【BNPパリバOP】3回戦「錦織 vs ホルカシュ」の結果(2019年)


2019年3月7日から3月17日(2019年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)」。

錦織圭の3回戦の対戦相手は、世界ランキング67位のホベルト・ホルカシュ(22歳・ポーランド)。

錦織とホルカシュのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去の対戦成績は、錦織の0勝、ホルカシュの1勝。

過去1回の対戦は2019年のドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ハードコート)の2回戦で、ホルカシュがセットカウント2-1(7-5、5-7、6-2)で勝利しています。

※2019年3月12日時点(試合前)

錦織 圭ホルカシュ
0 勝対戦成績1 勝
7位 (4位)最新ランク (最高)67位 (67位)
日本国籍ポーランド
29歳年齢22歳
1989年12月29日生年月日1997年2月11日
178cm / 73kg身長 / 体重196cm / 81kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2007年プロ転向2015年
13勝3敗2019年成績5勝5敗
1回2019年優勝回数0回
387勝179敗通算成績13勝23敗
12回通算優勝回数0回

3回戦「錦織 vs ホルカシュ」の結果

3月12日(火):STADIUM2 第1試合

※日本時間の3月13日(水)午前3時に開始予定。

BNPパリバ・オープン 3回戦 (ハード)
[6] 錦織 圭 (7位)1643
ホベルト・ホルカシュ (67位)2466
試合時間:2時間4分

第6シードの錦織圭(29歳・日本)はホベルト・ホルカシュ(22歳・ポーランド)にセットカウント1-2(6-4、4-6、3-6)で敗れ、3回戦で敗退となりました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
錦織6
ホルカシュ4
○:キープ、●:ブレーク

錦織が左足のふくらはぎにテーピングを巻いて登場。

ホルカシュのサービスで試合開始。

第1ゲーム、錦織のバックハンドの深いショットでのポイント、ホルカシュのフォアハンドのクロスへのショットでのポイントとフォアハンドのミス(15-30)、ホルカシュのサービスエースとフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー(40-30)、ホルカシュのドロップボレーでのウィナーがあり、ホルカシュがキープ

第2ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦から錦織のスマッシュでのポイント、ホルカシュのドロップショットのミスがあり、錦織がラブゲームでキープ

第3ゲーム、ホルカシュのダブルフォルト、サービスエース、バックハンドのミス(15-30)、錦織のバックハンドのパッシングショットがアウト、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。

錦織がフォアハンドのクロスへのカウンターショットでポイントを取り、錦織がブレークに成功

第4ゲーム、ラリー戦でのホルカシュのポイント、錦織のフォアハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、ホルカシュのリターンミス、ラリー戦での錦織のポイント(40-15)、セカンドサーブでのポイントがあり、錦織がキープ

第5ゲーム、ホルカシュのバックハンドのショートクロスへのウィナー、見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナー、すばらしいタッチのハーフボレーでのドロップボレーのウィナー(40-0)、ダブルフォルト、ファーストサーブでのポイントがあり、ホルカシュがキープ

ホルカシュがトレーナーを呼んで左手首の小指側の辺りの状態を見てもらい、テーピングを巻きます。(メディカルタイムアウト)

第6ゲーム、錦織のバックハンドのクロスへのショットでのポイント、フォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-0)、錦織のスマッシュのミス、ラリー戦でのホルカシュのポイント(40-30)、錦織のフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーがあり、錦織がキープ

第7ゲーム、ホルカシュのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー、錦織のフォアハンドの逆クロスへのパッシングショットのウィナー、錦織のリターンでのポイント(15-30)、ホルカシュの見事なバックハンドのロブショットのウィナー、錦織のフォアハンドのミス(40-30)、攻撃を続けていた錦織のもったいないスマッシュのミスがあり、ホルカシュがキープ

第8ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、セカンドサーブでのポイント、フォアハンドの深いショットでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのウィナー(40-15)、サーブアンドボレーでのポイントがあり、錦織がキープ

第9ゲーム、ホルカシュの連続サービスエース、スマッシュのウィナー、フォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーがあり、ホルカシュがラブゲームでキープ

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット
ラリー戦でホルカシュの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナー、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナー、セカンドサーブでのポイント、ホルカシュのバックハンドのミスがあり、40-15と錦織にセットポイントが来ます。

錦織のバックハンドのミス、ホルカシュの逆をつく錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、錦織がキープをして第1セットを先取

錦織第1セットホルカシュ
0サービスエース4
0ダブルフォルト2
65% (17/26)ファーストサーブ確率41% (11/27)
76% (13/17)1st Serve Points Won91% (10/11)
78% (7/9)2nd Serve Points Won50% (8/16)
100% (1/1)ブレーク / チャンス0% (0/0)
3/6ネットポイント4/5
77% (20/26)Service Points Won67% (18/27)
33% (9/27)Return Points Won23% (6/26)
55% (29/53)Total Points Won45% (24/53)
11Winner 合計14
10フォアハンド5
0バックハンド5
1サーブ4
6Unforced error 合計12
4フォアハンド1
2バックハンド9
0サーブ2

第2セット

第2セット
123456789101112
錦織4
ホルカシュ6
○:キープ、●:ブレーク

ホルカシュのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ホルカシュのもったいないフォアハンドのミス、バックハンドのダウンザラインへのウィナー、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドの逆クロスへの深いショットでのポイント(40-15)、錦織のバックハンドのミスがあり、ホルカシュがキープ

第2ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、サーブアンドボレーで崩してからのボレーのウィナー、ファーストサーブでのポイント、ロングラリーで錦織のフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、錦織がラブゲームでキープ

第3ゲーム、錦織のバックハンドのミスとリターンミス、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、錦織のリターンミスがあり、ホルカシュがラブゲームでキープ

第4ゲーム、錦織のスマッシュのミス(2本スマッシュを返されてからの3本目でミス)、セカンドサーブでのポイント、フォアハンドのストレートへのウィナー、フォアハンドの逆クロスへの深いショットでのポイント(40-15)、錦織がホルカシュを前後に振り回してポイントを取り、錦織がキープ

第5ゲーム、ホルカシュのサービスエース、錦織がネットダッシュを見せてのポイント、ホルカシュのサービスエース、セカンドサーブでのポイント(40-15)、ホルカシュのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、ホルカシュがキープ

第6ゲーム、ホルカシュのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、サービスエース、フォアハンドのクロスへのウィナーがあり、錦織がラブゲームでキープ

第7ゲーム、ラリー戦でのホルカシュのポイント、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー(40-0)、ホルカシュのバックハンドのミス、錦織のバックハンドのミスがあり、ホルカシュがキープ

第8ゲーム、錦織のセカンドサーブでのポイント、バックハンドの深いショットでのポイント、ドロップショットの連続ウィナーがあり、錦織がラブゲームでキープ

第9ゲーム、バックハンドのクロスラリーでの錦織のポイント、ホルカシュのバックハンドのミス(0-30)、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、ホルカシュのフォアハンドのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ホルカシュのファーストサーブでのポイント、ボレーのウィナーがあり、デュースへ。

デュース1回目、ホルカシュのサービスエース、ファーストサーブでのポイントがあり、ホルカシュがキープ

第10ゲーム、錦織のセカンドサーブでのポイント、ファーストサーブでのポイント(30-0)、ホルカシュのリターンでのポイント、錦織のダブルフォルト(30-30)、ロングラリーで錦織のもったいないフォアハンドのミスがあり、30-40とホルカシュにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

錦織がファーストサーブでピンチを凌ぎ、デュースへ。

デュース1回目、ホルカシュがバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ホルカシュにセットポイントが来ますが、ホルカシュのバックハンドのミス。

デュース2回目、ホルカシュが先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、ホルカシュにセットポイントが来ます。

