【2019年】ウィンブルドンの結果(準決勝)


2019年7月1日から7月14日(2019年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」の準決勝の結果、準決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準決勝の対戦カードは次のように決まりました。

準決勝「ジョコビッチ vs バウティスタ アグート」
ジョコビッチが勝てばウィンブルドン2年連続6回目の決勝、バウティスタ アグートが勝てばグランドスラム初の決勝進出となります。

準決勝「ナダル vs フェデラー」
ナダルが勝てばウィンブルドン8年ぶり6回目の決勝、フェデラーが勝てばウィンブルドン2年ぶり12回目の決勝進出となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 ウィンブルドン 準決勝の結果

ウィンブルドンの準決勝の結果です。

<日程>
・7月11日(木):準決勝 女子シングルス
・7月12日(金):準決勝 男子シングルス

日本とロンドンの時差:-8時間(日本の方が8時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年7月1日付の世界ランキングです。

男子シングルス
[1] ノバク・ジョコビッチ (1)36466
[23] ロベルト・バウティスタ アグート (22)12632
[3] ラファエル・ナダル (2)163634
[2] ロジャー・フェデラー (3)377166
女子シングルス
[11] セレナ・ウイリアムズ (10)266
バルボラ・ストリコバ (54)012
[8] エリナ・スビトリーナ (8)013
[7] シモナ・ハレプ (7)266

以下、男子シングルスの準決勝2試合の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。(試合後に追記していきます)

準決勝「ジョコビッチ vs バウティスタ アグート」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの7勝、バウティスタ アグートの3勝。

グラスコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2019年のマイアミ・オープン(ハードコート)の4回戦で、バウティスタ アグートがセットカウント2-1(1-6、7-5、6-3)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1)36466
[23] ロベルト・バウティスタ アグート (22)12632
試合時間:2時間49分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第23シードのロベルト・バウティスタ アグート(31歳・スペイン)をセットカウント3-1(6-2、4-6、6-3、6-2)で破り、ウィンブルドン2年連続6回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ジョコビッチのサービスで試合開始。

第2ゲーム、15-15からバウティスタ アグートのフォアハンドの連続ミスがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

バウティスタ アグートにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第7ゲーム、30-15からジョコビッチのバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー、ラリー戦からジョコビッチがネットダッシュを見せてポイントを取り、30-40とジョコビッチにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

バウティスタ アグートにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークをして第1セットを先取

第2セット

ジョコビッチのサービスで第2セット開始。

第3ゲーム、ジョコビッチのバックハンドのミス、バウティスタ アグートのフォアハンドのパッシングショットのウィナー(0-30)、ジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、バウティスタ アグートのリターンエースがあり、15-40とバウティスタ アグートにブレークポイントが来ます。

バウティスタ アグートのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、バウティスタ アグートがブレークに成功

第5ゲーム、バウティスタ アグートにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第10ゲーム、バウティスタ アグートのサービングフォーザセット。
40-30とバウティスタ アグートにセットポイントが来ると、コードボールでバウティスタ アグートがポイントを取り、バウティスタ アグートがキープをして第2セットを取ります

第3セット

ジョコビッチのサービスで第3セット開始。

第6ゲーム、15-0からバウティスタ アグートのバックハンドのミス、ジョコビッチのパッシングショットのウィナー(15-30)、バウティスタ アグートのファーストサーブでのポイント、ラリー戦で先に攻撃を仕掛けたジョコビッチのスマッシュのウィナーがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ラリー戦で先に攻撃を仕掛けたジョコビッチのスマッシュのウィナーが決まり、ジョコビッチがブレークに成功

第7ゲーム、バウティスタ アグートにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
40-0とジョコビッチにセットポイントが来てからジョコビッチのダブルフォルト、ボレーのウィナーがあり、ジョコビッチがキープをして第3セットを取ります

第4セット

バウティスタ アグートのサービスで第4セット開始。

第1ゲーム、ジョコビッチにブレークポイントが3本(デュース1回目、2回目、4回目)ありましたが、デュース5回目でバウティスタ アグートがキープ。

第3ゲーム、30-15からジョコビッチのグラウンドスマッシュのウィナー、パッシングショットでのポイントがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

バウティスタ アグートにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第5ゲーム、30-15からバウティスタ アグートのダブルフォルト、ドロップショットのミスがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

ジョコビッチが先に攻撃を仕掛けてネットに出てポイントを取り、ジョコビッチがブレークに成功

第8ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
40-15とジョコビッチにマッチポイントが来ますが、バウティスタ アグートが粘りを見せてデュースへ。

