【2018年】ウィンブルドンの結果(3回戦)


2018年7月2日から7月15日(2018年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」の3回戦の結果、3回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

2回戦で優勝候補の一人の第3シードのチリッチが敗れるなど波乱の展開となり、3回戦に残ったシード勢は16名だけとなりましたが、3回戦からはシード勢同士の対戦が始まります。(わずか3試合だけですが…)

錦織の3回戦の試合はNo.1コートの第3試合で、日本時間の7月8日(日) 1時頃に開始予定。(3時30分頃開始になりそうです)

スポンサーリンク

2018年 ウィンブルドン 3回戦の結果

ウィンブルドンの3回戦の結果です。

<日程>
・7月6日(金):3回戦 トップハーフ
・7月7日(土):3回戦 ボトムハーフ

※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2018年7月2日付のランキングです。

3回戦(トップハーフ・フェデラー山)

[1] ロジャー・フェデラー (2) 3 6 7 6
ヤン レナード・ストルフ (64) 0 3 5 2
[22] アドリアン・マナリノ (26) 3 6 6 4 5 6
ダニール・メドベデフ (67) 2 4 3 6 7 3
[11] サム・クエリー (13) 1 7 4 4 2
ガエル・モンフィス (44) 3 5 6 6 6
[25] フィリップ・コールシュライバー (27) 0 3 5 5
[8] ケビン・アンダーソン (8) 3 6 7 7

フェデラー山では第1シードのフェデラー、第8シードのアンダーソン、第22シードのマナリノ、モンフィスが4回戦進出を決めました。

第11シードのクエリー、第25シードのコールシュライバーは3回戦で敗退となりました。

3回戦(トップハーフ・チリッチ山)

ギド・ページャ (82) 0 4 4 66
マッケンジー・マクドナルド (103) 3 6 6 78
デニス・ノバック (171) 1 65 6 5 2
[13] ミロシュ・ラオニッチ (32) 3 77 4 7 6
[9] ジョン・イズナー (10) 3 6 6 6
ラドゥ・アルボット (98) 0 3 3 4
[31] ステファノス・チチパス (35) 3 6 6 6
トーマス・ファビアーノ (133) 0 2 1 4

チリッチ山では第9シードのイズナー、第13シードのラオニッチ、第31シードのチチパス、マクドナルドが4回戦進出を決めました。

3回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

錦織の3回戦の試合はNo.1コートの第3試合で、日本時間の7月8日(日) 1時頃に開始予定。(前の2試合が長引いたため、3時30分頃開始になりそうです)

カレン・ハチャノフ (40) 3 4 4 77 6 6
フランシス・ティアフォー (52) 2 6 6 63 2 1
[21] カイル・エドマンド (17) 1 6 3 2 4
[12] ノバク・ジョコビッチ (21) 3 4 6 6 6
[15] ニック・キリオス (18) 0 1 63 4
[24] 錦織 圭 (28) 3 6 77 6
エルネスツ・グルビス (138) 3 77 4 5 6 6
[4] アレクサンダー・ズベレフ (3) 2 62 6 7 3 0

A.ズベレフ山では第12シードのジョコビッチ、第24シードの錦織、ハチャノフ、予選勝者のグルビスが4回戦進出を決めました。

第4シードのA.ズベレフ、第15シードのキリオス、第21シードのエドマンドは3回戦で敗退となりました。

A.ズベレフは2回戦の前に食あたりになる不運に見舞われ、この3回戦では第4セット途中でガス欠状態となって満足行くプレーができずに敗れてしまいました。

第24シードの錦織が第15シードのキリオスを6-1、7-6、6-4のストレートで破り、ウィンブルドンでは2年ぶり3回目の4回戦進出を決めました。

前の2試合が長引いたことで試合開始が遅れ、日没まであと1時間50分くらいという状況の中で錦織の試合が始まりましたが、錦織は立ち上がりからすばらしい集中力を見せ、最後まで完璧と言っていい程のプレー内容で日没直前に試合を終わらせる見事な勝利でした。

