【デビスカップ】大会概要とルールについて


デビスカップ(Davis Cup)について、大会概要や大会の流れ(ルール)を見ていきます。
また、2016年終了時までの国別の優勝と準優勝回数、国別ランキングも最後に紹介します。

スポンサーリンク

大会概要とルール

デビスカップ(Davis Cup)とは

国際テニス連盟(ITF)主催する大会で、毎年行われている男子テニスの国別対抗戦。
日本でのデビスカップの略称は「デ杯」。

2017年現在、BNPパリバが協賛をつとめており、「Davis Cup by BNP Paribas」の名で開催されています。

※女子テニスの国別対抗戦は、フェドカップ(Fed Cup)。

ワールドグループとプレーオフについて

世界各地を3つのゾーン「アメリカ」、「アジア/オセアニア」、「ヨーロッパ/アフリカ」
に分け、各ゾーンはレベルに応じた最大4段階のグループ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ)で構成されます。

そして、世界各地の頂点に位置するのが、「ワールドグループ」16ヶ国。

レベル順に並べると、「ワールドグループ>グループⅠ>グループⅡ>グループⅢ>グループⅣ」。

この16ヶ国によるトーナメント戦を行い、1年をかけてデビスカップ優勝を争います。
ワールドグループの1回戦で敗退した8ヶ国は、1つ下の層の「グループⅠ」を勝ち抜けた8ヶ国と、翌年のワールドグループ出場権をかけて「プレーオフ」を行います。

大会の流れ

各国から代表選手を4名選出し、3日間開催(金、土、日曜日)で計5試合行います。
各試合は5セットマッチで行い、5セット目はタイブレークなし。

1日目はシングルス2試合、2日目はダブルス1試合、3日目はシングルス2試合を行い、先に3勝した国が勝利となります。

3日目の消化試合(デットラバー)について

  • 2日目までに、どちらかの国が3連勝して勝敗が決した場合
  • 3日目は消化試合として、3セットマッチで試合が行われます。

  • 3日目の第1試合で、どちらかの国が3勝して勝敗が決した場合
  • 3日目の第1試合がセットカウント3-0のストレートで決着したときは、最後の試合は消化試合として、3セットマッチで試合が行われます。
    第1試合が4セット以上の試合となったときは、両国の合意がなければ最後の試合(消化試合)は行われません。

試合はどちらの国で開催するのか!?

ホーム&アウェー方式で、両国が交互に開催。もし前回の対戦がホームで開催されていたなら、次はアウェーで戦うことになります。
過去に対戦がない、もしくは対戦が古すぎる場合は、抽選で開催国が決定します。

また、開催国にサーフェスの決定権があり、ホーム国の選手が得意とするサーフェスを選んだり、対戦国の選手が苦手にしているサーフェスを選んだりと、ホーム側にアドバンテージがあります。

国別の優勝・準優勝回数(1900~2016年)

優勝 準優勝
アメリカ 32 29
オーストラリア 28 19
イギリス 10 8
フランス 9 8
スウェーデン 7 5
スペイン 5 4
ドイツ 3 2
チェコ 3 2
ロシア 2 3
イタリア 1 6
アルゼンチン 1 4
セルビア 1 1
スイス 1 1
クロアチア 1 1
南アフリカ共和国 1 0
インド 0 3
ルーマニア 0 3
ベルギー 0 2
日本 0 1
メキシコ 0 1
チリ 0 1
スロバキア 0 1

2016年終了時の国別ランキング(トップ20)

ランキング
1 アルゼンチン
2 イギリス
3 クロアチア
4 フランス
5 スイス
6 チェコ
7 ベルギー
8 セルビア
9 オーストラリア
10 イタリア
11 アメリカ
12 カナダ
13 日本
14 ドイツ
15 ロシア
16 カザフスタン
17 スペイン
18 スロバキア
19 インド
20 ウクライナ