ATPランキング試算(2018年11月・パリ後)


2018年10月29日から11月4日(2018年第44週)にパリ(フランス)で開催されるマスターズ1000「ロレックス・パリ・マスターズ(パリ・マスターズ)」。

今回はランキング上位30名のパリ・マスターズ後の11月5日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年11月5日付のランキング試算

はじめに、2018年11月5日付のランキングについて、2017年のパリ・マスターズのポイントが2018年11月5日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。(例外の選手については別途補足します。)

また、2017年のATPファイナルズのポイントも2018年11月5日に失効日を迎えます。

2017年 パリ・マスターズとATPファイナルズの振り返り

まずはトップ30の2017年のパリ・マスターズとATPファイナルズの結果を簡単に振り返ります。

<パリ・マスターズ>
決勝で第16シードのソックが予選勝者のクライノビッチを5-7、6-4、6-1のフルセットの末に破り、マスターズ初優勝を飾りました。

2017年パリ・マスターズの決勝の結果はこちら

第9シードのイズナーとベネトーがベスト4。

第1シードのナダル、第3シードのチリッチ、第13シードのデルポトロ、ベルダスコがベスト8。

錦織は右手首の怪我のため欠場でした。

<ATPファイナルズ>
決勝でディミトロフがゴファンを7-5、4-6、6-3のフルセットの末に破り、ATPファイナルズ初優勝(全勝優勝)を飾りました。

2017年ATPファイナルズの決勝の結果はこちら

フェデラーとソックがベスト4。

ナダル(怪我で第2戦からカレーニョブスタに交代)、A.ズベレフ、ティエム、チリッチはラウンドロビンで敗退。

順位選手名10/29
point
2017年
パリ
2017年
Finals
1ナダル7,660ベスト8RR
2ジョコビッチ7,445
3フェデラー6,260ベスト4
4デルポトロ5,460ベスト8
5A.ズベレフ5,1152回戦RR
6アンダーソン4,2302回戦
7チリッチ4,050ベスト8RR
8ティエム3,8253回戦RR
9イズナー3,425ベスト4
10ディミトロフ3,3353回戦優勝
11錦織 圭3,210
12ゴファン2,6753回戦準優勝
13チョリッチ2,4602回戦
14フォニーニ2,315
15エドマンド2,1952回戦
16チチパス2,175
17メドベージェフ1,977予選1回戦
18ハチャノフ1,8451回戦
19シュワルツマン1,8352回戦
20チェッキナート1,829
21ラオニッチ1,810
22バシラシビリ1,767予選1回戦
23ソック1,760優勝ベスト4
24カレーニョ ブスタ1,7052回戦RR
25バウティスタ アグート1,6503回戦
26チョン1,6302回戦
27ベルダスコ1,545ベスト8
28ガスケ1,5352回戦
29シャポバロフ1,4401回戦
30モンフィス1,355

RR:ラウンドロビン

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名10/29
point
失効point基礎
point
パリFinals
1ナダル7,66018007,480
2ジョコビッチ7,445007,445
3フェデラー6,26006005,660
4デルポトロ5,46018005,300*
5A.ズベレフ5,115102004,905
6アンダーソン4,2301004,220
7チリッチ4,05018003,870
8ティエム3,825902003,535
9イズナー3,42536003,065
10ディミトロフ3,335901,5001,745
11錦織 圭3,210003,210
12ゴファン2,675908001,785
13チョリッチ2,4607002,390
14フォニーニ2,315002,225*
15エドマンド2,1954502,150
16チチパス2,175002,085*
17メドベージェフ1,977001,932*
18ハチャノフ1,8451001,835
19シュワルツマン1,8354501,790
20チェッキナート1,829001,809*
21ラオニッチ1,810001,810
22バシラシビリ1,767001,750*
23ソック1,7601,000400360
24カレーニョ ブスタ1,7051001,695
25バウティスタ アグート1,6509001,560
26チョン1,6304501,585
27ベルダスコ1,54518001,365
28ガスケ1,5354501,490
29シャポバロフ1,4401001,430
30モンフィス1,355001,400*
  • 10月29日ポイント
  • 2018年10月29日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年11月5日に失効日を迎える2017年のパリ・マスターズのポイントとATPファイナルズのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「10月29日ポイント」-「失効ポイント」

    ※フォニーニ、チチパス、メドベージェフ、チェッキナート、バシラシビリの基礎ポイントについて、2017年のパリ・マスターズに出場していないため、現在ランキングの対象となっている18大会のうちモンテカルロおよびATP500以下の大会で最も低いポイント(フォニーニ:90、チチパス:90、メドベージェフ:45、チェッキナート:20、バシラシビリ:17)が対象外に繰り下がります。

この「基礎ポイント」に2018年のパリ・マスターズのポイントを加算すれば、次回発表される11月5日付のATPランキング(=レースランキング)と同じになります。

※2018年のパリ・マスターズの欠場が決まっているデルポトロは0ポイント加算ではなく(出場義務免除)、現在ランキングの対象外となっている大会の中で一番ポイントが高い20ポイントが繰り上がって加算されます。(表の基礎ポイントには加算済み)

また、2018年のパリ・マスターズに不参加のモンフィス(出場義務なし)は、現在ランキングの対象外となっている大会の中で一番ポイントが高い45ポイントが繰り上がって加算されます。(表の基礎ポイントには加算済み)

ロレックス・パリ・マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング(レースランキング)

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル7,480
2ジョコビッチ7,445
3フェデラー5,660
4デルポトロ5,300
5A.ズベレフ4,905
6アンダーソン4,220
7チリッチ3,870
8ティエム3,535
9錦織 圭3,210
10イズナー3,065
11チョリッチ2,390
12フォニーニ2,225
13エドマンド2,150
14チチパス2,085
15メドベージェフ1,932
16ハチャノフ1,835
17ラオニッチ1,810
18チェッキナート1,809
19シュワルツマン1,790
20ゴファン1,785
21バシラシビリ1,750
22ディミトロフ1,745
23カレーニョ ブスタ1,695
24チョン1,585
25バウティスタ アグート1,560
26ガスケ1,490
27シャポバロフ1,430
28モンフィス1,400
29ベルダスコ1,365
30シモン1,325

※今シーズン結果が残せていないソックは、1,400ポイントの失効によりランキングを大きく落とし、暫定で150位付近にいます。

<欠場者情報>
デルポトロ、ゴファン、チョン、キリオスはパリ・マスターズを欠場。

1位争い

1位ナダルと2位ジョコビッチのポイント差はわずか35ポイント。

ジョコビッチがナダルより上のラウンドに勝ち進めば、ジョコビッチの1位復帰が確定します。

ナダルの方は怪我明けで膝の状態が心配ですが、1位をかけて決勝で直接対決となるかもしれません。

追記:ナダルが棄権し、ジョコビッチが初戦を突破したため、ジョコビッチの1位復帰が確定しました。

3~4位争い

4位のデルポトロは膝の怪我で欠場。

フェデラーは準決勝進出で3位が確定。

A.ズベレフは準優勝で4位、優勝かつフェデラーが準々決勝以下で敗退した場合は3位となります。

ファイナルズの出場権争い

10月29日時点で6位のアンダーソンまでNitto ATPファイナルズの出場が確定しています。

7位のチリッチから10位のイズナーまでのパリ・マスターズでのポイント表です。(スマホからだと表が見づらいかもしれません)

順位選手名基礎
point
2R3RQFSF準優勝優勝
10901803606001,000
7チリッチ3,8703,8803,9604,0504,2304,4704,870
8ティエム3,5353,5453,6253,7153,8954,1354,535
9錦織 圭3,2103,2203,3003,3903,5703,8104,210
10イズナー3,0653,0753,1553,2453,4253,6654,065

※4選手ともシードで1回戦が免除されているため、初戦(2回戦)敗退となった場合、獲得ポイントは10ポイント。

7位のチリッチは準決勝に進出すれば自力で確定となりますが、今の段階でファイナルズの出場がほぼ決まりという状況です。(ティエム準優勝or準決勝かつ錦織優勝にならなければ…)

10月29日時点で8位のティエムと9位の錦織の差は325ポイント。

錦織が8位に上がるには最低でも準決勝進出が必要で、ティエムが初戦で勝利すると錦織は準優勝以上の結果を残す必要があります。

<錦織がティエムを追い抜く条件>
・ティエム:初戦敗退、錦織:準決勝以上
・ティエム:3回戦or準々決勝、錦織:準優勝以上
・ティエム:準決勝or準優勝、錦織:優勝

錦織はドローも厳しく(3回戦:アンダーソン、準々決勝:フェデラー、準決勝:ジョコビッチ)、8位に上がるのは厳しい状況です。

怪我をしているデルポトロがファイナルズを欠場した場合、残る1枠(9位)をかけて錦織とイズナーの一騎打ちという状況になります。(11位チョリッチと12位フォニーニも優勝すれば9位に上がる可能性が残っていますが、かなり厳しいです。)

10月29日時点で9位の錦織と10位のイズナーの差は145ポイント。

イズナーが9位に上がるには最低でも準々決勝進出が必要となりますが、イズナーが準決勝に進出した場合、錦織も9位を維持するために準決勝に進出する必要が出てきます。

<イズナーが錦織を追い抜く条件>
・錦織:初戦敗退、イズナー:準々決勝以上
・錦織:3回戦or準々決勝、イズナー:準決勝以上
・錦織:準決勝、イズナー:準優勝以上
・錦織:準優勝、イズナー:優勝

先ほど書いた通り錦織は厳しいドローではありますが、イズナーに抜かれないためにも1つでも多く勝ち進みたいところです。

錦織のランキング

錦織は暫定9位で、11位チョリッチまたは12位フォニーニの結果次第(優勝が最低条件)でもありますが、錦織のトップ10復帰が濃厚という状況です。

右手首の怪我から復帰して1つの目標であったトップ10復帰が実現しそうなところまで来ましたが、今シーズン初めの先が見えない状況から今シーズン中にここまで来るとは本当に驚くばかりです。

そして、現在の目標であるファイナルズ出場も視野に入っているので(デルポトロが欠場した場合)、このパリ・マスターズでも怪我なくすばらしいプレーをして、ファイナルズ出場を決めて欲しいです。

2018年ロレックス・パリ・マスターズの結果

2018年ロレックス・パリ・マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント