ATPランキング試算(2019年10月・上海後)


2019年10月6日から10月13日(2019年第41週)に上海(中国)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「ロレックス上海マスターズ(上海マスターズ)」。

トップ30のロレックス上海マスターズ後の10月14日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年10月14日付のランキング試算

はじめに、2019年10月14日付のランキングについて、2018年のロレックス上海マスターズでのポイントが2019年10月14日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年ロレックス上海マスターズの振り返り

まずはトップ30の2018年のロレックス上海マスターズの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第2シードのジョコビッチが第13シードのチョリッチをセットカウント2-0(6-3、6-4)で破り、ロレックス上海マスターズ3年ぶり4回目の優勝を飾りました。

2018年ロレックス上海マスターズの決勝の結果はこちら

第1シードのフェデラーと第4シードのズベレフがベスト4。

第7シードのアンダーソン、第8シードの錦織、第11シードのエドマンド、エブデンがベスト8。

順位 選手名 10月7日
point
2018年
上海
1 ジョコビッチ 10,365 優勝
2 ナダル 9,225
3 フェデラー 7,130 ベスト4
4 メドベージェフ 4,965 2回戦
5 ティーム 4,915 2回戦
6 ズベレフ 4,185 ベスト4
7 チチパス 3,630 3回戦
8 錦織 圭 3,040 ベスト8
9 ハチャノフ 2,945 2回戦
10 バウティスタ アグート 2,575 3回戦
11 モンフィス 2,375 1回戦
12 フォニーニ 2,280
13 ベレッティーニ 2,221 予選2回戦
14 ゴファン 2,190
15 チョリッチ 2,130 準優勝
16 シュワルツマン 1,995 1回戦
17 イズナー 1,895
18 アンダーソン 1,780 ベスト8
19 オジェ アリアシム 1,719
20 ワウリンカ 1,670 1回戦
21 ペラ 1,655
22 プイユ 1,600
23 ペール 1,553 2回戦
24 デミノー 1,520 3回戦
25 チリッチ 1,455 2回戦
26 バシラシビリ 1,440 2回戦
27 ディミトロフ 1,432
28 キリオス 1,405 1回戦
29 フリッツ 1,385 2回戦
30 ラオニッチ 1,360 1回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位 選手名 10月7日
point
失効
point
基礎
point
1 ジョコビッチ 10,365 1,000 9,365
2 ナダル 9,225 0 9,225
3 フェデラー 7,130 360 6,770
4 メドベージェフ 4,965 45 4,920
5 ティーム 4,915 10 4,905
6 ズベレフ 4,185 360 3,825
7 チチパス 3,630 90 3,540
8 錦織 圭 3,040 180 2,860
9 ハチャノフ 2,945 45 2,900
10 バウティスタ アグート 2,575 90 2,485
11 モンフィス 2,375 10 2,365
12 フォニーニ 2,280 0 2,235*
13 ベレッティーニ 2,221 16 2,205
14 ゴファン 2,190 0 2,190
15 チョリッチ 2,130 600 1,530
16 シュワルツマン 1,995 10 1,985
17 イズナー 1,895 0 1,895*
18 アンダーソン 1,780 180 1,600
19 オジェ アリアシム 1,719 83* 1,636
20 ワウリンカ 1,670 0 1,670
21 ペラ 1,655 0 1,610*
22 プイユ 1,600 0 1,600
23 ペール 1,553 70 1,483
24 デミノー 1,520 90 1,430
25 チリッチ 1,455 10 1,445
26 バシラシビリ 1,440 45 1,395
27 ディミトロフ 1,432 0 1,432
28 キリオス 1,405 10 1,395
29 フリッツ 1,385 70 1,315
30 ラオニッチ 1,360 10 1,350
  • 10月7日ポイント
  • 2019年10月7日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年10月14日に失効日を迎える2018年のロレックス上海マスターズのポイント。

    ※オジェ アリアシムはチャレンジャー大会のポイントが失効。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「10月7日ポイント」-「失効ポイント」

    ※フォニーニ、イズナー、ペラの基礎ポイントについて、2018年のロレックス上海マスターズに出場していないため(出場義務免除または義務なし)、現在ランキングの対象となっている大会のうちグランドスラムとマスターズを除いた最低ポイント(フォニーニ:45ポイント、イズナー:0ポイント、ペラ:45ポイント)の大会が対象外に繰り下がります。

