ダニエル・エバンス


ダニエル・エバンス選手に関する情報をまとめました。

エバンス選手の基本情報、選手紹介、選手経歴、ツアー経歴、ランキング推移、グランドスラム成績、ツアー決勝成績、錦織選手との対戦成績です。

※「ダニエル・エヴァンス」や「ダニエル・エバンズ」の表記も見られます。

スポンサーリンク

基本情報

※更新日:2017年6月14日 現在

名前 ダニエル・エバンス(Daniel Evans)
国籍 イギリス(GBR)
出身地 イングランド・バーミンガム
性別
生年月日 1990年5月23日
年齢 27歳
身長 175cm
体重 75kg
プロ転向 2006年
利き手
バックハンド 片手打ち
コーチ マーク・ヒルトン(Mark Hilton)

※以下、記事内の表現に関して、シングルスに視点を置いたものとなっています。
ダブルスに関する場合は、「ダブルス」と表記しています。

選手紹介

プレースタイル

ストローク力のあるフォアハンドと、スライス系とフラット系のショットを打ち分ける片手バックハンドを持つ。

片手バックハンドについて、バックハンドのクロスラリーではスライスを使うことが多いが、ダウンザラインへの切り返しなど勝負どころではフラット系のショットを打ち込んでくる。

また、積極的にネットに仕掛けるなど、ネットプレーも得意とする。

選手経歴

2006年~2015年 下部ツアーの転戦が続く!?

2006年にプロ転向後、下部ツアーでの転戦が長く続く。

2013年8月、全米オープンでは、1回戦で世界ランキング12位の錦織選手を破る金星を挙げ、グランドスラム初勝利を挙げる。

2016年 トップ100入り!

2016年に入りATPチャレンジャーで優勝2回の活躍を見せ、5月2日付の世界ランキングでトップ100入りを果たす(25歳11ヶ月)。

トップ100入り後、ウィンブルドンと全米オープンで3回戦に進出するなど結果を残し、年末の世界ランキングは66位。

2017年 ツアー準優勝

2017年1月、アピア国際シドニーでツアー初の決勝に進出。
決勝でジレ・ミュラー選手に敗れ、準優勝。

全豪オープンでは、2回戦で世界ランキング7位のマリン・チリッチ選手を破る活躍を見せ、グランドスラム初の4回戦に進出。

3月6日付の世界ランキングで自己最高の41位を記録。

ツアー経歴(シングルス)

ツアー勝利数 0勝
キャリア通算成績 80戦 34勝 46敗
自己最高ランキング 41位(2017年3月6日)

ランキング推移(年末)

順位
2016 66
2015 183
2014 305
2013 150
2012 297
2011 342
2010 363
2009 261
2008 477
2007 1258
2006 1541

グランドスラム成績

グランドスラム最高成績
・全豪オープン:4回戦
・全仏オープン:1回戦
・ウィンブルドン:3回戦
・全米オープン:3回戦

全豪 全仏 ウィンブルドン 全米
2017 4回戦 1回戦
2016 1回戦 3回戦 3回戦
2015 予選
2014 予選 予選 1回戦 予選
2013 予選 3回戦
2012
2011 1回戦
2010 予選 予選
2009 1回戦 予選

ATPツアー決勝での成績

決勝:1戦 0勝 1敗

カテゴリ 勝 – 負
グランドスラム 0 – 0
ATPワールドツアー・ファイナルズ 0 – 0
マスターズ1000 0 – 0
ATP500 0 – 0
ATP250 0 – 1

錦織選手との対戦成績

錦織 圭 2 vs 1 ダニエル・エバンス
2017年:マスターズ1000( 試合結果の詳細
BNPパリバ・オープン 2回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(5位) 2 6 6
ダニエル・エバンス(41位) 0 3 4
2016年:デビスカップ
ワールドグループ1回戦(イギリス/室内ハード)
錦織 圭(6位) 3 6 7 77
ダニエル・エバンス(157位) 0 3 5 63
2013年:グランドスラム
全米オープン 1回戦(アメリカ/ハード)
錦織 圭(12位) 0 4 4 2
ダニエル・エバンス(179位) 3 6 6 6
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする