ATPランキング試算(2018年7月・ウィンブルドン後)


2018年7月2日から7月15日(2018年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」。

今回はランキング上位30名のウィンブルドン後の7月16日付のランキング試算を見ていきます。

スポンサーリンク

2018年7月16日付のランキング試算

はじめに、2018年7月16日付のランキングについて、2017年のウィンブルドンでのポイントが2018年7月16日に失効日を迎え、2018年の同大会でのポイントと入れ替わる形になります。

2017年ウィンブルドンの振り返り

まずはトップ30の2017年のウィンブルドンの結果を簡単に振り返ります。

決勝で第3シードのフェデラーが第7シードのチリッチを6-3、6-1、6-4のストレートで破り、ウィンブルドン5年ぶり8回目の優勝を飾りました。

2017年ウィンブルドンの決勝の結果はこちら

第11シードのベルディヒと第24シードのクエリーがベスト4。

第1シードのマレー、第2シードのジョコビッチ、第6シードのラオニッチ、第16シードのミュラーがベスト8。

順位 選手名 7月2日
point
2017年
ウィンブルドン
1 ナダル 8,770 4回戦
2 フェデラー 8,720 優勝
3 A.ズベレフ 5,755 4回戦
4 デルポトロ 5,080 2回戦
5 チリッチ 5,060 準優勝
6 ディミトロフ 4,780 4回戦
7 ティエム 3,835 4回戦
8 アンダーソン 3,635 4回戦
9 ゴファン 3,110
10 イズナー 3,045 2回戦
11 シュワルツマン 2,435 1回戦
12 カレーニョ ブスタ 2,145
13 クエリー 2,130 ベスト4
14 バウティスタ アグート 2,120 4回戦
15 ソック 2,110 2回戦
16 フォニーニ 2,030 3回戦
17 エドマンド 1,950 2回戦
18 キリオス 1,855 1回戦
19 プイユ 1,835 2回戦
20 チョリッチ 1,745 1回戦
21 ジョコビッチ 1,715 ベスト8
22 チョン 1,685
23 ズムル 1,665 2回戦
24 ベルディヒ 1,625 ベスト4
25 シャポバロフ 1,588 1回戦
26 マナリノ 1,580 4回戦
27 コールシュライバー 1,575 1回戦
28 錦織 圭 1,530 3回戦
29 チェッキナート 1,514 1回戦
30 クライノビッチ 1,489 予選1回戦

トップ30の基礎ポイント

トップ30の基礎ポイントを見ていきます。

順位 選手名 7月2日
point
失効
point
基礎
point
1 ナダル 8,770 180 8,590
2 フェデラー 8,720 2,000 6,720
3 A.ズベレフ 5,755 180 5,575
4 デルポトロ 5,080 45 5,035
5 チリッチ 5,060 1,200 3,860
6 ディミトロフ 4,780 180 4,600
7 ティエム 3,835 180 3,655
8 アンダーソン 3,635 180 3,455
9 ゴファン 3,110 0 3,110
10 イズナー 3,045 45 3,000
11 シュワルツマン 2,435 10 2,425
12 カレーニョ ブスタ 2,145 0 2,145
13 クエリー 2,130 720 1,410
14 バウティスタ アグート 2,120 180 1,940
15 ソック 2,110 45 2,065
16 フォニーニ 2,030 90 1,940
17 エドマンド 1,950 45 1,905
18 キリオス 1,855 10 1,845
19 プイユ 1,835 45 1,790
20 チョリッチ 1,745 10 1,735
21 ジョコビッチ 1,715 360 1,355
22 チョン 1,685 0 1,685
23 ズムル 1,665 45 1,620
24 ベルディヒ 1,625 720 905
25 シャポバロフ 1,588 0 1,588
26 マナリノ 1,580 180 1,400
27 コールシュライバー 1,575 10 1,565
28 錦織 圭 1,530 90 1,440
29 チェッキナート 1,514 20 1,500*
30 クライノビッチ 1,489 80* 1,409
  • 7月2日ポイント
  • 2018年7月2日付のATPランキングのポイント。

  • 失効ポイント
  • 2018年7月16日に失効日を迎える2017年のウィンブルドンのポイント。

    ※クライノビッチの失効ポイントについて、チャレンジャー大会の80ポイントが7月16日に失効します。(ウィンブルドンの予選での0ポイントも同日に失効しますが、このポイントは現在ランキング対象外となっており、ポイント計算に関係ありません)

  • 基礎ポイント
  • 「基礎ポイント」=「7月2日ポイント」-「失効ポイント」

    ※チェッキナートの基礎ポイントについて、現在ランキングの対象となっているウィンブルドン(10ポイント)とチャレンジャー大会(10ポイント)の2大会のポイントが7月16日に同時に失効日を迎えるため、現在ランキングの対象外となっている中で一番ポイントの高い大会(6ポイント)が1つ繰り上がります。

