【2019年】BNLイタリア国際の結果(準決勝)


2019年5月12日から5月19日(2019年第20週)にローマ(イタリア)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「BNLイタリア国際」の準決勝の結果、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準決勝「ジョコビッチ vs シュワルツマン」
ジョコビッチが勝てばBNLイタリア国際2年ぶり9回目の決勝、シュワルツマンが勝てばマスターズ初の決勝進出となります。

準決勝「チチパス vs ナダル」
チチパスが勝てばBNLイタリア国際初(マスターズ3回目)の決勝、ナダルが勝てばBNLイタリア国際2年連続11回目の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 BNLイタリア国際 準決勝の結果

BNLイタリア国際の準決勝の結果です。

<日程>
・5月18日(土):準決勝

日本とローマの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年5月13日付の世界ランキングです。

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ (1)26626
ディエゴ・シュワルツマン (24)13773
ボトムハーフ
[8] ステファノス・チチパス (7)034
[2] ラファエル・ナダル (2)266

以下、各試合の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記していきます)

準決勝「ジョコビッチ vs シュワルツマン」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの2勝、シュワルツマンの0勝。

クレーコートでは、ジョコビッチの1勝、シュワルツマンの0勝。

直近の対戦は2017年の全仏オープン(クレーコート)の3回戦で、ジョコビッチがセットカウント3-2(5-7、6-3、3-6、6-1、6-1)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)26626
ディエゴ・シュワルツマン (24)13773
試合時間:2時間31分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)がディエゴ・シュワルツマン(26歳・アルゼンチン)をセットカウント2-1(6-3、6-7、6-3)で破り、BNLイタリア国際2年ぶり9回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ジョコビッチのサービスで試合開始。

第2ゲームと第4ゲームでシュワルツマンがラブゲームでキープ、第3ゲームでジョコビッチがラブゲームでキープをするなど、立ち上がりからお互いが安定したサービスゲームを展開します。

第6ゲーム、15-30とジョコビッチがポイントを先行しますが、シュワルツマンがキープ。

第8ゲーム、シュワルツマンのファーストサーブでのポイント、ラリー戦でのジョコビッチのポイント(15-15)、シュワルツマンのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ジョコビッチのリターンでのポイント(30-30)、ジョコビッチのフォアハンドのクロスへのショットでのポイントがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

シュワルツマンにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
ジョコビッチのドロップショットのウィナー、ジョコビッチの連続攻撃からのボレーのウィナー、バックハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、40-0とジョコビッチにセットポイントが来ます。

ジョコビッチのフォアハンドのミス(40-15)、ジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、ジョコビッチが第1セットを先取

第2セット

シュワルツマンのサービスで第2セット開始。

序盤はお互いキープが続きます。

第6ゲーム、シュワルツマンのドロップショットのウィナー、ジョコビッチのフォアハンドのミスとドロップショットのミスなどがあり、デュースへ。

デュース2回目でのシュワルツマンのブレークポイントはジョコビッチが凌ぎましたが、デュース3回目でシュワルツマンのドロップボレーのウィナーが決まり、再びシュワルツマンにブレークポイントが来ます。

バックハンドのクロスラリーからシュワルツマンの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、シュワルツマンがブレークに成功

第7ゲーム、ジョコビッチの深いリターンでのポイント、ラリー戦でのジョコビッチのポイント、シュワルツマンのダブルフォルトがあり、0-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチがフォアハンドのクロスへのショットでポイントを取り、ジョコビッチがブレークバックに成功

第8ゲーム、ジョコビッチのダブルフォルトとフォアハンドのミス(0-30)、30-30でシュワルツマンのフォアハンドのウィナーが決まり、30-40とシュワルツマンにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチのドロップボレーのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、シュワルツマンにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、シュワルツマンがブレークに成功

第9ゲーム、シュワルツマンのサービングフォーザセット。
ジョコビッチのフォアハンドのリターンエース、シュワルツマンのバックハンドのミスやフォアハンドのミスなどがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、シュワルツマンのグラウンドスマッシュのウィナーが決まり、デュースへ。

デュース1回目、ロングラリーでジョコビッチのフォアハンドのウィナーが決まり、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。

先に攻撃を仕掛けたシュワルツマンにボレーのミスが出て、土壇場でジョコビッチがブレークバックに成功

タイブレーク(ジョコビッチ – シュワルツマン)

5ポイント目までお互いサービスをキープ。

ジョコビッチのサービス
6:ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、シュワルツマンがミニブレーク(2-4)
7:シュワルツマンが先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、シュワルツマンがミニブレーク(2-5)

シュワルツマンのサービス
8:ジョコビッチのフォアハンドのミス(2-6:シュワルツマンのセットポイント)
9:シュワルツマンがバックハンドのクロスへのショットでポイントを取り、シュワルツマンが第2セットを取ります(2-7)

ファイナルセット

ジョコビッチのサービスでファイナルセット開始。

第6ゲーム、ジョコビッチのリターンでのポイント、ラリー戦でのジョコビッチのポイント(0-30)、ロングラリーでシュワルツマンのパッシングショットのウィナー、シュワルツマンのファーストサーブでのポイント(30-30)、シュワルツマンのドロップショット返しに対してジョコビッチがすばらしい切り返しでウィナーを決め、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でシュワルツマンにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第7ゲーム、15-30とシュワルツマンがポイントを先行しますが、ジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
ジョコビッチのフォアハンドのミス、フォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、シュワルツマンのフォアハンドのミス、ジョコビッチのサービスエースがあり、40-15とジョコビッチにマッチポイントが来ます。

ジョコビッチのフォアハンドのミス、シュワルツマンのフォアハンドのミスがあり、ジョコビッチが勝利

スタッツ

ハイレベルなラリー戦が繰り広げられ、どちらが勝つか分からない見応えのある試合展開となりましたが、ファイナルセットでお互いに疲れの色が見える中、最後はジョコビッチの勝負強さが上回る結果となりました。

ジョコビッチMatchシュワルツマン
2サービスエース0
1ダブルフォルト2
66% (65/99)ファーストサーブ確率63% (50/80)
69% (45/65)1st Serve Points Won66% (33/50)
62% (21/34)2nd Serve Points Won63% (19/30)
80% (4/5)ブレーク / チャンス50% (2/4)
18/22ネットポイント17/26
67% (66/99)Service Points Won65% (52/80)
35% (28/80)Return Points Won33% (33/99)
53% (94/179)Total Points Won47% (85/179)
3150mTotal Distance Run2981m
27Winner 合計29
16フォアハンド17
9バックハンド12
2サーブ0
32Unforced error 合計32
18フォアハンド19
13バックハンド11
1サーブ2

準決勝「チチパス vs ナダル」

過去の対戦成績は、チチパスの1勝、ナダルの3勝。

クレーコートでは、チチパスの1勝、ナダルの1勝。

直近の対戦は2019年のマドリード・オープン(クレーコート)の準決勝で、チチパスがセットカウント2-1(6-4、2-6、6-3)で勝利しています。

[8] ステファノス・チチパス (7)034
[2] ラファエル・ナダル (2)266
試合時間:1時間42分

第2シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)が第8シードのステファノス・チチパス(20歳・ギリシャ)をセットカウント2-0(6-3、6-4)で破り、BNLイタリア国際2年連続11回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ナダルのサービスで試合開始。

第2ゲーム、チチパスのダブルフォルト、ラリー戦でのナダルのポイント、ナダルのフォアハンドのミス、ナダルのパッシングショットのウィナーがあり、15-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ナダルのフォアハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナーが決まり、ナダルがブレークに成功

第3ゲーム、チチパスにブレークポイントが2本(30-40、デュース2回目)ありましたが、ナダルがキープ。

第9ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
ナダルのフォアハンドのミス、バックハンドのミス(0-30)、ナダルのフォアハンドの深いショットでの連続ポイント、フォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、40-30とナダルにセットポイントが来ます。

