【ドバイ】2回戦「錦織 vs ホルカシュ」の結果(2019年)


2019年2月25日から3月2日(2019年第9週)にドバイ(アラブ首長国連邦)で開催のATPツアー500「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」。

錦織圭の2回戦の対戦相手は、世界ランキング77位のホベルト・ホルカシュ(22歳・ポーランド)。

錦織とホルカシュのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去に対戦はなく、初対戦となります。

※2019年2月27日時点(試合前)

錦織 圭ホルカシュ
0 勝対戦成績0 勝
6位 (4位)最新ランク (最高)77位 (73位)
日本国籍ポーランド
29歳年齢22歳
1989年12月29日生年月日1997年2月11日
178cm / 73kg身長 / 体重196cm / 81kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2007年プロ転向2015年
12勝2敗2019年成績2勝4敗
1回2019年優勝回数0回
386勝178敗通算成績10勝22敗
12回通算優勝回数0回

2回戦「錦織 vs ホルカシュ」の結果

2月27日(水):センターコート 第1試合

ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 2回戦 (ハード)
[1] 錦織 圭 (6位)1572
ホベルト・ホルカシュ (77位)2756
試合時間:2時間3分

第1シードの錦織圭(29歳・日本)はホベルト・ホルカシュ(22歳・ポーランド)にセットカウント1-2(5-7、7-5、2-6)で敗れ、2回戦で敗退となりました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
錦織5
ホルカシュ7
○:キープ、●:ブレーク

ホルカシュのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、錦織のボレーのウィナー、ホルカシュのサービスエース、ファーストサーブでのポイント(40-15)、ホルカシュのボレーのウィナーがあり、ホルカシュがキープ

第2ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、セカンドサーブでのポイント、スマッシュのウィナー、セカンドサーブでのポイントがあり、錦織がラブゲームでキープ

第3ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、ラリー戦での錦織のポイント、錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのフォアハンドのクロスへのウィナー(40-15)、ホルカシュのフォアハンドのミスとドロップショットのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、ホルカシュが先に攻撃を仕掛けてのポイントがあり、ホルカシュがキープ

第4ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへの深いショットでのポイント、ホルカシュのリターンミス、錦織のボレーでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がラブゲームでキープ

第5ゲーム、ホルカシュのバックハンドのミス、錦織のすばらしいコートカバーリング&バックハンドのダウンザラインへのウィナー(0-30)、ホルカシュのサービスエース、錦織の深いリターンでのポイントがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ホルカシュのファーストサーブでのポイント、サービスエースがあり、デュースへ。

デュース1回目、錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、ホルカシュがキープ

第6ゲーム、錦織のフォアハンドの深いショットでのポイント、フォアハンドのウィナー、ファーストサーブでのポイント、ホルカシュのフォアハンドのミスがあり、錦織がラブゲームでキープ

第7ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのミス、サービスエース、ファーストサーブでのポイント(40-15)、錦織のフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、セカンドサーブでのポイントがあり、ホルカシュがキープ

第8ゲーム、錦織のセカンドサーブでのポイント、バックハンドのダウンザラインへのウィナー、セカンドサーブでのポイント、フォアハンドの逆クロスへのショットでのポイントがあり、錦織がラブゲームでキープ

第9ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、ラリー戦で錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ホルカシュのフォアハンドのミス(15-30)、ファーストサーブでのポイント、ホルカシュのフォアハンドのミスがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ラリー戦でホルカシュにバックハンドのミスが出て、錦織がブレークに成功

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット
錦織のバックハンドの連続ミス(0-30)、錦織のフォアハンドの深いショットでのポイント、ラリー戦で錦織のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント(30-30)、ダブルフォルトがあり、30-40とホルカシュにブレークポイントが来ます。

ラリー戦でホルカシュが先に攻撃を仕掛けてポイントを取り、ホルカシュが土壇場でブレークバックに成功。(このゲームで錦織はファーストサーブが1本も入りませんでした)

