【2020年】全米オープンテニスの結果(決勝)

2020年8月31日から9月13日(2020年第35、36週)にアメリカのニューヨークで開催されるグランドスラム「全米オープン(USオープン)」の決勝の結果、決勝後のランキング(男子シングルス)、放送予定を見ていきます。

男子シングルス決勝「ズベレフ vs ティーム」
ズベレフ、ティームどちらも勝てばグランドスラム初優勝となります。

女子シングルス決勝「大坂 vs アザレンカ」
大坂が勝てば全米オープン2年ぶり2回目の優勝、アザレンカが勝てば全米オープン初優勝となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年 全米オープン 決勝の結果

全米オープンの決勝の結果です。

<日程>
・9月12日(土):決勝 女子シングルス
・9月13日(日):決勝 男子シングルス

日本とニューヨークの時差:-13時間(日本の方が13時間進んでいます)

<コート>
・AAS:Arthur Ashe Stadium

※スコアにある各選手の()内の数字は2020年8月31日付の世界ランキング、開始予定の日時は日本時間です。

男子シングルス
[5] A.ズベレフ (7) 2 6 6 4 3 66
[2] D.ティーム (3) 3 2 4 6 6 78
女子シングルス
[4] 大坂 なおみ (9) 2 1 6 6
V.アザレンカ (27) 1 6 3 3
男子ダブルス
M.パビッチ / B.ソアレス 2 7 6
[8] N.メクティッチ / W.クールホフ 0 5 3
女子ダブルス
[3] N.メリカー / Y.シュー 0 4 4
L.シグムンド / V.ズボナレバ 2 6 6

以下、男子シングルスのプレイヤー情報、簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記します)

男子シングルス決勝のプレイヤー情報

アレクサンダー・ズベレフとドミニク・ティームの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、ズベレフの2勝、ティームの7勝。

ハードコートでは、ズベレフの1勝、ティームの3勝。

直近の対戦は2020年の全豪オープン(ハードコート)の準決勝で、ティームがセットカウント3-1(3-6、6-4、7-6、7-6)で勝利しています。

※2020年9月12日時点(決勝前)のデータ
ズベレフ ティーム
2 勝 対戦成績 7 勝
7位 (3位) 最新ランク (最高) 3位 (3位)
ドイツ 国籍 オーストリア
23歳 年齢 27歳
1997年4月20日 生年月日 1993年9月3日
198cm / 90kg 身長 / 体重 185cm / 79kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 片手
2013年 プロ転向 2011年
12勝 6敗 2020年成績 15勝 5敗
0回 2020年優勝回数 0回
235勝 120敗 通算成績 290勝 153敗
11回 通算優勝回数 16回

1回戦から準決勝までの結果

アレクサンダー・ズベレフ
ラウンド 対戦相手 Rank スコア
1回戦 K.アンダーソン 117 7-6, 5-7, 6-3, 7-5
2回戦 B.ナカシマ 223 7-5, 6-7, 6-3, 6-1
3回戦 A.マナリノ [32] 39 6-7, 6-4, 6-2, 6-2
4回戦 A.ダビドビッチ フォキナ 99 6-2, 6-2, 6-1
準々決勝 B.チョリッチ [27] 32 1-6, 7-6, 7-6, 6-3
準決勝 P.カレーニョ ブスタ [20] 27 3-6, 2-6, 6-3, 6-4, 6-3
ドミニク・ティーム
ラウンド 対戦相手 Rank スコア
1回戦 J.ムナル 105 7-6, 6-3 RET
2回戦 S.ナガル 124 6-3, 6-3, 6-2
3回戦 M.チリッチ 38 6-2, 6-2, 3-6, 6-3
4回戦 F.オジェ アリアシム [15] 21 7-6, 6-1, 6-1
準々決勝 A.デミノー [21] 28 6-1, 6-2, 6-4
準決勝 D.メドベージェフ [3] 5 6-2, 7-6, 7-6

※[]内の数字はシード、Rankは2020年8月31日付の世界ランキング

男子シングルス決勝「ズベレフ vs ティーム」の結果

9/14(月) 5:00以降 開始予定 (AAS 第2試合)
[5] A.ズベレフ (7) 2 6 6 4 3 66
[2] D.ティーム (3) 3 2 4 6 6 78
試合時間:4時間1分

