【2018年】アンタルヤ・オープン、ネイチャー・バレー国際の結果(ATP250)


2018年6月第5週(2018年第26週)に開催されたATP250の2大会「アンタルヤ・オープン(アンタルヤ)」、「ネイチャー・バレー国際(イーストボーン)」のシード選手の結果、決勝の結果を見ていきます。

スポンサーリンク

アンタルヤ・オープン(ATP250)

2018年6月24日から6月30日にアンタルヤ(トルコ)で開催されたATP250「アンタルヤ・オープン」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、第1シードのアドリアン・マナリノが2回戦でリカルダス・ベランキス、準々決勝で第6シードのジョアン・ソウザ、準決勝で第4シードのガエル・モンフィスを破り、2年連続で決勝に進出。

ボトムハーフでは、第2シードのダミール・ズムルが2回戦でマリウス・コピル、準々決勝でピエール ユーグ・エルベール、準決勝でイジー・ベセリーを破り、決勝に進出。

大会2連覇を狙った第7シードの杉田祐一は、2回戦でピエール ユーグ・エルベールにフルセットの末に敗れました。

シード 選手名 Rank 結果
1 アドリアン・マナリノ 24位 準優勝
2 ダミール・ズムル 30位 優勝
3 フェルナンド・ベルダスコ 33位 2回戦
4 ガエル・モンフィス 41位 ベスト4
5 ロビン・ハーセ 44位 2回戦
6 ジョアン・ソウザ 47位 ベスト8
7 杉田 祐一 45位 2回戦
8 ドゥシャン・ラヨビッチ 57位 2回戦

※「Rank」は2018年6月25日付の世界ランキング。

決勝の結果

2018年6月30日 決勝(アンタルヤ/芝)
[1] アドリアン・マナリノ (24位) 1 1 6 1
[2] ダミール・ズムル (30位) 2 6 1 6
試合時間:1時間24分

2018年のアンタルヤ・オープンの決勝。

第2シードのダミール・ズムル(26歳・ボスニア・ヘルツェゴビナ)が第1シードのアドリアン・マナリノ(29歳・フランス)を6-1、1-6、6-1のフルセットの末に破り、アンタルヤ・オープン初優勝を飾りました。

ズムルは今シーズン初優勝で、ツアー通算3回目の優勝。

一方、マナリノはアンタルヤ・オープン2年連続で準優勝となり、ツアー初優勝とはなりませんでした。

ネイチャー・バレー国際(ATP250)

2018年6月24日から6月30日にイーストボーン(イギリス)で開催されたATP250「ネイチャー・バレー国際」の結果を見ていきます。

シード選手の結果

トップハーフでは、ルカシュ・ラツコが1回戦でロベルト・ケイロス、2回戦で第1シードのディエゴ・シュワルツマン、準々決勝でキャメロン・ノーリー、準決勝で第4シードのマルコ・チェッキナートを破り、約6年ぶりとなるツアー2回目の決勝に進出。

ボトムハーフでは、ミーシャ・ズベレフが1回戦でニコラス・ジャリ、2回戦で第7シードのスティーブ・ジョンソン、準々決勝で第3シードのデニス・シャポバロフ、準決勝でミハイル・ククシュキンを破り、決勝に進出。

シード 選手名 Rank 結果
1 ディエゴ・シュワルツマン 11位 2回戦
2 カイル・エドマンド 18位 ベスト8
3 デニス・シャポバロフ 26位 ベスト8
4 マルコ・チェッキナート 31位 ベスト4
5 レオナルド・メイヤー 36位 2回戦
6 ダビド・フェレール 38位 2回戦
7 スティーブ・ジョンソン 42位 2回戦
8 マートン・フチョビッチ 50位 withdraw

※「Rank」は2018年6月25日付の世界ランキング。

決勝の結果

2018年6月30日 決勝(イーストボーン/芝)
ルカシュ・ラツコ (94位) 0 4 4
ミーシャ・ズベレフ (67位) 2 6 6
試合時間:1時間37分

2018年のネイチャー・バレー国際の決勝。

ミーシャ・ズベレフ(30歳・ドイツ)がルカシュ・ラツコ(30歳・スロバキア)を6-4、6-4のストレートで破り、見事ツアー初優勝を飾りました。

M.ズベレフは2017年5月のジュネーヴ・オープン以来となる3回目の決勝で、悲願のツアー初優勝となりました。

一方、ラツコは2012年2月のPBZザグレブ・インドア以来となるツアー2回目の決勝でしたが惜しくも敗れ、ツアー初優勝とはなりませんでした。