錦織にフォアハンドのミスが出て、ホルカシュがブレークをして第2セットを取ります

錦織第2セットホルカシュ
1サービスエース3
1ダブルフォルト0
67% (18/27)ファーストサーブ確率52% (14/27)
72% (13/18)1st Serve Points Won93% (13/14)
78% (7/9)2nd Serve Points Won62% (8/13)
0% (0/2)ブレーク / チャンス33% (1/3)
5/6ネットポイント3/3
74% (20/27)Service Points Won78% (21/27)
22% (6/27)Return Points Won26% (7/27)
48% (26/54)Total Points Won52% (28/54)
8Winner 合計8
5フォアハンド3
2バックハンド1
1サーブ4
10Unforced error 合計11
4フォアハンド5
5バックハンド6
1サーブ0

ファイナルセット

ファイナルセット
123456789101112
錦織3
ホルカシュ6
○:キープ、●:ブレーク

ホルカシュのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、錦織のバックハンドのミス(15-0)、ロングラリーで錦織のバックハンドのクロスへのアングルショットでのポイント、錦織のスマッシュのウィナー、ホルカシュのフォアハンドのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ホルカシュのファーストサーブでのポイントで30-40となった後、ロングラリーで錦織のバックハンドのクロスへの鋭いショットからのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり(32本のラリー)、錦織がブレークに成功

第2ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ラリー戦でのホルカシュのポイント、錦織のボレーのウィナー、錦織のバックハンドのスライスのミス(30-30)、ホルカシュのフォアハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、30-40とホルカシュにブレークポイントが来ます。

ラリー戦で錦織がポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦で錦織にバックハンドのミスが出て、ホルカシュにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でホルカシュがドロップショットで錦織をネットに誘い出してからパッシングショットでポイントを取り、ホルカシュがブレークバックに成功

第3ゲーム、錦織のバックハンドのスライスのアプローチショットでのポイント、ホルカシュのフォアハンドのミス(0-30)、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、錦織のバックハンドのミス、錦織のリターンミス(40-30)、ホルカシュがセカンドサーブでネットダッシュを見せてポイントを取り、ホルカシュがキープ

第4ゲーム、ホルカシュのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、錦織のフォアハンドのクロスへのアプローチショットでのポイント(15-15)、錦織のフォアハンドの連続ミスがあり、15-40とホルカシュにブレークポイントが来ます。

錦織の連続攻撃からのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、錦織の連続攻撃からのバックハンドのクロスへのショットでのポイントがあり、デュースへ。(この2ポイントのホルカシュのディフェンスはすごかったです)

デュース1回目、ラリー戦で錦織のバックハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ホルカシュのリターンミスがあり、錦織がキープ

第5ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス、サービスエース、フォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(40-15)、ファーストサーブでのポイントがあり、ホルカシュがキープ

第6ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント(15-0)、錦織のフォアハンドの連続ミス、ダブルフォルトがあり、15-40とホルカシュにブレークポイントが来ます。

錦織のボレーのウィナーで30-40となった後、錦織にダブルフォルトが出て、ホルカシュがブレークに成功

第7ゲーム、ホルカシュのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント、錦織の深いリターンでのポイント、サービスエース(40-15)、サービスエースがあり、ホルカシュがキープ

第8ゲーム、錦織のサービスエース、セカンドサーブでのポイント、サービスエース(40-0)、バックハンドのミス、バックハンドの深いショットでのポイントがあり、錦織がキープ

第9ゲーム、ホルカシュのサービングフォーザマッチ
錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのバックハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、錦織にとってアンラッキーな形でポイントのやり直しとなった後のホルカシュのファーストサーブでのポイント(錦織ラケットを投げつける)があり、40-15とホルカシュにマッチポイントが来ます。

ホルカシュのバックハンドのミス、錦織が先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドのクロスへのショットでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、ラリー戦でのホルカシュのポイント、錦織のフォアハンドのミスがあり、ホルカシュがキープをして勝利

錦織ファイナルセットホルカシュ
2サービスエース3
2ダブルフォルト0
52% (14/27)ファーストサーブ確率63% (19/30)
79% (11/14)1st Serve Points Won74% (14/19)
23% (3/13)2nd Serve Points Won45% (5/11)
50% (1/2)ブレーク / チャンス33% (2/6)
6/7ネットポイント0/0
52% (14/27)Service Points Won63% (19/30)
37% (11/30)Return Points Won48% (13/27)
44% (25/57)Total Points Won56% (32/57)
7Winner 合計4
4フォアハンド1
0バックハンド0
3サーブ3
15Unforced error 合計9
8フォアハンド4
5バックハンド5
2サーブ0

