7日に、イスタンブール(トルコ)で開催されたATP250「イスタンブール・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

シード選手が順当に勝ち上がる中、第1シードのラオニッチ選手と第2シードのチリッチ選手が決勝に進出。

※「Rank」は、2017年5月1日付の世界ランキングです。

シード 選手名 Rank 結果
1 ミロシュ・ラオニッチ 6位 準優勝
2 マリン・チリッチ 8位 優勝
3 ディエゴ・シュワルツマン 46位 ベスト4
4 パオロ・ロレンツィ 35位 2回戦
5 ビクトル・トロイツキ 38位 ベスト4
6 バーナード・トミック 40位 ベスト8
7 ボルナ・チョリッチ 54位 1回戦
8 スティーブ・ダルシス 49位 ベスト8

決勝の結果

ラオニッチ選手(左)とチリッチ選手(右)

2017年5月7日 決勝(イスタンブール/クレー)
[2] マリン・チリッチ(8位) 2 77 6
[1] ミロシュ・ラオニッチ(6位) 0 63 3
試合時間:2時間0分

2017年のイスタンブール・オープンの決勝。

第2シードのマリン・チリッチ選手(クロアチア)が第1シードのミロシュ・ラオニッチ選手(カナダ)を7-6、6-3のストレートで破り、今シーズン初優勝を果たしました。

チリッチ選手はこれでツアー17勝目。
2017年シーズンは不調が長く続いていましたが、クレーシーズンに入ってようやく調子が上向いてきたようです。

一方、ラオニッチ選手は決勝では4連敗(2017年デルレイビーチの決勝は不戦敗なのでカウントなし)となり、1年以上優勝から遠ざかっていますが、とにかく怪我が多いのが心配です。

<両選手の今後の出場予定>
チリッチ選手とラオニッチ選手は、マスターズ1000の「マドリード・オープン」と「BNLイタリア国際」に出場予定。