デュース1回目と2回目でのジョコビッチのマッチポイントもバウティスタ アグートが凌ぎます。

デュース3回目、ジョコビッチのサービスエース、ファーストサーブでのポイントがあり、ジョコビッチがキープをして勝利

スタッツ
ジョコビッチMatchB アグート
9サービスエース5
3ダブルフォルト2
64% (74/115)ファーストサーブ確率67% (71/106)
77% (57/74)1st Serve Points Won68% (48/71)
51% (21/41)2nd Serve Points Won49% (17/35)
63% (5/8)ブレーク / チャンス20% (1/5)
79% (42/53)Net Points64% (16/25)
42Winners34
29Unforced Errors30
68% (78/115)Service Points Won61% (65/106)
39% (41/106)Return Points Won32% (37/115)
54% (119/221)Total Points Won46% (102/221)
3857.5mTotal Distance Run3952.1m
ハイライト動画

準決勝「ジョコビッチ vs バウティスタ アグート」のハイライト動画です。

Novak Djokovic vs Roberto Bautista Agut Wimbledon 2019 semi-final highlights

準決勝「ナダル vs フェデラー」

過去の対戦成績は、ナダルの24勝、フェデラーの15勝。

グラスコートでは、ナダルの1勝、フェデラーの2勝。

直近の対戦は2019年の全仏オープン(クレーコート)の準決勝で、ナダルがセットカウント3-0(6-3、6-4、6-2)で勝利しています。

名勝負「フェデラー vs ナダル」の対戦成績は!?

[3] ラファエル・ナダル (2)163634
[2] ロジャー・フェデラー (3)377166
試合時間:3時間2分

第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)が第3シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)をセットカウント3-1(7-6、1-6、6-3、6-4)で破り、ウィンブルドン2年ぶり12回目の決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

フェデラーのサービスで試合開始。

立ち上がりからお互いが完璧なサービスゲームを展開し、サービスキープが続いて行きます。

第8ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、デュース1回目でナダルがキープ。

タイブレーク(ナダル – フェデラー)

フェデラーのサービス
1:フェデラーのボレーをナダルがギリギリで拾ってウィナーを決め、ナダルがミニブレーク(1-0)

ナダルのサービス
2:フェデラーがバックハンドの深いショットでポイントを取り、フェデラーがミニブレーク(1-1)
3:ナダルのファーストサーブでのポイント(2-1)

フェデラーのサービス
4:フェデラーのファーストサーブでのポイント(2-2)
5:フェデラーにバックハンドのミスが出て、ナダルがミニブレーク(3-2)

ナダルのサービス
6:フェデラーがリターンから攻撃を仕掛けてネットプレーでポイントを取り、フェデラーがミニブレーク(3-3)
7:フェデラーのフォアハンドのクロスへのウィナーが決まり、フェデラーがミニブレーク(3-4)

フェデラーのサービス
8:フェデラーのスマッシュのウィナー(3-5)
9:フェデラーのファーストサーブでのポイント(3-6:フェデラーのセットポイント)

ナダルのサービス
10:フェデラーのフォアハンドのダウンザラインへのカウンターショットのウィナーが決まり、フェデラーがミニブレークをして第1セットを先取(3-7)

第2セット

ナダルのサービスで第2セット開始。

第2ゲーム、ナダルにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、デュース3回目でフェデラーがキープ。

第3ゲーム、フェデラーにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、デュース1回目でナダルがキープ。

第4ゲーム、フェデラーのフォアハンドのミス、ラリー戦でのナダルのポイント、フェデラーのフォアハンドのミスがあり、0-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でナダルがバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ナダルがブレークに成功

第6ゲーム、30-15からフェデラーのバックハンドのミス、ナダルの深いリターンでのポイントがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ます。

フェデラーにフォアハンドのミスが出て、ナダルがブレークに成功

第7ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
40-0とナダルにセットポイントが来ると、ナダルがセカンドサーブでポイントを取り、ナダルがキープをして第2セットを取ります

第3セット

フェデラーのサービスで第3セット開始。

第4ゲーム、30-15からフェデラーのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、フォアハンドのクロスへのウィナーがあり、30-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。

ネット際の攻防でフェデラーのボレーのウィナーが決まり、フェデラーがブレークに成功

第5ゲーム、ナダルにブレークポイントが3本(15-40、デュース1回目)ありましたが、デュース2回目でフェデラーがキープ。

第6ゲーム、フェデラーにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、デュース1回目でナダルがキープ。

第9ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。
40-0とフェデラーにセットポイントが来ると、フェデラーがフォアハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、フェデラーがキープをして第3セットを取ります

第3セットのフェデラーはウィナー15本、アンフォーストエラーはわずか2本でした。

第4セット

ナダルのサービスで第4セット開始。

第3ゲーム、ラリー戦でのフェデラーのポイント、フェデラーのリターンでのポイント(0-30)、ナダルのコードボールでのポイント、フェデラーのフォアハンドに回り込んでの逆クロスへのウィナーがあり、15-40とフェデラーにブレークポイントが来ます。

