【2018年】全豪オープンテニスの結果(2回戦)


2018年1月15日~28日(2018年第3~4週)にメルボルン(オーストラリア)で開催のグランドスラム「全豪オープン」の2回戦の結果、2回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

シード勢のうち8名が1回戦で敗退となりましたが、その中でトップハーフ(ディミトロフ山)の第8シードのソック選手のブロックにいた4名のシード選手が全員姿を消す状況となっています。

西岡良仁選手の試合は1月17日(水)の第1試合(9時開始)に行われ、同じコートの第2試合に杉田祐一選手の試合が行われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 全豪オープン2回戦の結果

全豪オープンの結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・1月17日(水):2回戦 トップハーフ
・1月18日(木):2回戦 ボトムハーフ

デイセッション :9時~ (現地時間11時~)
ナイトセッション:17時~(現地時間19時~)

※()内の世界ランキングは、2018年1月15日付のランキングです。

2回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル (1位)36677
レオナルド・メイヤー (52位)03464
ジョン・ミルマン (122位)15641
[28] ダミール・ズムル (30位)37366
 
[24] ディエゴ・シュワルツマン (26位)3666
キャスパー・ルード (138位)0423
アレクサンドル・ドルゴポロフ (37位)37766
マシュー・エブデン (78位)06034
 
[10] パブロ・カレーニョ ブスタ (11位)63
ジル・シモン (57位)棄権20
マレク・ジャジリ (100位)2547762
[23] ジレ・ミュラー (28位)3766536
 
[31] パブロ・クエバス (34位)04654
ライアン・ハリソン (45位)36776
ジョアン・ソウザ (70位)0152
[6] マリン・チリッチ (6位)3676

シード勢では、第1シードのナダル選手、第6シードのチリッチ選手、第10シードのカレーニョブスタ選手、第23シードのミュラー選手、第24シードのシュワルツマン選手、第28シードのズルム選手が3回戦に進出。

第31シードのクエバス選手は2回戦敗退となりました。

2回戦(トップハーフ・ディミトロフ山)

[3] グリゴール・ディミトロフ(3位)346608
マッケンジー・マクドナルド (186位)262466
マルコス・バグダティス (123位)147742
[30] アンドレイ・ルブレフ (32位)366566
 
[17] ニック・キリオス (17位)37677
ビクトル・トロイツキ (65位)05462
デニス・シャポバロフ (50位)2636645
[15] ジョーウィルフリード・ツォンガ (15位)3361777
 
カイル・エドマンド (49位)3666
デニス・イストミン (60位)0224
ニコロズ・バシラシビリ (61位)3766
ルベン・ビーママンズ (117位)0513
 
西岡 良仁 (168位)0134
アンドレアス・セッピ (76位)3666
イボ・カロビッチ (89位)377637412
杉田 祐一 (41位)263775610

シード勢では、第3シードのディミトロフ選手、第15シードのツォンガ選手、第17シードのキリオス選手、第30シードのルブレフ選手が3回戦に進出。

日本人選手の結果を紹介します。

・杉田選手はカロビッチ選手に6-7、7-6、5-7、6-4、10-12のフルセットの末に敗れ、2回戦で敗退となりました。(試合時間:4時間33分)

第1セットから杉田選手はブレイクポイントを握る場面が何度もありましたが、あと一本がなかなか取れず、ビッグサーバー相手に我慢のテニスが続きます。

そして、セットカウント1-2と後がなくなる中、第4セットの第10ゲームに杉田選手がこの試合初めてのブレイクに成功し、勝負はファイナルセットへ。

第21ゲーム、杉田選手のダブルフォルトやアンラッキーなコードボールなどがあり、カロビッチ選手にブレイクを許してしまい、万事休す。

この試合、カロビッチ選手のサービスエースが53本もあり、特にファイナルセットの終盤で先にブレイクをした方が勝ちという状況の中でカロビッチ選手のサービスエースがどんどん決まり、杉田選手にとってはノーチャンスの厳しい展開となってしまいました。

・西岡選手はセッピ選手に1-6、3-6、4-6のストレートで敗れ、2回戦で敗退となりました。

安定感のあったセッピ選手に対して、西岡選手は大事なところでミスが出てしまうなど主導権を握ることができず、完敗の内容でした。

2回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

[5] ドミニク・ティエム (5位)3663666
デニス・クドラ (180位)2786322
イジー・ベセリー (64位)136473
[26] アドリアン・マナリノ (27位)367756
 
フェルナンド・ベルダスコ (40位)2466563
マクシミリアン ・マーテラー (94位)3647736
テニーズ・サンドグレン (97位)3666
[9] スタン・ワウリンカ (8位)0214
 
[14] ノバク・ジョコビッチ (14位)34666
ガエル・モンフィス (39位)16313
ティム・スマイチェック (131位)04262
[21] アルベルト・ラモス ビノラス (22位)36677
 
チョン・ヒョン (58位)37766
ダニール・メドベデフ (53位)06411
ペーター・ゴヨブチック (62位)11363
[4] アレクサンダー・ズベレフ (4位)36646

シード勢では、第4シードのA.ズベレフ選手、第5シードのティエム選手、第14シードのジョコビッチ選手、第21シードのラモスビノラス選手、第26シードのマナリノ選手が3回戦に進出。

第9シードのワウリンカ選手は2回戦で敗退となりました。

ワウリンカ選手は怪我明けで、ぶっつけ本番での出場となりましたが、1回戦は突破したもののさすがに準備不足という感じでした。

そして、2回戦の中で注目のカードとなった「ジョコビッチ vs モンフィス」。

ジョコビッチ選手は第1セットの立ち上がりからストロークミスやダブルフォルトを連発して2回のブレイクを許し、いきなり3ゲームを連取される立ち上がりとなりましたが、本調子でないものの次第にペースを取り戻していきます。

モンフィス選手の方はスーパーショットを見せるなどすばらしいプレーもありましたが、アップダウンが大きく、ジョコビッチ選手が勝利。

ジョコビッチ選手は今の出来ではさすがに厳しいかなという状態ですが、3回戦以降どれだけ状態を上げていけるか注目です。

それにしても現地の昼間の気温が40度に近く、ジョコビッチ選手とモンフィス選手も暑さでヘロヘロになっていましたが、昼間に試合をしている選手たちのコンディションが心配です。

2回戦(ボトムハーフ・フェデラー山)

[7] ダビド・ゴファン (7位)1665164
ジュリアン・ベネトー (59位)3177677
エフゲニー・ドンスコイ (72位)16341
[25] ファビオ・フォニーニ (25位)32666
 
[19] トマーシュ・ベルディヒ (20位)36266
ギリェルモ・ガルシア ロペス (71位)13623
カレン・ハチャノフ (47位)1464774
[12] フアン マルティン・デルポトロ (10位)3677606
 
[13] サム・クエリー (13位)146662
マートン・フクソービッチ (80位)367846
ニコラス・キッカー (93位)36717
ルカシュ・ラツコ (86位)12565
 
[29] リシャール・ガスケ (31位)3666
ロレンツォ・ソネゴ (219位)0223
ヤン レナード・ストルフ (55位)04464
[2] ロジャー・フェデラー (2位)36677

シード勢では、第2シードのフェデラー選手、第12シードのデルポトロ選手、第19シードのベルディヒ選手、第25シードのフォニーニ選手、第29シードのガスケ選手が3回戦に進出。

第7シードのゴファン選手は36歳のベテランのベネトー選手に敗れ、2回戦で敗退となりました。

第4セット、第10ゲームにベネトー選手がサービングフォーザマッチを迎えますが、勝ちを意識しすぎて硬くなってしまったのか2本のダブルフォルトが出るなど、ゴファン選手が土壇場でブレイクバックに成功。

ここで流れが変わりそうな状況でしたが、ゴファン選手は第12ゲームにあったブレイクのチャンス、タイブレークでもリードする展開を生かせず、あと一本が欲しいところでベネトー選手の気持ちの入ったすばらしいプレーに押し返されてしまいました。

ベネトー選手は2017年シーズンのマスターズ最終戦のパリ・マスターズでツォンガ選手、ゴファン選手、チリッチ選手を倒してベスト4になる快進撃を見せていましたが、36歳で迎えた今大会でもまた快進撃を見せてくれるのか注目です。

そして、第13シードのクエリー選手も敗れてしまい、アメリカのシード勢は全員2回戦までで姿を消すこととなりました。

2回戦後の暫定ランキング(トップ30)

全豪オープンの2回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
2R後
point
1ナダル9,4002回戦909,490
2フェデラー7,6052回戦907,695
3A.ズベレフ4,5202回戦904,610
4ディミトロフ4,2702回戦904,360
5ティエム3,8802回戦903,970
6チリッチ3,7602回戦903,850
7ゴファン3,4152回戦×453,460
8ソック2,8701回戦×102,880
9デルポトロ2,7252回戦902,815
10アンダーソン2,6101回戦×102,620
11C ブスタ2,5252回戦902,615
12クエリー2,4452回戦×452,490
13ワウリンカ2,3402回戦×452,385
14ジョコビッチ2,2902回戦902,380
15キリオス2,2152回戦902,305
16プイユ2,2251回戦×102,235
17イズナー2,2201回戦×102,230
18ベルディヒ1,9602回戦902,050
19ツォンガ1,9602回戦902,050
20マレー1,960欠場01,960
21R ビノラス1,8352回戦901,925
22B アグート1,8351回戦×101,845
23フォニーニ1,6702回戦901,760
24シュワルツマン1,6302回戦901,720
25マナリノ1,6152回戦901,705
26錦織 圭1,555欠場01,555
27ミュラー1,4452回戦901,535
28ズムル1,3812回戦901,471
29ラオニッチ1,3901回戦×101,400
30クエバス1,3352回戦×451,380

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年1月・全豪オープン後)』をご覧ください。

全豪オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

放送予定

WOWOW、NHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定

日程ラウンド放送時間
1月17日(水)2回戦8:55~, 16:50~
1月18日(木)2回戦8:55~, 16:50~

NHK(地上波)

NHKでは、1回戦から決勝までを深夜に録画で放送予定

日程ラウンド放送時間
1月17日(水)2回戦24:10~(26:20)
1月18日(木)2回戦24:10~(26:20)

・1月17日(水)の対戦カードは男子「西岡 vs セッピ」「杉田 vs カロビッチ」
・1月18日(木)の対戦カードは女子「大坂 vs ベスニナ」

2018年 全豪オープン その他の結果

コメント