【2018年】全豪オープンテニスの結果(1回戦)


2018年1月15日~28日(2018年第3~4週)にメルボルン(オーストラリア)で開催のグランドスラム「全豪オープン」の1回戦の結果、1回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。

トップハーフから先に試合が行われます。

日本人選手は、1月15日(月)に杉田祐一選手と西岡良仁選手、1月16日(火)にダニエル太郎選手が登場。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年 全豪オープン1回戦の結果

全豪オープンの結果について、試合結果が分かり次第、適宜更新していきます。

<日程>
・1月15日(月):1回戦 トップハーフ
・1月16日(火):1回戦 ボトムハーフ

デイセッション :9時~ (現地時間11時~)
ナイトセッション:17時~(現地時間19時~)

1回戦(トップハーフ・ナダル山)

[1] ラファエル・ナダル3666
ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス0111
ニコラス・ジャリ02613
レオナルド・メイヤー36776
 
ジョン・ミルマン3766
ボルナ・チョリッチ0541
パオロ・ロレンツィ2666524
[28] ダミール・ズムル3327766
 
[24] ディエゴ・シュワルツマン3265611
ドゥシャン・ラヨビッチ263749
キャスパー・ルード36375711
カンタン・アリス2367759
 
アレクサンドル・ドルゴポロフ37766
アンドレアス・ハイダー モーラー06334
マシュー・エブデン36366
[16] ジョン・イズナー14633
 
[10] パブロ・カレーニョ ブスタ37476
ジェイソン・キューブラー15651
ジル・シモン3766
マリウス・コピル0543
 
サルヴァトーレ・カルーソ2776353
マレク・ジャジリ3623676
フェデリコ・デルボニス0543
[23] ジレ・ミュラー3766
 
[31] パブロ・クエバス37967
ミハイル・ユージニー06735
ドゥディ・セラ237652
ライアン・ハリソン365376
 
ダスティン・ブラウン2436771
ジョアン・ソウザ3664646
バセク・ポスピシル122665
[6] マリン・チリッチ366477

シード勢では、第1シードのナダル選手、第6シードのチリッチ選手、第10シードのカレーニョブスタ選手、第23シードのミュラー選手、第24シードのシュワルツマン選手、第28シードのズルム選手、第31シードのクエバス選手が2回戦に進出。

第16シードのイズナー選手は地元オーストラリアのエブデン選手に敗れ、初戦敗退となりました。

1回戦(トップハーフ・ディミトロフ山)

[3] グリゴール・ディミトロフ3666
デニース・ノヴァク0321
マッケンジー・マクドナルド36646
エリアス・イマー14361
 
マルコス・バグダティス37766
ユキ・バンブリ06443
ダビド・フェレール25782782
[30] アンドレイ・ルブレフ37666666
 
[17] ニック・キリオス3666
ロジェリオ・ドゥトラ シルバ0124
ビクトル・トロイツキ3624666
アレックス・ボルト2776234
 
ステファノス・チチパス01365
デニス・シャポバロフ36677
ケビン・キング0441
[15] ジョーウィルフリード・ツォンガ3666
 
[11] ケビン・アンダーソン2773634
カイル・エドマンド3646366
ピエール ユーグ・エルベール121763
デニス・イストミン366577
 
ジェラルド・メルツァー13463
ニコロズ・バシラシビリ36626
ルベン・ビーママンズ3666478
[18] リュカ・プイユ1447766
 
[27] フィリップ・コールシュライバー236062
西岡 良仁362616
アンドレアス・セッピ33666
コランタン・ムテ16422
 
イボ・カロビッチ377677
ラスロ・ジェレ063362
杉田 祐一367756
[8] ジャック・ソック116473

シード勢では、第3シードのディミトロフ選手、第15シードのツォンガ選手、第17シードのキリオス選手、第30シードのルブレフ選手が2回戦に進出。

第8シードのソック選手、第11シードのアンダーソン選手、第18シードのプイユ選手、第27シードのコールシュライバー選手は初戦敗退となりました。

日本人選手の結果を紹介します。

・杉田選手が第8シードのソック選手を6-1、7-6、5-7、6-3のセットカウント3-1で破り、全豪オープン初勝利とトップ10選手から初勝利を挙げて2回戦進出を決めました。

