ATPランキング試算(2019年7月・ウィンブルドン後)


2019年7月1日から7月14日(2019年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」。

トップ30のウィンブルドン後の7月15日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年7月15日付のランキング試算

はじめに、2019年7月15日付のランキングについて、2018年のウィンブルドンでのポイントが2019年7月15日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年ウィンブルドンの振り返り

まずはトップ30の2018年のウィンブルドンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第12シードのジョコビッチが第8シードのアンダーソンをセットカウント3-0(6-2、6-2、7-6)で破り、ウィンブルドン3年ぶり4回目の優勝を飾りました。

2018年ウィンブルドンの決勝の結果はこちら

第2シードのナダルと第9シードのイズナーがベスト4。

第1シードのフェデラー、第5シードのデルポトロ、第13シードのラオニッチ、第24シードの錦織がベスト8。

順位選手名7月1日
point
2018年
ウィンブルドン
1ジョコビッチ12,415優勝
2ナダル7,945ベスト4
3フェデラー6,620ベスト8
4ティーム4,5951回戦
5A.ズベレフ4,4053回戦
6チチパス4,2154回戦
7錦織 圭4,040ベスト8
8アンダーソン3,610準優勝
9ハチャノフ2,9804回戦
10フォニーニ2,7853回戦
11デルポトロ2,740ベスト8
12イズナー2,715ベスト4
13メドベージェフ2,6253回戦
14チョリッチ2,2051回戦
15モンフィス1,9854回戦
16バシラシビリ1,9601回戦
17ラオニッチ1,945ベスト8
18チリッチ1,9402回戦
19ワウリンカ1,7152回戦
20ベレッティーニ1,6652回戦
21オジェ アリアシム1,654
22バウティスタ アグート1,600
23ゴファン1,5101回戦
24シュワルツマン1,4852回戦
25シモン1,4454回戦
26ペラ1,4303回戦
27シャポバロフ1,3902回戦
28プイユ1,3402回戦
29デミノー1,3303回戦
30エドマンド1,3253回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名7月1日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ12,4152,00010,415
2ナダル7,9457207,225
3フェデラー6,6203606,260
4ティーム4,595104,585
5A.ズベレフ4,405904,315
6チチパス4,2151804,035
7錦織 圭4,0403603,680
8アンダーソン3,6101,2002,410
9ハチャノフ2,9801802,800
10フォニーニ2,785902,695
11デルポトロ2,7403602,380
12イズナー2,7157201,995
13メドベージェフ2,625902,535
14チョリッチ2,205102,195
15モンフィス1,9851801,805
16バシラシビリ1,960101,950
17ラオニッチ1,9453601,585
18チリッチ1,940451,895
19ワウリンカ1,715451,670
20ベレッティーニ1,665451,620
21オジェ アリアシム1,65429*1,625
22バウティスタ アグート1,60001,600
23ゴファン1,510101,500
24シュワルツマン1,485451,440
25シモン1,4451801,265
26ペラ1,430901,340
27シャポバロフ1,390451,345
28プイユ1,340451,295
29デミノー1,330901,240
30エドマンド1,325901,235
  • 7月1日ポイント
  • 2019年7月1日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年7月15日に失効日を迎える2018年のウィンブルドンのポイント。

    ※オジェ アリアシムはチャレンジャー大会のポイントが失効します。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「7月1日ポイント」-「失効ポイント」

この「基礎ポイント」に2019年のウィンブルドンのポイントを加算すれば、次回発表される7月15日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ウィンブルドン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ10,415
2ナダル7,225
3フェデラー6,260
4ティーム4,585
5A.ズベレフ4,315
6チチパス4,035
7錦織 圭3,680
8ハチャノフ2,800
9フォニーニ2,695
10メドベージェフ2,535
11アンダーソン2,410
12デルポトロ2,380
13チョリッチ2,195
14イズナー1,995
15バシラシビリ1,950
16チリッチ1,895
17モンフィス1,805
18ワウリンカ1,670
19オジェ アリアシム1,625
20ベレッティーニ1,620
21バウティスタ アグート1,600
22ラオニッチ1,585
23ゴファン1,500
24シュワルツマン1,440
25シャポバロフ1,345
26ペラ1,340
27プイユ1,295
28フリッツ1,275
29シモン1,265
30ジェレ1,245

<欠場者情報>
デルポトロが欠場。

出場予定だったチョリッチはwithdrawとなりました。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

7月1日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位は確定。

ナダル決勝進出、またはフェデラー準決勝以下で敗退の場合、ナダルの2位が確定。

フェデラー準優勝かつナダル4回戦以下で敗退、またはフェデラー優勝かつナダル準決勝以下で敗退の場合、フェデラーの2位が確定。

ナダルとフェデラーは順当に勝ち進むと準決勝で対戦するドローとなっています。

ティームとズベレフは優勝すれば3位に上がる可能性がありますが、フェデラーが4回戦以下で敗退が条件となります。

錦織のランキング

暫定7位の錦織は4位のティームとは905ポイント差、5位のズベレフとは635差、6位のチチパスとは355ポイント差となっており、ランキングを上げるにはベスト4以上の結果が必要となります。

10位争いなど

昨年準優勝のアンダーソンが暫定11位、昨年ベスト4のイズナーが暫定14位に順位を落とし、初のトップ10入りを目指すメドベージェフが暫定10位に上がります。

メドベージェフはATP500以下の大会では強さを見せるもののグランドスラムとマスターズの大会では結果を残せていませんが、これからトップ10に定着していくためにはそろそろグランドスラムでベスト8以上の結果を残していきたいところです。

暫定19位の18歳のオジェ アリアシムは今シーズンに入って目覚ましい成長を遂げていますが(レースランキング10位)、グラスコートシーズンに入っても勢いは止まらずメルセデス・カップで準優勝、フィーバーツリー選手権でベスト4の結果を残してグラスコートでの適正も見せており、今大会注目の選手の一人です。

2019年 ウィンブルドンの結果

2019年ウィンブルドンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント