【2019年】BNLイタリア国際の結果(準々決勝)


2019年5月12日から5月19日(2019年第20週)にローマ(イタリア)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「BNLイタリア国際」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ vs デルポトロ [7]
シュワルツマン vs 錦織 [6]

<ボトムハーフ>
[8] チチパス vs フェデラー [3]
ベルダスコ vs ナダル [2]

錦織の準々決勝の試合は、日本時間の5月17日(金)20時30分以降に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 BNLイタリア国際 準々決勝の結果

BNLイタリア国際の準々決勝の結果です。
<日程>
・5月17日(金):準々決勝

日本とローマの時差:-7時間(日本の方が7時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年5月13日付の世界ランキングです。

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ (1)24786
[7] フアン マルティン・デルポトロ (9)16664
ディエゴ・シュワルツマン (24)266
[6] 錦織 圭 (6)042
 
ボトムハーフ
[8] ステファノス・チチパス (7)
[3] ロジャー・フェデラー (3)棄権
フェルナンド・ベルダスコ (38)040
[2] ラファエル・ナダル (2)266

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ジョコビッチ vs デルポトロ」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの15勝、デルポトロの4勝。

クレーコートでは、ジョコビッチの3勝、デルポトロの0勝。

直近の対戦は2018年の全米オープン(ハードコート)の決勝で、ジョコビッチがセットカウント3-0(6-3、7-6、6-3)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)24786
[7] フアン マルティン・デルポトロ (9)16664
試合時間:3時間1分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第7シードのフアン マルティン・デルポトロ(30歳・アルゼンチン)をセットカウント2-1(4-6、7-6、6-4)で破り、BNLイタリア国際6年連続10回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第4ゲームでジョコビッチにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)、第6ゲームでジョコビッチにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、デルポトロがキープ。

第7ゲーム、デルポトロがブレークに成功。

第10ゲーム、デルポトロのサービングフォーザセット。
ジョコビッチにブレークポイントが3本(30-40、デュース1回目と2回目)ありましたが、デュース3回目でデルポトロがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、デルポトロがキープ。

第6ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功。

第8ゲーム、ジョコビッチにセットポイント(ブレークポイント)が1本(30-40)ありましたが、デルポトロがキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
土壇場でデルポトロがブレークバックに成功。

タイブレーク、1ポイント目でデルポトロが先にミニブレークをしますが、2ポイント目でジョコビッチがミニブレークをして追い付きます。

8ポイント目でデルポトロがミニブレーク。

10ポイント目(デルポトロのサービス1本目)をデルポトロがキープをして6-4とデルポトロにマッチポイントが来ますが、サービス2本目でジョコビッチがミニブレーク。

デルポトロは2本のマッチポイントをモノにできず、14ポイント目(デルポトロのサービス1本目)でジョコビッチがミニブレークをして第2セットを取ります。

ファイナルセット

第4ゲーム、デルポトロにブレークポイントが3本(15-40、デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功。

第10ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
3時間1分の激闘の末、ジョコビッチが勝利。

準々決勝「シュワルツマン vs 錦織」

過去の対戦成績は、シュワルツマンの0勝、錦織の3勝。

クレーコートでは、シュワルツマンの0勝、錦織の2勝。

直近の対戦は2018年の全米オープン(ハードコート)の3回戦で、錦織がセットカウント3-1(6-4、6-4、5-7、6-1)で勝利しています。

ディエゴ・シュワルツマン (24)266
[6] 錦織 圭 (6)042
試合時間:1時間27分

ディエゴ・シュワルツマン(26歳・アルゼンチン)が第6シードの錦織圭(29歳・日本)をセットカウント2-0(6-4、6-2)で破り、マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲーム、デュース3回目でシュワルツマンがこのゲーム4本目のブレークポイントをモノにし、シュワルツマンがブレークに成功。

第4ゲームもシュワルツマンがブレークをするなど、シュワルツマンが5ゲームを連取(5-0)。

第7ゲームと第9ゲームでシュワルツマンに2回のサービングフォーザセットがありましたが、錦織が粘りを見せて土壇場でブレークバックに成功。

完全に錦織の流れとなっていましたが、第10ゲームで錦織のもったいないミスなどがあり、シュワルツマンがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