錦織の3回戦の結果については、『 錦織 vs キリオス 』の記事で詳しく紹介しています。

3回戦(ボトムハーフ・ナダル山)

[5] フアン マルティン・デルポトロ (4) 3 6 77 6
ブノワ・ペール (47) 0 4 64 3
ジル・シモン (53) 3 6 63 6 77
マシュー・エブデン (51) 1 1 77 3 62
イジー・ベセリー (93) 3 77 3 6 6
[19] ファビオ・フォニーニ (16) 1 64 6 3 2
アレックス・デ ミノール (80) 0 1 2 4
[2] ラファエル・ナダル (1) 3 6 6 6

ナダル山では第2シードのナダル、第5シードのデルポトロ、シモン、ベセリーが4回戦進出を決めました。

第19シードのフォニーニは3回戦で敗退となりました。

ドロー表(ベスト32・結果)


スポンサーリンク

3回戦後の暫定ランキング(トップ30)

ウィンブルドンの3回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名 基礎
point
round result 獲得
point
3R後
point
1 ナダル 8,590 3回戦 180 8,770
2 フェデラー 6,720 3回戦 180 6,900
3 A.ズベレフ 5,575 3回戦 × 90 5,665
4 デルポトロ 5,035 3回戦 180 5,215
5 ディミトロフ 4,600 1回戦 × 10 4,610
6 チリッチ 3,860 2回戦 × 45 3,905
7 ティエム 3,655 1回戦 × 10 3,665
8 アンダーソン 3,455 3回戦 180 3,635
9 イズナー 3,000 3回戦 180 3,180
10 ゴファン 3,110 1回戦 × 10 3,120
11 シュワルツマン 2,425 2回戦 × 45 2,470
12 C ブスタ 2,145 1回戦 × 10 2,155
13 ソック 2,065 1回戦 × 10 2,075
14 フォニーニ 1,940 3回戦 × 90 2,030
15 エドマンド 1,905 3回戦 × 90 1,995
16 B アグート 1,940 欠場 0 1,940
17 キリオス 1,845 3回戦 × 90 1,935
18 プイユ 1,790 2回戦 × 45 1,835
19 チョリッチ 1,735 1回戦 × 10 1,745
20 チョン 1,685 欠場 0 1,685
21 ズムル 1,620 2回戦 × 45 1,665
22 コールシュライバー 1,565 3回戦 × 90 1,655
23 シャポバロフ 1,588 2回戦 × 45 1,633
24 錦織 圭 1,440 3回戦 180 1,620
25 マナリノ 1,400 3回戦 180 1,580
26 ジョコビッチ 1,355 3回戦 180 1,535
27 チェッキナート 1,500 1回戦 × 10 1,510
28 クエリー 1,410 3回戦 × 90 1,500
29 ガスケ 1,455 1回戦 × 10 1,465
30 クライノビッチ 1,409 1回戦 × 10 1,419

基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年7月・ウィンブルドン後)』をご覧ください。

ウィンブルドン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

3回戦の放送予定

WOWOWとNHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
7月6日(金) 3回戦 19:25~
7月7日() 3回戦 19:25~

NHK

NHKでは、NHK総合またはEテレで1回戦から準決勝までを録画、決勝を生中継で放送予定。

錦織の試合を生中継で放送予定。

日付 ラウンド 放送時間
7月6日(金) 3回戦 [Eテレ] 25:30~(5:00)
7月7日() 3回戦 [Eテレ] 24:00~(5:00)

・7月6日(金):「K.ムラデノビッチ vs S.ウィリアムズ」他(総合からEテレに変更、放送時間も変更)
・7月7日(土):「大坂 vs A.ケルバー」(時差)、「錦織 vs N.キリオス」(生中継)

2018年 ウィンブルドン その他の結果

コメント

  1. 張飛翼徳 より:

    錦織はトミックスの時のようにファストサーブが良く入れば3回戦以降の上位選手と当たっても良い結果をだせるだろう。3回戦以降が実力を試される。