【2019年】ウィンブルドンの結果(準々決勝)


2019年7月1日から7月14日(2019年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」の準々決勝の結果(男子シングルス)、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは次のように決まりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ vs ゴファン [21]
[26] ペラ vs バウティスタ アグート [23]

<ボトムハーフ>
クエリー vs ナダル [3]
[8] 錦織 vs フェデラー [2]

錦織圭の準々決勝の試合は、日本時間 7月10日(水) 23時から24時頃に開始予定。(センターコート 第2試合)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 ウィンブルドン 準々決勝の結果

ウィンブルドンの準々決勝の結果です。

<日程>
・7月9日(火):準々決勝 女子シングルス
・7月10日(水):準々決勝 男子シングルス

日本とロンドンの時差:-8時間(日本の方が8時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の数字は2019年7月1日付の世界ランキングです。

トップハーフ
[1] ノバク・ジョコビッチ 3 6 6 6
[21] ダビド・ゴファン 0 4 0 2
[26] ギド・ペラ 1 5 4 6 3
[23] ロベルト・バウティスタ アグート 3 7 6 3 6
 
ボトムハーフ
サム・クエリー 0 5 2 2
[3] ラファエル・ナダル 3 7 6 6
[8] 錦織 圭 1 6 1 4 4
[2] ロジャー・フェデラー 3 4 6 6 6

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。(試合後に追記していきます)

準々決勝「ジョコビッチ vs ゴファン」

過去の対戦成績は、ジョコビッチの5勝、ゴファンの1勝。

グラスコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2017年のモンテカルロ・マスターズ(クレーコート)の準々決勝で、ゴファンがセットカウント2-1(6-2、3-6、7-5)で勝利しています。

[1] ノバク・ジョコビッチ (1) 3 6 6 6
[21] ダビド・ゴファン (23) 0 4 0 2
試合時間:1時間57分

第1シードのノバク・ジョコビッチ(32歳・セルビア)が第21シードのダビド・ゴファン(28歳・ベルギー)をセットカウント3-0(6-4、6-0、6-2)で破り、ウィンブルドン2年連続9回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第3ゲーム、ゴファンにブレークポイントが2本(デュース1回目、2回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第7ゲーム、ゴファンがブレークに成功。

第8ゲーム、ジョコビッチのブレークポイント1本(30-40)はゴファンが凌ぎましたが、デュース1回目でジョコビッチがブレークバックに成功。

第10ゲーム、ジョコビッチがブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功。

第4ゲームと第6ゲームもジョコビッチがブレークをして第2セットも取ります。

第3セット

第1ゲーム、ゴファンにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第4ゲーム、ジョコビッチがブレークに成功。

第5ゲーム、ゴファンにブレークポイントが2本(30-40、デュース1回目)ありましたが、ジョコビッチがキープ。

第8ゲーム、ジョコビッチがブレークをして勝利。

準々決勝「ペラ vs バウティスタ アグート」

過去の対戦成績は、ペラの0勝、バウティスタ アグートの2勝。

グラスコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2019年のBMWオープン(クレーコート)の準々決勝で、バウティスタ アグートがセットカウント2-1(4-6、6-4、6-0)で勝利しています。

[26] ギド・ペラ (26) 1 5 4 6 3
[23] ロベルト・バウティスタ アグート (22) 3 7 6 3 6
試合時間:3時間7分

第23シードのロベルト・バウティスタ アグート(31歳・スペイン)が第26シードのギド・ペラ(29歳・アルゼンチン)をセットカウント3-1(7-5、6-4、3-6、6-3)で破り、グランドスラム初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、バウティスタ アグートがブレークに成功。

第4ゲームでペラにブレークポイントが1本(30-40)、第5ゲームでバウティスタ アグートにブレークポイントが3本(0-40)ありましたが、お互いにキープ。

第7ゲーム、ペラのブレークポイント5本(0-40、デュース1回目、3回目)はバウティスタ アグートが凌ぎましたが、デュース5回目でペラがブレークバックに成功。

第9ゲーム、バウティスタ アグートにブレークポイントが4本(30-40、デュース1回目、3回目、5回目)ありましたが、ペラがキープ。

第11ゲーム、バウティスタ アグートがブレークに成功。

第12ゲーム、バウティスタ アグートのサービングフォーザセット。
バウティスタ アグートがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第1ゲーム、バウティスタ アグートがブレークに成功。

第4ゲーム、ペラにブレークポイントが1本(30-40) ありましたが、バウティスタ アグートがキープ。

第10ゲーム、バウティスタ アグートのサービングフォーザセット。
バウティスタ アグートがキープをして第2セットも取ります。

第3セット

第2ゲーム、ペラがブレークに成功。

第7ゲームでバウティスタ アグートにブレークポイントが1本(30-40)、第8ゲームでペラにセットポイントが2本(デュース1回目、2回目) ありましたが、お互いにキープ。

第9ゲーム、ペラのサービングフォーザセット。
バウティスタ アグートにブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、ペラがキープをして第3セットを取ります。

第4セット

第3ゲーム、ペラにブレークポイントが2本(15-40) ありましたが、バウティスタ アグートがキープ。

第4ゲーム、バウティスタ アグートがブレークに成功。

第6ゲーム、バウティスタ アグートにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、ペラがキープ。

第9ゲーム、バウティスタ アグートのサービングフォーザマッチ。
バウティスタ アグートがキープをして勝利。

準々決勝「クエリー vs ナダル」

過去の対戦成績は、クエリーの1勝、ナダルの4勝。

グラスコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2017年のメキシコ・オープン(ハードコート)の決勝で、クエリーがセットカウント2-0(6-3、7-6)で勝利しています。

サム・クエリー (65) 0 5 2 2
[3] ラファエル・ナダル (2) 3 7 6 6
試合時間:2時間7分

第3シードのラファエル・ナダル(33歳・スペイン)がサム・クエリー(31歳・アメリカ)をセットカウント3-0(7-5、6-2、6-2)で破り、ウィンブルドン2年連続7回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第3ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第8ゲームでクエリーにブレークポイントが1本(デュース1回目)、第9ゲームでナダルにセットポイントが3本(15-40、デュース1回目) ありましたが、お互いにキープ。

第10ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
クエリーが土壇場でブレークバックに成功。

第11ゲーム、ナダルのブレークポイント3本(30-40、デュース1回目、2回目)はクエリーが凌ぎましたが、デュース3回目でナダルがブレークに成功。

第12ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット(2回目)。
クエリーにブレークポイントが3本(30-40、デュース1回目、2回目)ありましたが、ナダルがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第3ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第6ゲーム、クエリーにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、ナダルがキープ。

第7ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第8ゲーム、ナダルのサービングフォーザセット。
ナダルがキープをして第2セットも取ります。

第3セット

第1ゲーム、ナダルのブレークポイント2本(0-40、15-40)はクエリーが凌ぎましたが、ナダルがブレークに成功。

第3ゲーム、ナダルにブレークポイントが1本(30-40) ありましたが、クエリーがキープ。

第5ゲーム、ナダルがブレークに成功。

第8ゲーム、ナダルのサービングフォーザマッチ。
ナダルがキープをして勝利。

準々決勝「錦織 vs フェデラー」

過去の対戦成績は、錦織の3勝、フェデラーの7勝。

グラスコートでは、錦織の0勝、フェデラーの1勝。

直近の対戦は2018年のNitto ATPファイナルズ(室内ハードコート)のラウンドロビンで、錦織がセットカウント2-0(7-6、6-3)で勝利しています。

[8] 錦織 圭 (7) 1 6 1 4 4
[2] ロジャー・フェデラー (3) 3 4 6 6 6
試合時間:2時間36分

第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)が第8シードの錦織圭(29歳・日本)をセットカウント3-1(4-6、6-1、6-4、6-4)で破り、ウィンブルドン2年ぶり13回目の準決勝進出を決めました。

フェデラーがウィンブルドンでのマッチ100勝を達成。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、錦織がブレークに成功。

第3ゲームで錦織にブレークポイントが3本(0-40)、第5ゲームで錦織にブレークポイントが1本(30-40) 、第6ゲームでフェデラーにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、お互いにキープ。

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。
錦織がキープをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲーム、フェデラーがブレークに成功。

