【2021年】南フランス・オープン、コルドバ・オープン、シンガポール・オープンの大会情報(ATP250)

2021年2月22日から2月28日(2021年第8週)に開催されるATPツアー250の3大会「南フランス・オープン(モンペリエ)」「コルドバ・オープン(コルドバ)」「シンガポール・オープン(シンガポール)」の大会概要、大会日程、出場予定選手、ドロー、放送予定を見ていきます。

はじめに、各大会に出場予定のランキング上位の選手および日本人選手を紹介しておきます。

<南フランス・オープン>
バウティスタ アグート、ゴファン、ラヨビッチ、フルカチ、アンベール、ソネゴ

<コルドバ・オープン>
シュワルツマン、ペール、ケツマノビッチ、ペラ、ラモス ビノラス

<シンガポール・オープン>
マナリノ、チリッチ、ブブリク、西岡良仁、内山靖崇、ダニエル太郎、望月慎太郎

スポンサーリンク
スポンサーリンク

南フランス・オープン(ATP250)

南フランス・オープンは、フランスのモンペリエで開催されるATPツアー250の大会です。

大会概要

大会名南フランス・オープン
(Open Sud de France)
カテゴリATPツアー250
開催期間2021年2月22日(月) ~ 2月28日(日)
開催地フランス/モンペリエ
サーフェス室内ハードコート
ドローシングルス:28、ダブルス:16
賞金総額€262,170 (約3,360万円)
日本との時差-8時間

南フランス・オープンのポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝250€21,655 (約280万円)
準優勝150€16,000 (約205万円)
準決勝90€12,000 (約155万円)
準々決勝45€8,200 (約105万円)
2回戦20€5,500 (約70万円)
1回戦0€4,000 (約50万円)

※賞金(日本円)について、2021年2月16日時点での1ユーロ128.04円で換算。

歴代優勝者

南フランス・オープンの過去10年の優勝者を紹介します。

2020年は、決勝で第1シードのガエル・モンフィスがバセク・ポシュピシルをセットカウント2-0(7-5、6-3)で破り、南フランス・オープン6年ぶり3度目の優勝を飾りました。(2020年の結果はこちら

優勝者
2020ガエル・モンフィス
2019ジョー ウィルフリード・ツォンガ
2018リュカ・プイユ
2017アレクサンダー・ズベレフ
2016リシャール・ガスケ
2015リシャール・ガスケ
2014ガエル・モンフィス
2013リシャール・ガスケ
2012トマーシュ・ベルディヒ
2011開催なし

大会日程

南フランス・オープンは2月22日(月)からの7日間開催で、2月28日(日)に決勝が行われます。

月日ラウンド
2月22日(月)1回戦
2月23日(火)1回戦
2月24日(水)1回戦・2回戦
2月25日(木)2回戦
2月26日(金)準々決勝
2月27日()準決勝
2月28日()決勝

出場予定選手

南フランス・オープンに出場予定の選手(DA)を紹介します。

<シングルスの出場枠 28>
・本戦ストレートイン (DA):19
・ワイルドカード (WC):3
・予選通過者 (Q):4
・Special Exempt (SE):2

ランキング上位8選手にシードが与えられます。
第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦から登場となります。

<欠場者の情報>
カレーニョ ブスタ、クライノビッチ、オペルカ、キリオス、ガスケ、エドマンド、ロペスは欠場となりました。

シード選手名Rank
1ロベルト・バウティスタ アグート13位
2ダビド・ゴファン15位
パブロ・カレーニョ ブスタ16位
3ドゥシャン・ラヨビッチ27位
4フベルト・フルカチ30位
5ヤニック・シナー32位
フィリップ・クライノビッチ33位
6ウゴ・アンベール34位
7ロレンツォ・ソネゴ35位
8ヤン レナード・シュトルフ37位
ライリー・オペルカ38位
ニコロズ・バシラシビリ40位
ニック・キリオス47位
リシャール・ガスケ48位
カイル・エドマンド50位
アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ54位
アルヤズ・ベデネ57位
ジョー ウィルフリード・ツォンガ62位
フェリシアーノ・ロペス65位

Rank:2021年2月8日付の世界ランキング

ドロー

南フランス・オープンのドロー(PDF)は、『 2021年南フランス・オープンのドロー 』をご覧ください。

放送予定

放送予定はありません。

コルドバ・オープン(ATP250)

コルドバ・オープンは、アルゼンチンのコルドバで開催されるATPツアー250の大会です。

大会概要

大会名コルドバ・オープン
(Cordoba Open)
カテゴリATPツアー250
開催期間2021年2月22日(月) ~ 2月28日(日)
開催地アルゼンチン/コルドバ
サーフェスクレーコート
ドローシングルス:28、ダブルス:16
賞金総額$325,270 (約3,430万円)
日本との時差-12時間

コルドバ・オープンのポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝250$24,110 (約255万円)
準優勝150$17,810 (約190万円)
準決勝90$13,350 (約140万円)
準々決勝45$9,125 (約95万円)
2回戦20$6,235 (約65万円)
1回戦0$4,450 (約45万円)