ナダルがファーストサーブでポイントを取り、ナダルが第1セットを先取

第2セット

チチパスのサービスで第2セット開始。

第3ゲーム、ナダルのブレークポイント2本(30-40、デュース1回目)はチチパスが凌ぎましたが、デュース3回目でチチパスにフォアハンドのミスが出て、ナダルにブレークポイントが来ます。

ナダルがフォアハンドのダウンザラインへのカウンターショットでポイントを取り、ナダルがブレークに成功

第7ゲーム、15-30とナダルがポイントを先行しますが、チチパスがキープ。

第10ゲーム、ナダルのサービングフォーザマッチ。
ナダルのスマッシュのウィナー、フォアハンドの深いショットでのポイント、フォアハンドのパッシングショットでのポイントがあり、40-0とナダルにマッチポイントが来ます。

ナダルがファーストサーブでポイントを取り、ナダルが勝利

スタッツ

第2セットのナダルはサービスゲームで失ったポイントがわずか4ポイントで、セカンドサーブのポイント獲得率が92%(12/13)とまったく隙がありませんでした。

チチパスMatchナダル
7サービスエース1
1ダブルフォルト1
64% (34/53)ファーストサーブ確率59% (35/59)
76% (26/34)1st Serve Points Won71% (25/35)
42% (8/19)2nd Serve Points Won79% (19/24)
0% (0/2)ブレーク / チャンス50% (2/4)
13/20ネットポイント10/12
64% (34/53)Service Points Won75% (44/59)
25% (15/59)Return Points Won36% (19/53)
44% (49/112)Total Points Won56% (63/112)
2037mTotal Distance Run2088m
17Winner 合計21
8フォアハンド16
0バックハンド4
9サーブ1
27Unforced error 合計17
15フォアハンド9
11バックハンド7
1サーブ1

ハイライト動画

準決勝のハイライト動画です。

Djokovic, Nadal Set Clash In Rome 2019 Final | HIGHLIGHTS | ATP

ドロー表 (ベスト32・結果)

準決勝後の暫定ランキング (トップ30)

BNLイタリア国際の準決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ジョコビッチ11,755準決勝60012,355
2ナダル6,945準決勝6007,545
3フェデラー5,770準々決勝×1805,950
4ティーム4,8352回戦×104,845
5A.ズベレフ4,1452回戦×104,155
6チチパス3,720準決勝×3604,080
7錦織 圭3,680準々決勝×1803,860
8アンダーソン3,745欠場3,745
9デルポトロ3,055準々決勝×1803,235
10イズナー2,940欠場2,940
11フォニーニ2,7403回戦×902,830
12ハチャノフ2,7103回戦×902,800
13チリッチ2,6652回戦×452,710
14メドベージェフ2,6151回戦×102,625
15チョリッチ2,4353回戦×902,525
16モンフィス1,9551回戦×101,965
17ラオニッチ1,960欠場1,960
18バシラシビリ1,8353回戦×901,925
19チェッキナート1,7952回戦×451,840
20シュワルツマン1,395準決勝×3601,755
21B アグート1,6452回戦×451,690
22ペラ1,4701回戦×101,480
23シャポバロフ1,3802回戦×451,425
24デミノー1,4001回戦×101,410
25プイユ1,3751回戦×101,385
26ベルダスコ1,190準々決勝×1801,370
27ワウリンカ1,3551回戦×101,365
28A アリアシム1,3341回戦×101,344
29シモン1,3301回戦×101,340
30ゴファン1,2802回戦×451,325

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年5月・ローマ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

BNLイタリア国際 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

女子の試合は、DAZNで配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月18日()準決勝 121:28~25:00
5月19日()準決勝 22:58~8:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に決勝まで7試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月18日()準決勝 121:30~(24:00)
5月19日()準決勝 23:00~(5:00)

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviで配信予定。

2019年 BNLイタリア国際 各ラウンドの結果

コメント