【2018年】ロレックス上海マスターズの結果(決勝)


2018年10月7日から10月14日(2018年第41週)に上海(中国)で開催されるマスターズ1000「ロレックス上海マスターズ(上海マスターズ)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。

決勝「チョリッチ vs ジョコビッチ」
チョリッチが勝てばマスターズ初の優勝、ジョコビッチが勝てば上海マスターズ3年ぶり4回目の優勝となります。

男子シングルスの決勝は、日本時間の10月14日(日) 17時30分に開始予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決勝のプレイヤー情報

ボルナ・チョリッチとノバク・ジョコビッチの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。

Head 2 Head

過去の対戦成績は、チョリッチの0勝、ジョコビッチの2勝。

ハードコートでは初対戦となります。

直近の対戦は2018年のモンテカルロ・マスターズ(クレー)の2回戦で、ジョコビッチがセットカウント2-0(7-6、7-5)で勝利しています。

※2018年10月14日時点(決勝前)のデータ

チョリッチジョコビッチ
0 勝対戦成績2 勝
19位 (18位)最新ランキング (最高)3位 (1位)
クロアチア国籍セルビア
21歳年齢31歳
1996年11月14日生年月日1987年5月22日
188cm / 85kg身長 / 体重188cm / 77kg
右 / 両手利き手 / バック右 / 両手
2013年プロ転向2003年
36勝17敗2018年成績44勝10敗
1回2018年優勝回数3回
115勝103敗通算成績827勝173敗
2回通算優勝回数71回

1回戦から準決勝までの結果

ボルナ・チョリッチ
Round対戦相手スコア
1回戦ワウリンカ (69)4-6, 6-4, 6-3
2回戦クラン (104)6-4, 6-2
3回戦[3] デルポトロ (4)7-5, 0-0棄権
準々決勝エブデン (51)7-5, 6-4
準決勝[1] フェデラー (2)6-4, 6-4
ノバク・ジョコビッチ
Round対戦相手スコア
1回戦bye
2回戦シャルディ (41)6-3, 7-5
3回戦[16] チェッキナート (21)6-4, 6-0
準々決勝[7] アンダーソン (8)7-6(1), 6-3
準決勝[4] A.ズベレフ (5)6-2, 6-1

※()内の数字は、2018年10月8日付の世界ランキングです。

2018年 ロレックス上海マスターズ 決勝の結果

ロレックス上海マスターズの決勝の結果です。

<日程(現地時間)>
・10月14日(日):決勝

日本と上海の時差:-1時間(日本の方が1時間進んでいます)

以下、決勝の簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。

決勝「チョリッチ vs ジョコビッチ」

[13] ボルナ・チョリッチ (19)034
[2] ノバク・ジョコビッチ (3)266
試合時間:1時間36分

第2シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第13シードのボルナ・チョリッチ(21歳・クロアチア)を6-3、6-4のストレートで破り、上海マスターズ3年ぶり4回目の優勝を飾りました。

ジョコビッチは今シーズン4回目の優勝、ツアー通算72回目(マスターズ32回目)の優勝となりました。

簡単に試合を振り返ります。

第1セット

ジョコビッチのサービスで試合開始。

第1ゲーム、ジョコビッチのサービスエースなどがあり、ジョコビッチがキープ。

第2ゲーム、30-30まで行きますが、チョリッチのサービスエースとフォアハンドのウィナーがあり、チョリッチがキープ。

第3ゲーム、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第4ゲーム、すばらしいラリー戦でのチョリッチの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーなどがあり、チョリッチがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、ジョコビッチのサービスエースなどがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第6ゲーム、チョリッチのフォアハンドの連続ミス(0-30)、ジョコビッチのバックハンドのミス、チョリッチのセカンドサーブでのポイント、ジョコビッチの攻めていながらのフォアハンドのミス(40-30)、ジョコビッチが先に攻撃を仕掛けてのポイントがあり、デュースへ。

デュース2回目、チョリッチにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。

チョリッチにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第7ゲーム、ジョコビッチのバックハンドのミス3本などがあり、デュースまで行きますが、デュース1回目でジョコビッチがキープ。

チェンジコートの間にチョリッチが右太ももにしていたテーピングを取ります。

第8ゲーム、チョリッチのフォアハンドのクロスへのウィナーなどがあり、チョリッチがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。
ジョコビッチのファーストサーブでのポイント、チョリッチがすばらしい攻めを見せながらのフォアハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのダウンザラインへのウィナーがあり、40-0とジョコビッチにセットポイントが来ます。

