【2018年】ロレックス・パリ・マスターズの大会情報、ドロー表、放送予定(マスターズ1000)


2018年10月29日から11月4日(2018年第44週)にパリ(フランス)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

また、本大会前のATPレースランキング(トップ20)と出場予定の錦織圭の過去の成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロレックス・パリ・マスターズ(マスターズ1000)

ロレックス・パリ・マスターズ(以下、パリ・マスターズ)は、フランスのパリにあるアコーホテルズ・アリーナ(室内ハードコート)で開催されるATPワールドツアー・マスターズ1000の大会です。

また、パリ・マスターズは、21歳以下の「Next Gen ATPファイナルズ」、ATPレースランキング上位8名が出場できるATPワールドツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」前の最後の大会となります。

大会概要

大会名ロレックス・パリ・マスターズ
(Rolex Paris Masters)
別名パリ・マスターズ
カテゴリマスターズ1000
開催期間2018年 10月29日 ~ 11月4日
開催地フランス/パリ
会場アコーホテルズ・アリーナ
サーフェス室内ハードコート
ドローシングルス:48、ダブルス:24
賞金総額€4,872,105 (約6億2,700万円)
日本との時差-8時間

パリ・マスターズでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝1,000€973,480 (約1億2,530万円)
準優勝600€477,315 (約6,140万円)
準決勝360€240,235 (約3,090万円)
準々決勝180€122,160 (約1,570万円)
3回戦90€63,435 (約820万円)
2回戦45€33,445 (約430万円)
1回戦10€18,060 (約230万円)

※賞金(日本円)について、2018年10月19日時点での1ユーロ128.7円で換算。

歴代優勝者

パリ・マスターズの過去10年の優勝者を紹介します。

大会のシングルス最多優勝記録は、ノバク・ジョコビッチの4回。

・ジョコビッチ:2009、2013~2015

2017年は、決勝で第16シードのジャック・ソックが予選勝者のフィリップ・クライノビッチを5-7、6-4、6-1のフルセットの末に破り、マスターズ初優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ジャック・ソック
2016アンディ・マレー
2015ノバク・ジョコビッチ
2014ノバク・ジョコビッチ
2013ノバク・ジョコビッチ
2012ダビド・フェレール
2011ロジャー・フェデラー
2010ロビン・セーデリング
2009ノバク・ジョコビッチ
2008ジョーウィルフリード・ツォンガ

大会日程

10月27日(土)と10月28日(日)に予選が行われます。

本戦は10月29日(月)からの7日間開催で、11月4日(日)に決勝が行われます。

日付ラウンド
10月27日(土)予選
10月28日(日)予選
10月29日(月)1回戦
10月30日(火)1回戦・2回戦
10月31日(水)2回戦
11月1日(木)3回戦
11月2日(金)準々決勝
11月3日()準決勝
11月4日()決勝

エントリー選手

パリ・マスターズに出場予定の選手(DAの38名)、各選手の2017年の同大会での結果を紹介します。

日本勢では錦織圭が出場予定。

ランキング上位16名にシードが与えられ、第1シードから第16シードの選手は1回戦が免除され2回戦からの出場となります。

<シングルスの出場枠 48>
・本戦ストレートイン (DA):38名
・ワイルドカード (WC):3名
・予選通過者 (Q):6名
・Special Exempt (SE):1名

