【2019年】ロレックス上海マスターズの結果(準々決勝)


2019年10月6日から10月13日(2019年第41週)に上海(中国)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス上海マスターズ(上海マスターズ)」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ vs チチパス [6]
[3] メドベージェフ vs フォニーニ [10]

<ボトムハーフ>
[11] ベレッティーニ vs ティーム [4]
[5] ズベレフ vs フェデラー [2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 ロレックス上海マスターズ 準々決勝の結果

ロレックス上海マスターズの準々決勝の結果です。

<日程>
・10月11日(金):準々決勝

日本と上海の時差:-1時間(日本の方が1時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年10月7日付の世界ランキング

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ (1)1653
[6] ステファノス・チチパス (7)2376
[3] ダニール・メドベージェフ (4)2677
[10] ファビオ・フォニーニ (12)0364
 
ボトムハーフ
[11] マッテオ・ベレッティーニ (13)27106
[4] ドミニク・ティーム (5)0684
[5] アレクサンダー・ズベレフ (6)26676
[2] ロジャー・フェデラー (3)13793

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ジョコビッチ vs チチパス」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの1勝、チチパスの1勝。

ハードコートでは、ジョコビッチの0勝、チチパスの1勝。

直近の対戦は2019年のムチュア・マドリード・オープン(クレーコート)の決勝で、ジョコビッチがセットカウント2-0(6-3、6-4)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)1653
[6] ステファノス・チチパス (7)2376
試合時間:2時間2分

第6シードのステファノス・チチパス(21歳・ギリシャ)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)をセットカウント2-1(3-6、7-5、6-3)で破り、上海マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲーム、30-40でジョコビッチがブレークに成功。

第7ゲーム、チチパスにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
ジョコビッチがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第6ゲーム、チチパスにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第12ゲーム、デュース3回目でチチパスがセットポイント(ブレークポイント)をモノにし、チチパスがブレークをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

第4ゲーム、0-40からチチパスのブレークポイント2本はジョコビッチが凌ぎましたが、30-40でチチパスがブレークに成功。

第9ゲーム、チチパスのサービングフォーザマッチ。
チチパスがキープをして勝利。

チチパスは第1セットの最初のサービスゲームでジョコビッチにブレークを許しましたが、その後は安定したサービスゲームを展開し、ジョコビッチにブレークポイントを1本も与えませんでした。

準々決勝「メドベージェフ vs フォニーニ」

過去の対戦成績は、メドベージェフの1勝、フォニーニの1勝。(2戦ともハードコート)

直近の対戦は2018年のシドニー国際(ハードコート)の準決勝で、メドベージェフがセットカウント2-1(2-6、6-4、6-1)で勝利しています。

[3] ダニール・メドベージェフ (4)2677
[10] ファビオ・フォニーニ (12)0364
試合時間:1時間26分

第3シードのダニール・メドベージェフ(23歳・ロシア)が第10シードのファビオ・フォニーニ(32歳・イタリア)をセットカウント2-0(6-3、7-6)で破り、上海マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第6ゲーム、メドベージェフがラブゲームでブレークに成功。

第9ゲーム、メドベージェフのサービングフォーザセット。
メドベージェフがキープをして第1セットを先取。

第2セット

メドベージェフにブレークポイントが第3ゲームで1本(30-40)、第5ゲームで1本(30-40)、第9ゲームで1本(30-40)ありましたが、フォニーニがピンチを凌いでキープ。

メドベージェフの方はブレークポイントを与えずにキープを続け、タイブレークに突入。

2ポイント目でフォニーニが先にミニブレークをしますが、4ポイント目でメドベージェフがミニブレークをして追い付きます。

8ポイント目でミニブレークをしたメドベージェフがキープを続けて勝利。

この試合のメドベージェフはファーストサーブの確率77%(46/60)、ファーストサーブでのポイント獲得率91%(42/46)、与えたブレークポイント0など、付け入る隙がまったくありませんでした。

準々決勝「ベレッティーニ vs ティーム」

過去の対戦成績は、ベレッティーニの0勝、ティームの1勝。

ハードコートでは初対戦となります。

過去1回の対戦は2018年の全仏オープン(クレーコート)の3回戦で、ティームがセットカウント3-1(6-3、6-7、6-3、6-2)で勝利しています。

[11] マッテオ・ベレッティーニ (13)27106
[4] ドミニク・ティーム (5)0684
試合時間:1時間40分

第11シードのマッテオ・ベレッティーニ(23歳・イタリア)が第4シードのドミニク・ティーム(26歳・オーストリア)をセットカウント2-0(7-6、6-4)で破り、マスターズ1000初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第7ゲーム、ティームにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ベレッティーニがキープ。

タイブレーク、1ポイント目でティームが先にミニブレークをしますが、6ポイント目でベレッティーニがミニブレークをして追い付きます。

10ポイント目でベレッティーニがミニブレークをし、6-5とベレッティーニにセットポイントが来てのサービス1本目でティームがミニブレークをして追い付きます。

その後はお互いサービスキープをして行きますが、18ポイント目でベレッティーニがミニブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第7ゲーム、15-40からベレッティーニのブレークポイント1本はティームが凌ぎましたが、30-40でベレッティーニがブレークに成功。

第10ゲーム、ベレッティーニのサービングフォーザマッチ。
ティームにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、デュース3回目でベレッティーニがキープをして勝利。

準々決勝「ズベレフ vs フェデラー」

過去の対戦成績は、ズベレフの3勝、フェデラーの3勝。

ハードコートでは、ズベレフの2勝、フェデラーの1勝。

直近の対戦は2018年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)の準決勝で、ズベレフがセットカウント2-0(7-5、7-6)で勝利しています。

[5] アレクサンダー・ズベレフ (6)26676
[2] ロジャー・フェデラー (3)13793
試合時間:2時間4分

第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(22歳・ドイツ)が第2シードのロジャー・フェデラー(38歳・スイス)をセットカウント2-1(6-3、6-7、6-3)で破り、上海マスターズ2年連続2回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第6ゲーム、ズベレフがブレークに成功(30-40)。

第9ゲーム、ズベレフのサービングフォーザセット。
ズベレフがラブゲームでキープをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、15-40からフェデラーのブレークポイント1本はズベレフが凌ぎましたが、30-40でフェデラーがブレークに成功。

第3ゲーム、30-40のズベレフのブレークポイント1本はフェデラーが凌ぎましたが、デュース1回目でズベレフがブレークバックに成功。

第11ゲーム、ズベレフがブレークに成功(30-40)。

第12ゲーム、ズベレフのサービングフォーザマッチ。
40-0のズベレフのマッチポイントからフェデラーがすばらしいプレーを見せて5連続でポイントを取り、土壇場でフェデラーがブレークバックに成功。

タイブレーク、7ポイント目で先にフェデラーがミニブレークをしますが、9ポイント目でズベレフがミニブレークをして追い付きます。

6-6のフェデラーのサービス2本目でズベレフがミニブレークをし、7-6とズベレフにマッチポイントが来ますが、続くズベレフのサービス2本をフェデラーが連続ミニブレーク。

8-7とフェデラーにマッチポイントが来てのフェデラーのサービス1本目、フェデラーがキープをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

第2ゲーム、ズベレフがブレークに成功(15-40)。

ズベレフにブレークポイントが第4ゲームで2本(15-40)、第6ゲームで1本(デュース1回目)ありましたが、フェデラーがキープ。

第9ゲーム、ズベレフのサービングフォーザマッチ(2回目)。
今度はズベレフがしっかりとキープをして勝利。

ドロー(結果)

準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ロレックス上海マスターズの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1ジョコビッチ9,365準々決勝×1809,545
2ナダル9,225欠場9,225
3フェデラー6,770準々決勝×1806,950
4メドベージェフ4,920準々決勝3605,280
5ティーム4,905準々決勝×1805,085
6ズベレフ3,825準々決勝3604,185
7チチパス3,540準々決勝3603,900
8ハチャノフ2,9003回戦×902,990
9錦織 圭2,860欠場2,860
10B アグート2,4853回戦×902,575
11ベレッティーニ2,205準々決勝3602,565
12フォニーニ2,235準々決勝×1802,415
13モンフィス2,3652回戦×452,410
14ゴファン2,1903回戦×902,280
15シュワルツマン1,9851回戦×101,995
16イズナー1,8953回戦×901,985
17A アリアシム1,6362回戦×451,681
18ワウリンカ1,670欠場1,670
19プイユ1,6002回戦×451,645
20ペラ1,6101回戦×101,620
21アンダーソン1,600欠場1,600
22チョリッチ1,5301回戦×101,540
23ペール1,4832回戦×451,528
24バシラシビリ1,3953回戦×901,485
25チリッチ1,4451回戦×101,455
26デミノー1,4301回戦×101,440
27ディミトロフ1,432不参加1,432
28キリオス1,395欠場1,395
29フリッツ1,3502回戦×451,360
30ラオニッチ1,315欠場1,350

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年10月・上海後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

ロレックス上海マスターズのポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準々決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
10月11日(金)準々決勝[生] 13:30~24:00
10月12日()準々決勝[録] 15:00~17:27

[生]:生中継、[録]:録画

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で大会3日目から決勝まで7試合を放送予定。

日付ラウンド放送時間
10月11日(金)準々決勝[BS1] 13:30~15:50
[102] 15:50~16:00

<放送する対戦カード>
準々決勝「D.メドベージェフ vs F.フォニーニ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviでは、ライブ&アーカイブ配信の予定。

2019年 ロレックス上海マスターズ 各ラウンドの結果

コメント