この基礎ポイントに2019年のロレックス上海マスターズのポイントを加算すれば、次回発表される10月14日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ロレックス上海マスターズのポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 1,000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

暫定ランキング

基礎ポイント順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名 基礎
point
1 ジョコビッチ 9,365
2 ナダル 9,225
3 フェデラー 6,770
4 メドベージェフ 4,920
5 ティーム 4,905
6 ズベレフ 3,825
7 チチパス 3,540
8 ハチャノフ 2,900
9 錦織 圭 2,860
10 バウティスタ アグート 2,485
11 モンフィス 2,365
12 フォニーニ 2,235
13 ベレッティーニ 2,205
14 ゴファン 2,190
15 シュワルツマン 1,985
16 イズナー 1,895
17 ワウリンカ 1,670
18 オジェ アリアシム 1,636
19 ペラ 1,610
20 プイユ 1,600
21 アンダーソン 1,600
22 チョリッチ 1,530
23 ペール 1,483
24 チリッチ 1,445
25 ディミトロフ 1,432
26 デミノー 1,430
27 バシラシビリ 1,395
28 キリオス 1,395
29 ラオニッチ 1,350
30 フリッツ 1,315

<欠場者情報>
ナダル、錦織、アンダーソン、ワウリンカ、ラオニッチ、キリオス、ジェレ、デルポトロが欠場。


トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

暫定ポイントで1位ジョコビッチと2位ナダルとの差はわずか140ポイント。

1位を独走していたジョコビッチが全米オープンで4回戦敗退、2位のナダルが全米オープンを優勝したこともあり、ポイント差が一気に縮まりました。

そして、上海マスターズ以降の失効ポイントを見ると、パリ・マスターズで600、ATPファイナルズで1000の失効ポイントがあるジョコビッチに対し、ナダルは昨年怪我のため全米オープン後にシーズンを終えているため、ここからATPファイナルズまでの失効ポイントがなく、ナダルの1位返り咲きが視界に入って来ました。

ナダルが上海マスターズを欠場したため、上海マスターズ後のジョコビッチの1位は確定していますが、どちらが1位でシーズンを終えるのか注目です。

3位のフェデラーは1位争いから大きく離されている状況となっています。

4位~7位

北米ハードコートシーズンで大量にポイントを稼いだメドベージェフが一気に4位にまで上げ、このままグランドスラムやマスターズで第4シードを確保できれば、ビッグ3との対戦が準決勝以降となるので、より安定して好成績を残していきそうです。(あとはハードコート以外のサーフェスで結果を残せるかどうか…)

暫定4位メドベージェフと5位ティームとは15ポイント差しかなく、メドベージェフとティームの4位争いにも注目です。

暫定6位のズベレフは今シーズン伸び悩んでいることもあり、ATPファイナルズに出場できるかどうかギリギリの状況(現在レースランキング8位)ですが、この後ATPファイナルズでの失効ポイントが1300もあるので、何としてもATPファイナルズの出場権を手にしたいところです。

暫定7位のチチパスは全仏オープン後に調子を落としていましたが、前週のチャイナ・オープンで準優勝となり、ようやく復調の兆しが見えました。

チチパスのATPファイナルズへの出場はまだ確定していませんが、現在レースランキング6位で7位以下とは1000ポイント近くの差があるので、おそらく出場できると思いますが、ATPファイナルズに向けてさらに調子を上げて行って欲しいところです。

錦織のランキング

錦織は暫定で9位に下がります。

錦織は全米オープンで3回戦敗退、さらに右肘の怪我で楽天ジャパン・オープンと上海マスターズを欠場。

昨年大量に稼いでいたこの3大会でのポイントをほとんどディフェンドできなかったため、ランキングを落としてしまいましたが、右肘をしっかりと治して万全な状態でツアーに戻って来て欲しいなと思います。

10位争い

暫定10位のバウティスタ アグートからは混戦となっており、大会ごとにトップ10の入れ替わりが起きそうな状況です。

バウティスタ アグートは全米オープンでまさかの初戦敗退となってポイントを稼げませんでしたが、ATPファイナルズ初出場に向けて何とか結果を残していきたいところです。(現在レースランキング7位)

2019年 ロレックス上海マスターズの結果

2019年ロレックス上海マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

※各ラウンドの結果については、記事をアップしたときにリンクを貼ります。

コメント