<欠場者の情報>
デルポトロ、ゴファン、チョン、キリオスは欠場となりました。

シード選手名Rank2017年
1ラファエル・ナダル1位ベスト8
2ノバク・ジョコビッチ2位
3ロジャー・フェデラー3位
フアン マルティン・デルポトロ4位ベスト8
4アレクサンダー・ズベレフ5位2回戦
5マリン・チリッチ6位ベスト8
6ドミニク・ティエム7位3回戦
7ケビン・アンダーソン8位2回戦
8ジョン・イズナー9位ベスト4
9グリゴール・ディミトロフ10位3回戦
10錦織 圭11位
ダビド・ゴファン12位3回戦
11ボルナ・チョリッチ13位2回戦
12カイル・エドマンド14位2回戦
13ファビオ・フォニーニ15位
14ステファノス・チチパス16位
15ディエゴ・シュワルツマン17位2回戦
16ジャック・ソック18位優勝
カレン・ハチャノフ19位1回戦
ダニール・メドベージェフ20位予選1回戦
マルコ・チェッキナート21位
ミロシュ・ラオニッチ22位
リュカ・プイユ23位3回戦
ニコロズ・バシラシビリ24位予選1回戦
パブロ・カレーニョ ブスタ25位2回戦
ロベルト・バウティスタ アグート26位3回戦
チョン・ヒョン27位2回戦
リシャール・ガスケ28位2回戦
デニス・シャポバロフ29位1回戦
フェルナンド・ベルダスコ30位ベスト8
アレックス・デミノー31位
ジョン・ミルマン33位
フィリップ・コールシュライバー34位
フィリップ・クライノビッチ35位準優勝
スティーブ・ジョンソン37位1回戦
ニック・キリオス38位
アドリアン・マナリノ44位2回戦
ダミール・ジュムール51位
以下、欠場選手に替わるエントリー (Alternates)
ジル・シモン32位1回戦
フランシス・ティアフォ45位
ジェレミー・シャルディ41位2回戦
マートン・フチョビッチ40位

※世界ランキングは2017年10月22日付のランキングです。

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間 10月26日(金)

ドロー表(PDF版)は、『 2018年 ロレックス・パリ・マスターズのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] ナダル – ティエム [6]
[4] A.ズベレフ – イズナー [8]

<ボトムハーフ>
[3] フェデラー – アンダーソン [7]
[2] ジョコビッチ – チリッチ [5]

第10シードの錦織はボトムハーフのフェデラー山に入り、2回戦(初戦)でアドリアン・マナリノ(フランス)とウゴ・アンベール(フランス)の勝者と対戦することが決まりました。

<withdraw>
第1シードのナダルがwithdrawとなり、ラッキールーザーでマレク・ジャジリが出場。

第12シードのエドマンドがwithdrawとなり、ラッキールーザーでマシュー・エブデンが出場。

ロレックス・パリ・マスターズの結果

2018年ロレックス・パリ・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では、各ラウンド終了時の暫定ランキング(レースランキング)も紹介しています。

放送予定

GAORA、NHK・BS1、WOWOWメンバーズオンデマンドでの放送・配信が予定されています。

GAORA

GAORAでは、1回戦から決勝まで生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
10月29日(月)1回戦19:00~8:00
10月30日(火)1回戦・2回戦19:00~8:00
10月31日(水)2回戦19:00~8:30
11月1日(木)3回戦19:00~8:30
11月2日(金)準々決勝 1&222:00~27:00
準々決勝 3&427:30~8:10
11月3日()準決勝21:58~27:30
11月4日()決勝 (D)20:15~22:50
決勝 (S)22:50~26:30

※決勝はダブルスも放送(S:シングルス、D:ダブルス)

NHK・BS1

NHKでは、BS1またはサブチャンネルのBS102chで錦織が出場する試合を中心に連日生中継で放送予定。

※NHK・BS1での放送予定が分かり次第、追記します。

日付ラウンド放送時間
10月29日(月)1回戦[102] 19:00~(21:00)
10月30日(火)1回戦[102] 19:00~(21:00)
10月31日(水)2回戦[102] 19:00~(21:00)
11月2日(金)3回戦[BS1] 4:30~(6:50)
11月3日()準々決勝[BS1] 4:30~(6:50)
準決勝 1[BS1] 22:00~22:50
[102] 22:50~24:00
[BS1] 24:00~24:30
準決勝 2[BS1] 24:30~(26:30)
11月4日()決勝[BS1] 23:00~(25:00)
11月5日(月)決勝 (録画)[BS1] 19:00~(20:50)
11月8日(木)決勝 (録画)[NHK] 1:50~(3:40)

<放送予定の対戦カード>
・10月29日(月) 1回戦「ハチャノフ vs クライノビッチ」
・10月30日(火) 1回戦「メドベージェフ vs カレーニョブスタ」
・10月31日(水) 2回戦「錦織 vs マナリノ」
・11月2日(金) 3回戦「錦織 vs アンダーソン」
・11月3日(土) 準々決勝「錦織 vs フェデラー」
・11月3日(土) 準決勝1「ティエム vs ハチャノフ」
・11月3日(土) 準決勝2「フェデラー vs ジョコビッチ」
・11月4日(日) 決勝「ハチャノフ vs ジョコビッチ」