立ち上がりから杉田選手が主導権を握り、ソック選手を圧倒するプレーを見せて第1セットを取ります。

第2セットも杉田選手のペースで試合が進み、杉田選手が2ブレイクアップで4-1とリードしますが、ここからソック選手が開き直った感じでプレーが良くなって4ゲーム連取するなどソック選手に流れが行きます。

このままズルズル行ってしまいそうな局面でしたが、杉田選手が何とか踏ん張ってタイブレークに持ち込み、大事な場面で杉田選手のスーパーショットが飛び出すなど杉田選手がすばらしい集中力を見せ第2セットも取ります。

第4セット、どちらが試合の流れをつかむかという展開となる中、第8ゲームで杉田選手が先にブレイクに成功し、第9ゲームにサービングフォーザマッチを迎えます。

ソック選手にブレイクポイントを握られる場面もありましたが、緊張する場面でも杉田選手は守りに入らず積極的に仕掛けるなど、すばらしい集中力を見せて勝利。

・西岡選手が第27シードのコールシュライバー選手を6-3、2-6、6-0、1-6、6-2のフルセットの末に破り、全豪オープン2年連続で2回戦進出を決めました。

お互いにアップダウンが大きく、セット毎に主導権が入れ替わる試合展開で、勝負はファイナルセットへ。

ファイナルセットの第1ゲームで西岡選手がいきなりブレイクに成功すると、ここから一気にたたみかけて4ゲームを連取し、このリードをしっかりと守って勝利。

西岡選手は2017年3月のマイアミ・オープンで左膝前十字靭帯の断裂の重症を負い、長いリハビリ期間を終えて9ヶ月ぶりにツアーに戻ってきましたが、復帰後のツアー公式戦初勝利を飾りました。

1回戦(ボトムハーフ・A.ズベレフ山)

[5] ドミニク・ティエム3666
ギド・ページャ0444
スティーブ・ジョンソン1773632
デニス・クドラ3656776
 
バツラフ・サフラネク0433
イジー・ベセリー3666
マッテオ・ベレッティーニ0444
[26] アドリアン・マナリノ3666
 
[20] ロベルト・バウティスタ アグート0155
フェルナンド・ベルダスコ3677
セドリク マルセル・ステベ0034
マクシミリアン ・マーテラー3666
 
ジェレミー・シャルディー04622
テニーズ・サンドグレン36776
リカルダス・ベランキス134662
[9] スタン・ワウリンカ366277
 
[14] ノバク・ジョコビッチ3666
ドナルド・ヤング0124
ガエル・モンフィス36776
ジャウメ・ムナル03654
 
ティム・スマイチェック3661466
アレクセイ・ポピリン1371633
ジャレッド・ドナルドソン0234
[21] アルベルト・ラモス ビノラス3666
 
[32] ミーシャ・ズベレフ棄権21
チョン・ヒョン64
タナシ・コキナキス1278684
ダニール・メドベデフ36667106
 
ミハイル・ククシュキン0331
ペーター・ゴヨブチック3666
トーマス・ファビアーノ01655
[4] アレクサンダー・ズベレフ36777

シード勢では、第4シードのA.ズベレフ選手、第5シードのティエム選手、第9シードのワウリンカ選手、第14シードのジョコビッチ選手、第21シードのラモスビノラス選手、第26シードのマナリノ選手が2回戦に進出。

第20シードのバウティスタアグート選手、第32シードのM.ズベレフ選手は初戦敗退となりました。

1回戦(ボトムハーフ・フェデラー山)

[7] ダビド・ゴファン363666
マティアス・バッキンガー177324
ジュリアン・ベネトー3667766
ダニエル太郎1786041
 
エフゲニー・ドンスコイ3666
フロリアン・マイヤー0444
オラシオ・セバジョス0445
[25] ファビオ・フォニーニ3667
 
[19] トマーシュ・ベルディヒ36366
アレックス・デ ミノール13601
ギリェルモ・ガルシア ロペス366466
ブノワ・ペール107714
 
カレン・ハチャノフ377776
ピーター・ポランスキー063624
フランシス・ティアフォー0343
[12] フアン マルティン・デルポトロ3666
 
[13] サム・クエリー3666
フェリシアーノ・ロペス0342
ラドゥ・アルボット12365
マートン・フクソービッチ36647
 
ニコラス・キッカー366436
ジョーダン・トンプソン231663
ルカシュ・ラツコ3657677
[22] ミロシュ・ラオニッチ1775464
 
[29] リシャール・ガスケ3667
ブラジュ・カフチッチ0145
ロレンツォ・ソネゴ367667
ロビン・ハーセ135785
 
クォン・スーンウー0124
ヤン レナード・ストルフ3666
アルヤズ・ベデネ0343
[2] ロジャー・フェデラー3666

シード勢では、第2シードのフェデラー選手、第7シードのゴファン選手、第12シードのデルポトロ選手、第13シードのクエリー選手、第19シードのベルディヒ選手、第25シードのフォニーニ選手、第29シードのガスケ選手が2回戦に進出。

第22シードのラオニッチ選手は初戦敗退となりました。

ラオニッチ選手は2018年シーズン開幕戦のブリスベン国際で怪我からの復帰を果たしましたが初戦で敗退し、今大会でも結果を残すことができず初戦敗退となってしまいました。

実戦感覚を取り戻す前に復帰を急いでしまったのかなという感じです。

ダニエル太郎選手は36歳のベテランのベネトー選手に7-6、6-7、4-6、1-6のセットカウント1-3で敗れ、初戦突破とはなりませんでした。

1回戦後の暫定ランキング(トップ30)

全豪オープンの1回戦終了時点での暫定ランキングです。

暫定
順位
選手名基礎
point
roundresult獲得
point
1R後
point
1ナダル9,4001回戦459,445
2フェデラー7,6051回戦457,650
3A.ズベレフ4,5201回戦454,565
4ディミトロフ4,2701回戦454,315
5ティエム3,8801回戦453,925
6チリッチ3,7601回戦453,805
7ゴファン3,4151回戦453,460
8ソック2,8701回戦×102,880
9デルポトロ2,7251回戦452,770
10アンダーソン2,6101回戦×102,620
11C ブスタ2,5251回戦452,570
12クエリー2,4451回戦452,490
13ワウリンカ2,3401回戦452,385
14ジョコビッチ2,2901回戦452,335
15キリオス2,2151回戦452,260
16プイユ2,2251回戦×102,235
17イズナー2,2201回戦×102,230
18ベルディヒ1,9601回戦452,005
19ツォンガ1,9601回戦452,005
20マレー1,960欠場01,960
21R ビノラス1,8351回戦451,880
22B アグート1,8351回戦×101,845
23フォニーニ1,6701回戦451,715
24シュワルツマン1,6301回戦451,675
25マナリノ1,6151回戦451,660
26錦織 圭1,555欠場01,555
27ミュラー1,4451回戦451,490
28ズムル1,3811回戦451,426
29ラオニッチ1,3901回戦×101,400
30クエバス1,3351回戦451,380

※基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年1月・全豪オープン後)』をご覧ください。

全豪オープン 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝2,000
準優勝1,200
準決勝720
準々決勝360
4回戦180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

放送予定

WOWOW、NHKでの放送が予定されています。

WOWOW

WOWOWでは、1回戦から決勝までを連日生中継で放送予定

大会初日は無料放送となっています。

日程ラウンド放送時間
1月15日(月)1回戦8:30~, 16:45~
1月16日(火)1回戦8:55~, 16:50~

NHK(地上波)

NHKでは、1回戦から決勝までを深夜に録画で放送予定

日程ラウンド放送時間
1月15日(月)1回戦24:10~(26:20)
1月16日(火)1回戦24:10~(26:20)

・1月15日(月)の対戦カードは男子「杉田 vs ソック」
・1月16日(火)の対戦カードは女子「大坂 vs クッチョーバ」

2018年 全豪オープン その他の結果

コメント