【2020年】bett1HULKSインドア、サルデーニャ・オープンの結果(ATP250)

2020年10月12日から10月18日(2020年第41週)に開催されたATPツアー250の2大会「bett1HULKSインドア(ケルン)」「サルデーニャ・オープン(サルデーニャ)のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

bett1HULKSインドア(ATP250)

2020年10月12日から10月18日にケルン(ドイツ)で開催されたATPツアー250「bett1HULKSインドア」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第1シードのアレクサンダー・ズベレフが2回戦でフェルナンド・ベルダスコ、準々決勝でロイド・ハリス、準決勝でアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、 第3シードのフェリックス・オジェ アリアシムが2回戦でヘンリー・ラクソネン、準々決勝でラドゥ・アルボット、準決勝で第2シードのロベルト・バウティスタ アグートを破り、決勝に進出。

第4シードのペール、第5シードのクライノビッチ、第7シードのシュトルフは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1アレクサンダー・ズベレフ7位優勝
2ロベルト・バウティスタ アグート13位ベスト4
3フェリックス・オジェ アリアシム22位準優勝
4ブノワ・ペール26位2回戦
5フィリップ・クライノビッチ30位1回戦
6フベルト・フルカチ31位ベスト8
7ヤン レナード・シュトルフ32位1回戦
8マリン・チリッチ40位2回戦

Rank:2020年10月12日付の世界ランキング

決勝の結果

2020年10月18日 決勝 (ケルン/室内ハードコート)
[1] アレクサンダー・ズベレフ (7位)266
[3] フェリックス・オジェ アリアシム (22位)033
試合時間:1時間19分

2020年bett1HULKSインドアの決勝。

第1シードのアレクサンダー・ズベレフ(23歳・ドイツ)が第3シードのフェリックス・オジェ アリアシム(20歳・カナダ)をセットカウント2-0(6-3、6-3)で破り、bett1HULKSインドア初優勝を飾りました。

ズベレフは今シーズン初優勝、ツアー通算12度目の優勝。

一方、オジェ アリアシムはツアー6度目の決勝でしたが、残念ながらツアー初優勝とはなりませんでした。

サルデーニャ・オープン(ATP250)

2020年10月12日から10月18日にサルデーニャ(イタリア)で開催されたATPツアー250「サルデーニャ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、マルコ・チェッキナートが1回戦でジャンルカ・マーゲル、2回戦で第7シードのトミー・ポール、準々決勝で第4シードのアルベルト・ラモス ビノラス、準決勝でダニロ・ペトロビッチを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、 ラスロ・ジェレが1回戦でスミト・ナガル、2回戦で第2シードのドゥシャン・ラヨビッチ、準々決勝でイリ・ベセリ、準決勝でロレンツォ・ムゼッティを破り、決勝に進出。

第1シードのフォニーニは新型コロナウイルスの検査で陽性反応がでたため大会を棄権、第2シードのラヨビッチ、第3シードのルード、第8シードのクエバスは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ファビオ・フォニーニ16位棄権
2ドゥシャン・ラヨビッチ24位2回戦
3キャスパー・ルード25位2回戦
4アルベルト・ラモス ビノラス45位ベスト8
5ロレンツォ・ソネゴ42位2回戦
6パブロ・アンドゥハル54位2回戦
7トミー・ポール58位2回戦
8パブロ・クエバス64位1回戦

Rank:2020年10月12日付の世界ランキング

決勝の結果

2020年10月18日 決勝 (サルデーニャ/クレーコート)
マルコ・チェッキナート (103位)0635
ラスロ・ジェレ (74位)2777
試合時間:2時間19分

2020年サルデーニャ・オープンの決勝。

ラスロ・ジェレ(25歳・セルビア)がマルコ・チェッキナート(28歳・イタリア)をセットカウント2-0(7-6、7-5)で破り、サルデーニャ・オープン初優勝を飾りました。

ジェレは2019年2月リオ・オープン以来となるツアー2度目の優勝。

一方、チェッキナートは2019年2月アルゼンチン・オープン以来のツアー通算4度目の優勝とはなりませんでした。

コメント