【2018年】ロレックス上海マスターズの結果(準々決勝)


2018年10月7日から10月14日(2018年第41週)に上海(中国)で開催されるマスターズ1000「ロレックス上海マスターズ(上海マスターズ)」の準々決勝の結果、準々決勝後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

準々決勝の対戦カードは下記の通りになりました。

<トップハーフ>
[1] フェデラー vs 錦織 [8]
[13] チョリッチ vs エブデン

<ボトムハーフ>
[11] エドマンド vs A.ズベレフ [4]
[7] アンダーソン vs ジョコビッチ [2]

錦織の準々決勝の試合は、日本時間の10月12日(金) 20時30分から21時30分頃に開始予定。(センターコートの第4試合)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 ロレックス上海マスターズ 準々決勝の結果

ロレックス上海マスターズの準々決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・10月12日(金):準々決勝

日本と上海の時差:-1時間(日本の方が1時間進んでいます)

※スコアにある各選手の()内の世界ランキングは2018年10月8日付のランキングです。

トップハーフ
[1] ロジャー・フェデラー (2)2677
[8] 錦織 圭 (12)0464
[13] ボルナ・チョリッチ (19)276
マシュー・エブデン (51)054
 
ボトムハーフ
[11] カイル・エドマンド (14)044
[4] アレクサンダー・ズベレフ (5)266
[7] ケビン・アンダーソン (8)0613
[2] ノバク・ジョコビッチ (3)2776

以下、各試合の簡単な試合の振り返りです。

準々決勝「フェデラー vs 錦織」

過去の対戦成績は、フェデラーの5勝、錦織の2勝。

ハードコートでは、フェデラーの4勝、錦織の1勝。

直近の対戦は2017年の全豪オープン(ハード)の4回戦で、フェデラーがセットカウント3-2(6-7、6-4、6-1、4-6、6-3)で勝利しています。

[1] ロジャー・フェデラー (2)2677
[8] 錦織 圭 (12)0464
試合時間:1時間51分

第1シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)が第8シードの錦織圭(28歳・日本)を6-4、7-6のストレートで破り、上海マスターズ2年連続9回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲーム、10分を超える長いゲームとなり、フェデラーの6本目のブレークポイントでフェデラーにとってラッキーなコードボールがあり、フェデラーがブレークに成功。(デュース6回)

第5ゲームでフェデラーがブレークをしてリードを広げますが、第6ゲームで錦織がブレークを1つ返します。

第10ゲーム、フェデラーのサービングフォーザセット。
フェデラーがラブゲームでキープをして第1セットを先取。

第2セット

第2セットも第1ゲームでフェデラーが先にブレークに成功。

第2ゲームで錦織にブレークポイントが1本、第4ゲームで錦織にブレークポイントが2本ありましたが、フェデラーがキープ。

第6ゲームで錦織がこのゲーム2本目のブレークポイントをモノにして、錦織がブレークバックに成功。

この後はお互いキープを続けてタイブレークに突入。

タイブレーク、2ポイント目で錦織がミニブレークをしますが、フェデラーが1-4から6連続でポイントを取って(ミニブレーク2つ)、フェデラーがストレートで勝利。

錦織の準々決勝の結果については、『 錦織 vs フェデラー 』の記事で詳しく紹介しています。

準々決勝「チョリッチ vs エブデン」

過去に対戦はなく、初対戦となります。

[13] ボルナ・チョリッチ (19)276
マシュー・エブデン (51)054
試合時間:1時間32分

第13シードのボルナ・チョリッチ(21歳・クロアチア)がマシュー・エブデン(30歳・オーストラリア)を7-5、6-4のストレートで破り、上海マスターズ初(マスターズ2回目)の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第2ゲームでエブデンが先にブレークをしますが、第3ゲームでチョリッチがブレークバックに成功。

第7ゲームでのチョリッチのブレークポイント1本はエブデンが凌ぎましたが、第11ゲームでチョリッチがブレークに成功。

第12ゲーム、チョリッチのサービングフォーザセット。
チョリッチがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第3ゲームでチョリッチが先にブレークをすると、第5ゲームもチョリッチがブレークに成功。

第5ゲーム後にエブデンがメディカルタイムアウトを取り、右肩のマッサージを受けます。

第6ゲームでエブデンがブレークを1つ返します。

第7ゲーム後もエブデンが右肩のマッサージを受け、チョリッチの方はメディカルタイムアウトを取って右太もものマッサージを受けます。

第10ゲーム、チョリッチのサービングフォーザマッチ。
チョリッチのミス2本があり15-30とエブデンがポイントを先行しますが、チョリッチでキープをしてストレートで勝利。

準々決勝「エドマンド vs A.ズベレフ」

過去の対戦成績は、エドマンドの0勝、A.ズベレフの3勝。

ハードコートでは、エドマンドの0勝、A.ズベレフの1勝。

直近の対戦は2018年のBNLイタリア国際(クレー)の3回戦で、A.ズベレフがセットカウント2-0(7-5、7-6)で勝利しています。

[11] カイル・エドマンド (14)044
[4] アレクサンダー・ズベレフ (5)266
試合時間:1時間11分

第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(21歳・ドイツ)が第11シードのカイル・エドマンド(23歳・イギリス)を6-4、6-4のストレートで破り、上海マスターズ初の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第1ゲームでA.ズベレフがいきなりブレークに成功。

