【ドバイ】1回戦「錦織 vs ペール」の結果(2019年)


2019年2月25日から3月2日(2019年第9週)にドバイ(アラブ首長国連邦)で開催のATPツアー500「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」。

錦織圭の1回戦の対戦相手は、世界ランキング65位のブノワ・ペール(29歳・フランス)。

錦織とペールのプレイヤー情報、試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレイヤー情報

過去の対戦成績は、錦織の5勝、ペールの2勝。

ハードコートでは、錦織の2勝、ペールの2勝。

直近の対戦は2018年の楽天ジャパン・オープン(室内ハードコート)の2回戦で、錦織がセットカウント2-0(6-3、7-5)で勝利しています。

※2019年2月26日時点(試合前)

錦織 圭ペール
5 勝対戦成績2 勝
6位 (4位)最新ランク (最高)65位 (18位)
日本国籍フランス
29歳年齢29歳
1989年12月29日生年月日1989年5月8日
178cm / 73kg身長 / 体重196cm / 80kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2007年プロ転向2007年
11勝2敗2019年成績4勝6敗
1回2019年優勝回数0回
385勝178敗通算成績184勝203敗
12回通算優勝回数1回

1回戦「錦織 vs ペール」の結果

2月26日(火):センターコート 第2試合

ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 1回戦 (ハード)
[1] 錦織 圭 (6位)266
ブノワ・ペール (65位)043
試合時間:1時間21分

第1シードの錦織圭(29歳・日本)がブノワ・ペール(29歳・フランス)をセットカウント2-0(6-4、6-3)で破り、2回戦進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
123456789101112
錦織6
ペール4
○:キープ、●:ブレーク

試合開始直前に錦織がトレーナーを呼んで右手首にテーピングを巻きます。

ペールのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ペールのサービスエース、ラリー戦でのペールのポイント、錦織のフォアハンドのミス、ペールのフォアハンドのクロスへのウィナーがあり、ペールがラブゲームでキープ

第2ゲーム、錦織のファーストサーブでの連続ポイント(30-0)、ペールのフォアハンドの深いショットでのポイント、錦織のバックハンドのミス、ラリー戦でペールのフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、30-40とペールにブレークポイントが来ます。

ペールにもったいないフォアハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、錦織のサービスエース、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、錦織がキープ

第3ゲーム、ペールのセカンドサーブでのポイント、フォアハンドのミス、フォアハンドのクロスへのウィナー、バックハンドのミス(30-30)、錦織が深いリターンから先に攻撃を仕掛けてのポイントがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ペールにダブルフォルトが出て、錦織がブレークに成功

第4ゲーム、ペールのフォアハンドのクロスへの深いショットでのポイント、錦織のフォアハンドのミス(0-30)、錦織のセカンドサーブでのポイント、バックハンドのクロスへのアングルショットでのポイント(30-30)、フォアハンドのクロスラリーでのペールのポイントがあり、30-40とペールにブレークポイントが来ます。

錦織がファーストサーブでポイントを取り、デュースへ。

デュース1回目、錦織にバックハンドのミスが出て、ペールにブレークポイントが来ますが、錦織がファーストサーブで凌ぎます。

デュース2回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールにブレークポイントが来ますが、ラリー戦で錦織が見事なバックハンドのクロスへのウィナーを決めます。

デュース3回目、ロングラリーでペールがポイントを取り、ペールにブレークポイントが来ますが、錦織がバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取ります。

デュース4回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールにブレークポイントが来ますが、錦織がサービスエースで凌ぎます。

デュース5回目、ラリー戦でペールがポイントを取り、ペールにブレークポイントが来ますが、ペールのフォアハンドのミス。

デュース6回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、ペールにブレークポイントが来ますが、ペールのリターンミス。

デュース7回目、錦織のフォアハンドのクロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイントがあり、錦織がキープ。(7本のブレークポイントをモノにできなかったペールがラケットを投げます)

第5ゲーム、ペールのファーストサーブでの連続ポイント、サービスエース、錦織のリターンミスがあり、ペールがラブゲームでキープ

第6ゲーム、ペールのリターンでのポイント、錦織のセカンドサーブでのポイント、ダブルフォルト(15-30)、ペールのリターンミス、錦織が先に攻撃を仕掛けてのポイント(40-30)、ペールのバックハンドのパッシングショットのミスがあり、錦織がキープ

第7ゲーム、ペールのダブルフォルト、ペールのドロップショットからのボレーのウィナー、サービスエース、錦織のバックハンドのクロスへのウィナー(30-30)、ペールのボレーのウィナー(40-30)、セカンドサーブでのポイントがあり、ペールがキープ

錦織がトレーナーを呼んで右手首にテーピングをさらに巻きます(+1巻き)。

第8ゲーム、錦織のバックハンドのクロスへのアプローチショットでのポイント、ラリー戦でペールのフォアハンドのクロスへのウィナー、ラリー戦で錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、ラリー戦で錦織のバックハンドのクロスへのショットでのポイント(40-15)、セカンドサーブでのポイントがあり、錦織がキープ

第9ゲーム、錦織のドロップショット返しのウィナー、ペールのファーストサーブでのポイント、サービスエース、錦織のリターンでのポイント(30-30)、ペールのバックハンドの逆クロスへのショットでのポイント、ファーストサーブでのポイントがあり、ペールがキープ

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット
ペールのリターンでのポイント、錦織のフォアハンドのミス(0-30)、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールのリターンミス、ペールのバックハンドのミス(ペールがラケットを叩きつける)があり、40-30と錦織にセットポイントが来ます。

錦織がドロップショットでペールを前に誘い出してからボレーのウィナーを決め、錦織が第1セットを先取

錦織第1セットペール
2サービスエース4
1ダブルフォルト2
64% (29/45)ファーストサーブ確率54% (14/26)
69% (20/29)1st Serve Points Won93% (13/14)
50% (8/16)2nd Serve Points Won42% (5/12)
100% (1/1)ブレーク / チャンス0% (0/8)
2/3ネットポイント2/4
62% (28/45)Service Points Won69% (18/26)
31% (8/26)Return Points Won38% (17/45)
51% (36/71)Total Points Won49% (35/71)
8Winner 合計10
5フォアハンド5
1バックハンド0
2サーブ5
15Unforced error 合計16
11フォアハンド7
3バックハンド7
1サーブ2

第2セット

第2セット
123456789101112
錦織6
ペール3
○:キープ、●:ブレーク

ペールのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、錦織のリターンミス、錦織の見事なドロップショット返しからのスマッシュのウィナー、錦織の深いリターンでのポイント(15-30)、ペールのファーストサーブでのポイント、錦織のフォアハンドのミス(40-30)、ペールのサーブアンドボレーのウィナーがあり、ペールがキープ

第2ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールのフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドのクロスへのショットでのポイント、錦織のフォアハンドのウィナーがあり、錦織がラブゲームでキープ。(最後、ペールがリターンをした後に右膝を気にするしぐさを見せます)

第3ゲーム、ペールのファーストサーブでのポイント、ペールの見事なフォアハンドのクロスへのカウンターショットのウィナー、ペールのドロップショットを錦織が処理してのポイント、ペールのファーストサーブでのポイント(40-15)、ファーストサーブでのポイントがあり、ペールがキープ

ペールがトレーナーを呼んで右膝の状態を見てもらい、痛み止めと思われる薬を飲みます。

第4ゲーム、錦織のファーストサーブでの連続ポイント(30-0)、ペールのフォアハンドのリターンエースとフォアハンドのダウンザラインへのウィナー(30-30)、錦織が先に攻撃を仕掛けてのポイント(40-30)、ペールのバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、デュースへ。

デュース1回目、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織のフォアハンドの深いショットでのポイントがあり、錦織がキープ