第11ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、錦織のフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナー、錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのフォアハンドの逆クロスへのウィナー(40-15)、ホルカシュのドロップショットでのポイントがあり、ホルカシュがキープ。

第12ゲーム、ホルカシュが先に攻撃を仕掛けてのポイント、錦織のダブルフォルト、錦織のバックハンドのミスがあり、0-40とホルカシュにセットポイント(ブレークポイント)が来ます。

錦織にフォアハンドのミスが出て、ホルカシュがブレークをして第1セットを先取

錦織第1セットホルカシュ
0サービスエース4
2ダブルフォルト0
38% (10/26)ファーストサーブ確率87% (33/38)
80% (8/10)1st Serve Points Won61% (20/33)
63% (10/16)2nd Serve Points Won80% (4/5)
33% (1/3)ブレーク / チャンス100% (2/2)
4/5ネットポイント2/5
69% (18/26)Service Points Won63% (24/38)
37% (14/38)Return Points Won31% (8/26)
50% (32/64)Total Points Won50% (32/64)
7Winner 合計10
5フォアハンド4
2バックハンド0
0サーブ6
11Unforced error 合計15
5フォアハンド11
4バックハンド4
2サーブ0

第2セット

第2セット
123456789101112
錦織7
ホルカシュ5
○:キープ、●:ブレーク

ホルカシュのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、錦織の連続攻撃からのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ホルカシュのボレーのミス(0-30)、ホルカシュのフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ラリー戦での錦織のポイントがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ホルカシュのフォアハンドのクロスへのショットでのポイントで30-40となった後、ホルカシュにフォアハンドのミスが出て、錦織がブレークに成功

第2ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、ダブルフォルト(0-30)、ファーストサーブでの連続ポイント、ラリー戦での錦織のポイント(40-30)、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がキープ

第3ゲーム、ホルカシュのフォアハンドの逆クロスへのウィナー(15-0)、ホルカシュのフォアハンドのミス、錦織のバックハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ホルカシュのドロップボレーのミスがあり、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ホルカシュのすばらしいタッチのハーフボレーのウィナーで30-40となった後、錦織のドロップショットのウィナーが決まり、錦織がブレークに成功

第4ゲーム、錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナー、ホルカシュのリターンミス、錦織のセカンドサーブでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がラブゲームでキープ

第5ゲーム、ホルカシュのファーストサーブでのポイント、ボレーでのポイント、ファーストサーブでのポイント、セカンドサーブでのポイントがあり、ホルカシュがラブゲームでキープ

第6ゲーム、錦織のバックハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのミス、ホルカシュの深いリターンでのポイント(15-30)、錦織のファーストサーブでの3連続ポイントがあり、錦織がキープ

第7ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへのリターンエース、バックハンドのミス、バックハンドのパッシングショットのミス、ホルカシュのダブルフォルト(30-30)、錦織のバックハンドのミス(40-30)、ロングラリーでホルカシュのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、ホルカシュがキープ

第8ゲーム、錦織のサービングフォーザセット
ホルカシュの強烈なフォアハンドの逆クロスへのウィナー、錦織のフォアハンドのミス(0-30)、錦織のセカンドサーブでのポイント、ボレーのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、40-30と錦織にセットポイントが来ます。

錦織にもったいないドロップショットのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、錦織のバックハンドのクロスへのウィナー、ホルカシュの強烈なフォアハンドのウィナー。

デュース2回目、ラリー戦での錦織のポイント、ホルカシュのフォアハンドのロブショットのウィナー。

デュース3回目、錦織が先に攻撃を仕掛けてのポイント、ホルカシュのリターンでのポイント。

デュース4回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、ホルカシュにブレークポイントが来ますが、ホルカシュのリターンミス。

