ATPランキング試算(2018年10月・上海後)


2018年10月7日から10月14日(2018年第41週)に上海(中国)で開催されるマスターズ1000「ロレックス上海マスターズ(上海マスターズ)」。

今回はランキング上位30名の上海マスターズ後の10月15日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年10月15日付のランキング試算

はじめに、2018年10月15日付のランキングについて、2017年の上海マスターズでのポイントが2018年10月15日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

例外の選手については別途補足します。

2017年 上海マスターズの振り返り

まずはトップ30の2017年の上海マスターズの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第2シードのフェデラーが第1シードのナダルを6-4、6-3のストレートで破り、上海マスターズ3年ぶり2回目の優勝を飾りました。

2017年上海マスターズの決勝の結果はこちら

第4シードのチリッチと第16シードのデルポトロがベスト4。

第6シードのディミトロフ、ガスケ、ラモス ビノラス、トロイツキがベスト8。

錦織は右手首の怪我のため欠場でした。

順位選手名10月8日
point
2017年
上海
1ナダル8,260準優勝
2フェデラー6,900優勝
3ジョコビッチ6,445
4デルポトロ6,130ベスト4
5A.ズベレフ4,7553回戦
6チリッチ4,535ベスト4
7ティエム3,8252回戦
8アンダーソン3,6402回戦
9ディミトロフ3,620ベスト8
10イズナー3,3803回戦
11ゴファン2,8652回戦
12錦織 圭2,730
13フォニーニ2,3153回戦
14エドマンド1,9902回戦
15チチパス1,9872回戦
16シュワルツマン1,9752回戦
17ソック1,8501回戦
18プイユ1,8252回戦
19チョリッチ1,815予選1回戦
20ラオニッチ1,800
21チェッキナート1,768
22メドベデフ1,7621回戦
23バシラシビリ1,7571回戦
24カレーニョ ブスタ1,7502回戦
25ガスケ1,670ベスト8
26チョン1,6302回戦
27ハチャノフ1,6051回戦
28バウティスタ アグート1,5701回戦
29シャポバロフ1,4301回戦
30ベルダスコ1,4201回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位選手名10月8日
point
失効
point
基礎
point
1ナダル8,2606007,660
2フェデラー6,9001,0005,900
3ジョコビッチ6,44506,445
4デルポトロ6,1303605,770
5A.ズベレフ4,755904,665
6チリッチ4,5353604,175
7ティエム3,825103,815
8アンダーソン3,640453,595
9ディミトロフ3,6201803,440
10イズナー3,380903,290
11ゴファン2,865102,855
12錦織 圭2,73002,730
13フォニーニ2,315902,315*
14エドマンド1,990451,945
15チチパス1,987701,917
16シュワルツマン1,975451,930
17ソック1,850101,840
18プイユ1,825451,780
19チョリッチ1,81501,815
20ラオニッチ1,80001,800
21チェッキナート1,76801,748*
22メドベデフ1,762101,752
23バシラシビリ1,757351,722
24カレーニョ ブスタ1,750101,740
25ガスケ1,6701801,490
26チョン1,630451,585
27ハチャノフ1,605101,595
28バウティスタ アグート1,570101,560
29シャポバロフ1,43001,430
30ベルダスコ1,420101,455*
  • 10月8日ポイント
  • 2018年10月8日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年10月15日に失効日を迎える2017年の上海マスターズのポイント。

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「10月8日ポイント」-「失効ポイント」

    ※チェッキナートの基礎ポイントについて、2017年の上海マスターズに出場していないため(出場義務なし)、現在ランキングの対象となっている18大会のうち最も低い20ポイントが対象外に繰り下がります。

この「基礎ポイント」に2018年の上海マスターズのポイントを加算すれば、次回発表される10月15日付のATPランキングと同じになります。

※2018年の上海マスターズの欠場が決まっているフォニーニとベルダスコは0ポイント加算ではなく(出場免除)、現在ランキングの対象外となっている大会の中で一番ポイントの高い大会(フォニーニ:90ポイント、ベルダスコ:45ポイント)が繰り上がって加算されます。(表の基礎ポイントには加算済み)

基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ロレックス上海マスターズ 獲得ポイント
ラウンド獲得ポイント
優勝1,000
準優勝600
準決勝360
準々決勝180
3回戦90
2回戦45
1回戦10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名基礎
point
1ナダル7,660
2ジョコビッチ6,445
3フェデラー5,900
4デルポトロ5,770
5A.ズベレフ4,665
6チリッチ4,175
7ティエム3,815
8アンダーソン3,595
9ディミトロフ3,440
10イズナー3,290
11ゴファン2,855
12錦織 圭2,730
13フォニーニ2,315
14エドマンド1,945
15シュワルツマン1,930
16チチパス1,917
17ソック1,840
18チョリッチ1,815
19ラオニッチ1,800
20プイユ1,780
21メドベデフ1,752
22チェッキナート1,748
23カレーニョ ブスタ1,740
24バシラシビリ1,722
25ハチャノフ1,595
26チョン1,585
27バウティスタ アグート1,560
28ガスケ1,490
29ベルダスコ1,455
30シャポバロフ1,430

<欠場者情報>
ナダル、ディミトロフ、イズナー、ゴファン、フォニーニ、プイユ、ベルダスコ、コールシュライバーが欠場。

1位争い

ナダルは上海マスターズを欠場となりましたが、ナダルの1位は確定。

2~4位争い

暫定でジョコビッチが2位に上がり、昨年優勝のフェデラーが3位に後退。

上海マスターズでジョコビッチが優勝した場合、1位のナダルとは215ポイント(レースランキングでは35ポイント)差となり、ジョコビッチの1位復帰が目前という状況になります。

ウィンブルドンから全米オープンまでのジョコビッチのプレーを見ると、負けるイメージがわかないです…。

そして、暫定3位のフェデラーと4位のデルポトロとの差がわずか130ポイントとなっており、この大会の結果次第ではフェデラーが4位にまで後退する可能性があります。

ただ、デルポトロは前週のチャイナ・オープンで体調を崩したみたいで、もしかしたらデルポトロの棄権の可能性も…。

10位争い&錦織のランキング

暫定9位のディミトロフ、10位のイズナー、11位のゴファンは上海マスターズを欠場。

暫定12位の錦織は準々決勝に進出(他の選手の条件付き)で11位、準決勝に進出すれば自力で11位、準優勝で10位、優勝で8位か9位(アンダーソンの結果次第)となります。

上記3人が欠場したこともあり、錦織は1回戦が免除される第8シードに繰り上がり、さらに2回戦の対戦相手もランキング200位以下のワイルドカードで出場の地元中国の選手ということで序盤戦はいいドローとなりました。

すでに大会は始まっており、順当に行けば3回戦でクエリーかフリッツ(第9シードのシュワルツマンは初戦敗退)、準々決勝で第1シードのフェデラーとの対戦となります。

錦織は前週の楽天ジャパン・オープンで決勝まで戦い、休む間もなく上海マスターズに出場ということで、連戦による疲労やこの上海のコートでの練習時間が短いなど不安要素もありますが、とにかく怪我なく戦い抜いて欲しいです。

2018年ロレックス上海マスターズの結果

2018年ロレックス上海マスターズの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介しているので、ランキングの経過については下記の記事をご覧ください。

コメント