【2020年】全米オープンテニスの大会情報、ドロー、放送予定(グランドスラム)

2020年8月31日から9月13日(2020年第35、36週)にアメリカのニューヨークで開催されるグランドスラム「全米オープン(USオープン)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、出場予定選手、ドロー、放送予定を見ていきます。

また、出場予定の錦織圭の本大会での過去の成績も紹介します。(錦織は欠場となりました。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全米オープンの大会情報

全米オープンは、アメリカ・ニューヨーク市郊外にあるフラッシング・メドウのUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで開催されるグランドスラム(テニス4大大会)の一つです。

大会概要

大会名全米オープン
(US Open)
カテゴリグランドスラム
開催期間2020年8月31日(月) ~ 9月13日(日)
開催地アメリカ/ニューヨーク
会場USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター
サーフェスハードコート
ドローシングルス:128、ダブルス:32
賞金総額$43,312,000 (約46億1,490万円)
日本との時差-13時間 (サマータイム中)

全米オープンのポイントと賞金を紹介します。

シングルスのポイントと賞金
ラウンドポイント賞金
男子女子
優勝2,0002,000$3,000,000
(約3億1,970万円)
準優勝1,2001,300$1,500,000
(約1億5,980万円)
準決勝720780$800,000
(約8,520万円)
準々決勝360430$425,000
(約4,530万円)
4回戦180240$250,000
(約2,660万円)
3回戦90130$163,000
(約1,740万円)
2回戦4570$100,000
(約1,070万円)
1回戦1010$61,000
(約650万円)

※賞金(日本円)について、2020年8月17日時点での1ドル106.55円で換算。

歴代優勝者

全米オープンの男子シングルスの過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ロジャー・フェデラーとジミー・コナーズとピート・サンプラスの5回。(プロ選手の参加が認められた1968年以降)

・フェデラー:2004~2008
・サンプラス:1990、1993、1995、1996、2002
・コナーズ:1974、1976、1978、1982、1983

2019年は、決勝で第2シードのラファエル・ナダルが第5シードのダニール・メドベージェフをセットカウント3-2(7-5、6-3、5-7、4-6、6-4)で破り、全米オープン2年ぶり4回目の優勝を飾りました。(2019年の結果はこちら

優勝者
2019ラファエル・ナダル
2018ノバク・ジョコビッチ
2017ラファエル・ナダル
2016スタン・ワウリンカ
2015ノバク・ジョコビッチ
2014マリン・チリッチ
2013ラファエル・ナダル
2012アンディ・マレー
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ラファエル・ナダル

大会日程

本戦は8月31日(月) から始まり、9月12日(土)に女子シングルスの決勝、9月13日(日)に男子シングルスの決勝が行われます。

月日男子女子
8月31日(月)1回戦1回戦
9月1日(火)1回戦1回戦
9月2日(水)2回戦2回戦
9月3日(木)2回戦2回戦
9月4日(金)3回戦3回戦
9月5日()3回戦3回戦
9月6日()4回戦4回戦
9月7日(月)4回戦4回戦
9月8日(火)準々決勝準々決勝
9月9日(水)準々決勝準々決勝
9月10日(木)準決勝
9月11日(金)準決勝
9月12日()決勝
9月13日()決勝

※ニューヨーク州政府の決定により、予選、ミックスダブルス、ジュニアの試合は行われません。

<決勝のスケジュール>
・9月10日(木):男子ダブルス
・9月11日(金):女子ダブルス
・9月12日(土):女子シングルス
・9月13日(日):男子シングルス

出場予定選手

全米オープンの男子シングルス、女子シングルスに出場予定のランキング上位50+αの選手(51位以下は省略)、各選手の2019年の同大会での結果を紹介します。

<シングルスの出場枠 128>
・本戦ストレートイン (DA):120名
・ワイルドカード (WC):8名
・予選通過者 (Q):0名
・Special Exempt (SE):0名

ランキング上位32選手にシードが与えられます。

日本勢からは錦織圭、西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、ダニエル太郎、添田豪が出場予定。