セカンドサーブに対するチョリッチのリターンがアウトとなり、ジョコビッチが第1セットを先取

第1セット
123456789101112
チョリッチ3
ジョコビッチ6
○:キープ、●:ブレーク

第2セット

チョリッチのサービスで第2セット開始。

第1ゲーム、ジョコビッチの厳しいコースへのリターンでのポイント、ジョコビッチのバックハンドのミス、チョリッチのすばらしいディフェンス&パッシングショットでのポイント(30-15)、チョリッチのバックハンドのミスとフォアハンドのミスがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。

サービスダッシュに出たチョリッチにもったいないボレーのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功

第2ゲーム、ジョコビッチのサービスエース2本などがあり、ジョコビッチがキープ。

第3ゲーム、チョリッチのボレーのウィナーとバックハンドのミスとフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ジョコビッチの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナー(30-30)、チョリッチのサービスエースとフォアハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、ジョコビッチの厳しいリターンからのドロップショットが決まり、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、チョリッチがストローク戦で打ち勝って凌ぎます。

デュース3回目、ジョコビッチがネットダッシュを見せてポイントを取り、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、チョリッチがフォアハンドの深いショットで凌ぎます。

デュース5回目、チョリッチにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、チョリッチがファーストサーブで凌ぎます。

デュース6回目、チョリッチにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、チョリッチがフォアハンドの威力のあるショットで凌ぎます。

12分を超える長いゲームとなりましたが、デュース7回目でチョリッチがキープ

チェンジコートの間にチョリッチがトレーナーを呼んで、右太ももにテーピングを巻きます。

第4ゲーム、ジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのウィナーなどがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第5ゲーム、チョリッチの見事なサーブアンドボレーやバックハンドのダウンザラインへのウィナーなどで40-30とした後、チョリッチにダブルフォルトが出てデュースまで行きますが、デュース1回目でチョリッチがキープ。

第6ゲーム、30-15からチョリッチが先に攻撃を仕掛けてのフォアハンドのウィナー、ジョコビッチの見事なドロップボレー、ジョコビッチのバックハンドのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目、チョリッチの見事なバックハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、チョリッチにブレークポイントが来ますが、チョリッチにフォアハンドのミスが出ます。

デュース2回目でジョコビッチがキープ。

第7ゲーム、チョリッチがキープ。

第8ゲーム、ジョコビッチのサービスエース2本などがあり、ジョコビッチがラブゲームでキープ。

第9ゲーム、チョリッチのフォアハンドのミス、ジョコビッチの深いリターンでのポイント、ジョコビッチのパッシングショットでのポイントがあり、0-40とジョコビッチのチャンピオンシップポイント(ブレークポイント)が来ます。

チョリッチの見事なロブショットのウィナーとフォアハンドの逆クロスへのウィナー、ジョコビッチのスマッシュのミスがあり、デュースへ。

デュース1回目でチョリッチがキープ。

第10ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザチャンピオンシップ。
ジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのショットでのポイント、チョリッチのバックハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのストレートへのショットでのポイントがあり、40-0とジョコビッチにチャンピオンシップポイントが来ます。

チョリッチが攻撃を仕掛けていきますが、チョリッチのバックハンドのストレートへのショットがアウトとなり、ジョコビッチが勝利

第2セット
123456789101112
チョリッチ4
ジョコビッチ6
○:キープ、●:ブレーク

スタッツ

ジョコビッチは決勝でも完璧なサービスゲームを展開し、この大会で1度もサービスゲームを落とすことなく優勝を果たしましたが、ストローク戦でのディフェンス力や展開力はもちろん、ファーストサーブの次の3打目の攻撃の精度が高く、付け入る隙がまったくありませんでした。

一方、チョリッチは攻撃を仕掛ける中でミスも多く出てしまいましたが、ジョコビッチの鉄壁のディフェンスの前に最後まで集中力を切らさず、マスターズ初の決勝の舞台でもすばらしいプレーを見せました。

チョリッチMatchジョコビッチ
3サービスエース7
1ダブルフォルト0
78% (56/72)ファーストサーブ確率62% (32/52)
61% (34/56)1st Serve Points Won91% (29/32)
56% (9/16)2nd Serve Points Won70% (14/20)
0% (0/1)ブレーク / チャンス22% (2/9)
9/13ネットポイント9/14
17% (9/52)Return Points Won40% (29/72)
42% (52/124)Total Points Won58% (72/124)
2,117mTotal Distance Run1,959m
20Winner 合計18
10フォアハンド7
7バックハンド3
3サーブ8
38Unforced error 合計17
18フォアハンド7
19バックハンド10
1サーブ0