第2シードのドミニク・ティーム(27歳・オーストリア)が第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(23歳・ドイツ)をセットカウント3-2(2-6、4-6、6-4、6-3、7-6)で破り、グランドスラム初優勝を飾りました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ズベレフ 6
ティーム 2
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第1セット開始。

第1ゲーム、ティームがキープ。

第2ゲーム、ズベレフがキープ。

第3ゲーム、15-15からティームのダブルフォルトとフォアハンドのミスがあり、15-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームが1本凌ぎますが、ズベレフが先に仕掛けてネットプレーでポイントを取り、ズベレフがブレークに成功

第4ゲーム、ズベレフがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、ティームがキープ。

第6ゲーム、ズベレフがラブゲームでキープ。

第7ゲーム、ティームのバックハンドのミスとダブルフォルト、ズベレフのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーなどがあり、デュースへ。

デュース1回目、ティームのダブルフォルトでズベレフにブレークポイントが来ると、ティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフがブレークに成功

第8ゲーム、ズベレフのサービングフォーザセット
ズベレフのダブルフォルトなどで30-30まで行きますが、ズベレフがキープをして第1セットを先取

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ズベレフ 6
ティーム 4
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ズベレフにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ティームがキープ。

第2ゲーム、ズベレフがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ティームのフォアハンドのミス、ズベレフのネットプレーでのポイント(0-30)、先に攻撃を仕掛けたティームのポイント、サービスエース(30-30)、ズベレフの見事なフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、30-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフがブレークに成功

第4ゲーム、ズベレフがキープ。

第5ゲーム、15-15からティームのフォアハンドのミスとダブルフォルトがあり、15-40とズベレフにブレークポイントが来ますが、ティームがピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース1回目、ティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフがブレークに成功

第6ゲーム、ズベレフがキープ。

第7ゲーム、ズベレフにセットポイントが3本(30-40、デュース1回目、2回目)ありましたが、ティームがキープ。

第8ゲーム、ズベレフのサービングフォーザセット
40-30とズベレフにセットポイントが来ますが、ズベレフにもったいないボレーのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、ズベレフにダブルフォルトが出て、ティームにブレークポイントが来ます。

ティームが先に攻撃を仕掛けてボレーのウィナーを決め、ティームがブレークに成功

第9ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第10ゲーム、ズベレフのサービングフォーザセット(2回目)
30-30まで行きますが、ズベレフがキープをして第2セットも取ります

第3セット

第3セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ズベレフ 4
ティーム 6
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第3セット開始。

第1ゲーム、ティームがキープ。

第2ゲーム、ズベレフがラブゲームでキープ。

第3ゲーム、ティームのフォアハンドの連続ミス(0-30)、ティームのスマッシュのウィナー、ラリー戦でのズベレフのポイントがあり、15-40とズベレフにブレークポイントが来ますが、ティームがピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース1回目、ティームにフォアハンドのドライブボレーのミスが出て、ズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフがブレークに成功

第4ゲーム、30-15からティームのバックハンドのクロスへの威力のあるショットでのポイント、ズベレフのダブルフォルトがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ますが、ズベレフがピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース1回目と2回目にもティームにブレークポイントが来ますが、ズベレフが凌ぎます。

デュース3回目、ティームのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、ティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフがサービスダッシュに出ますが、ティームがズベレフの足元にリターンを上手く沈めてポイントを取り、ティームがブレークバックに成功

第5ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、ズベレフがキープ。

第7ゲーム、ティームがキープ。

第8ゲーム、ズベレフがキープ。

第9ゲーム、ティームがキープ。

第10ゲーム、15-0からズベレフのダブルフォルト、ラリー戦でのティームのポイント、ズベレフのバックハンドのミスがあり、15-40とティームにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

ズベレフにフォアハンドのミスが出て、ティームがブレークをして第3セットを取ります

第4セット

第4セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ズベレフ 3
ティーム 6
○:キープ、●:ブレーク

ティームのサービスで第4セット開始。

第1ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第2ゲーム、ズベレフがキープ。

第3ゲーム、ティームがキープ。

第4ゲーム、ズベレフがキープ。

第5ゲーム、ティームがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、ティームにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ズベレフがキープ。

