【2018年】ウィンブルドンの大会情報、ドロー表、放送予定(グランドスラム)


2018年7月2日から7月15日(2018年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」の大会概要、歴代優勝者、大会日程、エントリー選手、ドロー表、放送予定を見ていきます。

また、錦織圭のウィンブルドンでの過去の成績も紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウィンブルドン(グランドスラム)

ウィンブルドンは世界で最も古いテニストーナメントであり、1877年以来、毎年ロンドンのウィンブルドンにあるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで開催されています。

開催期間中の第1週と第2週の中間に位置する日曜日をミドル・サンデーと呼び、この日を休養日として設ける伝統があります。

また、ウィンブルドンの伝統として、試合や練習の際には白いウェアを着用することが義務付けられています。

大会概要

大会名ウィンブルドン
(The Championships, Wimbledon)
カテゴリグランドスラム
開催期間2018年 7月2日 ~ 7月15日
開催地イギリス/ロンドン
会場オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
サーフェス
ドローシングルス:128, ダブルス:64
賞金総額£15,982,000(約23億3,210万円)
日本との時差-8時間(サマータイム中)

ウィンブルドンでの獲得ポイントと賞金を紹介します。

ラウンド獲得ポイント賞金
優勝2,000£2,250,000 (約3億2,830万円)
準優勝1,200£1,125,000 (約1億6,420万円)
準決勝720£562,000 (約8,200万円)
準々決勝360£281,000 (約4,100万円)
4回戦180£163,000 (約2,380万円)
3回戦90£100,000 (約1,460万円)
2回戦45£63,000 (約920万円)
1回戦10£39,000 (約570万円)

※賞金(日本円)について、2018年6月22日時点での1ポンド145.92円で換算。

歴代優勝者

ウィンブルドンの過去10年の優勝者を紹介します。

シングルス最多優勝記録は、ロジャー・フェデラーの8回。

・フェデラー:2003~2007、2009、2012、2017

2017年は、決勝で第3シードのロジャー・フェデラーが第7シードのマリン・チリッチを6-3、6-1、6-4のストレートで破り、ウィンブルドン8回目の優勝を飾りました。(2017年の結果はこちら

優勝者
2017ロジャー・フェデラー
2016アンディ・マレー
2015ノバク・ジョコビッチ
2014ノバク・ジョコビッチ
2013アンディ・マレー
2012ロジャー・フェデラー
2011ノバク・ジョコビッチ
2010ラファエル・ナダル
2009ロジャー・フェデラー
2008ラファエル・ナダル

大会日程

6月25日(月)から6月28日(木)に予選が行われます。

本戦は7月2日(月) から始まり、7月14日(土)に女子シングルス、男子ダブルスと女子ダブルスの決勝、7月15日(日)に男子シングルスの決勝が行われます。

日付男子女子
7月2日(月)1回戦1回戦
7月3日(火)1回戦1回戦
7月4日(水)2回戦2回戦
7月5日(木)2回戦2回戦
7月6日(金)3回戦3回戦
7月7日()3回戦3回戦
7月8日()
7月9日(月)4回戦4回戦
7月10日(火)準々決勝 (D)準々決勝 (S)
7月11日(水)準々決勝 (S)準々決勝 (D)
7月12日(木)準決勝 (D)準決勝 (S)
7月13日(金)準決勝 (S)準決勝 (D)
7月14日()決勝 (D)決勝 (S・D)
7月15日()決勝 (S)

※S:シングルス、D:ダブルス

エントリー選手

ウィンブルドンに出場予定のランキング上位50+αの選手、各選手の2017年の同大会での結果を紹介します。

日本勢からは錦織圭、杉田祐一、ダニエル太郎、西岡良仁が出場予定。
(予選には伊藤竜馬、添田豪、守屋宏紀、内山靖崇、綿貫陽介が出場予定)

<シングルスの出場枠 128>
・本戦ストレートイン (DA):108名
・ワイルドカード (WC):4名
・予選通過者 (Q):16名

<欠場者の情報>
ベルディヒ、バウティスタ アグート、チョン、ルブレフ、ツォンガ、トロイツキ、キケル、ルー、アンドゥハル、ステベは欠場となりました。

※世界ランキング「Rank」は2018年6月25日付のランキングです。

シード選手名Rank2017年
1ロジャー・フェデラー2位優勝
2ラファエル・ナダル1位4回戦
3マリン・チリッチ5位準優勝
4アレクサンダー・ズベレフ3位4回戦
5フアン マルティン・デルポトロ4位2回戦
6グリゴール・ディミトロフ6位4回戦
7ドミニク・ティエム7位4回戦
8ケビン・アンダーソン8位4回戦
9ジョン・イズナー10位2回戦
10ダビド・ゴファン9位
11サム・クエリー13位ベスト4
トマーシュ・ベルディヒ23位ベスト4
12ノバク・ジョコビッチ17位ベスト8
13ミロシュ・ラオニッチ32位ベスト8
ロベルト・バウティスタ アグート14位4回戦
14ディエゴ・シュワルツマン11位1回戦
15ニック・キリオス19位1回戦
16ボルナ・チョリッチ21位1回戦
17リュカ・プイユ20位2回戦
18ジャック・ソック15位2回戦
19ファビオ・フォニーニ16位3回戦
20パブロ・カレーニョ ブスタ12位
21カイル・エドマンド18位2回戦
22アドリアン・マナリノ24位4回戦
23リシャール・ガスケ29位1回戦
24錦織 圭27位3回戦
チョン・ヒョン22位
25フィリップ・コールシュライバー25位1回戦
26デニス・シャポバロフ26位1回戦
27ダミール・ズムル30位2回戦
28フィリップ・クライノビッチ28位予選1回戦
29マルコ・チェッキナート31位1回戦
30フェルナンド・ベルダスコ33位1回戦
アンドレイ・ルブレフ34位2回戦
31ステファノス・チチパス35位1回戦
32レオナルド・メイヤー36位
アルベルト・ラモス ビノラス37位3回戦
ダビド・フェレール38位3回戦
ペーター・ゴヨブチック39位2回戦
カレン・ハチャノフ40位3回戦
ガエル・モンフィス41位3回戦
スティーブ・ジョンソン42位3回戦
アンドレアス・セッピ43位2回戦
ロビン・ハーセ44位1回戦
杉田 祐一45位2回戦
ジェレミー・シャルディ46位1回戦
ジョアン・ソウザ47位1回戦
ブノワ・ペール48位4回戦
マクシミリアン ・マーテラー49位予選1回戦
マートン・フチョビッチ50位1回戦
ダニエル 太郎87位1回戦
アンディ・マレー156位ベスト8
スタン・ワウリンカ225位1回戦
西岡 良仁(PR)259位

男子シングルスのシードについて

ウィンブルドンでは2018年6月25日付のランキング上位32名にシードが与えられ、下記3つのポイントの合計でシード順が決められます。

・2018年6月25日付のATPランキングのポイント
・2018年6月25日までの直近12ヶ月間に獲得した芝の大会でのすべてのポイント
・それ以前の12ヶ月間に芝の大会で獲得した最高ポイントの75%

ドロー表

ドローセレモニー:現地時間の6月29日(金)10時、日本時間の同日18時。

ドロー表(PDF版)は、『 2018年ウィンブルドンのドロー表 』をご覧ください。

第1シードから第8シードまでのドローは下記のようになりました。

<トップハーフ>
[1] フェデラー vs アンダーソン [8]
[3] チリッチ vs ディミトロフ [6]

<ボトムハーフ>
[4] A.ズベレフ vs ティエム [7]
[2] ナダル vs デルポトロ [5]

また、日本勢では錦織圭と杉田祐一はボトムハーフのA.ズベレフ山、ダニエル太郎はボトムハーフのナダル山、西岡良仁はトップハーフのチリッチ山に入りました。

1回戦の対戦相手について、錦織は予選勝者のクリスチャン・ハリソン(24歳・アメリカ・200位)、杉田は予選勝者のブラッドレイ・クラン(27歳・アメリカ・170位)、ダニエルは第19シードのファビオ・フォニーニ(31歳・イタリア・16位)、西岡は第3シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア・5位)との対戦が決まりました。

<withdraw>
アンディ・マレーがwithdrawとなり、ラッキールーザーでジェイソン・ジャンが出場。

アレクサンドル・ドルゴポロフがwithdrawとなり、ラッキールーザーでシモーネ・ボレッリが出場。

ウィンブルドンの結果

2018年ウィンブルドンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では、各ラウンド終了時の暫定ランキングも紹介しています。

放送予定

WOWOWとNHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを生中継で放送予定。

※大会初日は無料放送。

日付ラウンド放送時間
7月2日(月)1回戦19:15~
7月3日(火)1回戦19:25~
7月4日(水)2回戦19:25~
7月5日(木)2回戦19:25~
7月6日(金)3回戦19:25~
7月7日()3回戦19:25~
7月8日()
7月9日(月)4回戦19:25~
7月10日(火)準々決勝 (女子)20:55~
7月11日(水)準々決勝 (男子)20:55~
7月12日(木)準決勝 (女子)20:50~
7月13日(金)準決勝 (男子)20:50~
7月14日()決勝 (女子)21:45~
7月15日()決勝 (男子)21:45~