WOWOWメンバーズオンデマンド

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、1回戦から決勝までを配信予定。(大会1日目は無料配信)

WOWOWメンバーズオンデマンドは、WOWOWに加入中の方(有料放送契約を締結し、月額視聴料を支払いしている方)が利用できます。

また、オンデマンドで視聴するには、WEB会員登録(無料)後に配信サイトまたは専用アプリにてログインする必要があります。(視聴までの流れはこちらをご覧ください。)

ATPレースランキング(トップ20・2018年10月29日付)

ロレックス・パリ・マスターズは、ATPレースランキング上位8名が出場できるツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」への出場権をかけた最後の大会となります。

10月29日時点でナダル、ジョコビッチ、フェデラー、デルポトロ、A.ズベレフ、アンダーソンの6名のATPファイナルズ出場が確定。

ただし、デルポトロは上海マスターズで怪我(右膝蓋骨の骨折)をしたため、ATPファイナルズの欠場が濃厚という状況です。(欠場するかどうかの正式な発表はまだ出ていません。)

順位選手名国籍年齢ポイント
1ラファエル・ナダルESP327,480
2ノバク・ジョコビッチSRB317,445
3ロジャー・フェデラーSUI375,660
4フアン マルティン・デルポトロARG305,280
5アレクサンダー・ズベレフGER214,905
6ケビン・アンダーソンRSA324,220
7マリン・チリッチCRO303,870
8ドミニク・ティエムAUT253,535
9錦織 圭JPN283,210
10ジョン・イズナーUSA333,065
11ボルナ・チョリッチCRO212,390
12ファビオ・フォニーニITA312,225
13カイル・エドマンドGBR232,150
14ステファノス・チチパスGRE202,085
15ダニール・メドベージェフRUS221,932
16カレン・ハチャノフRUS221,835
17ミロシュ・ラオニッチCAN271,810
18マルコ・チェッキナートITA261,809
19ディエゴ・シュワルツマンARG261,790
20ダビド・ゴファンBEL271,785

10月29日時点で8位のティエムと9位の錦織の差は325ポイント。

錦織が8位に上がるには最低でも準決勝進出が必要で、ティエムが初戦で勝利すると錦織は準優勝以上の結果を残す必要が出てくるため、かなり厳しい状況となっています。

<錦織がティエムを追い抜く条件>
・ティエム:初戦(2回戦)敗退、錦織:準決勝以上
・ティエム:3回戦~準々決勝で敗退、錦織:準優勝以上
・ティエム:準優勝、錦織:優勝

怪我をしているデルポトロがファイナルズを欠場した場合、残る1枠(9位)をかけて錦織とイズナーの一騎打ちという状況になります。(11位チョリッチと12位フォニーニも優勝すれば9位に上がる可能性が残っていますが、かなり厳しいです。)

10月29日時点で9位の錦織と10位のイズナーの差は145ポイント。

イズナーが9位に上がるには最低でも準々決勝進出が必要となりますが、イズナーが準決勝に進出した場合、錦織も9位を維持するために準決勝に進出する必要が出てきます。

錦織としては1つでも多く勝ってイズナーにプレッシャーをかけて行きたいところです。

錦織の過去の成績

最後に錦織のパリ・マスターズでの過去の成績を紹介します。

パリ・マスターズでの錦織の最高成績は、2014年のベスト4。

全米オープンで準優勝を果たすなど飛躍の年となった2014年にベスト4となりましたが、それ以外の年では結果が残せておらず、2017年は8月に右手首を怪我してそのままシーズンを終えたため欠場となりました。

結果対戦相手
2017欠場
20163回戦ジョーウィルフリード・ツォンガ
20153回戦リシャール・ガスケ(途中で棄権)
2014準決勝ノバク・ジョコビッチ
20133回戦リシャール・ガスケ
20123回戦ジル・シモン(試合前に棄権)
20111回戦セルジー・スタホフスキー

錦織のパリ・マスターズでの戦績は通算8勝5敗で、そのうち地元フランス勢と8回対戦(5勝3敗)をしていますが、完全アウェイとなるフランス勢との対戦は避けたいところです。

また、錦織がファイナルズ出場を決めるためには、前週のATP500の大会の結果次第ではイズナーより上の成績を残す必要が出てくるので、良いドローを引いて何とか好成績を残して欲しいです。

コメント