試合振り返り・スタッツ

第1セット、第3ゲームで錦織が最初に来たブレークチャンスをしっかりとモノにして、先にブレークに成功。

錦織はフォアハンドでウィナーを量産するなど立ち上がりから好調なプレーを見せ、錦織が第1セットを先取。

第2セット、お互いキープの展開が続く中、第9ゲームで錦織にブレークポイントが2本ありましたが、ホルカシュがキープ。

ホルカシュのリターンが悪かったこともあって第8ゲームまで錦織が簡単にキープをしていましたが、第10ゲームで30-15での錦織のダブルフォルトから流れが悪くなり、ホルカシュがしっかりとリターンを返して攻勢に出るなど、錦織が見せた一瞬の隙を見逃さなかったホルカシュがブレークをして第2セットを取ります。

ファイナルセット、第1ゲームで錦織がブレークチャンスですばらしいラリー戦を制して先にブレークに成功。

このいい流れのまま一気にたたみかけたいところでしたが、錦織はホルカシュのディフェンス力に手を焼き、第2ゲームでホルカシュがすぐにブレークバックに成功。

その後、ホルカシュがプレーレベルを上げたのに対し、錦織は良いプレーもあれば簡単にミスが出るなどプレーが安定せず、第6ゲームで錦織の自滅(フォアハンドのミス2本、ダブルフォルト2本)でホルカシュがブレークに成功。

第9ゲームのホルカシュのサービングフォーザマッチで錦織が粘りを見せましたが、ホルカシュが錦織を振り切って勝利。

錦織Matchホルカシュ
3サービスエース10
3ダブルフォルト2
61% (48/80)ファーストサーブ確率52% (44/84)
76% (37/49)1st Serve Points Won84% (37/44)
55% (17/31)2nd Serve Points Won53% (21/40)
40% (2/5)ブレーク / チャンス33% (3/9)
14/19ネットポイント7/8
68% (54/80)Service Points Won69% (58/84)
31% (26/84)Return Points Won33% (26/80)
49% (80/164)Total Points Won51% (84/164)
2,366mTotal Distance Run2,372m
26Winner 合計26
19フォアハンド9
2バックハンド6
5サーブ11
31Unforced error 合計32
16フォアハンド10
12バックハンド20
3サーブ2

錦織は第1セットの立ち上がりからフォアハンドの調子が特によく、第2セットの第9ゲームでのブレークチャンスをモノにできていれば良い内容で勝ったというような試合展開でしたが、このチャンスを逃して以降の錦織はプレーの安定感がなくなってしまいました。

バックハンドではホルカシュのバックを狙ってクロスに打つことが多く、攻撃の起点やウィナーを狙ってダウンザラインへ仕掛けることがほとんどなかったため、ファイナルセットでは錦織の攻撃が単調になってホルカシュにコースを読まれて逆をつけない、簡単にミスもしてくれないという感じでした。

逆にホルカシュの方は第1セットからバックハンドでダウンザラインへ攻撃をしていて、ファイナルセットでラリー戦になると錦織はリスクを負って攻撃をしてはいましたが、ホルカシュの方がどう攻撃をしてくるか分からない怖さがありました。

残念ながらドバイに続いて同じ相手に連敗という結果になってしまいましたが、錦織の調子は悪くないけど(この試合も第2セット途中までは良かったです)、試合の中のアップダウンが大きくて良い時間帯と悪い時間帯がはっきりしている(リズムが崩れた時のプレーの落ち幅が大きい)のかなという感じがします。

錦織が次に出場する大会は!?

錦織圭が次に出場する大会は、3月20日から3月31日にマイアミ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「マイアミ・オープン」。

【2019年】マイアミ・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)
2019年3月20日から3月31日(2019年第12、13週)にマイアミ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「マイアミ・オープン(マイアミ・マスターズ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

コメント