※賞金(日本円)について、2021年2月16日時点での1ドル105.49円で換算。

歴代優勝者

コルドバ・オープンの過去の優勝者を紹介します。

2020年は、決勝で第3シードのクリスチャン・ガリンが第1シードのディエゴ・シュワルツマンをセットカウント2-1(2-6、6-4、6-0)で破り、コルドバ・オープン初優勝を飾りました。(2020年の結果はこちら

優勝者
2020クリスチャン・ガリン
2019フアン イグナシオ・ロンデロ

大会日程

コルドバ・オープンは2月22日(月)からの7日間開催で、2月28日(日)に決勝が行われます。

月日ラウンド
2月22日(月)1回戦
2月23日(火)1回戦
2月24日(水)1回戦・2回戦
2月25日(木)2回戦
2月26日(金)準々決勝
2月27日()準決勝
2月28日()決勝

出場予定選手

コルドバ・オープンに出場予定の選手(DA)を紹介します。

<シングルスの出場枠 28>
・本戦ストレートイン (DA):19
・ワイルドカード (WC):3
・予選通過者 (Q):4
・Special Exempt (SE):2

ランキング上位8選手にシードが与えられます。
第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦から登場となります。

<欠場者の情報>
ジェレ、アンドゥハル、クエバス、カルーゾ、マルティネスは欠場となりました。

シード選手名Rank
1ディエゴ・シュワルツマン9位
2ブノワ・ペール29位
3ミオミル・ケツマノビッチ41位
4ギド・ペラ44位
5アルベルト・ラモス ビノラス46位
ラスロ・ジェレ56位
パブロ・アンドゥハル59位
6ドミニク・コプファー70位
パブロ・クエバス72位
7チアゴ・モンテイロ74位
サルバトーレ・カルーゾ78位
8フェデリコ・デルボニス80位
マルコ・チェッキナート82位
フアン イグナシオ・ロンデロ83位
ペドロ・マルティネス87位
フェデリコ・コリア92位
ジョアン・ソウザ93位
ジャンルカ・マーゲル96位
ロベルト・カルバリェス バエナ99位

Rank:2021年2月8日付の世界ランキング

ドロー

コルドバ・オープンのドロー(PDF)は、『 2021年コルドバ・オープンのドロー 』をご覧ください。

放送予定

放送予定はありません。

シンガポール・オープン(ATP250)

シンガポール・オープンは、シンガポールで開催されるATPツアー250の大会です。

新型コロナウイルスの感染拡大によるATPツアーのスケジュール変更に伴い、2021年シーズン限定で新設。

大会概要

大会名シンガポール・オープン
(Singapore Tennis Open)
カテゴリATPツアー250
開催期間2021年2月22日(月) ~ 2月28日(日)
開催地シンガポール/シンガポール
サーフェス室内ハードコート
ドローシングルス:28、ダブルス:16
賞金総額$300,000 (約3,160万円)
日本との時差-1時間

シンガポール・オープンのポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝250$24,770 (約260万円)
準優勝150$18,310 (約195万円)
準決勝90$13,730 (約145万円)
準々決勝45$9,385 (約100万円)
2回戦20$6,410 (約70万円)
1回戦0$4,575 (約50万円)

※賞金(日本円)について、2021年2月16日時点での1ドル105.49円で換算。

大会日程

シンガポール・オープンは2月22日(月)からの7日間開催で、2月28日(日)に決勝が行われます。

月日ラウンド
2月22日(月)1回戦
2月23日(火)1回戦
2月24日(水)1回戦・2回戦
2月25日(木)2回戦
2月26日(金)準々決勝
2月27日()準決勝
2月28日()決勝

出場予定選手

コルドバ・オープンに出場予定の選手(DA)を紹介します。

日本勢では、西岡良仁、内山靖崇、ダニエル太郎が出場予定。
そして、ワイルドカードで17歳の望月慎太郎が出場します。

<シングルスの出場枠 28>
・本戦ストレートイン (DA):19
・ワイルドカード (WC):3
・予選通過者 (Q):4
・Special Exempt (SE):2

ランキング上位8選手にシードが与えられます。
第1シードから第4シードの選手は1回戦が免除され、2回戦から登場となります。

<欠場者の情報>
オジェ アリアシム、ルード、エバンズ、トラバグリア、シャルディ、ポシュピシル、ノリー、ベランキス、ルースボリ、杉田は欠場となりました。

シード選手名Rank
フェリックス・オジェ アリアシム19位
ダニエル・エバンズ26位
キャスパー・ルード28位
1アドリアン・マナリノ36位
2ジョン・ミルマン39位
3マリン・チリッチ43位
4アレクサンダー・ブブリク45位
5西岡 良仁58位
ステファノ・トラバグリア60位
ジェレミー・シャルディ61位
バセク・ポシュピシル63位
キャメロン・ノリー69位
リカルダス・ベランキス73位
6ラドゥ・アルボット85位
エミル・ルースボリ86位
7ロイド・ハリス91位
8クォン・スンウ97位
ヤニック・ハンフマン102位
杉田 祐一104位
内山 靖崇 (Alt)106位
ダニエル 太郎 (Alt)118位
望月 慎太郎 (WC)641位

Rank:2021年2月8日付の世界ランキング

ドロー

シンガポール・オープンのドロー(PDF)は、『 2021年シンガポール・オープンのドロー 』をご覧ください。

放送予定

WOWOWメンバーズオンデマンドで、準々決勝から決勝までをライブ配信。

あわせて読みたい

コメント