【2022年】チリ・オープンの結果(ATP250)

2022年2月21日から2月27日(2022年第8週)に開催されたATPツアー250「チリ・オープン(サンティアゴ)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チリ・オープン(ATP250)

2022年2月21日から2月27日にチリのサンティアゴで開催されたATPツアー250「チリ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第4シードのペドロ・マルティネスが2回戦でジャウメ・ムナル、準々決勝でヤニック・ハンフマン、準決勝でアレハンドロ・タビロを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、第7シードのセバスティアン・バエスが1回戦でフアン パブロ・バリジャス、2回戦でフアン イグナシオ・ロンデロ、準々決勝でチアゴ・モンテイロ、準決勝で第2シードのアルベルト・ラモス ビノラスを破り、ツアー初の決勝に進出。

シード 選手名 Rank 結果
1 クリスチャン・ガリン 27 2回戦
2 アルベルト・ラモス ビノラス 31 ベスト4
3 フェデリコ・デルボニス 37 2回戦
4 ペドロ・マルティネス 72 優勝
5 フェデリコ・コリア 62 1回戦
6 ミオミル・ケツマノビッチ 63 ベスト8
7 セバスティアン・バエス 78 準優勝
8 ファクンド・バグニス 74 ベスト8

Rank:2022年2月21日付の世界ランキング

決勝の結果

2022年2月27日 決勝 (サンティアゴ/クレーコート)
[4] ペドロ・マルティネス 2 4 6 6
[7] セバスティアン・バエス 1 6 4 4
試合時間:2時間48分

2022年チリ・オープンの決勝。

第4シードのペドロ・マルティネス(24歳・スペイン)が第7シードのセバスティアン・バエス(21歳・アルゼンチン)をセットカウント2-1(4-6、6-4、6-4)で破り、ツアー初優勝を飾りました。

マルティネスは2021年8月のゼネラリ・オープン以来のツアー2度目の決勝で初優勝。

一方、バエスはツアー初の決勝進出で初優勝とはなりませんでした。

コメント