ATPランキング試算(2019年5月・ローマ後)


2019年5月12日から5月19日(2019年第20週)にローマ(イタリア)で開催されるATPツアー・マスターズ1000「BNLイタリア国際」。

トップ30のBNLイタリア国際後の5月20日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年5月20日付のランキング試算

はじめに、2019年5月20日付のランキングについて、2018年のBNLイタリア国際でのポイントが2019年5月20日に失効日を迎え、2019年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2018年BNLイタリア国際の振り返り

まずはトップ30の2018年のBNLイタリア国際の結果を簡単に振り返ります。

決勝で第1シードのナダルが第2シードのA.ズベレフをセットカウント2-1(6-1、1-6、6-3)で破り、BNLイタリア国際5年ぶり8回目の優勝を飾りました。

2018年BNLイタリア国際の決勝の結果はこちら

第4シードのチリッチと第11シードのジョコビッチがベスト4。

第9シードのゴファン、第10シードのカレーニョ ブスタ、錦織、フォニーニがベスト8。

順位選手名5月13日
point
2018年
ローマ
1ジョコビッチ12,115ベスト4
2ナダル7,945優勝
3フェデラー5,770
4ティーム4,8452回戦
5A.ズベレフ4,745準優勝
6錦織 圭3,860ベスト8
7チチパス3,7902回戦
8アンダーソン3,7552回戦
9デルポトロ3,1453回戦
10チリッチ3,025ベスト4
11イズナー2,9502回戦
12フォニーニ2,920ベスト8
13ハチャノフ2,7201回戦
14メドベージェフ2,6251回戦
15チョリッチ2,4451回戦
16モンフィス1,9651回戦
17ラオニッチ1,960
18バシラシビリ1,9052回戦
19チェッキナート1,8402回戦
20バウティスタ アグート1,645
21ペラ1,495
22シャポバロフ1,4703回戦
23ゴファン1,460ベスト8
24シュワルツマン1,4402回戦
25プイユ1,4202回戦
26デミノー1,420
27エドマンド1,4053回戦
28シモン1,375
29ワウリンカ1,3651回戦
30オジェ アリアシム1,349

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名5月13日
point
失効
point
基礎
point
1ジョコビッチ12,11536011,755
2ナダル7,9451,0006,945
3フェデラー5,77005,770
4ティーム4,845104,835
5A.ズベレフ4,7456004,145
6錦織 圭3,8601803,680
7チチパス3,790703,720
8アンダーソン3,755103,745
9デルポトロ3,145903,055
10チリッチ3,0253602,665
11イズナー2,950102,940
12フォニーニ2,9201802,740
13ハチャノフ2,720102,710
14メドベージェフ2,625102,615
15チョリッチ2,445102,435
16モンフィス1,965101,955
17ラオニッチ1,96001,960
18バシラシビリ1,905701,835
19チェッキナート1,840451,795
20バウティスタ アグート1,64501,645
21ペラ1,49501470*
22シャポバロフ1,470901,380
23ゴファン1,4601801,280
24シュワルツマン1,440451,395
25プイユ1,420451,375
26デミノー1,42001400*
27エドマンド1,405901,315
28シモン1,37501330*
29ワウリンカ1,365101,355
30オジェ アリアシム1,34915*1,334
  • 5月13日ポイント
  • 2019年5月13日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2019年5月20日に失効日を迎える2018年のBNLイタリア国際のポイント。

    ※オジェ アリアシムはチャレンジャー大会のポイントが失効します。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「5月13日ポイント」-「失効ポイント」

    ※ペラ、デミノー、シモンの基礎ポイントについて、2018年のBNLイタリア国際に出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている大会のうちグランドスラムとマスターズを除いた最低ポイント(ペラ:25ポイント、デミノー:20ポイント、シモン:45ポイント)が対象外に繰り下がります。

この「基礎ポイント」に2019年のBNLイタリア国際のポイントを加算すれば、次回発表される5月20日付のATPランキングと同じになります。

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

BNLイタリア国際 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ジョコビッチ11,755
2ナダル6,945
3フェデラー5,770
4ティーム4,835
5A.ズベレフ4,145
6アンダーソン3,745
7チチパス3,720
8錦織 圭3,680
9デルポトロ3,055
10イズナー2,940
11フォニーニ2,740
12ハチャノフ2,710
13チリッチ2,665
14メドベージェフ2,615
15チョリッチ2,435
16ラオニッチ1,960
17モンフィス1,955
18バシラシビリ1,835
19チェッキナート1,795
20バウティスタ アグート1,645
21ペラ1,470
22デミノー1,400
23シュワルツマン1,395
24シャポバロフ1,380
25プイユ1,375
26ワウリンカ1,355
27オジェ アリアシム1,334
28シモン1,330
29エドマンド1,315
30ラヨビッチ1,300

<欠場者情報>
アンダーソン、イズナー、ラオニッチが欠場。

トップ10の状況を見て行きます。

1位~3位

5月13日付の世界ランキングと変わらず、ジョコビッチの1位、ナダルの2位は確定。

フェデラーの4位以上は確定で、フェデラーは3回戦に進出(初戦で勝利)すれば自力での3位が確定。

暫定4位のティームが3位に上がるには、ティーム優勝かつフェデラー初戦敗退が条件となります。

全仏オープンに向けた4位争い

全仏オープンの第4シードの枠をティームとズベレフが争うことになりますが、ティームとズベレフの差が690ポイントもあり、ティームは準決勝に進出すれば自力での4位以上が確定。

ズベレフが4位に上がるには優勝が最低条件となり、ティームの4位が濃厚な状況です。

錦織のランキング

錦織は暫定8位にランキングが落ちますが、全仏オープンの第5シードから第8シードの枠は確定という状況です。(暫定6位のアンダーソンは全仏オープン欠場、暫定9位以下の選手で錦織を上回ることができるのはデルポトロ、フォニーニ、ハチャノフのうち優勝した1人のみ)

マドリード・オープンでは3回戦で敗退となってしまったため、BNLイタリア国際では全仏オープンに向けて弾みがつく結果を残して欲しいです。(ランキング的にも暫定4位ティームから7位のチチパスにポイントで差をつけられないためにもそろそろマスターズの大会で結果が欲しいところです。)

10位争い

チリッチが1週だけトップ10に復帰しましたが、360ポイントが失効して暫定13位に落ち、再びイズナーが暫定で10位に上がります。(イズナーはBNLイタリア国際を欠場)

初のトップ10入りを目指す暫定11位フォニーニ、12位ハチャノフ、14位メドベージェフが10位に上がるには、3人とも最低でも準決勝進出が必要となります。

錦織ファンとしては全仏オープンの4回戦で対戦することになるであろう第9シードから第12シードに誰が入るのかも気になるところです。

2019年 BNLイタリア国際の結果

2019年BNLイタリア国際の1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント