【楽天オープン】1回戦「錦織 vs 杉田」の結果(2018年)


2018年10月1日から10月7日(2018年第40週)に東京(日本)で開催されるATP500「楽天ジャパン・オープン・テニス(楽天オープン)」。

錦織圭の1回戦の対戦相手は、世界ランキング110位の杉田祐一(30歳・日本)。

錦織と杉田のプレイヤー情報、1回戦の試合結果とスタッツを見ていきます。

スポンサーリンク

プレイヤー情報(1回戦)

過去に対戦はなく、初対戦となります。

※2018年10月1日時点(試合前)

錦織 圭 杉田 祐一
0 勝 対戦成績 0 勝
12位 (4位) 最新ランキング (最高) 110位 (36位)
日本 国籍 日本
28歳 年齢 30歳
1989年12月29日 生年月日 1988年9月18日
178cm / 75kg 身長 / 体重 175cm / 72kg
右 / 両手 利き手 / バック 右 / 両手
2007年 プロ転向 2006年
30勝15敗 2018年成績 8勝22敗
0回 2018年優勝回数 0回
361勝170敗 通算成績 47勝72敗
11回 通算優勝回数 1回

1回戦「錦織 vs 杉田」の結果

試合日:10月1日(月)

楽天ジャパン・オープン 1回戦(室内ハード)
[3] 錦織 圭 (12位) 2 6 6
杉田 祐一 (110位) 0 4 1
試合時間:1時間21分

第3シードの錦織圭(28歳・日本)が杉田祐一(30歳・日本)を6-4、6-1のストレートで破り、2回戦進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
杉田 4
○:キープ、●:ブレーク

杉田のサービスで試合開始。

第1ゲーム、錦織のリターンミス2本やバックハンドのミスなどがあり、杉田がキープ。

第2ゲーム、錦織のフォアハンドの連続ミス(0-30)、錦織のフォアハンドのウィナーとバックハンドのダウンザラインへのウィナー、杉田の深いショットでのポイントがあり、30-40と杉田にブレークポイントが来ますが、錦織がファーストサーブで凌いで、デュースへ。

デュース3回目で錦織がキープ。

第3ゲーム、杉田のバックハンドのダウンザラインへのウィナーやサービスエースなどがあり、杉田がラブゲームでキープ。

第4ゲーム、40-30と錦織がゲームポイントを握りますが、錦織にバックハンドのミスが出て、デュースへ。

デュース1回目、錦織にバックハンドのミスが出て、杉田にブレークポイントが来ますが、錦織にとってラッキーなコードボールが絡んで錦織が凌ぎます。

デュース3回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、杉田に再びブレークポイントが来ますが、錦織がファーストサーブで凌ぎます。

デュース4回目で錦織が何とかキープ。

第5ゲーム、杉田のバックハンドのミスとフォアハンドのミス(0-30)、杉田のファーストサーブでのポイントとサービスエース、錦織の深いショットでのポイントがあり、30-40と錦織にブレークポイントが来ます。

錦織の見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織がブレークに成功

第6ゲーム、錦織のドロップショット、バックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、サービスエースなどがあり、錦織がキープ。

第7ゲーム、杉田のフォアハンドのミスと錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、0-30と錦織がポイントを先行。

ここから杉田のフォアハンドのクロスへの鋭いショットでのポイント、錦織のバックハンドのミス、杉田のファーストサーブでのポイントとフォアハンドの逆クロスへのウィナーがあり、杉田が4連続でポイントを取ってキープ。

第8ゲーム、錦織のバックハンドのクロスへのウィナーなどがあり、錦織がキープ。

第9ゲーム、杉田がキープ。

第10ゲーム、錦織のサービングフォーザセット。
杉田のフォアハンドのミス、錦織のフォアハンドに回り込んでの見事なダウンザラインへのウィナー、錦織のバックハンドのミス、錦織のサービスエースがあり、40-15と錦織にセットポイントが来ます。

錦織のセンターへのサービスエースが決まり、錦織が第1セットを先取

錦織 第1セット 杉田
3 サービスエース 2
0 ダブルフォルト 0
64% (27/42) ファーストサーブ確率 54% (14/26)
63% (17/27) 1st Serve Points Won 79% (11/14)
67% (10/15) 2nd Serve Points Won 58% (7/12)
100% (1/1) ブレーク / チャンス 0% (0/3)
31% (8/26) Return Points Won 36% (15/42)
51% (35/68) Total Points Won 49% (33/68)

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時に取得したポイント。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時に取得したポイント。
・Return Points Won:リターンゲームで取得したポイント。
・Total Points Won:取得した全ポイント。

第2セット

第2セット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
錦織 6
杉田 1
○:キープ、●:ブレーク

杉田のサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、40-30と杉田がゲームポイントを握りますが、錦織がすばらしいストロークの展開でポイントを取り、デュース。

デュース1回目、錦織がバックハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取り、錦織にブレークポイントが来ます。

杉田にバックハンドのミスが出て、錦織がブレークに成功

第2ゲーム、錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナー、見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナー、サービスエースなどがあり、40-15と錦織がゲームポイントを握りますが、ここから錦織のフォアハンドの連続ミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、錦織にフォアハンドのミスが出て、杉田にブレークポイントが来ますが、錦織がバックハンドのダウンザラインへのウィナーを決めます。

デュース2回目、杉田がバックハンドの逆クロスへのショットでポイントを取り、杉田に再びブレークポイントが来ますが、錦織がサービスエースで凌ぎます。

デュース4回目で錦織がキープ。

第3ゲーム、40-30と杉田がゲームポイントを握りますが、錦織が深いリターンでポイントを取り、デュース。

デュース1回目、杉田にバックハンドのミスが出て、錦織にブレークポイントが来ます。

錦織が深いリターンで杉田の甘い返球を引き出してフォアハンドのウィナーを決め、錦織がブレークに成功

第4ゲーム、錦織のダブルフォルトとバックハンドの連続ミスがあり、0-40と杉田にブレークポイントが来ます。

錦織が1本凌ぎますが、錦織が攻撃を続ける中でフォアハンドのミスが出て、杉田がブレークを1つ返します

第5ゲーム、30-15から杉田のバックハンドのミス、杉田のファーストサーブでのポイント、錦織のパッシングショットがあり、デュースへ。

デュース3回目、杉田にフォアハンドのミスが出て、錦織にブレークポイントが来ます。

錦織のリターンエースが決まり、錦織がブレークに成功

第6ゲーム、錦織のフォアハンドのミス、杉田のフォアハンドの深いショットでのポイントがあり、0-30と杉田がポイントを先行。

ここから錦織のファーストサーブでのポイント、杉田のフォアハンドのミス、錦織のファーストサーブでのポイント、錦織のフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、錦織が4連続でポイントを取ってキープ。

第7ゲーム、錦織の厳しいコースへのリターンからのスマッシュ、杉田のファーストサーブでのポイント、杉田のダブルフォルト(15-30)、杉田のバックハンドのダウンザラインへのショットでのポイント、杉田のファーストサーブでのポイント(40-30)、錦織のリターンエースがあり、デュースへ。

デュース1回目、錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織にマッチポイント(ブレークポイント)が来ますが、杉田がファーストサーブからのドライブボレーを決めます。

デュース2回目、錦織がバックハンドの逆クロスへのショットで杉田をコートの外に振ってからの錦織のフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、錦織に再びマッチポイントが来ます。

錦織のバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、錦織がブレークをして勝利

錦織 第2セット 杉田
3 サービスエース 1
2 ダブルフォルト 1
68% (17/25) ファーストサーブ確率 66% (25/38)
65% (11/17) 1st Serve Points Won 48% (12/25)
25% (2/8) 2nd Serve Points Won 23% (3/13)
80% (4/5) ブレーク / チャンス 25% (1/4)
61% (23/38) Return Points Won 48% (12/25)
57% (36/63) Total Points Won 43% (27/63)

試合振り返り・スタッツ

第1セット、錦織はストロークのミスが目立つなど硬さが見られる中、杉田の方は深いショットやフラット系のショットで錦織に先に攻撃をさせないなど立ち上がりから良いプレーを見せます。

そして、杉田に第2ゲームと第4ゲームでブレークチャンスがありましたが、錦織がこのピンチを凌ぐと第5ゲームでワンチャンスをモノにし、錦織がそのまま第1セットを先取。

第2セット、錦織のストロークが次第に良くなってきてリターンも冴えるなど、錦織が強さを見せつける試合展開となって、錦織がストレートで勝利。

今シーズン不調が続いている杉田は、この試合も良いプレー(積極的な攻撃)が続かず、チャンスで決めきれずにピンチでは踏ん張り切れないなど、流れに乗りきれない試合となってしまいました。

思うように結果が出せない苦しいシーズンとなっていますが、早くこのトンネルを抜けだして欲しいです。

そして、錦織はミスこそ多かったものの試合が進むにつれてプレーが良くなっていたので、2回戦ではしっかりと修正してさらにいいプレーを見せて欲しいです。

錦織 Match 杉田
6 サービスエース 3
2 ダブルフォルト 1
66% (44/67) ファーストサーブ確率 61% (39/64)
64% (28/44) 1st Serve Points Won 59% (23/39)
52% (12/23) 2nd Serve Points Won 40% (10/25)
83% (5/6) ブレーク / チャンス 14% (1/7)
48% (31/64) Return Points Won 40% (27/67)
54% (71/131) Total Points Won 46% (60/131)

錦織の2回戦の対戦相手は!?

錦織圭の楽天オープンの2回戦の対戦相手は、世界ランキング63位のブノワ・ペール(29歳・フランス)。

過去の対戦成績は、錦織の4勝、ペールの2勝。

ハードコートでは、錦織の1勝、ペールの2勝。

直近の対戦は2018年の全仏オープン(クレー)の2回戦で、錦織がセットカウント3-2(6-3、2-6、4-6、6-2、6-3)で勝利しています。

2回戦「錦織 vs ペール」の結果