【2019年】楽天ジャパン・オープンの大会情報、ドロー、放送予定(ATP500)


2019年9月30日から10月6日(2019年第40週)に東京(日本)で開催されるATPツアー500「楽天ジャパン・オープン(楽天オープン)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、出場予定選手、ドロー、放送予定を見ていきます。

トップ10からはジョコビッチ、錦織が出場予定。(錦織は右肘の怪我のため欠場となりました)

同じ週に北京(中国)でATPツアー500「チャイナ・オープン」も開催されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天ジャパン・オープン(ATP500)

楽天ジャパン・オープンは、日本・東京都江東区有明にある有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートで開催されるATPツアー500シリーズの大会です。

大会概要

大会名楽天ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス
(Rakuten Japan Open Tennis Championships)
通称楽天オープン
カテゴリATPツアー500
開催期間2019年9月30日 ~ 10月6日
開催地日本/東京
会場有明コロシアム
サーフェスハードコート
ドローシングルス:32、ダブルス:16
賞金総額$1,895,290 (約2億550万円)
公式サイトhttps://www.rakutenopen.com/

有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートの2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた改修工事が終わり、今大会にて初披露となります。

楽天ジャパン・オープンのポイントと賞金を紹介します。

ラウンドポイント賞金
優勝500$391,430 (約4,240万円)
準優勝300$196,590 (約2,130万円)
準決勝180$99,195 (約1,080万円)
準々決勝90$52,125 (約570万円)
2回戦45$26,055 (約280万円)
1回戦0$14,415 (約160万円)

※賞金(日本円)について、2019年9月19日時点での1ドル108.43円で換算。

歴代優勝者

楽天ジャパン・オープンの過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ステファン・エドバーグ氏の4回(1987、1989~1991)。

2018年は、予選から勝ち上がってきたダニール・メドベージェフが決勝で第3シードの錦織圭をセットカウント2-0(6-2、6-4)で破り、楽天ジャパン・オープン初優勝を飾りました。(2018年の結果はこちら

優勝者
2018ダニール・メドベージェフ
2017ダビド・ゴファン
2016ニック・キリオス
2015スタン・ワウリンカ
2014錦織 圭
2013フアン マルティン・デルポトロ
2012錦織 圭
2011アンディ・マレー
2010ラファエル・ナダル
2009ジョーウィルフリード・ツォンガ

大会日程

9月28日(土)と9月29日(日)に予選が行われます。

本戦は9月30日(月)からの7日間開催で、10月6日(日)にダブルスとシングルスの決勝が行われます。

日付ラウンド開始時間
9月30日(月)1回戦11:00
10月1日(火)1回戦11:00
10月2日(水)1回戦・2回戦11:00
10月3日(木)2回戦11:00
10月4日(金)準々決勝11:00, 19:00
10月5日()準決勝13:00
10月6日()決勝13:00

※前週の大会の勝ち上がり状況により、1回戦が大会3日目にずれ込む場合があります。

10月4日(金):デイセッション11時~、ナイトセッション19時~

出場予定選手

楽天ジャパン・オープンに出場予定の選手(DA23名+α)、各選手の2018年の同大会での結果を紹介します。

トップ10からはジョコビッチ、錦織が出場予定。(ジョコビッチは楽天ジャパン・オープン初出場)

日本勢では、西岡良仁が繰り上がりで本戦に出場、ダニエル太郎、杉田祐一、添田豪がワイルドカードで本戦に出場予定。

内山靖崇、伊藤竜馬、綿貫陽介がワイルドカードで予選に出場予定。
→内山が予選を突破し、本戦出場を決めました。

<シングルスの出場枠 32>
・本戦ストレートイン (DA):23名→24名
・ワイルドカード (WC):4名→3名
・予選通過者 (Q):4名
・Special Exempt (SE):1名

ランキング上位8名にシードが与えられます。

<欠場者の情報>
錦織、アンダーソン、ワウリンカ、ラオニッチ、ジェレ、エルベールは欠場となりました。

錦織は痛めていた右肘の状態が万全でないため、楽天ジャパン・オープン、上海マスターズ、ユニクロのエキシビジョンを欠場することを発表。(10月末のエルステ・バンク・オープンとパリ・マスターズの出場については未定)