7月14日(土)に女子シングルス、男子ダブルスと女子ダブルスの決勝、7月15日(日)に男子シングルスの決勝が行われます。

NHK

NHKでは、NHK総合またはEテレで1回戦から準決勝までを録画、決勝を生中継で放送予定。

錦織の試合を生中継で放送予定。

日付ラウンド放送時間
7月2日(月)1回戦[Eテレ] 24:25~(5:00)
7月3日(火)1回戦 (錦織)[総合サブ] 19:30~22:00
1回戦[総合] 23:55~26:45
[Eテレ] 26:45~(5:00)
7月4日(水)2回戦[総合] 23:55~(4:20)
7月5日(木)2回戦[総合] 23:55~(4:30)
7月6日(金)3回戦[Eテレ] 25:30~(5:00)
7月7日()3回戦[Eテレ] 24:00~(5:00)
7月9日(月)4回戦 (錦織)[総合サブ] 21:00~23:40
4回戦[総合] 23:55~(3:55)
7月10日(火)準々決勝 (女子)[総合] 23:55~26:20
[Eテレ] 26:20~(5:00)
7月11日(水)準々決勝 (錦織)[総合/サブ] 21:00~23:55
準々決勝 (男子)[総合] 23:55~(3:55)
7月12日(木)準決勝 (女子)[総合] 23:55~(4:05)
7月13日(金)準決勝 (男子)[総合] 23:55~(4:05)
7月14日()準決勝 (男子)[総合サブ] 21:00~(22:00)
決勝 (女子)[総合] 22:00~(24:00)
7月15日()決勝 (男子)[Eテレ] 22:00~(24:30)

・7月2日(月):「西岡 vs M.チリッチ」他
・7月3日(火):「錦織 vs C.ハリソン」(生中継)
・7月3日(火):「大坂 vs M.ニクレスク」他
・7月4日(水):「E.マカロワ vs C.ウォズニアッキ」他
・7月5日(木):「錦織 vs B.トミック」(生中継)、「大坂 vs K.ボルター」
・7月6日(金):「K.ムラデノビッチ vs S.ウィリアムズ」他(総合からEテレに変更、放送時間も変更)
・7月7日(土):「大坂 vs A.ケルバー」(時差)、「錦織 vs N.キリオス」(生中継)
・7月9日(月):「錦織 vs E.グルビス」(生中継)
・7月9日(月):「R.フェデラー vs A.マナリノ」他
・7月10日(火):「D.カサトキナ vs A.ケルバー」他
・7月11日(水):「錦織 vs N.ジョコビッチ」(生中継)
・7月11日(水):「J.デルポトロ vs R.ナダル」
・7月12日(木):「J.オスタペンコ vs A.ケルバー」
・7月13日(金):「K.アンダーソン vs J.イズナー」(試合途中から生中継で放送開始)、「N.ジョコビッチ vs R.ナダル」(生中継、第3セット後にサスペンデッド)
・7月14日(土):「N.ジョコビッチ vs R.ナダル」(生中継)
・7月14日(土):「A.ケルバー vs S.ウィリアムズ」(生中継)
・7月15日(日):「K.アンダーソン vs N.ジョコビッチ」(生中継)

錦織の過去の成績

錦織のウィンブルドンでの過去の成績を紹介します。

錦織のウィンブルドンでの最高成績は4回戦で、2015年と2016年は前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンで怪我をしてしまい、万全な状態でプレーできずに大会途中で棄権となっています。

結果対戦相手
20173回戦ロベルト・バウティスタ アグート
20164回戦マリン・チリッチ(試合途中で棄権)
20152回戦サンティアゴ・ヒラルド(試合前に棄権)
20144回戦ミロシュ・ラオニッチ
20133回戦アンドレアス・セッピ
20123回戦フアン マルティン・デルポトロ
20111回戦レイトン・ヒューイット
20101回戦ラファエル・ナダル
2009出場なし
20081回戦マルク・ジケル(試合途中で棄権)

2017年もゲリー・ウェバー・オープンの2回戦で左臀部(でんぶ)を痛めて試合途中で棄権し、不安を抱えた状態でウィンブルドンを迎えることとなりました。

1回戦と2回戦は突破したものの、3回戦でバウティスタ アグートに敗れました。

Round対戦相手スコア
3回戦ロベルト・バウティスタ アグート (19位)4-6, 6-7(3), 6-3, 3-6
2回戦セルジー・スタホフスキー (122位)6-4, 6-7(7), 6-1, 7-6(6)
1回戦マルコ・チェッキナート (102位)6-2, 6-2, 6-0

今年は大会直前で怪我をすることなくウィンブルドンを迎えることができたので、このままウィンブルドンも怪我なく戦い抜いて欲しいなと思います。

最後に

ウィンブルドンの優勝候補の筆頭は今年もフェデラーですが、芝シーズンに入って2大会連続で決勝まで戦っており、ウィンブルドン前に1週間の休みがあるとはいえ、勝ち進んで行った時に疲れが出てこなければという感じです。

昨年の準優勝者で前哨戦のフィーバーツリー選手権で優勝を果たしたチリッチ、同大会で準優勝だったジョコビッチ、全仏オープン以来の出場でぶっつけ本番となるナダルとデルポトロ、グランドスラムでようやく結果を残し始めたA.ズベレフ、予測不能のキリオスなど、誰が優勝してもおかしくない混戦模様の大会となりそうで非常に楽しみです。

そして、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンの決勝でフェデラーを破って優勝を果たした21歳のチョリッチをはじめ、将来を期待されている若手がウィンブルドンでどんなプレーを見せてくれるのかにも注目して見ていきたいです。

コメント