[スタッツ用語の補足]
・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時に取得したポイント。
・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時に取得したポイント。
・Return Points Won:リターンゲームで取得したポイント。
・Total Points Won:取得した全ポイント。

ハイライト動画

ロレックス上海マスターズの決勝「チョリッチ vs ジョコビッチ」のハイライト動画です。

Highlights: Unbreakable Djokovic Wins Record Fourth Shanghai Title

ドロー表(結果)

決勝後のランキング(トップ30)

ロレックス上海マスターズの決勝後のランキングです。

10月15日付のランキングで、優勝したジョコビッチはフェデラーを抜いて3位から2位に上がり、準優勝のチョリッチは19位から13位(自己最高)に上がります。

順位選手名基礎
point
round獲得
point
決勝後
point
1ナダル7,660欠場7,660
2ジョコビッチ6,445優勝1,0007,445
3フェデラー5,900準決勝3606,260
4デルポトロ5,7703回戦905,860
5A.ズベレフ4,665準決勝3605,025
6チリッチ4,1752回戦104,185
7ティエム3,8152回戦103,825
8アンダーソン3,595準々決勝1803,775
9ディミトロフ3,440欠場03,440
10イズナー3,290欠場3,290
11錦織 圭2,730準々決勝1802,910
12ゴファン2,855欠場02,855
13チョリッチ1,815準優勝6002,415
14フォニーニ2,315欠場2,315
15エドマンド1,945準々決勝1802,125
16チチパス1,9173回戦902,007
17シュワルツマン1,9301回戦101,940
18ソック1,8401回戦101,850
19チェッキナート1,7483回戦901,838
20ラオニッチ1,8001回戦101,810
21メドベデフ1,7522回戦451,797
22プイユ1,780欠場01,780
23バシラシビリ1,7222回戦451,767
24C ブスタ1,7401回戦101,750
25B アグート1,5603回戦901,650
26ハチャノフ1,5952回戦451,640
27チョン1,5852回戦451,630
28ガスケ1,4902回戦451,535
29ベルダスコ1,455欠場1,455
30シャポバロフ1,4301回戦101,440

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年10月・上海後)』をご覧ください。

1回戦を免除された第1シードから第8シードの選手が初戦敗退(2回戦敗退)となった場合、獲得ポイントは2回戦ではなく1回戦の10ポイントとなります。

マスターズ1000の大会への出場義務がある選手(出場義務免除の条件を満たす選手は除く)が欠場した場合、ペナルティで0ポイントが強制加算されます。

ロレックス上海マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

レースランキング(RACE TO LONDON)

ロレックス上海マスターズの決勝後のレースランキングです。(上位13名)

ナダル、ジョコビッチ、デルポトロ、フェデラー、A.ズベレフの5人のNitto ATPファイナルズへの出場が確定しています。

順位選手名10月8日
point
round獲得
point
決勝後
point
1ナダル7,480欠場7,480
2ジョコビッチ6,445優勝1,0007,445
3デルポトロ5,2103回戦905,300
4フェデラー4,800準決勝3605,160
5A.ズベレフ4,410準決勝3604,770
6チリッチ3,8152回戦103,825
7アンダーソン3,540準々決勝1803,720
8ティエム3,5252回戦103,535
9錦織 圭2,820準々決勝1803,000
10イズナー2,930欠場2,930
11チョリッチ1,700準優勝6002,300
12フォニーニ2,135欠場(90)2,225
13エドマンド1,765準々決勝1801,945

決勝の放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

Round対戦相手スコア
10月14日()決勝 (D)14:30~17:20
決勝 (S)17:20~21:00

※決勝はダブルスも放送(S:シングルス、D:ダブルス)

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に連日生中継で放送予定。

Round対戦相手スコア
10月14日()決勝[BS1] 17:30~19:50
[102] 19:50~20:00
10月15日(月)決勝 (録画)[NHK] 1:45~(3:35)

<放送予定の対戦カード>
・決勝「チョリッチ vs ジョコビッチ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までを配信予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

2018年 ロレックス上海マスターズ その他の結果

コメント

  1. けん より:

    錦織レースランキング9位浮上、デルポの故障でファイナル圏内に入りましたね。夢のようです。

    • デルポトロは手首の怪我を乗り越えて今シーズンすばらしい活躍を見せていただけに、怪我でまたツアーを離脱してしまうことは非常に残念ではありますが…。
      錦織にとっては準々決勝敗退で遠のいたかと思われたファイナルズ出場の可能性が出てきたので、残り2大会で良い結果を残してぜひ出場を決めて欲しいですね。