シード選手名Rank2018年
1ノバク・ジョコビッチ1位
錦織 圭8位準優勝
2ボルナ・チョリッチ14位
3ダビド・ゴファン15位
ケビン・アンダーソン18位ベスト8
スタン・ワウリンカ21位2回戦
4ブノワ・ペール23位2回戦
5リュカ・プイユ24位
ミロシュ・ラオニッチ25位ベスト8
6マリン・チリッチ28位1回戦
7テイラー・フリッツ30位1回戦
8アレックス・デミノー31位2回戦
デニス・シャポバロフ34位ベスト4
フベルト・フルカチ37位予選1回戦
ヤン レナード・シュトルフ38位ベスト8
ラスロ・ジェレ40位
ラドゥ・アルボット42位
ジル・シモン49位1回戦
ライリー・オペルカ51位
ピエール ユーグ・エルベール56位
ジョアン・ソウザ62位
パブロ・カレーニョ ブスタ63位
ダニエル 太郎 (WC)127位1回戦
杉田 祐一 (WC)129位1回戦
添田 豪 (WC)133位
チョン・ヒョン145位1回戦
以下、繰り上がりで出場 (Alternates)
ロレンツォ・ソネゴ52位
ミオミル・ケツマノビッチ50位
フィリップ・クライノビッチ49位
ジョーダン・トンプソン54位
フアン イグナシオ・ロンデロ57位
アドリアン・マナリノ61位1回戦
西岡 良仁60位1回戦

※パブロ・カレーニョ ブスタとチョン・ヒョンはコミットメントプレーヤー(2018年の年末のランキングで30位以内だった選手)

Rank:2019年9月23日付の世界ランキング

ドロー

ドローセレモニー:9月28日(土)13時~→13時30分~(時間変更)

ドロー(PDF版)は、『 2019年楽天ジャパン・オープンのドロー 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは次のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ジョコビッチ – プイユ [5]
[3] ゴファン – チリッチ [6]

<ボトムハーフ>
[4] ペール – フリッツ [7]
[2] チョリッチ – デミノー [8]

日本勢の1回戦の対戦相手について、西岡良仁はジョアン・ソウザ、ダニエル太郎は第2シードのボルナ・チョリッチ、杉田祐一は第6シードのマリン・チリッチ、添田豪はヤン レナード・シュトルフ、内山靖崇は第4シードのブノワ・ペールとの対戦が決まりました。

楽天ジャパン・オープンの結果

楽天ジャパン・オープンの1回戦から決勝までの結果は、『 2019年 楽天ジャパン・オープンの結果(ATP500)』の記事をご覧ください。

【2019年】楽天ジャパン・オープンの結果(ATP500)
2019年9月30日から10月6日(2019年第40週)に東京(日本)で開催されるATPツアー500「楽天ジャパン・オープン(楽天オープン)」の1回戦から決勝までの結果、放送予定を見ていきます。

放送予定

WOWOW、WOWOWメンバーズオンデマンド、楽天TVでの放送・配信が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送。(大会初日は無料放送)

WOWOWメンバーズオンデマンドでもライブ配信されます。

日付ラウンド放送時間
9月30日(月)1回戦 (S)10:50~, 17:55~
10月1日(火)1回戦 (S)10:55~, 17:55~
10月2日(水)1回戦・2回戦 (S)10:55~, 17:55~
10月3日(木)2回戦 (S)10:55~, 17:55~
10月4日(金)準々決勝 (S)10:55~, 17:55~
10月5日()準決勝 (S)12:55~
10月6日()決勝 (車)10:50~
10月6日()決勝 (D)12:55~
10月6日()決勝 (S)15:15~

・S:シングルス、D:ダブルス、車:車いすシングルス

楽天TV

楽天TV(Rakuten TV)では、センターコートで行われるシングルス本戦の1回戦から決勝までをLIVEにて配信。

同週開催の大会情報

楽天ジャパン・オープンと同じ週に北京(中国)でATPツアー500「チャイナ・オープン」も開催され、トップ10からはティーム、ズベレフ、チチパス、ハチャノフ、バウティスタ アグートが出場予定。

チャイナ・オープンの大会情報については『 2019年 チャイナ・オープンの大会情報、ドロー、放送予定(ATP500)』の記事をご覧ください。

【2019年】チャイナ・オープンの大会情報、ドロー、放送予定(ATP500)
2019年9月30日から10月6日(2019年第40週)に北京(中国)で開催されるATPツアー500「チャイナ・オープン」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、出場予定選手、ドロー、放送予定を見ていきます。

コメント