ナダルが1本凌ぎますが、フェデラーが深いリターンでポイントを取り、フェデラーがブレークに成功

第9ゲーム、フェデラーにマッチポイントが2本(デュース2回目、4回目)ありましたが、デュース5回目でナダルがキープ。

第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザマッチ。
フェデラーのサービスエース、ラリー戦でのナダルのポイント、フェデラーのフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、ナダルのバックハンドのクロスへのショットでのポイント(30-30)、フェデラーのスマッシュのミスがあり、30-40とナダルにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でナダルにバックハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、フェデラーのボレーのウィナー、ロングラリーでナダルのフォアハンドの逆クロスへのウィナー。

デュース2回目、フェデラーのサービスエース、ナダルのバックハンドのクロスへのパッシングショットのウィナー。

デュース3回目、フェデラーのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、フォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、フェデラーがキープをして勝利

第4セットのフェデラーはウィナー12本、アンフォーストエラーは4本でした。

スタッツ

第2セットではフェデラーのプレーが落ちましたが、第3セット以降はフェデラーのプレーレベルが一気に上がり、ナダルがついて行くのが精一杯というくらい手が付けられない状態でした。

そして、フェデラーが優勢に試合を進める中、最後の2ゲームはお互いの意地がぶつかり合う展開となり、本当にすごかったです。

ナダルMatchフェデラー
10サービスエース14
4ダブルフォルト1
64% (81/127)ファーストサーブ確率68% (79/116)
74% (60/81)1st Serve Points Won73% (58/79)
48% (22/46)2nd Serve Points Won62% (23/37)
25% (2/8)ブレーク / チャンス20% (2/10)
55% (6/11)Net Points76% (25/33)
32Winners51
25Unforced Errors27
65% (82/127)Service Points Won70% (81/116)
30% (35/116)Return Points Won35% (45/127)
48% (117/243)Total Points Won52% (126/243)
2994.0mTotal Distance Run3046.8m
ハイライト動画

準決勝「ナダル vs フェデラー」のハイライト動画です。

Roger Federer vs Rafael Nadal Wimbledon 2019 semi-final highlights

ドロー表(ベスト32・結果)

準決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ウィンブルドンの準決勝終了時点での暫定ランキングです。

メドベージェフの初のトップ10入りが確定しました。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
SF後
point
1ジョコビッチ10,415準決勝1,20011,615
2ナダル7,225準決勝×7207,945
3フェデラー6,260準決勝1,2007,460
4ティーム4,5851回戦×104,595
5A.ズベレフ4,3151回戦×104,325
6チチパス4,0351回戦×104,045
7錦織 圭3,680準々決勝×3604,040
8ハチャノフ2,8003回戦×902,890
9フォニーニ2,6953回戦×902,785
10メドベージェフ2,5353回戦×902,625
11アンダーソン2,4103回戦×902,500
12デルポトロ2,380欠場02,380
13バウティスタ アグート1,600準決勝×7202,320
14チョリッチ2,195棄権02,195
15イズナー1,9952回戦×452,040
16バシラシビリ1,9502回戦×451,995
17チリッチ1,8952回戦×451,940
18ゴファン1,500準々決勝×3601,860
19モンフィス1,8051回戦×101,815
20ベレッティーニ1,6204回戦×1801,800
21ラオニッチ1,5854回戦×1801,765
22ワウリンカ1,6702回戦×451,715
23オジェ アリアシム1,6253回戦×901,715
24ペラ1,340準々決勝×3601,700
25シュワルツマン1,4403回戦×901,530
26ベルダスコ1,2254回戦×1801,405
27プイユ1,2953回戦×901,385
28ペール1,1884回戦×1801,368
29シャポバロフ1,3451回戦×101,355
30フリッツ1,2752回戦×451,320

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年7月・ウィンブルドン後)』をご覧ください。

ウィンブルドン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

準決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)とNHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付ラウンド開始時間
7月11日(木)準決勝 (女子S)20:50~
7月12日(金)準決勝 (男子S)20:50~

・S:シングルス

NHK

NHKでは、総合テレビで1回戦から決勝までを放送予定。(決勝は生中継)

日付ラウンド放送時間
7月11日(木)準決勝 (女子)[総合] 23:50~(4:05)
7月12日(金)準決勝 (男子)[総合] 23:50~(3:50)

[総合]:総合、[総サ]:総合サブ、[Eテ]:Eテレ or Eテレサブ

<放送予定の対戦カード>
・7月11日(木) 準決勝「E.スビトリーナ vs S.ハレプ」
・7月12日(金) 準決勝「R.ナダル vs R.フェデラー」

2019年 ウィンブルドン 各ラウンドの結果

コメント