第7ゲーム、ティームがキープ。

第8ゲーム、30-15からズベレフのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、ティームのフォアハンドのパッシングショットのウィナーがあり、デュースへ。

デュース2回目、ズベレフにダブルフォルトが出て、ティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフにフォアハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第9ゲーム、ティームのサービングフォーザセット
ティームがラブゲームでキープをして第4セットを取ります

ファイナルセット

ファイナルセット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 T
ズベレフ 6 6
ティーム 8 7
○:キープ、●:ブレーク、T:タイブレーク

ズベレフのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、ズベレフのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、ダブルフォルト、フォアハンドのミスがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフにフォアハンドのミスが出て、ティームがブレークに成功

第2ゲーム、30-15からティームのフォアハンドのミス、ズベレフの見事なバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーがあり、30-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームにダブルフォルトが出て、ズベレフがブレークバックに成功

第3ゲーム、ズベレフがキープ。

第4ゲーム、ティームがキープ。

第5ゲーム、ズベレフがキープ。

第6ゲーム、ティームがキープ。

第7ゲーム、ズベレフがキープ。

第8ゲーム、ティームのフォアハンドのミス、ズベレフのネットプレーでのポイント(0-30)、ティームのスマッシュのウィナー、ドロップショットのウィナー(30-30)、ティームのフォアハンドのミスがあり、30-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ズベレフがフォアハンドの逆クロスへのアプローチショットでポイントを取り、ズベレフがブレークに成功

第9ゲーム、ズベレフのサービングフォーザチャンピオンシップ
ズベレフのフォアハンドの連続ミス、スマッシュのウィナー、バックハンドのミスがあり、15-40とティームにブレークポイントが来ます。

ズベレフが1本凌ぎますが、サービスダッシュに出たズベレフのボレーがネットにかかり、土壇場でティームがブレークバックに成功

第10ゲーム、ティームがキープ。

第11ゲーム、15-15からズベレフのフォアハンドのミス、ボレーのウィナー、バックハンドのミスがあり、30-40とティームにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でズベレフのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットが大きくアウトとなり、ティームがブレークに成功

第12ゲーム、ティームのサービングフォーザチャンピオンシップ
ティームのフォアハンドのミス、先に攻撃を仕掛けたズベレフのスマッシュのウィナー、ティームのボレーのウィナー、ズベレフのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、15-40とズベレフにブレークポイントが来ます。

ティームが1本凌ぎますが、ズベレフのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーが決まり、土壇場でズベレフがブレークバックに成功

タイブレーク(ズベレフ – ティーム)

ズベレフのサービス
1:ズベレフのファーストサーブでのポイント(1-0)

ティームのサービス
2:ズベレフがフォアハンドのアプローチショットでポイントを取り、ズベレフがミニブレーク(2-0)
3:ティームのボレーのウィナー(2-1)

ズベレフのサービス
4:ズベレフにダブルフォルトが出て、ティームがミニブレーク(2-2)
5:ズベレフのファーストサーブでのポイント(3-2)

ティームのサービス
6:ズベレフのフォアハンドのミス(3-3)
7:ティームのファーストサーブでのポイント(3-4)

ズベレフのサービス
8:ズベレフにダブルフォルトが出て、ティームがミニブレーク(3-5)
9:ティームのフォアハンドのミス(4-5)

ティームのサービス
10:ティームのフォアハンドのパッシングショットのウィナー(4-6:ティームのチャンピオンシップポイントCP)
11:ティームにフォアハンドのミスが出て、ズベレフがミニブレーク(5-6:ティームCP)

ズベレフのサービス
12:ティームのフォアハンドのミス(6-6)
13:ティームのフォアハンドのパッシングショットのウィナーが決まり、ティームがミニブレーク(6-7:ティームCP)

ティームのサービス
14:ズベレフにバックハンドのミスが出て、ティームが勝利(6-8)

スタッツ

ズベレフ Match ティーム
15 サービスエース 8
15 ダブルフォルト 8
64% (101/157) ファーストサーブ確率 62% (103/165)
70% (71/101) 1st Serve Points Won 68% (70/103)
41% (23/56) 2nd Serve Points Won 48% (30/62)
44% (8/18) ブレーク / チャンス 54% (7/13)
65% (43/66) ネットポイント 74% (23/31)
52 ウィナー 43
64 アンフォーストエラー 55
60% (94/157) Service Points Won 61% (100/165)
39% (65/165) Return Points Won 40% (63/157)
49% (159/322) Total Points Won 51% (163/322)

ハイライト動画

全米オープン決勝「ズベレフ vs ティーム」のハイライト動画です。

Alexander Zverev vs Dominic Thiem | US Open 2020 Final

ドロー(決勝・結果)

決勝後のランキング(男子シングルス・トップ30+α)

全米オープンの決勝後の男子シングルスのランキングです。

順位 選手名 基礎
point
round 獲得point 決勝後
point
2020 2019
1 ジョコビッチ 10,860 4回戦 180 10,860
2 ナダル 9,850 欠場 2,000 9,850
3 ティーム 7,135 優勝 2,000 10 9,125
4 フェデラー 6,630 欠場 360 6,630
5 メドベージェフ 5,890 準決勝 720 1,200 5,890
6 チチパス 5,095 3回戦 90 10 5,175
7 ズベレフ 3,630 準優勝 1,200 180 4,650
8 ベレッティーニ 2,940 4回戦 180 720 2,940
9 モンフィス 2,860 欠場 360 2,860
10 B アグート 2,540 3回戦 90 10 2,620
11 ゴファン 2,555 4回戦 180 180 2,555
12 ルブレフ 2,234 準々決勝 360 180 2,414
13 フォニーニ 2,400 欠場 10 2,400
14 シャポバロフ 2,075 準々決勝 360 90 2,345
15 シュワルツマン 2,265 1回戦 10 360 2,265
16 ハチャノフ 2,120 3回戦 90 10 2,200
17 ワウリンカ 2,185 欠場 360 2,185
18 C ブスタ 1,500 準決勝 720 90 2,130
19 ラオニッチ 1,950 2回戦 45 0 1,995
20 A アリアシム 1,806 4回戦 180 10 1,976
21 ガリン 1,900 2回戦 45 45 1,900
22 ディミトロフ 1,885 2回戦 45 720 1,885
23 イズナー 1,805 1回戦 10 90 1,805
24 ペール 1,738 欠場 45 1,738
25 ラヨビッチ 1,695 1回戦 10 45 1,695
26 チョリッチ 1,355 準々決勝 360 45 1,670
27 デミノー 1,485 準々決勝 360 180 1,665
28 フリッツ 1,545 3回戦 90 10 1,625
29 クライノビッチ 1,503 3回戦 90 10 1,583
30 シュトルフ 1,405 3回戦 90 45 1,450
31 フルカチ 1,353 2回戦 45 10 1,398
32 バシラシビリ 1,395 1回戦 10 90 1,395
33 エバンズ 1,384 2回戦 45 90 1,384
34 ルード 1,279 3回戦 90 10 1,359
35 錦織 圭 1,345 欠場 90 1,345

※ジョコビッチは失格処分により獲得したポイントは剥奪となりました。

※2:全米オープンの裏で開催されるATPツアー250ゼネラリ・オープンに出場した選手で、全米オープン準決勝の時点でポイントが加算された分も反映しています。(出場選手:フォニーニ、シュワルツマン、ラヨビッチ、バシラシビリ、フルカチ、錦織)

新型コロナウイルスの影響による特例措置として、ATPファイナルズを除き、2020年3月以降に失効日を迎える2019年に獲得したポイントの期限が52週間延長されたため、今大会で獲得したポイントが2019年の同大会のポイントを上回ればポイントを入れ替えます。(ランキング対象の18大会に同じ大会を2つ含むことはできない)

・獲得ポイントが2020年>2019年だった場合
 決勝後ポイント=基礎ポイント+(2020年-2019年)ポイント

・獲得ポイントが2019年≧2020年だった場合
 決勝後ポイント=基礎ポイント

暫定ランキング(ポイント)に間違いが見つかれば修正します。

全米オープンのポイント
ラウンド ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

放送する対戦カード、詳しい放送スケジュールについては『WOWOW放送内容・放送スケジュール』でご確認ください。

月日 ラウンド 放送時間
9月13日() 決勝 (女子S) 4:45~
9月14日(月) 決勝 (男子S) 4:45~

コメント