第5ゲーム、ペールのダブルフォルト、バックハンドの逆クロスへのウィナー(15-15)、ペールのドロップショットに対する錦織のフォアハンドのウィナー、サービスダッシュに出たペールの足元に錦織がリターンを返してポイントを取り、15-40と錦織にブレークポイントが来ます。

ペールにダブルフォルトが出て、錦織がブレークに成功

第6ゲーム、錦織のファーストサーブでの連続ポイント、ペールの連続リターンミスがあり、錦織がラブゲームでキープ

第7ゲーム、ペールのファーストサーブでのポイント、フォアハンドのクロスへのウィナー、ファーストサーブでのポイント(40-0)、バックハンドのミス、セカンドサーブでのポイントがあり、ペールがキープ

第8ゲーム、錦織のファーストサーブでのポイント、ペールの深いリターンでのポイント、ロングラリーでの錦織のポイント、錦織のフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント(40-15)、錦織のバックハンドのクロスへのウィナーがあり、錦織がキープ

第9ゲーム、ペールのダブルフォルト、ペールのドロップショットのウィナー(15-15)、ペールのドロップショットに対する錦織のフォアハンドのウィナー、ペールのバックハンドのミスがあり、15-40と錦織にマッチポイント(ブレークポイント)が来ます。

ペールにフォアハンドのミスが出て、錦織がブレークをして勝利

錦織第2セットペール
0サービスエース0
0ダブルフォルト3
67% (14/21)ファーストサーブ確率50% (13/26)
86% (12/14)1st Serve Points Won69% (9/13)
71% (5/7)2nd Serve Points Won38% (5/13)
100% (2/2)ブレーク / チャンス0% (0/0)
3/3ネットポイント1/4
81% (17/21)Service Points Won54% (14/26)
46% (12/26)Return Points Won19% (4/21)
62% (29/47)Total Points Won38% (18/47)
5Winner 合計7
5フォアハンド4
0バックハンド2
0サーブ1
4Unforced error 合計10
4フォアハンド5
0バックハンド2
0サーブ3

試合振り返り・スタッツ

第1セット、強風の影響もあってか錦織はフォアハンドのミスが目立ち、ストロークの精度を欠く苦しい立ち上がりとなりますが、第3ゲームでペールの自滅に近い形で錦織が先にブレークに成功。

第4ゲーム、錦織はストロークが安定せず、ペールに7本のブレークポイントを握られましたが、あと1本を許さず、デュース7回目で錦織がキープ。

その後もしっかりとキープを続けた錦織が第1セットを先取。

第2セット、第2ゲームでペールが右膝を痛めると、リターンやラリー戦でペールの仕掛けが早くなります。(ペールのドロップショットの回数も増加)

錦織はペールのプレーに惑わされることなくしっかりと対応し、第5ゲームと第9ゲームを錦織がブレークをして勝利。

第2セットでは錦織のフォアハンドも良くなっていたので、2回戦ではいい状態で試合に入ることができるかなと思います。

錦織Matchペール
2サービスエース4
1ダブルフォルト5
65% (43/66)ファーストサーブ確率52% (27/52)
74% (32/43)1st Serve Points Won81% (22/27)
57% (13/23)2nd Serve Points Won40% (10/25)
100% (3/3)ブレーク / チャンス0% (0/8)
5/6ネットポイント3/8
68% (45/66)Service Points Won62% (32/52)
38% (20/52)Return Points Won32% (21/66)
55% (65/118)Total Points Won45% (53/118)
13Winner 合計17
10フォアハンド9
1バックハンド2
2サーブ6
19Unforced error 合計26
15フォアハンド12
3バックハンド9
1サーブ5

錦織の2回戦の対戦相手は!?

錦織圭のドバイ・デューティフリー・テニス選手権の2回戦の対戦相手は、世界ランキング77位のホベルト・ホルカシュ(22歳・ポーランド)。

過去に対戦はなく、初対戦となります。

2回戦「錦織 vs ホルカシュ」の結果

コメント