<欠場者の情報>
錦織、ポピュリン、ルー・イェンスンは欠場となりました。

トップ50のうちナダル、フェデラー、モンフィス、フォニーニ、ワウリンカ、キリオス、ツォンガが不参加となっています。

男子シングルス
シード選手名Rank2019年
1ノバク・ジョコビッチ1位4回戦
2ドミニク・ティーム3位1回戦
3ダニール・メドベージェフ5位準優勝
4ステファノス・チチパス6位1回戦
5アレクサンダー・ズベレフ7位4回戦
6マッテオ・ベレッティーニ8位ベスト4
7ダビド・ゴファン10位4回戦
8ロベルト・バウティスタ アグート12位1回戦
9ディエゴ・シュワルツマン13位ベスト8
10アンドレイ・ルブレフ14位4回戦
11カレン・ハチャノフ16位1回戦
12デニス・シャポバロフ17位3回戦
13クリスチャン・ガリン18位2回戦
14グリゴール・ディミトロフ19位ベスト4
15フェリックス・オジェ アリアシム20位1回戦
16ジョン・イズナー21位3回戦
17ブノワ・ペール22位2回戦
18ドゥシャン・ラヨビッチ23位2回戦
19テイラー・フリッツ24位1回戦
20パブロ・カレーニョ ブスタ25位3回戦
21アレックス・デミノー26位4回戦
22ニコロズ・バシラシビリ27位3回戦
23ダニエル・エバンズ28位3回戦
24フベルト・フルカチ29位1回戦
25ミロシュ・ラオニッチ30位
錦織 圭31位3回戦
26フィリップ・クライノビッチ32位1回戦
27ボルナ・チョリッチ33位2回戦
28ヤン レナード・シュトルフ34位2回戦
29ギド・ペラ35位1回戦
30キャスパー・ルード36位1回戦
31マリン・チリッチ37位4回戦
32アドリアン・マナリノ38位1回戦
ライリー・オペルカ39位2回戦
アルベルト・ラモス ビノラス41位1回戦
ウゴ・アンベール42位1回戦
ジョン・ミルマン43位1回戦
カイル・エドマンド44位1回戦
サム・クエリー45位1回戦
ロレンツォ・ソネゴ46位2回戦
ミオミル・ケツマノビッチ47位2回戦
西岡 良仁48位2回戦
リシャール・ガスケ50位1回戦
杉田 祐一87位予選2回戦
内山 靖崇89位予選3回戦
ダニエル 太郎112位予選1回戦
添田 豪117位予選1回戦
アンディ・マレー134位
Rank:2020年8月24日付の世界ランキング
日本勢からは大坂なおみ、日比野菜緒、土居美咲、奈良くるみ(繰り上がり)が出場予定。

<欠場者の情報>
ハレプ、スビトリナ、アンドリースク、ベルテンス、ベンチッチ、ストリコバ、クズネツォワ、オスタペンコ、ヘルツォグ、フェロ、シェイ・スーウェイ、スアレス ナバロ、ペトコビッチ、ワン・シユ、クレチコバは欠場となりました。

トップ50のうちバーティ、ワン・チャン、パブリウチェンコワ、ジェン・サイサイ、ゲルゲスが不参加となっています。

女子シングルス
シード選手名Rank2019年
シモナ・ハレプ2位2回戦
1カロリーナ・プリスコバ3位4回戦
2ソフィア・ケニン4位3回戦
エリナ・スビトリナ5位ベスト4
ビアンカ・アンドリースク6位優勝
キキ・ベルテンス7位3回戦
ベリンダ・ベンチッチ8位ベスト4
3セレナ・ウイリアムズ9位準優勝
4大坂 なおみ10位4回戦
5アリナ・サバレンカ11位2回戦
6ペトラ・クビトバ12位2回戦
7マディソン・キーズ13位4回戦
8ペトラ・マルティッチ14位4回戦
9ヨハナ・コンタ15位ベスト8
10ガルビネ・ムグルッサ16位1回戦
11エレナ・リバキナ17位1回戦
12マルケタ・ボンドルソバ18位
13アリソン・リスク19位2回戦
14アネット・コンタベイト20位3回戦
15マリア・サカーリ21位3回戦
16エリーゼ・メルテンス22位ベスト8
17アンジェリック・ケルバー23位1回戦
18ドナ・ベキッチ24位ベスト8
19ダヤナ・ヤストレムスカ25位3回戦
20カロリーナ・ムホバ26位3回戦
21エカテリーナ・アレクサンドロワ27位2回戦
22アマンダ・アニシモバ28位
バーボラ・ストリコバ31位1回戦
スベトラーナ・クズネツォワ32位1回戦
23ユリア・プティンセバ33位3回戦
24マグダ・リネッテ35位2回戦
25ジャン・シューアイ36位3回戦
26スローン・スティーブンス37位1回戦
27オンス・ジャバー39位3回戦
28ジェニファー・ブレイディ40位1回戦
29ベロニカ・クデルメトバ41位1回戦
エレナ・オスタペンコ42位3回戦
30クリスティーナ・ムラデノビッチ43位2回戦
31アナスタシア・セバストワ44位3回戦
フィオナ・フェロ45位3回戦
32レベッカ・ピーターソン46位2回戦
ポロナ・ヘルツォグ47位1回戦
マリー・ボウズコバ48位1回戦
キャロリン・ガルシア49位1回戦
コリ・ガウフ50位3回戦
日比野 菜緒74位予選2回戦
土居 美咲78位1回戦
奈良 くるみ142位予選1回戦
Rank:2020年8月17日付の世界ランキング