第2ゲーム以降はお互いブレークポイントを与えずにキープを続けます。

第10ゲーム、A.ズベレフのサービングフォーザセット。
30-15でA.ズベレフのダブルフォルトがありましたが、A.ズベレフがキープをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲームでエドマンドにブレークポイントが1本ありましたが、A.ズベレフがキープ。

第5ゲームでA.ズベレフのリターンエースや見事なバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットなどがあり、A.ズベレフがブレークに成功。

第10ゲーム、A.ズベレフのサービングフォーザマッチ。
A.ズベレフがラブゲームでキープをしてストレートで勝利。

準々決勝「アンダーソン vs ジョコビッチ」

過去の対戦成績は、アンダーソンの1勝、ジョコビッチの6勝。

ハードコートでは、アンダーソンの1勝、ジョコビッチの2勝。

直近の対戦は2018年のウィンブルドン(芝)の決勝で、ジョコビッチがセットカウント3-0(6-2、6-2、7-6)で勝利しています。

[7] ケビン・アンダーソン (8)0613
[2] ノバク・ジョコビッチ (3)2776
試合時間:1時間42分

第2シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第7シードのケビン・アンダーソン(32歳・南アフリカ)を7-6、6-3のストレートで破り、上海マスターズ2年ぶり9回目の準決勝進出を決めました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

第5ゲームでジョコビッチにブレークポイントが1本ありましたが、アンダーソンがデュース2回目でキープ。

第12ゲームでアンダーソンが積極的に攻撃を仕掛けて行き、アンダーソンにセットポイント(ブレークポイント)が1本ありましたが、ジョコビッチがデュース3回目でキープ。

タイブレークに入り、1ポイント目でアンダーソンにミスが出て、ジョコビッチがミニブレーク。

さらに5ポイント目と8ポイント目もジョコビッチがミニブレークをして第1セットを先取。

第2セット

第2ゲームでアンダーソンのダブルフォルトやストロークのミスなどがあり、ジョコビッチがブレークに成功。

ジョコビッチはブレークポイントを与えずに簡単にキープをして行きます。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザマッチ。
40-0からアンダーソンが粘りを見せて40-30まで行きましたが、ジョコビッチがキープをしてストレートで勝利。

ハイライト動画

準々決勝4試合のハイライト動画です。

Highlights: Federer, Djokovic Advance To Shanghai SF On Friday 2018

ドロー表(ベスト32・結果)

準々決勝後の暫定ランキング(トップ30)

ロレックス上海マスターズの準々決勝終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1ナダル7,660欠場7,660
2ジョコビッチ6,445準々決勝3606,805
3フェデラー5,900準々決勝3606,260
4デルポトロ5,7703回戦×905,860
5A.ズベレフ4,665準々決勝3605,025
6チリッチ4,1752回戦×104,185
7ティエム3,8152回戦×103,825
8アンダーソン3,595準々決勝×1803,775
9ディミトロフ3,440欠場03,440
10イズナー3,290欠場3,290
11錦織 圭2,730準々決勝×1802,910
12ゴファン2,855欠場02,855
13フォニーニ2,315欠場2,315
14チョリッチ1,815準々決勝3602,175
15エドマンド1,945準々決勝×1802,125
16チチパス1,9173回戦×902,007
17シュワルツマン1,9301回戦×101,940
18ソック1,8401回戦×101,850
19チェッキナート1,7483回戦×901,838
20ラオニッチ1,8001回戦×101,810
21メドベデフ1,7522回戦×451,797
22プイユ1,780欠場01,780
23バシラシビリ1,7222回戦×451,767
24C ブスタ1,7401回戦×101,750
25B アグート1,5603回戦×901,650
26ハチャノフ1,5952回戦×451,640
27チョン1,5852回戦×451,630
28ガスケ1,4902回戦×451,535
29ベルダスコ1,455欠場1,455
30シャポバロフ1,4301回戦×101,440

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年10月・上海後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

マスターズ1000の大会への出場義務がある選手(出場義務免除の条件を満たす選手は除く)が欠場した場合、ペナルティで0ポイントが強制加算されます。

ロレックス上海マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

レースランキング(RACE TO LONDON)

ロレックス上海マスターズの準々決勝終了時点でのレースランキングです。(上位13名)

ナダル、ジョコビッチ、デルポトロ、フェデラー、A.ズベレフの5人のNitto ATPファイナルズへの出場が確定しています。

順位選手名10月8日
point
roundresult獲得
point
QF後
point
1ナダル7,480欠場7,480
2ジョコビッチ6,445準々決勝3606,805
3デルポトロ5,2103回戦×905,300
4フェデラー4,800準々決勝3605,160
5A.ズベレフ4,410準々決勝3604,770
6チリッチ3,8152回戦×103,825
7アンダーソン3,540準々決勝×1803,720
8ティエム3,5252回戦×103,535
9錦織 圭2,820準々決勝×1803,000
10イズナー2,930欠場2,930
11フォニーニ2,135欠場(90)2,225
12チョリッチ1,700準々決勝3602,060
13エドマンド1,765準々決勝×1801,945

準々決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
10月12日(金)準々決勝14:00~24:00

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に連日生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
10月12日(金)準々決勝[BS1] 20:30~(22:50)

<放送予定の対戦カード>
・10月12日(金):「錦織 vs R.フェデラー」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までを配信予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

2018年 ロレックス上海マスターズ その他の結果

コメント