第6ゲーム、フェデラーがブレークに成功。

第7ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。
フェデラーがキープをして第2セットを取ります。

第3セット

第1ゲーム、フェデラーにブレークポイントが1本(デュース1回目)ありましたが、錦織がキープ。

第7ゲーム、フェデラーのブレークポイント3本(15-40、デュース1回目)は錦織が凌ぎましたが、デュース4回目でフェデラーがブレークに成功。

第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。
錦織にブレークポイントが1本(30-40)ありましたが、フェデラーがキープをして第3セットを取ります。

第4セット

第1ゲームでフェデラーにブレークポイントが1本(30-40)、第3ゲームでフェデラーにブレークポイントが1本(30-40) 、第5ゲームでフェデラーにブレークポイントが2本(15-40)ありましたが、錦織がキープ。

第9ゲーム、フェデラーがブレークに成功。

第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザマッチ。
フェデラーがラブゲームでキープをして勝利。

錦織の準々決勝の結果については、『 錦織 vs フェデラー 』の記事で詳しく紹介する予定です。

ドロー表(ベスト32・結果)


準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ウィンブルドンの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result 獲得
point
QF後
point
1 ジョコビッチ 10,415 準々決勝 720 11,135
2 ナダル 7,225 準々決勝 720 7,945
3 フェデラー 6,260 準々決勝 720 6,980
4 ティーム 4,585 1回戦 × 10 4,595
5 A.ズベレフ 4,315 1回戦 × 10 4,325
6 チチパス 4,035 1回戦 × 10 4,045
7 錦織 圭 3,680 準々決勝 × 360 4,040
8 ハチャノフ 2,800 3回戦 × 90 2,890
9 フォニーニ 2,695 3回戦 × 90 2,785
10 メドベージェフ 2,535 3回戦 × 90 2,625
11 アンダーソン 2,410 3回戦 × 90 2,500
12 デルポトロ 2,380 欠場 0 2,380
13 バウティスタ アグート 1,600 準々決勝 720 2,320
14 チョリッチ 2,195 棄権 0 2,195
15 イズナー 1,995 2回戦 × 45 2,040
16 バシラシビリ 1,950 2回戦 × 45 1,995
17 チリッチ 1,895 2回戦 × 45 1,940
18 ゴファン 1,500 準々決勝 × 360 1,860
19 モンフィス 1,805 1回戦 × 10 1,815
20 ベレッティーニ 1,620 4回戦 × 180 1,800
21 ラオニッチ 1,585 4回戦 × 180 1,765
22 ワウリンカ 1,670 2回戦 × 45 1,715
23 オジェ アリアシム 1,625 3回戦 × 90 1,715
24 ペラ 1,340 準々決勝 × 360 1,700
25 シュワルツマン 1,440 3回戦 × 90 1,530
26 ベルダスコ 1,225 4回戦 × 180 1,405
27 プイユ 1,295 3回戦 × 90 1,385
28 ペール 1,188 4回戦 × 180 1,368
29 シャポバロフ 1,345 1回戦 × 10 1,355
30 フリッツ 1,275 2回戦 × 45 1,320

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2019年7月・ウィンブルドン後)』をご覧ください。

ウィンブルドン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

準々決勝の放送予定

WOWOW(WOWOWメンバーズオンデマンド)とNHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定。

また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。

日付 ラウンド 開始時間
7月9日(火) 準々決勝 (女子S) 20:55~
7月10日(水) 準々決勝 (男子S) 20:55~

・S:シングルス

NHK

NHKでは、総合テレビで1回戦から決勝までを放送予定。(決勝は生中継)

日付 ラウンド 放送時間
7月9日(火) 準々決勝 (女子) [総合] 23:50~(3:55)
7月10日(水) 準々決勝 (錦織) [Eテ] 22:50~23:50
[総合] 23:50~(3:25)

[総合]:総合、[総サ]:総合サブ、[Eテ]:Eテレ or Eテレサブ

<放送予定の対戦カード>
・7月9日(火) 準々決勝「A.リスク vs S.ウィリアムズ」
・7月10日(水) 準々決勝「錦織 vs R.フェデラー」

2019年 ウィンブルドン 各ラウンドの結果

コメント