デュース5回目、ホルカシュがフォアハンドのパッシングショットでポイントを取り、ホルカシュにブレークポイントが来ます。

錦織にバックハンドのミスが出て、ホルカシュがブレークを1つ返します

第9ゲーム、ホルカシュのバックハンドのクロスへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイント、錦織のリターンミス、ファーストサーブでのポイントがあり、ホルカシュがラブゲームでキープ

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット(2回目)
錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのリターンでのポイント、ラリー戦で錦織のフォアハンドのミスがあり、0-40とホルカシュにブレークポイントが来ます。

ホルカシュのフォアハンドのクロスへのパッシングショットのウィナーが決まり、ホルカシュが土壇場でブレークバックに成功

第11ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのサービスエース(30-0)、錦織のリターンでのポイント、ホルカシュのフォアハンドの連続ミスがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ラリー戦でホルカシュにフォアハンドのミスが出て、錦織がブレークに成功

第12ゲーム、錦織のサービングフォーザセット(3回目)
ホルカシュのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナー(エアK)、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、40-0と錦織にセットポイントが来ます。

錦織のもったいないフォアハンドのミス(ネットアウト)、スマッシュのウィナーがあり、錦織が第2セットを取ります

錦織第2セットホルカシュ
0サービスエース1
1ダブルフォルト1
66% (27/41)ファーストサーブ確率63% (20/32)
59% (16/27)1st Serve Points Won65% (13/20)
50% (7/14)2nd Serve Points Won42% (5/12)
60% (3/5)ブレーク / チャンス67% (2/3)
4/8ネットポイント2/4
56% (23/41)Service Points Won56% (18/32)
44% (14/32)Return Points Won44% (18/41)
51% (37/73)Total Points Won49% (36/73)
10Winner 合計9
8フォアハンド8
2バックハンド0
0サーブ1
14Unforced error 合計11
7フォアハンド8
6バックハンド2
1サーブ1

ファイナルセット

ファイナルセット
123456789101112
錦織2
ホルカシュ6
○:キープ、●:ブレーク

ホルカシュのサービスでファイナルセット開始。

第1ゲーム、ホルカシュのバックハンドのダウンザラインへのウィナー、フォアハンドの逆クロスへのウィナー、錦織のリターンでのポイントとフォアハンドのミス(40-15)、錦織のスマッシュのウィナー、ホルカシュのファーストサーブでのポイントがあり、ホルカシュがキープ

第2ゲーム、錦織のフォアハンドのウィナー、ホルカシュのフォアハンドのミスとフォアハンドのリターンエース、錦織のファーストサーブでのポイント(40-15)、サービスエースがあり、錦織がキープ

第3ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、ホルカシュのフォアハンドのミス、ファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのショットでのポイント(40-15)、サービスエースがあり、ホルカシュがキープ

第4ゲーム、錦織のダブルフォルト、ラリー戦で錦織のフォアハンドのミス(0-30)、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織にとってアンラッキーなコードボールでのホルカシュのリターンエースがあり、15-40とホルカシュにブレークポイントが来ます。

ホルカシュがバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、ホルカシュがブレークに成功

第5ゲーム、錦織のリターンでのポイント、ホルカシュのサービスエース、フォアハンドのクロスへのショットでのポイント、ラリー戦で錦織のフォアハンドのスライスのミス(40-15)、錦織の深いリターンでのポイント、ロングラリーでの錦織のポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、錦織のバックハンドのミス(錦織ラケットを投げつける)、ホルカシュのサービスエースがあり、ホルカシュがキープ

第6ゲーム、ホルカシュの深いリターンでのポイント、錦織のファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー、フォアハンドのミス(30-30)、ファーストサーブでのポイント(40-30)、フォアハンドのクロスへのウィナーがあり、錦織がキープ

第7ゲーム、ホルカシュのボレーのウィナー、連続サービスエース、ファーストサーブでのポイントがあり、ホルカシュがラブゲームでキープ

第8ゲーム、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー(15-0)、ホルカシュのリターンでのポイント、ホルカシュの見事なバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットのウィナー、ホルカシュの見事なバックハンドのダウンザラインへのリターンエースがあり、15-40とホルカシュにマッチポイント(ブレークポイント)が来ます。

ラリー戦で錦織にフォアハンドのミスが出て、ホルカシュがブレークをして勝利

錦織ファイナルセットホルカシュ
1サービスエース4
1ダブルフォルト0
81% (17/21)ファーストサーブ確率70% (16/23)
53% (9/17)1st Serve Points Won75% (12/16)
25% (1/4)2nd Serve Points Won71% (5/7)
0% (0/0)ブレーク / チャンス100% (2/2)
1/2ネットポイント1/1
48% (10/21)Service Points Won74% (17/23)
26% (6/23)Return Points Won52% (11/21)
36% (16/44)Total Points Won64% (28/44)
6Winner 合計12
5フォアハンド3
0バックハンド4
1サーブ5
7Unforced error 合計4
4フォアハンド1
2バックハンド3
1サーブ0

試合振り返り・スタッツ

第1セット、お互いキープが続く中、第9ゲームで錦織が先にブレークをして第10ゲームでサービングフォーザセットを迎えます。

錦織にとっては理想的な試合展開でしたが、ここから錦織が突如崩れてホルカシュに土壇場でブレークバックを許すと、第12ゲームも錦織の自滅でホルカシュにブレークを許し、ホルカシュが第1セットを先取。

第2セット、錦織がギアを上げて主導権を握り、第1ゲームと第3ゲームを錦織がブレークをして4ゲーム連取。

このまま錦織が第2セットをすんなり取るかと思われましたが、第8ゲームのサービングフォーザセットで錦織は4本のセットポイントを決めきれず、ホルカシュにブレークを1つ返されます。

息を吹き返したホルカシュが第10ゲームもブレークをして追い付き、流れがホルカシュに行きかけますが、第11ゲームでホルカシュがミスを連発して錦織がブレーク。

第12ゲームのサービングフォーザセットを今度は錦織がしっかりとキープをして第2セットを取ります。

ファイナルセット、第4ゲームで錦織のダブルフォルトとストロークミス、アンラッキーなコードボールが絡んで、ホルカシュが先にブレーク。

勢いに乗ったホルカシュが第8ゲームもブレークをして勝利。

錦織Matchホルカシュ
1サービスエース9
4ダブルフォルト1
61% (54/88)ファーストサーブ確率74% (69/93)
61% (33/54)1st Serve Points Won65% (45/69)
53% (18/34)2nd Serve Points Won58% (14/24)
50% (4/8)ブレーク / チャンス86% (6/7)
9/15ネットポイント5/10
58% (51/88)Service Points Won63% (59/93)
37% (34/93)Return Points Won42% (37/88)
47% (85/181)Total Points Won53% (96/181)
23Winner 合計31
18フォアハンド15
4バックハンド4
1サーブ12
32Unforced error 合計30
16フォアハンド20
12バックハンド9
4サーブ1

ファイナルセットではホルカシュのストロークが深く、思い切ったショットが良いコースに決まり、錦織の攻撃に対してミスをせずにしっかりとディフェンスをし、リターンも良くなるなど、ホルカシュの方が自信を持ってプレーをしていました。

第1セットと第2セットの錦織のまずい試合運びがホルカシュに自信と勢いを与えてしまったかなという感じでした。

年に何回かはこんな試合もあるだろうし、今シーズンはここまで試合数が多くて疲れもたまって来ていると思うので、リフレッシュをして次のマスターズ2連戦に挑んで欲しいなと思います。

錦織が次に出場する大会は!?

錦織圭が次に出場する大会は、3月7日から3月17日にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるマスターズ1000「BNPパリバ・オープン」。

【2019年】BNPパリバ・オープンの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)
2019年3月7日から3月17日(2019年第10、11週)にインディアンウェルズ(アメリカ)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ・マスターズ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

コメント