ドロー

ドローセレモニー:現地時間8月27日(木)12時、日本時間8月28日(金)1時からの予定。

<全米オープン ドロー>
・男子シングルス:PDF版はこちら
・女子シングルス:PDF版はこちら

男子シングルスの第1シードから第8シードまでのドローは次のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ – ゴファン [7]
[4] チチパス – ズベレフ [5]

<ボトムハーフ>
[3] メドベージェフ – ベレッティーニ [6]
[2] ティーム – バウティスタ アグート [8]

<withdraw>
第17シードのブノワ・ペールが新型コロナウイルス感染で棄権となり、繰り上がりでエルネスト・エスコベドが出場。
女子シングルスの第1シードから第8シードまでのドローは次のようになりました。

<トップハーフ>
[1] プリスコバ – マルティッチ [8]
[4] 大坂 – クビトバ [6]

<ボトムハーフ>
[3] ウイリアムズ – キーズ [7]
[2] ケニン – サバレンカ [5]

<withdraw>
レシア・ツレンコが棄権となり、繰り上がりでアリーナ・ロディオノワが出場。
ビタリア・ディアチェンコが棄権となり、繰り上がりでエイジア・ムハンマドが出場。


全米オープンの結果

2020年全米オープンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。

※各ラウンドの結果については、記事をアップしたときにリンクを貼ります。

大坂なおみの全米オープンの試合結果です。

放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)での放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

放送する対戦カード、詳しい放送スケジュールについては『WOWOW放送内容・放送スケジュール』でご確認ください。

月日ラウンド放送時間
8月31日(月)1回戦 (男女S)23:50~
9月1日(火)1回戦 (男女S)23:55~
9月2日(水)2回戦 (男女S)23:55~
9月3日(木)2回戦 (男女S)23:55~
9月4日(金)3回戦 (男女S)23:55~
9月5日()3回戦 (男女S)23:55~
9月6日()4回戦 (男女S)23:55~
9月7日(月)4回戦 (男女S)23:55~
9月9日(水)準々決勝 (男女S)0:55~
9月10日(木)準々決勝 (男女S)0:55~
9月11日(金)決勝 (男子D)3:55~
9月11日(金)準決勝 (女子S)7:50~
9月12日()決勝 (女子D)0:55~
9月12日()準決勝 (男子S)4:55~
9月13日()決勝 (女子S)4:45~
9月14日(月)決勝 (男子S)4:45~
※S:シングルス、D:ダブルス

WOWOWの新規申し込みページ(詳細)はこちら

錦織の過去の成績

錦織の全米オープンでの過去の成績を紹介します。

錦織の全米オープンでの最高成績は準優勝。(2014年)

錦織は2014年の準優勝に続いて2016年と2018年にベスト4となるなど偶数年に好成績を残していますが、なぜか奇数年になると1回戦敗退や怪我で欠場となるなど結果が残せない状況が続いています。

ラウンド対戦相手Rank
20193回戦アレックス・デミノー38
2018準決勝ノバク・ジョコビッチ6
2017
2016準決勝スタン・ワウリンカ3
20151回戦ブノワ・ペール41
2014準優勝マリン・チリッチ16
20131回戦ダニエル・エバンズ179
20123回戦マリン・チリッチ13
20111回戦フラビオ・チポラ (試合途中で棄権)108
20103回戦アルベルト・モンタネス (試合途中で棄権)23
2009
20084回戦フアン マルティン・デルポトロ17
2007予選2回戦ビヨン・パウ150
※Rank:対戦相手の当時の世界ランキング

2019年の錦織は第7シードで出場し、奇数年で初めて1回戦を突破しましたが、デミノーに敗れ、3回戦で敗退となりました。

2019年の錦織の試合結果
ラウンド対戦相手Rankスコア
3回戦アレックス・デミノー382-6, 4-6, 6-2, 3-6
2回戦ブラッドリー・クラン1086-2, 4-6, 6-3, 7-5
1回戦マルコ・トルンゲリティ2056-1, 4-1 (RET)
※Rank:対戦相手の当時の世界ランキング

錦織はこの全米オープン後に右肘の怪我で2019年シーズンを終えることになりましたが、2020年に入って錦織の復帰が近づく中、新型コロナウイルスの影響により3月以降のATPツアーが中断。

約5ヵ月半の中断を経て、ATPツアー再開の最初の大会のウエスタン&サザン・オープンで約1年ぶりに錦織が復帰する予定でしたが、錦織は新型コロナウイルス感染により大会を欠場することなり、全米オープンへの出場も微妙な状況となっています。

<追記:8/27>
錦織は新型コロナウイルスの検査結果で陰性となりましたが、隔離生活の直後に5セットマッチの長い戦いは賢明ではないとして、全米オープンを欠場することとなりました。

コメント