お互いキープを続けて行く中、第6ゲームでシュワルツマンが先にブレークに成功。

第8ゲームもシュワルツマンがブレークをして勝利。

錦織の準々決勝の結果については、『 錦織 vs シュワルツマン 』の記事で詳しく紹介しています。

準々決勝「チチパス vs フェデラー」

過去の対戦成績は、チチパスの1勝、フェデラーの1勝。

クレーコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2019年のドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ハードコート)の決勝で、フェデラーがセットカウント2-0(6-4、6-4)で勝利しています。

[8] ステファノス・チチパス (7)
[3] ロジャー・フェデラー (3)棄権

第3シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)が右足の怪我で準々決勝を棄権し、第8シードのステファノス・チチパス(20歳・ギリシャ)がBNLイタリア国際初(マスターズ3回目)の準決勝進出を決めました。

準々決勝「ベルダスコ vs ナダル」

過去の対戦成績は、ベルダスコの3勝、ナダルの16勝。

クレーコートでは、ベルダスコの1勝、ナダルの7勝。

直近の対戦は2017年のBNPパリバ・オープン(ハードコート)の3回戦で、ナダルがセットカウント2-0(6-3、7-5)で勝利しています。

フェルナンド・ベルダスコ (38)040
[2] ラファエル・ナダル (2)266
試合時間:1時間38分

第2シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)がフェルナンド・ベルダスコ(35歳・スペイン)をセットカウント2-0(6-4、6-0)で破り、BNLイタリア国際2年連続11回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、ベルダスコがブレークに成功。

第2ゲームでナダルにブレークポイントが2本、第3ゲームでベルダスコにブレークポイントが1本ありましたが、お互いにピンチを凌いでキープ。

第6ゲーム、ナダルがブレークバックに成功。

第9ゲームでベルダスコにブレークポイントが3本(0-40)ありましたが、ナダルがキープ。

第10ゲーム、ナダルがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第3ゲームでベルダスコにブレークポイントが3本(15-40、デュース2回目)ありましたが、デュース3回目でナダルがキープ。

その後、ベルダスコのプレーが落ちてしまい、第4ゲームと第6ゲームもナダルがブレークをして勝利。

ドロー表 (ベスト32・結果)

準々決勝後の暫定ランキング (トップ30)

BNLイタリア国際の準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1ジョコビッチ11,755準々決勝36012,115
2ナダル6,945準々決勝3607,305
3フェデラー5,770準々決勝×1805,950
4ティーム4,8352回戦×104,845
5A.ズベレフ4,1452回戦×104,155
6チチパス3,720準々決勝3604,080
7錦織 圭3,680準々決勝×1803,860
8アンダーソン3,745欠場3,745
9デルポトロ3,055準々決勝×1803,235
10イズナー2,940欠場2,940
11フォニーニ2,7403回戦×902,830
12ハチャノフ2,7103回戦×902,800
13チリッチ2,6652回戦×452,710
14メドベージェフ2,6151回戦×102,625
15チョリッチ2,4353回戦×902,525
16モンフィス1,9551回戦×101,965
17ラオニッチ1,960欠場1,960
18バシラシビリ1,8353回戦×901,925
19チェッキナート1,7952回戦×451,840
20シュワルツマン1,395準々決勝3601,755
21B アグート1,6452回戦×451,690
22ペラ1,4701回戦×101,480
23シャポバロフ1,3802回戦×451,425
24デミノー1,4001回戦×101,410
25プイユ1,3751回戦×101,385
26ベルダスコ1,190準々決勝×1801,370
27ワウリンカ1,3551回戦×101,365
28A アリアシム1,3341回戦×101,344
29シモン1,3301回戦×101,340
30ゴファン1,2802回戦×451,325

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年5月・ローマ後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

BNLイタリア国際 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準々決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンド、Paraviでの放送・配信が予定されています。

女子の試合は、DAZNで配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月17日(金)準々決勝 1~318:00~26:30
5月18日()準々決勝 44:00~8:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブch102で錦織が出場する試合を中心に決勝まで7試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
5月17日(金)準々決勝20:30~(22:00)

<放送する対戦カード>
・準々決勝「錦織 vs D.シュワルツマン」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までをライブ配信の予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

Paravi

Paraviで配信予定。

2019年 BNLイタリア国際 各ラウンドの結果

コメント