この「基礎ポイント」に2018年のウィンブルドンのポイントを加算すれば、次回発表される7月16日付のATPランキングと同じになります。

※基礎ポイントの計算ミス(勘違い)が見つかった時は修正します。

ウィンブルドン 獲得ポイント
ラウンド 獲得ポイント
優勝 2,000
準優勝 1,200
準決勝 720
準々決勝 360
4回戦 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

暫定ランキング

「基礎ポイント」順にランキングを並び替えます。

暫定
順位
選手名 基礎
point
1 ナダル 8,590
2 フェデラー 6,720
3 A.ズベレフ 5,575
4 デルポトロ 5,035
5 ディミトロフ 4,600
6 チリッチ 3,860
7 ティエム 3,655
8 アンダーソン 3,455
9 ゴファン 3,110
10 イズナー 3,000
11 シュワルツマン 2,425
12 カレーニョ ブスタ 2,145
13 ソック 2,065
14 バウティスタ アグート 1,940
15 フォニーニ 1,940
16 エドマンド 1,905
17 キリオス 1,845
18 プイユ 1,790
19 チョリッチ 1,735
20 チョン 1,685
21 ズムル 1,620
22 シャポバロフ 1,588
23 コールシュライバー 1,565
24 チェッキナート 1,500
25 ガスケ 1,455
26 錦織 圭 1,440
27 クエリー 1,410
28 クライノビッチ 1,409
29 マナリノ 1,400
30 ジョコビッチ 1,355
省略
55 ベルディヒ 905

<欠場者情報>
ランキング上位勢では、ベルディヒ、バウティスタ アグート、チョン、ルブレフが欠場。

1位争い

フェデラーが優勝し、ナダルが3回戦以下で敗退した場合に、フェデラーの1位が確定。

それ以外で、ナダルの1位維持が確定。

2~4位争い

A.ズベレフは決勝進出、デルポトロは優勝が最低条件ではありますが、下記条件でフェデラーを抜いて2位に上がる可能性があります。(ただし、A.ズベレフとデルポトロはボトムハーフにいるため決勝に進出できるのはどちらか片方)

・フェデラーが2回戦以下で敗退かつA.ズベレフが決勝進出。
・フェデラーが4回戦以下で敗退かつデルポトロが優勝。
・フェデラーが準決勝以下で敗退かつA.ズベレフが優勝。

昨年準優勝だったチリッチは基礎ポイントの段階で3、4位争いから大きく後退することになりますが、ウィンブルドンでは4年連続でベスト8以上の安定した成績を残し、今年は前哨戦のフィーバーツリー選手権で優勝するなど調子も良いので、フェデラーとの対戦が予想される準決勝までは最低でも勝ち上がりたいところです。

そして、今シーズン調子の波が激しいディミトロフは、順当に勝ち上がると4回戦でイズナー、準々決勝でチリッチとの対戦が予想され厳しい戦いとなりそうです。(1回戦でワウリンカとの対戦が決まり、まだ本調子ではないもののワウリンカの出来次第では初戦敗退の可能性も…)

10位争い

暫定10位のイズナーと11位以下の選手と575ポイント以上差が開いており、最低でも11位のシュワルツマンが準決勝、12位以下の選手が決勝に進出しなければ、トップ10の入れ替わりはない状況です。

少し前までは大会ごとにトップ10が入れ替わるような状況が続いていましたが、今ではトップ10と11位以下との差が広がってしまいました。

その他

昨年ベスト4だったベルディヒは怪我で欠場となり、1回戦前の暫定ランキングで55位まで後退となります。

また、マレーが約1年ぶりにツアーに復帰しましたが、回復過程の中で5セットマッチをプレーするにはまだ早いということでウィンブルドンを棄権することが決まり、ウィンブルドン後にはランキングを大きく落とすことになります(ATPポイント:20)。

錦織のランキング

暫定26位の錦織は優勝候補のフェデラーと反対のボトムハーフに入りましたが、順当に勝ち上がると3回戦でキリオス、4回戦でA.ズベレフ、準々決勝でティエムかジョコビッチというタフなドローとなりました。

今年は怪我なくウィンブルドンを迎えることができ、個人的にこのまま怪我なく芝シーズンを戦い抜いてくれればという思いですが、シード勢同士の対戦が始まる3回戦まではまずは勝ち上がって欲しいところです。(昨年と同じ3回戦で90ポイント)

そして、今シーズンのウィンブルドン後の失効ポイントを見ると、ATP500シティ・オープンの180ポイントとマスターズ1000ロジャーズ・カップの10ポイントのみとなるため、ようやく失効ポイントを気にせずにトップ10復帰に向けてランキングを上げていく状況となります。(ドロー運次第でもあり、かなり大変ではありますが…)

2018年ウィンブルドンの結果

2018年ウィンブルドンの1回戦から決勝までの結果です。

結果の記事では各ラウンド終了時の暫定ランキング(ポイント)も紹介する予定です。