【2019年】クレムリン・カップ、ヨーロピアン・オープン、ストックホルム・オープンの結果(ATP250)


2019年10月14日から10月20日(2019年第42週)に開催されたATPツアー250の3大会「クレムリン・カップ(モスクワ)」、「ヨーロピアン・オープン(アントワープ)」、「ストックホルム・オープン(ストックホルム)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレムリン・カップ(ATP250)

2019年10月14日から10月20日にモスクワ(ロシア)で開催されたATPツアー250「クレムリン・カップ」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第6シードのアンドレイ・ルブレフが1回戦でアレクサンダー・ブブリク、2回戦でイゴール・ゲラシモフ、準々決勝でニコラ・ミロジェビッチ、準決勝で第3シードのマリン・チリッチを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、第7シードのアドリアン・マナリノが1回戦でダミアー・ジュムホール、2回戦でミハイル・ククシュキン、準々決勝で第4シードのドゥシャン・ラヨビッチ、準決勝でアンドレアス・セッピを破り、決勝に進出。

第1シードのダニール・メドベージェフは棄権、第5シードのクリスチャン・ガリンは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ダニール・メドベージェフ4位棄権
2カレン・ハチャノフ8位ベスト8
3マリン・チリッチ25位ベスト4
4ドゥシャン・ラヨビッチ32位ベスト8
5クリスチャン・ガリン38位1回戦
6アンドレイ・ルブレフ31位優勝
7アドリアン・マナリノ44位準優勝
8ミオミル・ケツマノビッチ49位2回戦

Rank:2019年10月14日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年10月20日 決勝 (モスクワ/室内ハードコート)
[6] アンドレイ・ルブレフ266
[7] アドリアン・マナリノ040
試合時間:1時間2分

2019年 クレムリン・カップの決勝。

第6シードのアンドレイ・ルブレフ(21歳・ロシア・31位)が第7シードのアドリアン・マナリノ(31歳・フランス・44位)をセットカウント2-0(6-4、6-0)で破り、クレムリン・カップ初優勝を飾りました。

ルブレフは2017年7月クロアチア・オープン以来となるツアー通算2回目の優勝。

ヨーロピアン・オープン(ATP250)

2019年10月14日から10月20日にアントワープ(ベルギー)で開催されたATPツアー250「ヨーロピアン・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第4シードのスタン・ワウリンカが2回戦でフェリシアーノ・ロペス、準々決勝でジル・シモン、準決勝でヤニック・シナーを破り、決勝に進出。

ボトムハーフでは、アンディ・マレーが1回戦でキメール・コッペジャンス、2回戦で第8シードのパブロ・クエバス、準々決勝でマリウス・コピル、準決勝でウゴ・アンベールを破り、決勝に進出。

第1シードのガエル・モンフィス、第2シードのダビド・ゴファン、第3シードのディエゴ・シュワルツマンは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ガエル・モンフィス13位2回戦
2ダビド・ゴファン14位2回戦
3ディエゴ・シュワルツマン15位2回戦
4スタン・ワウリンカ (WC)18位準優勝
5ギド・ペラ20位ベスト8
6ジョーウィルフリード・ツォンガ36位2回戦
7ヤン レナード・シュトルフ41位2回戦
8パブロ・クエバス45位2回戦

Rank:2019年10月14日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年10月20日 決勝 (アントワープ/室内ハードコート)
[4] スタン・ワウリンカ1644
アンディ・マレー2366
試合時間:2時間27分

2019年 ヨーロピアン・オープンの決勝。

アンディ・マレー(32歳・イギリス・243位)が第4シードのスタン・ワウリンカ(34歳・スイス・18位)をセットカウント2-1(3-6、6-4、6-4)で破り、ヨーロピアン・オープン 初優勝を飾りました。

復活優勝を果たしたマレーは2017年3月ドバイ・デューティフリー・テニス選手権以来となる約2年7カ月ぶりのツアー優勝で、ツアー通算46回目の優勝。

一方、ワウリンカは2017年5月ジュネーブ・オープン以来となるツアー通算17回目の優勝とはなりませんでした。

ストックホルム・オープン(ATP250)

2019年10月14日から10月20日にストックホルム(スウェーデン)で開催されたATPツアー250「ストックホルム・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第4シードのデニス・シャポバロフが2回戦でアレクセイ・ポピュリン、準々決勝でセドリク マルセル・ステベ、準決勝で杉田祐一を破り、ツアー初の決勝に進出。

ボトムハーフでは、フィリップ・クライノビッチが1回戦でキャスパー・ルード、2回戦で第8シードのダニエル・エバンス、準々決勝で西岡良仁、準決勝で第5シードのパブロ・カレーニョ ブスタを破り、決勝に進出。

第7シードのフェルナンド・ベルダスコは棄権、第1シードのファビオ・フォニーニ、第2シードのグリゴール・ディミトロフ、第3シードのテイラー・フリッツ、第6シードのライリー・オペルカは初戦敗退となりました。

シード選手名Rank結果
1ファビオ・フォニーニ12位2回戦
2グリゴール・ディミトロフ (WC)27位2回戦
3テイラー・フリッツ29位2回戦
4デニス・シャポバロフ34位優勝
5パブロ・カレーニョ ブスタ35位ベスト4
6ライリー・オペルカ37位1回戦
7フェルナンド・ベルダスコ40位棄権
8ダニエル・エバンス43位2回戦

Rank:2019年10月14日付の世界ランキング

決勝の結果

2019年10月20日 決勝 (ストックホルム/室内ハードコート)
[4] デニス・シャポバロフ266
フィリップ・クライノビッチ044
試合時間:1時間24分

2019年 ストックホルム・オープンの決勝。

第4シードのデニス・シャポバロフ(20歳・カナダ・34位)がフィリップ・クライノビッチ(27歳・セルビア・60位)をセットカウント2-0(6-4、6-4)で破り、ツアー初の決勝進出で見事ツアー初優勝を飾りました。

一方、クライノビッチは2019年4月ハンガリー・オープン以来のツアー3回目の決勝でしたが、惜しくも敗れ、ツアー初優勝とはなりませんでした。

コメント